医療脱毛は麻酔なしで大丈夫?麻酔ありならおすすめのクリニックは?

麻酔なし

麻酔は追加料金が発生するので、できれば麻酔がなしでいきたいところです。しかし、麻酔なしでは痛みに耐え切れるのか?と疑問が出ます。

今回は、麻酔なしでも医療脱毛は大丈夫かを解説していきます。

医療脱毛は麻酔なしで大丈夫かどうか判断

医療脱毛は「痛み」が心配ですよね。

脱毛ぴよ子
脱毛ぴよ子
麻酔なしで大丈夫か、結論、人による!

麻酔なしで医療脱毛ができるかどうかは、以下の点で判断をすると良いでしょう。

・痛みに強いかどうか
・追加料金を抑えたい気持ちが強いかどうか
・通いたいクリニックが麻酔に対応しているかどうか
・その他麻酔にアレルギーのある方は必然的に麻酔なし

それでは、一つずつ見ていきましょう。

痛みに強いかどうか

あなたが痛みに強い場合、麻酔は必要ないでしょう。以下の文章を読んで、医療脱毛の痛みに耐えられそうであれば麻酔なしで医療脱毛をしましょう。

医療脱毛の痛みは、どのくらい痛いのか?

脱毛の痛みは「輪ゴムで弾かれるくらいの痛み」、とよく脱毛業界で言われています。
でも、一体どの程度の痛みなの?私は我慢できるくらいの痛みなの、、、?と思いますよね。

痛みの程度は、クリニックで日々診察をしていると、大体が以下のようだと言われます。最大値の痛みは、出力を最大にし、パルス幅を短くした場合の痛みです。

痛みの程度
アレキサンドライト
指で軽く押す程度〜熱いムチで叩かれる程度
ダイオード
くすぐられる程度〜瞬間的に鉄板で焼かれる程度
ヤグ
指でトントンされる程度〜皮膚の中をムチで叩かれる程度

アレキサンドライト・ダイオード・ヤグというのは、脱毛で使われる波長の種類です。これにより、痛みの質が少し変わってきます。

▶︎医療脱毛は痛すぎる?だんだん痛くなる?痛みを軽減・無痛にする方法7選

部位別の痛みの強さ

VIO脱毛の痛み

脱毛機の出力と毛の密度によって痛みは変わってきます。
VIO脱毛では、痛みレベルを最大10として、Vライン・Iライン・Oラインそれぞれで以下のようになります。

痛みレベル
Vライン 10
Iライン 9
Oライン 7

ちなみに、VとIの境目が最も痛い部位です。
もちろん、痛みがご心配な方は麻酔をオプションで使用できますし、出力を調整することでレベル2~4に落とすことも可能ですので、安心して施術をしてください。

全身脱毛の痛み

脱毛機の出力と毛の密度によって痛みは変わってきます。
痛みレベルを最大10として、Vライン・Iライン・Oラインそれぞれで以下のようになります。

部位 痛みレベル
うなじ髪の毛 7
うなじ(髪の毛部分含まず) 5
3
乳輪周囲 3
乳輪内部 3
お腹 2
へそ周囲 3
背中上下 3
お尻 3
膝上(太もも) 6
膝〜膝下 8
足の甲と指 8
肘上 3
肘〜肘下 5
手の甲と指 3

顔脱毛の痛み

脱毛機の出力と毛の密度によって痛みは変わってきます。
痛みレベルを最大10として、Vライン・Iライン・Oラインそれぞれで以下のようになります。

部位 痛みレベル
おでこ髪の毛部分 7
おでこ 3
顎・顎下 3
眉間 3
5
鼻下 2
2
2

おでこ髪の毛部分は痛みが比較的高く、鼻も痛みがやや高いですが、他の部位(顎、眉間、鼻下、頬、首)は痛みが比較的低いとされています。

追加料金を抑えたいかどうか

麻酔料金の相場

塗る麻酔クリームの相場は、1部位¥1,100〜¥3,300程度です。クリニックによっては更に安い¥550で麻酔が使用できるクリニックから、更に高い¥5,500で麻酔を使用できるクリニックまであります。

