医療脱毛は保険適用になる?医療費控除は使える?

医療脱毛と保険適用

医療脱毛って保険適用になるの、、
もし、医療脱毛が保険適用になった場合、自分の負担分は治療費の3割になるので、すごく安く医療脱毛が受けられることになりますよね。例えば、全身顔VIO脱毛5回コースの医療脱毛の相場は20~30万円程度ですから、6~9万円程度で医療脱毛ができてしまうことになりますよね。

実際に、医療脱毛で保険適応は可能なのでしょうか?

医療脱毛は保険適応になる?

考える女医

医療脱毛は保険適応にほぼならない

結論から言うと、ほぼ保険適用にはなりません。
例外は医師が病気の治療に医療脱毛が必要であると判断した場合ですが、このようなことはほぼないからです。

興味のある方は以下をご一読ください。

私たちが加入している健康保険では、健康保険が適応になるものと、適応にならないものがあります。

健康保険が適応になるのは、例えば以下のようなものです。

保険医療機関に指定されている病院、診療所で保険証を提出し、一部負担金を支払えば以下にある診察、治療、薬の支給等が受けられます。
✔︎診察・検査
身体に異常があれば、いつでも健康保険で医師の診察・往診が受けられます。診察に必要な検査も同じく受けられます。
✔︎薬・注射
治療に必要な薬は支給されます。ただし、厚生労働省が定める『薬価基準』に載っている薬に限られます。
✔︎治療材料
治療に用いる治療材料はすべて支給されます。義手、義足、松葉杖、補聴器等は治療に必要な期間貸し出してもらえます(費用負担あり)。
✔︎処置・手術
認められた注射等いろいろな処置、手術はもちろん、放射線治療や精神療法、療養指導等も受けられます。ただし、現在研究中のものや医学会で認められていない特殊な治療に健康保険は使えません。
✔︎入院・看護
医師が必要と認めれば、健康保険を使って入院できます。入院中は1食につき一定額を食事療養費として自己負担します。看護料は入院費に含められているので特に付添いを付ける必要はありません。病室は通常、一般室です。個室等の特別室に入る場合には、健康保険を使って利用できる一般室との差額を自己負担します。

健康保険が適応にならないものは、以下のような場合です。
健康保険が適用されないのは、差額ベッド代、予約診療・紹介状なしでの200床以上の病院への初診・再診料等です。
健康保険が使えない場合は、かかった費用を全額自己負担しなければなりません。

✔︎美容を目的とする整形手術
肌を美容目的で綺麗にしたい医療脱毛、見た目を美しくするための二重整形・脂肪吸引したいといった美容整形手術には健康保険は適用されません。また、歯並びの矯正、近視の手術も適用されません。

ただし、例外はあります!
労務に支障をきたす場合は例外になり、保険適用になります
生まれつきの斜視・みつくち、ケガによる処置のための整形手術等。また、重度のワキガ等(※)は保険適用になります。(※)この場合の重度とは『悪臭が甚だしく他人の就業に支障を生じる事実が明らかであって、客観的に医療を加うべき必要がある場合』と定義されます。

✔︎人工妊娠・中絶手術
経済的な理由による妊娠中絶は健康保険が適用されません。
✔︎正常な妊娠・分娩
定期検診・出産のための入院は健康保険は適用されません。
✔︎健康診断・人間ドック
一般的には健康保険が適用されません。
✔︎予防注射
基本的に自己負担になります。
✔︎シミ・アザ等の先天的な皮膚の病気
✔︎単なる疲労

医療脱毛は医療費控除が受けられる可能性もほぼない

保険適用にならなくても、医療費控除はいけるのではないか?!

そう思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

結論から言うと、医療費控除を受けられる可能性はほぼないので諦めたほうが良いでしょう。

医療費控除が受けられる条件も健康保険の適用と同様に、「医師が病気の治療に必要と判断した場合」のみです。

多毛症・ワキガ・アトピー性皮膚炎・介護脱毛の場合は?

ワキガ

多毛症であれば、多毛部位の脱毛、全身が多毛であれば全身脱毛が保険適用で受けられる可能性はあります。
ワキガであれば、ワキの医療脱毛を保険適用で受けられる可能性はあります。
ただ、どちらも保険適用になることはほぼないので、諦めたほうが無難です。

多毛症の場合

多毛症は病気なので、唯一健康保険の適応になり得ます。
自由診療だけではなく、保険診療も行っているクリニックや病院で、医師に多毛症と診断をされ、医療脱毛での治療が必要だと判断された場合のみ、健康保険が適応されます。

多毛症になる病気の一覧はここから確認ができます。

ただ、実際には多毛症であっても医療脱毛で治療をするのではなく、お薬で病気を治療した結果多毛が改善されるため、医療レーザー脱毛はほぼ多毛の治療に使用されません。
切除で良いものはメスで母斑ごと切除されることもあります。

