医療脱毛の麻酔クリーム(表面麻酔)VIOは効果どのくらい?効かない?痛い?

麻酔クリーム

医療脱毛に使用される麻酔クリームとは?

医療脱毛麻酔

医療脱毛に使用される麻酔クリームは、レーザー脱毛や針脱毛などの痛みを軽減するために用いられる医療用の麻酔クリームです。このクリームは、皮膚に塗布することで局所的に麻酔効果を発揮し、脱毛中の痛みや不快感を和らげることができます。

麻酔クリームが使われる部位はほぼ100%VIO脱毛。男性であればヒゲ脱毛。

医療脱毛麻酔

麻酔クリームは痛みの強い部位に限定的に使用されます。これは、麻酔クリームには1回に使用していい限界の量(極量)は10gという制限があるためです。

およそ100cm2の範囲にしか使用できないため、特に痛いVIOとヒゲなどの部位に限定して使用されます。

麻酔クリームの痛みの感じ方・どれくらい効く?

医療脱毛麻酔

麻酔クリームを塗り、時間を置いた後は、麻酔クリームを塗った部位の肌が痺れたような感覚になります。この肌にレーザー脱毛照射をしても、痺れたような感覚となり痛みの感じ方も鈍くなります。

完全に痛みがなくなるわけではなく、どれくらい痛みを感じにくくなるのかは個人差によるところが大きいです。

個人的な感想では10段階中6~7割の痛みが減りましたが、患者様の多くは3割程度の痛みの削減効果のようです。

塗る麻酔はエムラクリームが使用されることが多い

塗る麻酔は、エムラクリームという製品が使用されることが多いです。

主な成分

エムラクリームには、リドカインやプロピトカインといった局所麻酔薬が含まれています。これらの成分は、神経細胞の活動を一時的に抑制するように作用し、痛みを感じにくくします。

使用できない方

医療脱毛麻酔

禁忌

メトヘモグロビン血症のある方
本剤の成分またはアミド型麻酔剤に対して過敏症の既往のある方

特定の背景のある方への注意

・G6PD欠乏の方▶︎メトヘモグロビン血症が発現しやすい
・心刺激伝導障害のある方▶︎症状を悪化させることがある
・腎機能障害のある方▶︎中毒症状が発現しやすい
・肝機能障害のある方▶︎中毒症状が発現しやすい
・妊婦▶︎妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
・授乳婦▶︎治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。リドカインはヒト母乳中へ移行することが報告されている。
・小児等▶︎低出生体重児を対象とした臨床試験は実施していない。海外において、特に低出生体重児、新生児又は乳児(1歳未満)では重篤なメトヘモグロビン血症が多く報告されている。

副作用

・ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明)
・意識障害、振戦、痙攣(いずれも頻度不明)
・メトヘモグロビン血症(頻度不明)

外用麻酔剤を患者さんに渡して家で自分で貼って来院してもらうのはどうかという問題があります。これらの薬剤は処置用薬剤であり、処方薬ではありませんから、厳密にいうと患者さんに渡すことは違法になります。扱いには注意しましょう。
呼吸停止で死亡した事例があると聞いています。外用麻酔剤の扱いには注意が必要です。特に、外用麻酔剤を渡していた患者さんが大量に塗りすぎて全身麻酔状態になった場合には、医師の責任が問われる可能性があります。外国では、これで摘発された事例は聞いたことがありませんが、もしも事故が起こった場合には医師の責任が問われる可能性があります。

使用方法と流れ

麻酔を使用したい部位に、皮膚が透けて見えない程度の厚さで麻酔を塗ります。

麻酔を効率よく浸透させるため、サランラップなどで密閉をする(occlusive dressing technique: ODTといいます)と、より効果的です。

麻酔クリームは、脱毛処理の約60分前に塗布するのが一般的です。

VIO脱毛で使用する場面で、全身脱毛や他の部位の脱毛とセットの場合は他の部位を脱毛している間に麻酔が効いてきて、麻酔が効いた後にVIO脱毛やヒゲ脱毛をすることになります。

麻酔クリームは市販で買える?amazon?

麻酔クリームは市販・通販・amazonで自分では買えず、クリニックで購入し、看護師に施術前に塗ってもらうもので、持ち帰ることはできません。

一部販売をし、持ち帰って家で麻酔クリームを塗ってきてもらうクリニックがありますが、これは違法行為である可能性が高く、また安全面を考えるとおすすめできません。

麻酔クリームを使用する人はどのくらい?

麻酔クリームを使用する方は、レナトゥスクリニックではおよそ脱毛コース契約者の3~4割というデータがあります。

使用部位はほぼ100%VIO部位です。

麻酔クリームが効かないのですが?

体質によって、麻酔クリームが効きにくい方もいらっしゃいます。

これらの外用麻酔剤は、主にアザのレーザー治療のときに用いられます。すなわち、真皮内の毛細血管やメラノサイトをレーザーで破壊するときの痛みを緩和するためのものです。つまり、真皮までの痛みには効くということです。ところが、患者さんから麻酔を要求されるような脱毛の場合、毛は太くて毛根が皮下脂肪まで達しているようなケースが多いわけです。この場合に外用麻酔が効くかどうかは微妙なところです。

また、十分に麻酔が効くまでに時間がかかる方もいらっしゃいますので、麻酔を塗ってから施術までの時間を長くしてみても良いかもしれません。

まとめ

麻酔クリームを塗ることで、VIO脱毛やヒゲ脱毛の痛みを緩和することができます。麻酔薬にはいくつか注意点があるので、自分が麻酔を使えるかどうかチェックしましょう。

また、自分で市販やamazonなどの通販で麻酔クリームを購入して使うことは危険なのでやめましょう。海外では、大量に塗った結果、呼吸停止で死亡した例も報告されています。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. 医療脱毛やめた

    医療脱毛を途中でやめた理由とやめたら脱毛効果はなくなる?

  2. 医療脱毛8回足りない

    医療脱毛は8回で足りない?

  3. 医療脱毛後毛はどれくらいで抜ける?

    医療脱毛後毛はどれくらいで抜ける?

  4. 医療脱毛レナトゥスクリニック

    全身医療レーザー脱毛とは?

  5. 医療脱毛の支払いにクレジットカードが最適な理由とは

  6. 脱毛レーザーの種類

    脱毛レーザーの種類(波長の違い)アレキサンドライト・ダイオー…

最近の記事

  1. 大阪のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  2. 東京のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  3. 大阪糸のリフトアップモニターキャンペーン
  4. 東京のたるみリフトアップ治療が安い口コミで人気のクリニックランキング
PAGE TOP