【妊娠と脱毛の疑問】脱毛できなくなる?脱毛した毛がまた生えてくる?

妊娠と脱毛の疑問

【妊娠と脱毛の疑問】脱毛できなくなる?脱毛した毛がまた生えてくる?

女性の体はいつ何があるかわからないもの。妊娠・出産ともなれば尚更、神のみぞ知るところです。
何を隠そう、この記事を書いている私も「全然子供ができないし、しばらくはもういいかなー」なんて思っていた矢先に妊娠しました。
今回は、妊娠したら脱毛ってできるの?という疑問から、妊娠による脱毛への影響、脱毛したのに妊娠したらまた毛が生えてくる謎の理由について解説・まとめたいと思います。

妊娠で毛が濃くなる理由と脱毛への影響

「た○ごクラブ」みたいな育児雑誌などを読んでも、「妊娠中は毛が濃くなる」と書いてあることが多いと思います。これは、妊娠中のホルモンバランスによる仕業です。
結論から言えば、妊娠中は体全ての毛が濃くなります!せっかく医療脱毛をしたのに、自己処理が必要になり、肌トラブルが起きる方もいらっしゃいます。

妊娠中はエストロゲンが増える=髪の毛が濃くなる

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンが増える変化をします。エストロゲンは、頭髪においては成長期という毛周期と呼ばれる期間を長くするため、髪が伸びるのが早くなったり髪が濃くなったりというのは説明がつきます。
しかし、体毛に置いて成長期を長くするのはアンドロゲン(男性ホルモン)のため、エストロゲンの増加は直接関与しないと考えられます。
では、なぜ妊娠中に体毛が増えるのでしょうか?

実はアンドロゲン(男性ホルモン)も増える=体毛が濃くなる

実は、妊娠中は、非妊娠時に比べてアンドロゲンという男性ホルモンも増える変化が起こっています。
妊娠時、アンドロゲンは、卵巣・副腎皮質・胎児・胎盤から産生され、これが胎盤などでエストロゲンに変換されます。
アンドロゲンは腹部、胸部、腋窩、外陰部などにおいて硬毛になるように働くため、元々細かった毛や産毛が濃くなるのです。
理論的には、アンドロゲンの量が減れば、体毛はまた細くなるのですが、実際は全てが元に戻らないこともあるようです。

体毛が増えたことでのメリット

「妊娠中に毛が濃くなってショック」「元に戻るって聞いたけど戻らない」そんな声を耳にします。
でも、ちょっと視点を変えてみましょう。
レーザー脱毛においては、太い毛の方が脱毛されやすいのです。
つまり、「毛が濃くなった=脱毛効果が出にくかった毛が脱毛効果を得られやすくなった」と考えることができます。
脱毛の観点から考えると、チャンスとも取れませんか?
レナトゥスクリニックの脱毛知識は非常に高いことがおわかり頂けていると思いますので、是非妊娠出産後の脱毛はレナトゥスクリニックにお任せ下さい。高い効果と安い価格を追求しております。

妊娠中すると脱毛ができなくなる?

では、妊娠中にレーザー脱毛は可能なのでしょうか?
結論から言うと、妊娠中の脱毛はお勧めできません
レーザーが影響を与えるのは精々がお肌の皮下数mm程度です。そのため、レーザーが直接胎児に影響を与えることはまず考えにくくなっています。
ですが、妊娠中は何がきっかけでどうなるかわかりません。レーザー照射の痛みがきっかけになって、お腹が張ってしまうかもしれません。
照射後に塗るステロイドも胎児への影響を考えると使いにくく、トラブルの原因になってしまうかもしれません。
もし万が一胎児に何かあった場合、レーザーのせいではないと言い切れる根拠がありません。
ですので、妊娠中はやらない方がいいと言うのが標準的な見解です。
妊娠中は色素沈着のリスクも上がるので、それを考えても妊娠中の脱毛は避けた方が無難かと思われます。

脱毛した毛がまた生えてくる?

