あなたのクマはどの種類?東京で目の下のクマ治療をするならレナトゥスクリニック

目の下のふくらみ取り

目の下のクマ治療

目の下のクマが気になる方は必見です。
この記事を読むとあなたの目の下のクマが改善する方法が分かるでしょう。

あなたの目の下のクマはどの種類?

目の下のクマと言っても、その種類によって治療法が変わってきます。
ですので、あなたの目の下のクマの原因をまず初めに突き止めましょう。
目の下のクマの原因には大きく分けて3つの原因があります。

①眼を覆っている眼窩脂肪という脂肪が何らかの原因により突出している事によるクマ。
②皮膚が薄く眼輪筋や静脈が透けて見えているため、クマに見える。
③皮膚自体の色。ADMや色素沈着が疑われます。

①眼窩脂肪によるクマの方はここを読んでください

眼窩脂肪が原因となっている方は、その原因となっている脂肪をとります。もしくはヒアルロン酸でわかりづらくします。
眼窩脂肪は簡単な手術ですぐにとることが出来ます。
あなたの予想以上に簡単です。目の裏を少し切開して電気メスでとります。
レナクリではオリジナルの人体の膜構造に着眼した手術方法で、リスクを最小限にし、効果を最大限まで高めております。
時間にして約20分です。ほとんどの方はダウンタイムが1~4日ほどです。

症例を見てみましょう。
症例①20代女性。
blank
下の写真は術後4日目です。
ダウンタイムがほぼ無く綺麗にクマが消えています。術中の痛みもほとんどありませんでした。

症例②50代女性。
目の下の膨らみとり
下の写真が術直後です。著明に脂肪が減少しております。
腫れが引きますとよりナチュラルな仕上がりになります。

ヒアルロン酸でも目の下のクマはわかりづらく出来ます。
お気軽にお問い合わせください。

モニターの患者様にご協力いただき、目の下のふくらみとりの手術中の様子を動画に撮らせていただきました。
術直後からこんなに変化があります!ぜひご参考になさってくださいませ。

症例③20代女性。他院の目の下のクマ取り後、満足できなかったため再手術。
目の下のクマ取り1週間後
下は術後1週間です。まだ腫れが残っています。

症例④はじめての眼窩脂肪手術です。術後内出血もほぼみられませんでした。
目の下のふくらみ取り
下は術後1ヶ月の写真です。綺麗に脂肪がとれていることがわかります。

5.
カワシマ様 目の下の脂肪取り 直後
写真は直後の様子です。直後から目元の印象がだいぶすっきりしたことがわかります。

②皮膚が薄く眼輪筋や静脈が透けている方はここを読んでください。

皮膚が薄い方は皮膚の厚さを増すしかありません。しかしながら、大抵の方は①の眼窩脂肪も原因となっていることが多いです。
皮膚の厚さを増すための方法として当院では成長因子注射を採用しております。
成長因子を注射していくことで次第にクマが薄くなっていきます。

③皮膚自体の色が原因の方はここを読んでください。

皮膚自体が原因の方は皮膚の色をレーザーで改善するかお薬で改善していくしかありません。
しかしながら、①の眼窩脂肪が原因となっている方もおられます。
ADMという後天性のメラノサイトーシスの場合はQスイッチルビーレーザーがオススメですが、レナクリでは採用しておりません。
色素沈着が原因の方は生活習慣に問題があるか、ハイドロキノンクリームを塗ったり、点滴をしましょう。当院で豊富に取り揃えております。

結論、クマ治療は圧倒的技術力と知識力のあるレナクリが一番!

クマの診断、治療はレナクリにお任せくださいませ。
眼窩脂肪に関しては確かな技術で安心・安全に治療いたします。
また、大変お得なモニター制度もございます。
是非一度御来院くださいませ。

LINE@登録で自由診療に限り初診料・再診料無料ご相談も可能です。
友だち追加

まずは無料カウンセリングへ!
↓予約はこちらから↓

予約する