医療脱毛で腫れるのは正常?原因と対策

脱毛の腫れ

医療脱毛で腫れが出る原因

脱毛の腫れ

医療脱毛は一般的に安全な施術とされていますが、場合によっては腫れや赤みなどの副作用が出ることがあります。以下に、腫れが出る主な原因について詳しく解説します。

レーザーの熱による炎症反応

レーザー脱毛では、毛根に熱を与えて毛を除去します。

この熱によって皮膚が一時的に炎症反応を起こし、腫れが出ることがあります。

つまり、レーザー脱毛をするとほぼ間違いなく、程度の差はあれ腫れます

施術後のケア不足

施術後に適切なケアをしないと、皮膚に負荷がかかり、腫れや赤みが出る可能性があります。

例えば、脱毛後に血流を上げるような行動をすることで、炎症反応を助長し、腫れが強く出るケースがあります。

また、皮膚のバリア機能が脱毛後は低下していますが、その肌を保湿をせずに過ごしていると、皮膚の菌が入り、感染や毛嚢炎が原因で皮膚が腫れることもあるでしょう。

個々の肌質との相性

人によっては、レーザー脱毛に対する肌の反応が強い場合があります。

特に痛みを感じやすい人は、血圧もあがりやすく、腫れやすい傾向にあります。

施術の技術レベル

施術者の技術レベルが低いと、皮膚に過度な刺激を与える可能性があり、それが腫れを引き起こすことがあります。

逆に、照射間隔が空きすぎたり、出力が低すぎると腫れは全く出ませんが、効果も出ません。

適度な痛みを感じながら脱毛を行うことが大切です。

腫れが出やすい部位

脱毛の腫れ

医療脱毛を受ける際には、腫れが出やすい部位も存在します。以下で、その主な部位とその理由について詳しく解説します。

毛が太い部位

毛が太い部位では、レーザーが多くのエネルギーを必要とするため、皮膚への熱の影響が大きくなります。その結果、腫れやすくなる可能性が高まります。例えば、男性のヒゲや女性のVIOエリアなどが該当します。

高エネルギーで照射した部位

脱毛効果を高めるために高エネルギーで照射する場合、その部位は特に腫れやすいです。高エネルギーのレーザーは、皮膚に強い熱を与えるため、炎症反応を引き起こしやすくなります。

痛みを感じやすい部位

痛みを感じやすい部位は、通常、皮膚が薄いか、神経が集中しているエリアです。このような部位では、レーザー照射時に皮膚が敏感に反応し、腫れや赤みが出やすくなります。例としては、顔や腋(わき)などがあります。

これらの部位に脱毛を行う際は、特に注意が必要です。施術後のケアもしっかりと行い、必要な場合は医師の診察を受けることをお勧めします。

腫れが出やすい部位

医療脱毛を受ける際には、腫れが出やすい部位も存在します。以下で、その主な部位とその理由について詳しく解説します。

毛が太い部位

毛が太い部位では、レーザーが多くのエネルギーを必要とするため、皮膚への熱の影響が大きくなります。その結果、腫れやすくなる可能性が高まります。例えば、男性のヒゲや女性のVIOエリアなどが該当します。

高エネルギーで照射した部位

脱毛効果を高めるために高エネルギーで照射する場合、その部位は特に腫れやすいです。高エネルギーのレーザーは、皮膚に強い熱を与えるため、炎症反応を引き起こしやすくなります。

痛みを感じやすい部位

痛みを感じやすい部位は、通常、皮膚が薄いか、神経が集中しているエリアです。このような部位では、レーザー照射時に皮膚が敏感に反応し、腫れや赤みが出やすくなります。例としては、顔や腋(わき)などがあります。

これらの部位に脱毛を行う際は、特に注意が必要です。施術後のケアもしっかりと行い、必要な場合は医師の診察を受けることをお勧めします。

腫れが出た時の対処法

脱毛の腫れ

医療脱毛後に腫れが出た場合、多くの人が不安に感じるかもしれません。

しかし、腫れは一般的には一時的なものであり、特別なケアが必要な場合は少ないです。

以下に、腫れが出た時の基本的な対処法をご紹介します。

基本は様子を見る

腫れが出た場合、通常は数日で自然に引くことが多いです。

特に症状が悪化しない限り、基本的には様子を見ることが推奨されます。

クリニックに連絡を取る

腫れが長引いたり、症状が悪化した場合は、施術したクリニックに連絡を取ることが重要です。

多くのクリニックでは、後処理の診断や薬の処方が無料で行われることが多いです。

腫れの期間

腫れは通常、数日で自然に引くことがほとんどです。

しかし、個人差がありますので、1週間以上腫れが続く場合は医師の診察が必要です。

腫れの感じ方

多くの場合、腫れはヒリヒリとした感じがする程度で、大きな不快感や痛みを伴うことは少ないです。ただし、それ以上の症状が出た場合は、専門の医療機関での診断が必要です。

以上の対処法を参考に、腫れが出た場合でも安心して医療脱毛を受けられるようにしましょう。

腫れの予防法

腫れを予防するためには、以下のような対策が有効です。

日常的なスキンケア

日焼け対策と保湿は、腫れやその他の副作用を予防する基本です。日常的にしっかりとお肌をケアすることで、皮膚が健康な状態を保ち、腫れにくくなります。

適切な脱毛器の選択

脱毛器には冷却機能がついているものもあります。特にジェントルシリーズはDCDガス冷却が使えるため、皮膚へのダメージを最小限に抑えることができます。
これらの予防法をしっかりと行うことで、医療脱毛の際の腫れを最小限に抑えることが可能です。

医療脱毛で腫れるのは正常?原因と対策のまとめ

医療脱毛は一般的には安全な施術ですが、場合によっては腫れや赤みが出ることがあります。特に毛が太い部位、高エネルギーで照射した部位、痛みを感じやすい部位では腫れが出やすい傾向にあります。

腫れる主な原因

1. レーザーの熱による炎症反応
2. 施術後のケア不足
3. 個々の肌質との相性
4. 施術の技術レベル

腫れが出たときの対処法

1. 通常の範囲内であれば、悪化しない限り様子を見る。
2. 疑問や不安があれば、施術したクリニックに連絡を取る。
3. 腫れは通常、数日で引く。
4. 異常を感じる場合は、速やかに医療機関で診断を受ける。

腫れの予防法

1. 日焼け対策と保湿でお肌を日常的にケアする。
2. 冷却機能がしっかりとしている脱毛器(例:ジェントルシリーズ)を選ぶ。
以上が、医療脱毛で腫れる可能性、その原因と対処法、予防法についてのまとめです。適切なケアと予防を行うことで、腫れやその他の副作用を最小限に抑えることが可能です。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutube

関連記事

  1. 足を触る女性

    医療脱毛は効果がないし毛が抜けない?その原因と解決法をご紹介…

  2. 体内にボルトが入っていても脱毛できる?

    体内にボルトが入っていても脱毛できる?

  3. 60代医療脱毛おすすめ

    60代におすすめの医療脱毛

  4. 髭脱毛おじさん

    ヒゲ(髭)脱毛おじさん

  5. 医療脱毛富山ジェントルマックスプロ

    【最新最多6選】熱破壊式ジェントルマックスプロ・プラスで安い…

  6. 医療脱毛の効果はいつから?経過と脱毛完了までの回数は?

最近の記事

  1. 大阪で脂肪溶解注射BNLS Fat Burnが安い¥2,200
  2. 脂肪溶解注射 BNLS アルティメット(小顔注射)
  3. 名古屋のメンズ医療全身脱毛ならレナトゥスクリニック
PAGE TOP