医療脱毛と粉瘤について

医療脱毛と粉瘤

粉瘤をご存知ですか。皮膚の表面のできもののひとつです。

他にはアテローム、表皮嚢腫、類表皮嚢腫などと言ったりしますが、これは同じ粉瘤を指してます。

今回は粉瘤についての説明と、粉瘤がある場合の医療脱毛の対応について、写真なども引用しつつ解説していきます。

粉瘤とは

粉瘤とは、皮膚の内側にできた袋状の構造物で良性腫瘍のひとつです。

皮膚の外側から見るとドーム状に隆起しており、大きさは直径1-2cm程度のものが多いです。

毛穴のある部分にできやすく色調は正常の皮膚と同じことがほとんどで、触るとコリコリと柔らかく動く感じがあります。

部位としては顔や首、背中などにできやすい傾向があります。

粉瘤のできる原因

粉瘤は毛穴の上側部分が皮膚の奥に陥入することでできると言われています。

粉瘤の構造

なので袋部分は表面の皮膚と同じ構造をしており、袋の中には皮脂や角質などが溜まっています

粉瘤のできる原因はいまだにはっきりしていませんが、手のひらや足裏など毛の生えていない部分では、小さな傷やウイルス(HPV-57やHPV-60)が関与していると言われています。

粉瘤の見た目

粉瘤の大きさは直径1-2cm程度のものが多いですが、時には直径10cmと大きくなることもあります。

特徴としては中心部には黒い点状の開口部を持ちます。

粉瘤が悪化することはあるの?

粉瘤は放っておくと徐々に大きくなることが多いです。

また何らかの刺激などをきっかけに袋が破れてしまうと炎症が生じ、表面は赤く、痛みを伴うようになります。

炎症性粉瘤のしくみ

炎症の原因は、皮脂や角質などの内容物を異物と認識することによる免疫反応や、細菌感染の合併によると言われています。

粉瘤の炎症が進んでいくと赤みや痛みは悪化し、皮脂や角質などの内容物はドロドロの膿になります。

また、経過が非常に長いものや炎症を繰り返している場合、極めて稀(1-4/1万人程度)に悪性化(癌化)すると言われています。

粉瘤の治療は?

粉瘤の治療は部位や症状によって異なりますが、良性腫瘍なので炎症を伴わない場合は治療せず経過を見ることが可能です。

一方で、見た目が気になる場合や、将来的に炎症や破裂などの危険性が高い場合は外科的な切除が必要です。

基本的には局所麻酔後、皮膚表面をメスや穴あけパンチのようなもので切開し、袋状の構造物を摘出する術式で、日帰りでの手術が可能です。

ただし炎症を伴っている場合は、皮膚表面を切開し膿を排出させることが優先です。

抗生物質や炎症止め(ステロイド)の注射を行うこともありますが、効果は限定的なことが多く、早急に切開して膿を出したほうが良いとされています。

またこの場合は、そもそもの原因である袋状の構造物は残っている状態なので、炎症症状が落ち着いてから袋を摘出する必要があります。

渡邊医師
渡邊医師
どの治療法が適応かは手術を行う医師に相談しましょう。

粉瘤と間違えられやすいできもの

粉瘤と見た目が似ているできものには脂肪腫が挙げられます。

脂肪腫とは、皮膚の内側に脂肪が増殖してできた良性腫瘍で、身体中のどこにでもでき痛みないことがほとんどです。基本的には外科的に切除します。

また、炎症性の粉瘤に見た目が似ているものには、毛穴への細菌感染に伴う癤(せつ)・癰(よう)といったおできがあります。

詳しい診察や診断、治療は皮膚科への受診が必要です。

医療脱毛と粉瘤

それでは、粉瘤がある場合、医療脱毛にどのように影響するかを説明していきましょう。

レーザー脱毛のしくみ

レーザー脱毛では、レーザーが肌の黒や茶色の色素(メラニン色素)に反応し、熱を発生させます。

その熱により、毛母細胞やバルジ領域といった発毛に関わる組織が破壊され、毛は破壊されます。

医療レーザー脱毛において、この仕組みは熱破壊式であっても蓄熱式であっても共通です。

バルジ領域

医療レーザー脱毛の仕組みについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

粉瘤がある場合は脱毛できるのか

粉瘤がある場合も脱毛は可能ですが、赤みや痛みなどの有無にかかわらず粉瘤部分は避けてのレーザー照射になります。

粉瘤は刺激によって袋が破れることで炎症をきたします。

脱毛レーザーの影響が届く深さは、深達度がもっとも浅いアレキサンドライトレーザーで1.8mm程度、もっとも深いヤグレーザーで4.0mm程度なため、粉瘤部分に影響が及んでしまった場合、袋が破裂し炎症性粉瘤に発展してしまう可能性があります。

また粉瘤部分のみを避けた場合も、皮膚の内部でどの程度・範囲に炎症が広がっているかは分からないため、炎症が悪化してしまう可能性があることも覚えておきましょう。

渡邊医師
渡邊医師
ご心配な方は粉瘤治療を終えてから脱毛するか、粉瘤周囲も広めに照射を避けることをお勧めします。

まとめ

粉瘤とは、皮膚の内側にできた袋状の構造物で良性腫瘍のひとつです。

治療には外科的に切開し袋を取り除くことが必要です。

粉瘤がある場合も脱毛は可能ですが、赤みや痛みなどがあってもなくても粉瘤部分は避けてのレーザー照射になります。

参考文献

医療脱毛をはじめる前に読む本

基礎から学ぼう 医療レーザー脱毛入門

よくわかる医療脱毛

新しい皮膚科学第3版

日本皮膚科学会 アテローム(粉瘤)

日本形成外科学会 粉瘤(アテローム)

 

医療脱毛はその効果と安全性からも、多くのクリニックで無料カウンセリングを提供しています。専門の医師による詳しい説明を受け、自分の肌質や問題点に最適な施術プランを選べます。自己処理のリスクを避け、プロフェッショナルによる脱毛で、理想のツルツル、スベスベの頬を手に入れましょう。質の高いサービスを提供する医療脱毛クリニックが増えていますので、一度足を運んで自分に最適な治療を探してみてはいかがでしょうか。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
  • 渡邊医師
  • レナトゥスクリニック 東京田町院
    私は患者として様々な施術を受けてまいりました。
    美容業界に携わる今、皆さまの美しくなりたい気持ちに真摯に応え、誠実な美容医療を提供していきたいと強く考えております。
    小さなお悩みも、長年のコンプレックスも、お力になれればと存じます。
    田町院でお待ちしております。
    東京女子医科大学出身、美容施術経験多数(なんでも聞いてください!)、instagramTiktokX(旧Twitter)

関連記事

  1. 男性の美容医療 ーメンズ美容とはー

    男性の美容医療ーメンズ美容とはー

  2. 首脱毛

    首の医療脱毛

  3. 予約がとりやすい

    予約がとりやすい医療脱毛専門クリニックおすすめ3選

  4. 女性のVIO脱毛を男性はどう思う?

    女性のVIO脱毛を男性はどう思う?

  5. 医療脱毛は別の病院と掛け持ちしていいの?掛け持ちのメリット・…

  6. 【名古屋最新最多7選】ジェントルマックスプロ・プラスで安い都…

最近の記事

  1. 仙台アートメイク
  2. 脂肪溶解注射は効果ない?その理由と対策
  3. 名古屋の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック
  4. 名古屋VIOのみが安いおすすめ医療脱毛クリニック(都度払い含む)
PAGE TOP