医療脱毛当日の服装は?部位別にポイント解説!

脱毛の契約をしたのはいいものの、いざ当日になると「服装はどうしたらいいんだろう…??」と悩んでしまう方も多いかもしれません。

脱毛施術当日の服装に決まりを設けているクリニックはほとんどありません。
しかし、スムーズに施術を受けたり、施術後の肌トラブルなどのリスクを減らす為にも
服装選びのポイントを把握し、服装に気を遣っておくことは大切です!
この記事では、脱毛施術当日の服装のポイントを部位別に紹介します。

脱毛当日の服装は?

服装 女性

脱毛当日の服装には決まりがなく、基本的には何を着ていってもOKです!

施術室で専用の着替えが用意されていることがほとんど

脱毛 ガウン

脱毛の施術をしているクリニックでは、脱毛のお手入れに適しているガウンなど、専用の着替えが用意されているところがほとんどです。

ですので、どんな服装でいっても結局は着替えるので問題ございません。
ただ、スムーズに着替えられるように上下が分かれているような服装で行くことがお勧めです。

脱毛する部位が、露出されている部位であれば着替えが不要な場合もあります。
例えば、顔脱毛などがそうです。
また、脇脱毛もキャミソールやタンクトップであればそのまま施術が可能な場合もあります。
ただ、脱毛部位が露出していたとしてもルールとして専用着に着替える必要があるところもありますので、クリニックの指示に従いましょう。

どうして着替えが必要?

マーキングペンの付着を防ぐ為
ジェルやローションの付着を防ぐ為
シェービングで出たムダ毛の付着を防ぐ為

あなたの服が、脱毛で汚れてしまったら嫌ですよね。
結論、あなたの服が脱毛で汚れないように着替えが必要です。

脱毛の施術では、照射の範囲などが定まっていたり、照射漏れを防ぐためにも患者様のお身体にマーキングをします。
そのため、マーキングに使うペンのインクが患者様の服に付着しないよう、着替えてもらいます。

また、機械によっては照射前に専用ジェルを使ったり、照射後に保湿ローションを使ったりします。
ここで使用する製剤が服に付着することも防ぎます。

お身体背面(うなじ、背中、お尻、Oライン等)に関しては、クリニックのナースがシェービングをしているクリニックもあります。
シェービングしたことによって出たムダ毛の付着も防ぎます。

脱毛当日の服装ポイント・注意点

ファッション

脱毛当日の服装は自由ですが、スムーズに施術に移るため、施術後の肌トラブルのリスクを減らす為にもポイントは押さえておくことが大切です。

着脱がしやすい服装

脱毛当日は、ガウンに着替えやすいということを考え、着脱がしやすい服装がおすすめです。
脱毛施術に時間制限を設けており、その時間内に着替えの時間が含まれているクリニックが多いです。
ですので、あまりにも時間がかかってしまうと次の時間で来院する患者様に迷惑をかけてしまうことがあります。

できるだけ早く着替えてスムーズに施術が受けられるようにする為にも
素早く着替えることができるような服装を心がけましょう。

上下が分かれている服装がおすすめ!
着脱がしやすいこともありますが、
脱毛を受ける部位によっては非常に便利な場合があります。
例えば、脇脱毛のみであれば下半身は脱ぐ必要はありません。
逆にVIO脱毛のみであれば上半身は脱ぐ必要はありません。
ここでワンピースやサロペットなど上下繋がっている服だと、全て脱いでタオルやブランケットでその場を凌ぐことになります

部位別に服装ポイント解説!

VIO脱毛

VIO

VIO脱毛の際は、クリニックで専用の髪パンツが用意されているところもあります。
そちらに着替え、それ以外のボトムスは脱いで施術することがほとんどです。
当日は着脱がしやすいボトムスがおすすめです。
また、下着に関しても、施術後の肌への刺激を少なくする為にも綿素材やシルク素材など肌に優しい素材でできているものをつけていくようにしましょう。

脚脱毛

足脱毛

脚脱毛も着脱しやすいボトムスがおすすめです。
また、摩擦が肌トラブルの原因となってしまいますので
できるだけスキニーのような締め付け感が強いものは避け、
ゆとりのあるボトムスを選ぶようにしましょう。
ただ、ミニスカートやショーパンは摩擦は少ないものの、日焼けのリスクが高まるのでお勧めできません。