従って、あなたが多毛症でかつその病院の医師が医療脱毛での治療が必須と考えた場合に限り保険適用になりますが、実際にはほぼないと思って良いでしょう

ワキガの場合

上述した通り、医療介入が必要と考えられる重度のワキガ等は保険適用になります。

しかしその条件としては、あなたのワキガの程度が『悪臭が甚だしく、他人の就業に支障を生じる事実が明らかである』という定義に当てはまらなければ、保険適用の土俵にすらあがりません。

そして、その治療もワキガの手術が基本的にされますから、医療脱毛が治療で選択をされることはほぼありません。

つまり、ワキガでワキの医療脱毛が保険適用されることはほぼないので保険適用は諦めた方が無難です。

個人的には、医療レーザー脱毛や針脱毛でワキガが多少は改善すると感じています。

アトピー性皮膚炎の場合

医療脱毛はアトピー性皮膚炎を改善することが知られています。

しかしながら、アトピー性皮膚炎の治療はお薬で効果が出る場合が多く、医療脱毛を医師が治療として選ぶことはありません。
あくまでも治療オプションの立ち位置になるので、保険適用は難しいでしょう。

介護脱毛の場合

介護脱毛は、将来介護される時に備えてするVIO脱毛のことを言います。

介護脱毛をすることで、介護者の介護のしやすくなりますし、VIOも清潔に保つことができます。
しかしながら、あくまでも健康保険は病気の治療目的の場合に適用になりますので、介護脱毛が目的だと保険適用は難しいでしょう。

医療脱毛でのトラブルは保険適応になる?

健康保険証

自由診療でのトラブルを健康保険を使い治療するということは、原則禁止されており、出来ません。
ただ、医療脱毛が明確にそのトラブルに関与しているのか判断しかねる際は、医師の判断で保険適用になる場合があります。

自由診療の皮膚トラブルは保険適用になりませんので、そもそも医療脱毛のトラブルも全て無料で対応をしてくれるクリニックで医療脱毛をすることが非常に大切です

自費診療のメリットデメリット

メリット

自由診療のメリットは、何と言っても保険診療で出来ない医療行為を受けることができる点ですよね。
治療の幅が広がりますし、自分の美容目的、QOLを上げるための医療行為を自由に受けることができます。

デメリット

自由診療のデメリットは何と言っても費用が高額になる点です。
治療費用の全額を自己負担する必要があります。
ただ、最近では自由診療のクリニックが増え、価格競争も生まれているので、お値段も安いクリニックも増えてきました。

医療脱毛を月々払いにする方法

月々料金

全額自己負担の自由診療の医療脱毛ですから、その費用は一般的に高額になることが多いです。
そのため、医療ローンという支払い方法を使うことで、月々に支払う費用を抑えられますよ、、、。

ちょっとまった!月々支払いにすると費用が安くなるような書き方ですね、、、

医療脱毛でよく使われる手法、【月々料金】のマジックを解説していきます。

医療ローンとは

医療ローンとは、医療費を分割返済するためのローンサービスです。
保険適用の医療行為はもちろん、保険適用外のものにも使うことができます。
このローンの提供元は銀行や信販会社になっており、それぞれで利率(金利のこと)が異なります。

ローンなので、あくまでも利子付きの負債と考えた方が良いでしょう。
利子がついていますので、利子分の金額が自由診療の金額に上乗せされることになります。つまり、

医療ローンでの支払い=医療脱毛の総額+ローンの利子

で、医療ローンを使う場合は利子分の金額を支払う必要があります。
この医療脱毛とローンの利子の総額をを支払い回数で割ったものが、月々払いの金額になるのです。

月々払いよりも総額を重視するべき

さて、医療脱毛の広告でよく月々1,500円(税込)と表示されていたり、月々3,000円(税込)と表示されているのをみかけますよね。
この月々料金は見る必要がほぼありません。
その理由は

✔︎月々払いの金額と総額にはあまり関係がない
✔︎結局あなたが支払う合計金額は総額

からです。
例えば、
月々1,500円で総額30万円の医療脱毛
月々3,000円で総額15万円の医療脱毛
が存在しますが、月々料金では1500円の方が安いのに、総額では月々3000円の方が安くなっています。

総額を見て医療脱毛を検討することがポイントですね。

医療脱毛を安く済ませる方法

女性

全額自己負担であることはほぼ確定しているので、あとはどれだけ安く医療脱毛を済ませることができるかが勝負になります。

ここで、本当に総額だけをみて医療脱毛をどこにするか決める方は情報弱者と言っても良いでしょう。

例えば、
①総額30万円で毛が6割減るクリニック
②総額15万円で毛が2割減るクリニック
の2つがあるとします。

①の場合は1割毛を減らすのに5万円
②の場合は1割毛を減らすのに7.5万円
かかります。

つまり、一見高く見える①総額30万円の方のクリニックを選ぶべきなのです。

料金よりも脱毛効果を重視することが医療脱毛を安く済ませるポイントです

まとめ

医療脱毛は保険適用にも、医療費控除にもほぼなりません。

だからこそ、効果を重視して医療脱毛をするクリニック選びがおすすめです。

統括院長からのメッセージ

医師

ここで抜けなければ諦めて。

安いだけじゃ意味がない。

安い機械を使い、アルバイトの医師看護師を雇えば全国一安いクリニックを作ることが出来ます。

私たちは儲かりますが、あなたのお金が奪われ満足のできない結果になってしまいます。
私たちは、医療脱毛で一人でも多くの人が笑顔になって欲しい。

これ以上ない脱毛機を選び抜き、高い知脱毛知識と技術を持った医師と看護師を集め、更にAI技術での脱毛分析をフィードバックすることで、これまでにない全く新しい医療脱毛を提供します。

