医療脱毛はタトゥーOK?当てられる?避け方は何センチ?痛い?

タトゥー脱毛

なぜタトゥーはレーザー脱毛ができないのか?

タトゥー脱毛

タトゥーがあると、その部位は基本的に医療レーザー脱毛をすることができません。レーザー脱毛とタトゥーが相性が悪い理由は主に二つです。

1. 色素の反応

レーザー脱毛は、特定の波長のレーザー光を使用して毛根の色素に反応させ、毛根を破壊する仕組みです。しかし、タトゥーに使用されるインクも色素であり、レーザー光はタトゥーの色素にも反応します。その結果、タトゥーの色が薄くなる、あるいは変色する可能性が高いです。

2. 皮膚へのダメージ

レーザー脱毛がタトゥーに影響を与えると、それが皮膚にも影響を及ぼす可能性があります。特に、レーザーの熱作用が高い場合、タトゥーの周辺の皮膚にやけどを引き起こす可能性があります。このやけどは、真皮熱傷といい、通常のやけどよりも皮膚の深い位置でやけどを起こす可能性があります。このやけどは、一生治らないアトを残す可能性があります。

以上のような理由から、タトゥーがある場合は、その周辺数センチをレーザー脱毛から避けるのが一般的です。皮膚への影響やタトゥーの色素への影響を避けるために、このような対策が必要とされています。

タトゥーがある部位を脱毛するには?

タトゥーがある部位を脱毛する場合、注意が必要ですが、完全に不可能というわけではありません。以下に、タトゥーがある場合の脱毛オプションを詳しく説明します。

1. 針脱毛

針脱毛は、タトゥーがある部位でも安全に行える脱毛方法です。一本一本の毛穴に針を挿入し、電流で毛根を破壊するため、タトゥーの色素に影響を与えません。

この方法であれば、タトゥーがあっても永久脱毛が可能です。

2. タトゥーの周囲は通常通り脱毛できる

レーザー脱毛を行う場合、タトゥーの周辺数センチは避けるようにします。この方法であれば、タトゥー自体に影響はないため、周囲の毛は綺麗に脱毛できます。

3. その他ワックス脱毛など

その他、ワックス脱毛などで毛を脱毛することはできますが、これらは一時的な減毛です。また毛が生えてきます。

以上の方法を選ぶことで、タトゥーがある部位でも安全かつ効果的な脱毛が可能です。ただし、どの方法を選ぶにせよ、必ず専門の医療機関で相談してからにしましょう。

タトゥーを消したら脱毛できるの?

タトゥーを消した後であれば、理論的にはレーザー脱毛を含む各種脱毛方法が適用できる可能性が高くなります。ただし、いくつか注意点があります。

1. タトゥー除去後の肌の状態

タトゥーを除去した後、肌が完全に元に戻っているかどうかが重要です。タトゥー除去もレーザーを用いることが多く、その過程で肌にダメージを与える可能性があります。したがって、医療機関での診断が必要です。

2. タトゥー除去と脱毛のタイミング

タトゥーを除去した直後に脱毛を行うのはおすすめできません。皮膚が敏感な状態であれば、脱毛によるダメージが増大する可能性があります。一般的には、タトゥー除去後に数ヶ月〜1年程度の期間を空けることが推奨されます。

3. 専門医の診断

最終的には、皮膚の状態をしっかりと診断した上で脱毛を行うことが最も安全です。タトゥー除去後の肌には個人差があるため、専門医と相談して最適な脱毛方法とタイミングを決めましょう。

タトゥーを入れる前に医療脱毛を完了させるのがおすすめ

タトゥー脱毛

タトゥーを入れる前に脱毛を考慮する方も多いでしょう。実は、タトゥーを入れる前に医療脱毛を完了させることにはいくつかのメリットがあります。

1. より綺麗な仕上がり

毛が生えている部位にタトゥーを入れると、毛穴周りのインクの入りが不均一になる可能性があります。脱毛を先に行うことで、タトゥーの仕上がりがより美しくなります。

2. タトゥーの維持が容易

脱毛しておくことで、タトゥーの上から生えてくる毛の処理が不要になります。これがタトゥーの色彩やデザインの維持に役立ちます。

3. レーザー脱毛の制約を避ける

タトゥーがあるとレーザー脱毛が制限される場合が多いです。その制約を気にすることなく、希望する部位をしっかりと脱毛できます。

4. 全体的なコスト削減

タトゥーを入れた後に脱毛を考えると、タトゥーの修正費用など追加のコストが発生する可能性があります。先に脱毛を完了させておくことで、全体的なコストを削減することができます。

タトゥーにレーザーを当てられた場合は?