麻酔が使える範囲

ここで、麻酔で見落としがちな注意点があります。それは、1回に使用できる麻酔の量は10gで、およそ100cm2の面積までということです。それ以上の量を使用すると、最悪の場合呼吸が停止するなどの副作用が起きてしまいます。

つまり、女性であればVIO脱毛、男性であればヒゲ脱毛の範囲でしか使用することはできないでしょう。全身どこでも、麻酔クリームが塗り放題なわけではないのです。

麻酔無料でも使えるのはVIOかヒゲ程度です。

麻酔で浮く料金

麻酔クリームをVIO脱毛に使用すると、相場は¥3,300~¥9,900程度が浮く計算になります。5回コースですと、¥15,000~¥49,500の料金が浮くことになります。

麻酔無料のクリニックもありますが、麻酔をつけることができない場合もあるので注意が必要です。
▶︎医療脱毛で麻酔無料のクリニックはある?使えないって本当?

この料金を抑えたい場合は、麻酔なしで医療脱毛をすると良いでしょう。

通いたいクリニックが麻酔に対応しているかどうか

そもそも、クリニックによっては、麻酔を使用しないと言い切っているクリニックもあります。麻酔は時間もコストもかかりますし、リスクも副作用もあるので、麻酔が使えないクリニックがあってもおかしくはありません。

必ず無料カウンセリングで麻酔に対応しているかどうかの確認をしておきましょう。

麻酔にアレルギーのある方は、そもそも麻酔なしで医療脱毛になる

麻酔に含まれるリドカインなどにアレルギーのある方は、そもそも麻酔を使うことができません。そのため、麻酔なしで医療脱毛の施術を受けることになります。

麻酔クリームが使用できない方

医療脱毛麻酔

禁忌

メトヘモグロビン血症のある方
本剤の成分またはアミド型麻酔剤に対して過敏症の既往のある方

特定の背景のある方への注意

・G6PD欠乏の方▶︎メトヘモグロビン血症が発現しやすい
・心刺激伝導障害のある方▶︎症状を悪化させることがある
・腎機能障害のある方▶︎中毒症状が発現しやすい
・肝機能障害のある方▶︎中毒症状が発現しやすい
・妊婦▶︎妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
・授乳婦▶︎治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。リドカインはヒト母乳中へ移行することが報告されている。
・小児等▶︎低出生体重児を対象とした臨床試験は実施していない。海外において、特に低出生体重児、新生児又は乳児(1歳未満)では重篤なメトヘモグロビン血症が多く報告されている。

副作用

・ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明)
・意識障害、振戦、痙攣(いずれも頻度不明)
・メトヘモグロビン血症(頻度不明)

外用麻酔剤を患者さんに渡して家で自分で貼って来院してもらうのはどうかという問題があります。これらの薬剤は処置用薬剤であり、処方薬ではありませんから、厳密にいうと患者さんに渡すことは違法になります。扱いには注意しましょう。
呼吸停止で死亡した事例があると聞いています。外用麻酔剤の扱いには注意が必要です。特に、外用麻酔剤を渡していた患者さんが大量に塗りすぎて全身麻酔状態になった場合には、医師の責任が問われる可能性があります。外国では、これで摘発された事例は聞いたことがありませんが、もしも事故が起こった場合には医師の責任が問われる可能性があります。

実際、麻酔なしでも大丈夫?

結論、7割以上の方は問題ないでしょう。

そもそも、クリニックで麻酔をつける方の割合は3~4割程度で、ほぼ100%VIO脱毛に使用します。残りの6~7割の方は麻酔なしで、脱毛完了まで施術をできています。

また、この記事を書いている私は痛みに弱いのですが、初回から3回目までは麻酔あり、それ以降は麻酔なしでも脱毛を完了することができました。麻酔があると、やっぱり痛みが楽にはなりますが、完全に痛みがなくなるわけではありません。体感3~4割の痛みが減ったかな?という感じです。

痛みが怖ければ、はじめの数回が一番痛いので、3回目くらいまでは麻酔をVIOにつけて、それ以降は様子見でつけるかつけないかを見極めるのが良いのではないでしょうか?