脇・腕脱毛

ワキが綺麗な女性

脇・腕は脱毛する部位が見えていれば、着替える必要がない場合もあります。
ですので着替える手間を省く為にもノースリーブやタンクトップがお勧めです。
ただ、施術前後は日焼けを避ける必要があるので
服の下に着ておいたり、カーディガンなどの上着を羽織るという対策を忘れないようにしましょう。

上半身脱毛(背中や腹部)

上半身脱毛の際は上に来ている服は全部脱ぎます。
上下が分かれたトップスで脱ぎやすいものがお勧めです。
下半身脱毛であればまだしも、上半身脱毛でワンピースを着てしまうと、
下半身まで下着姿になる必要がある場合もあるので注意しましょう。

また、背中は脱毛後に炎症を起こしやすい部位の一つです。
肌に優しい素材を選ぶというのもポイントです。

顔脱毛

顔脱毛の場合、基本的には服を脱ぐことはないでしょう。
施術範囲はクリニックによって様々ですが、首元や鎖骨まで含まれているところもあります。
施術の邪魔にならないようにタートルネックや立ち襟があるような服は避け、首元の広い服を選ぶことがお勧めです。
服の下にキャミソールやノースリーブを着ておいて
施術の際に上だけ脱ぐというのもいいでしょう。

脱毛当日のアクセサリーや髪型は?

ヘア 女性

脱毛当日は服装だけではなく、アクセサリーや髪型にも注意が必要です。

基本的にアクセサリーは外してからの施術となります。
ですので紛失を避けるため、時間ロスを避ける為にも当日はつけていかないことが無難でしょう。

脱毛時は上向けになったり仰向けになったりと寝転んだ状態での施術となります。
さらに、うなじ脱毛や顔脱毛の際には髪の毛をタオルで固定したり、
ざっくりまとめたりすることもあります。
せっかく可愛い髪型で行ったとしても崩れてしまう場合がほとんどでしょう。
ですので、シンプルな髪型でいくことをお勧めします。

まとめ

【POINT】
基本的に服装は自由◎
上下が分かれている服装がお勧め!
部位ごとに服装に気を遣うとスムーズな施術に✨
アクセサリーは最低限に、髪型はシンプルにが無難!!

脱毛に行く時の服装は基本的に自由ではありますが、
施術をスムーズにするため、肌トラブルを防ぐためを考えると意外に重要なのです。
施術を受ける部位によってポイントは異なりますので、抑えておきましょう!
ただ、全部覚えるのは大変なので基本的に「上下が分かれている着脱がしやすい服」であれば問題はありません!
確実なのは、カウンセリング時点で契約するクリニックのスタッフに聞いておくことです。

レナトゥスクリニックは医療脱毛のプロ集団です。
リーズナブルな料金で高いクオリティの脱毛を提供します。
少ない回数で脱毛効果が最大限になるよう、日々研究しています。

カウンセリング時にいただいたご質問にはどんなことでもスタッフがしっかりお答えいたします!
また、公式LINEでは随時お問い合わせを受け付けております。
カウンセリングは無料で実施しておりますのでぜひ一度ご相談にお越しくださいませ。

関連記事

  1. 痛みどれくらい痛い

    医療脱毛の痛みはどれくらい痛い?

  2. メディオスターモノリス

    脱毛器メディオスターモノリスとは?

  3. ジェントルマックスプロ・プラスが効果ない理由とその対策

    ジェントルマックスプロ・プラスが効果ない理由とその対策

  4. Oライン

    Oラインの医療脱毛

  5. vio医療脱毛レナトゥスクリニック 大阪院

    大阪での医療VIO脱毛 – VIOのみでも人気の…

  6. vioしない方が良い

    VIO脱毛はしない方が良い?デメリットと後悔・失敗する理由と…

最近の記事

  1. 仙台アートメイク
  2. 目頭のボトックス注射
  3. 東京都内おすすめ
  4. 医療脱毛機械徹底比較
PAGE TOP