もし医療脱毛の過程で誤ってタトゥーにレーザーが当たった場合、いくつかのリスクが考えられます。以下に主要な点をまとめます。

1. 色素の変化

タトゥーのインクがレーザーのエネルギーに反応して色素が変わる可能性があります。基本的には色が薄くなるでしょう。白色や肌色のタトゥーだと、黒色に変色することもあり注意が必要です。これによりタトゥーのデザインや色彩が損なわれる場合があります。

2. 炎症と皮膚トラブル

レーザーがタトゥーに当たると、皮膚の炎症や灼けつき、時には水疱や傷が生じるリスクがあります。

3. 痛みと不快感

タトゥーにレーザーが当たると、通常よりも強い痛みや不快感を感じる可能性が高くなります。

4. 追加の治療が必要

以上のようなトラブルが発生した場合、追加の医療治療やタトゥーの修復が必要になることがあります。

5. 修復費用の発生

タトゥーの修復や皮膚のトラブルに対する治療には追加費用が発生する可能性があります。

タトゥーにレーザーが当たらないように注意が必要です。施術前のカウンセリングでタトゥーの位置を明示し、必要ならば針脱毛などの代替手段を検討してください。

よくある質問

タトゥーはどうやって避けるの?

・単純に距離をとって避ける
・保護シールを貼って避ける
・ヘラやガーゼで隠して避ける

など、避け方はクリニックによって様々です。

タトゥーは何センチさけるの?

何センチさけるのかはクリニックによって様々な基準があり、法律などで決まっているわけではありません。

一般的には2~3cm程度さけるといわれています。

タトゥーと医療脱毛どっちが痛い?

タトゥーを入れる時に痛みが強い部位は、手の指やくるぶしなど、脂肪が少なく皮膚の上から骨が触れる部位が挙げられます。
これらの部位に塗りつぶしのデザインなどをする場合は費やす時間も長いことから痛みを強く感じやすいためVIO脱毛以上の痛みを感じる可能性が高いです。
逆に、脂肪の多い部位に簡単なデザインを入れる程度ですとVIO脱毛の痛みの方が強いでしょう。

また、タトゥーと医療脱毛は痛みの種類が異なります。
タトゥーはチクチクした痛み、医療脱毛はバチっと弾かれるような痛みを感じるためどのような種類の痛みに強いかにも感じ方は変わるでしょう。

脱毛ぴよ子
脱毛ぴよ子
一番痛かったのは腰骨の上でしたが、シンプルだったので全然VIOのが痛いす‼️

タトゥーと医療脱毛のまとめ

タトゥーを入れる時に痛みが強い部位は、手の指やくるぶしなど、脂肪が少なく皮膚の上から骨が触れる部位が挙げられます。
これらの部位に塗りつぶしのデザインなどをする場合は費やす時間も長いことから痛みを強く感じやすいためVIO脱毛以上の痛みを感じる可能性が高いです。
逆に、脂肪の多い部位に簡単なデザインを入れる程度ですとVIO脱毛の痛みの方が強いでしょう。

また、タトゥーと医療脱毛は痛みの種類が異なります。
タトゥーはチクチクした痛み、医療脱毛はバチっと弾かれるような痛みを感じるためどのような種類の痛みに強いかにも感じ方は変わるでしょう。

1. タトゥーがある場合の脱毛制限

タトゥーがある部位はレーザー脱毛の対象外となる場合が多いです。しかし、タトゥーの周囲数センチはレーザー脱毛可能で、針脱毛はタトゥーがあっても大丈夫です。

2. タトゥーを消した後の脱毛

タトゥーを消した後は、肌の状態とタイミングによっては医療脱毛が可能です。専門医の診断が必要です。

3. タトゥー前の医療脱毛がおすすめ

タトゥーを入れる前に医療脱毛を行うことで、多くのメリットがあります。これによりタトゥーの美観と維持が容易になり、全体的なコストも削減されます。

4. 専門医療機関での相談が鍵

どのようなケースでも、専門の医療機関で相談してから施術を受けることが最も安全かつ効果的です。

タトゥーと医療脱毛には注意点が多いですが、適切な手続きと専門的なアドバイスを受ければ、両者は十分に両立可能です。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. vio脱毛

    VIO・ハイジニーナ医療脱毛

  2. 港区医療脱毛

    港区でおすすめの医療脱毛は?クリニック別の全身・VIO料金も…

  3. 医療脱毛の都度払いって本当にお得?メリットとデメリットを解説…

  4. 仙台VIOのみが安い医療脱毛

    仙台VIOのみが安い医療脱毛クリニック(都度払い含む)

  5. 医療脱毛のリスク アレルギー反応

    医療脱毛のリスクの一つアレルギー反応とは?

  6. 髭脱毛回数

    ヒゲ(髭)医療脱毛でツルツルにするまで何回かかる?自己処理が…

最近の記事

  1. 大阪のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  2. 東京のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  3. 大阪糸のリフトアップモニターキャンペーン
  4. 東京のたるみリフトアップ治療が安い口コミで人気のクリニックランキング
PAGE TOP