脱毛理論から効果を追求した医療脱毛を全国最安値で提供できることを嬉しく思います。

当院の脱毛を自信を持ってオススメします

レナトゥスクリニックグループ 統括院長 副田 周

脱毛基礎知識一覧

コラム一覧

\全国にクリニック拡大中/

クリニック一覧

▶︎東京田町院(本院)

住所 〒108-0014 東京都港区芝5丁目27−13 Y・A三田ビル 4階・2階
最寄り駅 JR山手線田町駅三田口より徒歩1分
都営浅草線・三田線「A3」出口1より徒歩30秒
診療時間 AM11:00〜PM20:00
定休/休診日:水曜日・年末年始
web予約 予約サイト
SNS Youtube(面白い)
インスタグラム(症例豊富)
ツイッター(最新情報)
Tiktok(クリニックの雰囲気)
電話番号 050-3085-9581
採用情報 レナトゥスクリニック求人サイト
レナトゥスクリニック院内
レナトゥスクリニック院内
レナトゥスクリニック院内

▶︎新宿院(2022年10月1日新規オープン)

診療科目 美容皮膚科・外科
住所 〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-6 グリーンスクエア新宿1階
最寄り駅 JR新宿駅新南口(サザンテラス口)より徒歩3分
JR代々木駅より徒歩5分
都営新宿線・東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿三丁目駅」E8出口より徒歩1分
駐車場 お近くのパーキングをご利用下さい
診療時間 AM11:00〜PM20:00
定休/休診日:水曜日・年末年始
web予約 予約サイト
電話番号 050-3085-9581
SNS インスタグラム
採用情報 レナトゥスクリニック求人サイト

▶︎仙台院

住所 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡2丁目5−5 髙惣木工ビル5階
最寄り駅 「仙台」駅東口より徒歩1分
仙台市地下鉄東西線「宮城野通」駅北出口1より徒歩2分
診療時間 AM10:00〜PM19:00
定休/休診日:水曜日・年末年始
web予約 予約サイト
電話番号 050-3085-9581
SNS インスタグラム
採用情報 レナトゥスクリニック求人サイト
仙台院玄関
仙台院廊下
仙台院パウダールーム

大阪・梅田・心斎橋・京都・銀座・渋谷・町田・上野・千葉・柏・横浜・大宮・新潟・広島・福岡・名古屋・北海道・札幌・九州・四国・関東地方・東北地方・中部地方・中国地方エリアにも進出予定です。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      副田 周先生
      レナトゥスクリニック統括院長。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず100万円を失い悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の機器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで金ドブ医療脱毛を駆逐し、社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業
この記事の監修者
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      三田 亜耶先生
      レナトゥスクリニック新宿院院長。大手美容外科を経て、真っ当な美容医療を提供するためにレナトゥスクリニックへ。
医療脱毛は「機械」と「人」で効果は大きく変わります。医療脱毛でお金を無駄にしないためには、脱毛機とクリニック選びが重要です。ヒアルロン酸注入施術でも高い評価を受けています。福島県立医科大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック新宿院院長就任
この記事の監修者
この記事の監修者

公式SNS一覧

LINE
line
youtube
youtube
ツイッター
twitter
インスタグラム
instagram
ティックトック

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
今なら最大¥38,500円引き

まずは無料カウンセリングに行ってみる

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療脱毛レーザーでバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、毛を生えなくする施術です。
【料金】お試し医療脱毛¥110円(税込)、全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド・痛み・赤み・毛嚢炎・蕁麻疹・硬毛化・色素沈着・色素脱失・痒み・乾燥・埋没毛・膿疱・ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化・まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落等
【問い合わせ先】https://lin.ee/G3OUjWA
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

関連記事

  1. 医療脱毛が安いクリニック

    医療脱毛が安いクリニック15選!顔・VIO含めたプランの費用…

  2. 日焼け

    医療脱毛前後に日焼けした場合の注意点

  3. ジェントルレーズプロ

    ジェントルレーズプロ(Gentle lase pro)24m…

  4. 都度払いの医療脱毛

    医療脱毛が都度払いできるおすすめクリニック!1回単発のメリッ…

  5. フォーマアルファトップ

    脱毛器フォーマ・アルファとは?

  6. ヴィーナスヴェロシティ

    脱毛器ヴィーナスヴェロシティとは?

PAGE TOP