統括院長
副田 周
SHU SOEDA
はじめまして。
美容医療という分野は、人のコンプレックスを解消したり和らげることができる大変素晴らしい分野です。
ただ、美容医療の分野は玉石混淆であり、患者様からは何が本当に良いものなのかわかりづらくなっています。
医療脱毛ひとつとってもそうなのです。
私はこれからの時代は「その情報が信用できること」、つまり「情報を発信する個人の信用」が重要になる時代だと感じています。
信用できる情報を発信し、患者様もそれにより受けれるべき恩恵を受ける。これを確立するのが私の使命だと確信しています。
その理想を実現するために、当院RENATUS CLINIC-レナトゥスクリニック-を開院いたしました。
初めて美容医療を受ける方も、そうでない方にもきっと満足して頂けると思います。
また、誰に紹介しても喜んで頂けるよう、医療の質にも徹底してこだわっております。
皆様に愛して頂けるクリニックを造っていきたいと思います。
何卒、よろしくお願い申し上げます。
経歴
富山大学医学部医学科卒業
厚生連高岡病院研修(2年間の研修後、厚生連高岡病院形成外科で研修)
大手美容外科本院、渋谷院主任、分院院長
RENATUS CLINIC-レナトゥスクリニック-を開院し、統括院長に就任。

資格
日本医学脱毛学会会員
アラガン社公認 ボトックスビスタ注入認定医
アラガン社公認 ジュビダームビスタ注入認定医
東京院院長
三田 亜耶
AYA MITA
はじめまして。
私は、都内近郊の内科クリニックに勤めるかたわら、都内美容皮膚科クリニックにも勤務していました。そこで、美容医療の素晴らしさ・難しさを知り、もっと勉強したいという思いから、某大手美容外科に勤めました。
主任という役職を頂き、患者様にとってもっとも結果の出る医療をお届けするためにどうしたら良いかを日々考え、邁進しておりました。
しかし、大手だからこそ提供できるものもあれば、大手だからこそ提供できないものも沢山あることを知りました。
次第に自分の提供したいと思う医療が院の方針とかけ離れてゆくのを感じ、頭を悩ませておりましたところを副田統括院長にお声掛けいただきました。
副田統括院長の、患者様にとって本当に良い結果となる(=「真っ当な」)医療を提供するために熱心に勉強され、努力されてゆく姿勢に感銘を受け、RENATUS CLINICに籍を置くことに決めました。
美容医療が広く浸透するようになった昨今、「真っ当な」美容医療を受けるのは逆に難しくなっているかもしれません。
そんな中、一人でも多くの患者様に、「真っ当な」美容医療をお届けできれば、と思う次第です。
宜しくお願いいたします。
経歴
福島県立医科大学卒業
都内大学病院勤務
都内近郊内科クリニック・都内美容皮膚科クリニック勤務
都内某大手美容外科勤務(主任医師)
RENATUS CLINIC院長就任

資格
日本医師会認定産業医
アラガン社公認 ボトックスビスタ注入認定医
アラガン社公認 ジュビダームビスタ注入認定医
医師
東山 麻衣子
MAIKO HIGASHIYAMA
私は形成外科専門医を取得後、地元の美容クリニックで美容医療・再生医療に2年間従事しておりました。
形成外科で得た知識を元に、効果的で美しい美容医療を提供させていただきます。
経歴
富山大学医学部医学科卒業
形成外科学会認定専門医取得

資格
形成外科学会認定専門医
アラガン社公認 ボトックスビスタ注入認定医
アラガン社公認 ジュビダームビスタ注入認定医
仙台院院長
高橋 希
NOZOMI TAKAHASHI
はじめまして。
患者様の悩みに寄り添い、喜んでいただける美容医療に興味を持って以来、様々な患者様を見てきました。
外見のコンプレックスがやわらぐことで表情も明るくなり、内面もとても美しくなる方達に私も励まされました。
それに伴い、現在の様々な美容医療がひしめく中で患者様にとって【本当に意味のあるもの、価値のあるもの】をご提供させていただきたいという思いからレナトゥスクリニック仙台院を開院いたしました。
患者様第一に本当に価値ある美容医療をご提供させていただきます。
医師としてはもちろんですが、1人の女性として皆様に寄り添い、皆様に輝いていただきたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。
経歴
岩手医科大学卒業
盛岡市立病院 麻酔科
盛岡赤十字病院 麻酔科
品川美容外科仙台院院長
レナトゥスクリニック仙台院院長就任

麻酔科標榜医
日本医師会認定産業医
アラガン社公認 ボトックスビスタ注入認定医
アラガン社公認 ジュビダームビスタ注入認定医
看護師長
TSUTSUI
私は小さい頃からニキビができやすい体質でした。ホルモンバランスやストレスの変化によっては顔中ニキビだらけになり、人に会いたくないと思うような時期もありました。そんな中で、美容クリニックに出会い、医療脱毛、ピーリング、内服治療などを受け、自分の肌がどんどん綺麗になっていきました。肌が綺麗になると、嬉しさを感じると共に、自分に自信が持てるようになりました。
美容医療で、悩みを持つ方の力になりたい。そう思い美容看護師の道に進みました。

看護師として、患者様の不安や悩みを常に傾聴し、医師・受付カウンセラーと協力し合いながら、患者様にとっての最善を一緒に考えていけるよう、一人一人に寄り添っていきたいと思っております。
また、看護師全員が生き生きと働いている環境があってこそ、良い美容医療を提供することができると考えております。
皆様にレナトゥスクリニックに出会えて良かったと思っていただけるように、日々精進してまいります。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。
受付クラーク責任者
HASEGAWA
私は、今までカウンセラーとして多くの方々とお会いし、お話しさせ頂きました。
「美しくなりたい、綺麗でいたい」という気持ちは年齢関係なく皆さん持っているものなんだな、と患者様とお話しをしていると感じます。今の時代、SNS等に沢山の情報が溢れています。沢山の情報から、「良いもの」は探すことが出来るかもしれません。しかし、私は「単に良いものだから」という理由ではなく、今までの経験と知識から、患者様の声に耳を傾け、一人一人の美しさを最大限に引き出せるよう、一緒に悩み適切なアドバイスやサービスをご提供できるよう日々努力しています。
私自身もそうでしたが、皆様が美容医療を受けることでコンプレックスを解消し、自分自身に少しでも自信を持って頂けますと、こんなに嬉しいことはありません。

皆様からのご相談・ご来院を心よりお待ちしております。
受付クラーク責任者
IMAUJI
私が初めて美容医療の施術を受けたのは20歳の時でした。医療脱毛は23歳の時。今思えばとても高額でしたし通うことも面倒でしたが、綺麗になるためならばと我慢していました。
もっと調べておけば良かった、と後悔したことも。

しかし、情報過多で何が正しいのかを自分で見極めることは難しいです。自分にとって都合の良い情報を選んでしまうことも多いと思います。
実際に患者様とのお話の中でも、以前は無知で…と仰る方も多いです。私もそうでした。

私はこの仕事を、先生方の「真っ当な美容医療を届けたい」という思いと、患者様の「綺麗になりたい」思いの、橋渡しと考えます。
もっと綺麗になって自分自身を好きになってもらえるよう、お悩みに寄り添い、背中を押せる存在でありたいと思います。
PAGE TOP