脱毛した毛がまた生えてくるように見えるのは、本当は脱毛できていなかった毛の毛周期が成長期が延長されて太くなり、その結果また生えてきたように見えるのです。
もちろん、その毛は脱毛することが出来ますので、一生お肌のムダ毛を自己処理する必要はありません。

出産後における脱毛開始の時期は?

産後の脱毛の時期についてです。
明確な目安はありませんが、少なくとも産後1ヶ月の間は体への負担も考えてやめた方が無難です。
産後1ヶ月以上経過していても、悪露がまだ続いている場合は、体が完全に回復しきっていない証拠ですので避けた方がいいでしょう。
また、授乳中の場合ですが、レーザー照射後に炎症が酷くなるのを防ぐためにステロイドを使用します。
外用薬のレベルで、しかも弱いステロイドの使用なので、乳汁へのステロイドの移行はほぼ無視していいと思われますが、やはり万が一を考えると積極的に勧められることではありません。
そのため、授乳中の方には、万が一のリスクをご承知の上で使って頂くか、照射後ステロイドを使用しないかのどちらかになってしまいます。
さらに、授乳中の場合は、乳輪周りを照射した際に毛嚢炎など起こすリスクがわずかですが高くなると考えられます。
産後は体が回復していればいつから脱毛してもいいと思います。
ただ、諸々のことを考えると、授乳中でかつリスクをなるべく回避したい方に限っては、授乳が終わってから脱毛を開始する(再開する)方が無難かと考えられます。

レナクリでの妊婦への脱毛は対応していますか?

妊婦さんへの照射はオススメはできません。基本的に、妊娠中はレナトゥスクリニックでは医療脱毛の施術を受けつけておりません。
わからないことがあれば、まずは無料カウンセリングへお越しください。
また、コース契約中に妊娠が発覚した場合はコースの延長も無料で承っておりますので安心して脱毛を続けて下さいね。

妊娠後におすすめの脱毛クリニックはありますか?

妊娠後に脱毛を再開する頃には、ある程度濃くなった毛も薄くなっているかもしれません。
そのような産毛に関しては、ヤグレーザーが使用可能なジェントルマックスプロ24mmという脱毛機がオススメです。
この脱毛機はアレキサンドライトレーザーも使用可能で、濃い毛はアレキサンドライトレーザー、薄い毛はヤグレーザーなど、他にも様々な条件で使い分けることが出来ます。


また、この機械の設定や照射方法にもこだわることで、さらに良い脱毛結果を出すことに成功しています。
医療脱毛でどこのクリニックか迷っているあなた、一度レナトゥスクリニックにカウンセリングに来てみませんか?

妊娠と医療脱毛についてのまとめ

✅医療脱毛で脱毛された毛は脱毛されている
✅脱毛できていなかった産毛がホルモンの影響で太くなる
✅出産後その毛は元に戻る
✅妊娠中・授乳中の医療脱毛は安全性が確保されておらず、やらないほうが無難
✅授乳終了後に脱毛を開始するのが無難
✅脱毛は機械と技術で結果が大きく変わることを知るべし。医療脱毛ならレナトゥスクリニックへ

当webページは医療広告ガイドラインを尊守し、医師監修のもと掲載しております

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を尊守し、当ページは医師免許を持ったレナトゥスクリニックの医師監修のもと掲載しております。医師は、日本医療脱毛学会会員、ジュビダームビスタ認定医、ボトックス認定医も取得しております。

まずは無料カウンセリングへ!
lineで気軽にお悩み相談/簡単当日予約ができます。
予約はこちらから

かんたん予約

関連記事

  1. 平日割引

    医療脱毛平日割引のお知らせ

  2. 医療脱毛を清潔にするには

    【潔癖な方に朗報】自分専用24mmスポットで清潔に医療脱毛し…

  3. 脇脱毛

    脇脱毛

  4. 脱毛前毛の剃り方どうやってシェービングするか

    【脱毛初心者講座】剃毛ってどうしたらいいの?|医療脱毛ならレ…

  5. 脱毛が出来ない場合

    【注意】脱毛をお受け頂けないケースがあります。

  6. 全身脱毛

    全身脱毛|【公式】医療レーザー脱毛ならレナトゥスクリニック東…

PAGE TOP