また、これでも痛みに耐えられない場合に覚えておきたいのは、①出力を下げる②違う波長に変える③パルス幅を上げる④スポットサイズを大きくする、の4つで痛みを減らすことができます。忘れないようにこのページを保存して、施術をしてくれる看護師さんに見せても良いでしょう。

また、保湿をする、日焼けをしないという日々のスキンケアでも痛みを減らすことができます。しっかりと保湿をし、日焼け対策をしましょう。

麻酔ありでおすすめの医療脱毛クリニック

麻酔ありのおすすめのクリニックは、レナトゥスクリニックです。麻酔クリームをしっかりと使用して痛みを和らげてくれますよ。

レナトゥスクリニック

レナトゥスクリニック大阪院

項目 内容
クリニック名 レナトゥスクリニック
場所 東京田町
新宿
大阪
仙台
脱毛方式 熱破壊式
脱毛機械 ジェントルマックスプロプラス
ジェントルマックスプロ
波長 アレキサンドライトレーザー
ヤグレーザー
全身5回 ¥149,800
全身+VIO5回 ¥219,800
全身+VIO+顔5回 ¥269,800
照射範囲 髪の毛(おでこもみあげうなじ
おしりVIO粘膜乳輪内照射可能
予約キャンセル 前日24時まで無料
当日キャンセルは1回消化
剃毛料 うなじ・背中・おしり・Oライン無料
その他1ヶ所¥1100
麻酔代 塗る麻酔1ヶ所¥1100
公式サイト レナトゥスクリニック公式サイト
ポイント

熱破壊式ジェントルマックスプロプラス確定で機械ガチャなし
料金が安い
出力制限なし
各種無料サービスも充実

レナトゥスクリニックの特徴と向いている方

レナトゥスクリニックは、熱破壊式の脱毛に特化しており、特にジェントルマックスプロプラスという高スペックの脱毛機を使用しています。この機械は出力、パルス幅、スポットサイズのスペックが高く、一度の施術で高い効果を実感できます。

また、料金が比較的安く、出力制限もないため、コストパフォーマンスが非常に高いです。さらに、各種無料サービスも充実しており、顧客満足度が高いクリニックと言えるでしょう。

レナトゥスクリニックは以下のような方に特に向いています。

向いている方

太くて濃い毛〜産毛に悩んでいる人
全ての肌質に対応できる機械を使いたい人

一度の施術で高い効果を求める人

痛みに比較的耐えられる人※苦手な人は麻酔で安心

効果の高い脱毛器を使用しているクリニックを選びたい人

レナトゥスクリニック新宿院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

まとめ

医療脱毛は麻酔なしでも、痛みに強い場合、追加料金を抑えたい場合、通っているクリニックが麻酔の対応ができない場合、麻酔にアレルギーなどがある場合は麻酔なしで医療脱毛を受けることになります。

麻酔なしでもほとんどの方は脱毛完了までいけますが、痛みが怖ければはじめの数回は麻酔をつけて脱毛をしてみると良いでしょう。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. メンズ医療脱毛徹底比較

    メンズ医療脱毛おすすめクリニック人気11選どこよりも詳しい比…

  2. 50代医療脱毛おすすめ

    50代の医療脱毛におすすめのクリニック

  3. 首脱毛

    首の医療脱毛

  4. 医療脱毛に使うダイオードレーザーって?特徴や脱毛効果、デメリ…

  5. 医療脱毛の支払いにクレジットカードが最適な理由とは

  6. ラシャトリニティ

    脱毛器ラシャ・トリニティとは?

最近の記事

  1. 大阪のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  2. 東京のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  3. 大阪糸のリフトアップモニターキャンペーン
  4. 東京のたるみリフトアップ治療が安い口コミで人気のクリニックランキング
PAGE TOP