Vライン(ビキニライン)の医療脱毛

Vライン脱毛

はじめに

Vライン脱毛は、一生モノの清潔さや快適さが手に入る、人気の脱毛部位です。しかし、クリニックによってVライン脱毛の範囲や仕上がりは異なります。レナトゥスクリニックでは、最先端のジェントルマックスプロプラスを使用し、出力制限なしでVIO粘膜部分までしっかり照射します。

粘膜には、小陰唇、膣前庭、クリトリス、外尿道口、膣口が含まれますが、VIO脱毛で脱毛をする粘膜部分は小陰唇・クリトリス包皮周囲から生えている毛のことです。

粘膜には毛が生えませんが、実際には皮膚と粘膜の境界から毛は垂直に伸びるとは限らないため、境界部分では毛が粘膜から出ていることがあります。この認識がないと、粘膜に毛は生えないので照射しませんと照射をしてもらえないことがあり注意が必要です。この発毛部分までレナトゥスクリニックではしっかりと脱毛します

当院のwebサイトで記載する、「VIO粘膜部分までしっかり照射」はその意味で記載しております。クリニックによって、このIラインの粘膜部分が脱毛できるところと、そうでないクリニックがるので注意が必要です。

VIOってどこ?

VIO施術範囲

VIOエリアとは、V(ビキニライン)、I(陰部)、O(肛門周辺)を指します。このエリアには、皮膚と粘膜が交錯する非常にデリケートな部分が多く含まれています。

さらに、Vラインを詳しくみていきましょう。

Vライン(ビキニライン)

Vラインとは、両足の付け根部分からデリケートゾーンの上部にかけてのエリアを指します。正面から見ると三角形の部分になります。この部分は粘膜ではありませんが、非常に敏感なエリアです。

Vライン脱毛の特徴とレナトゥスクリニックの強み

Vライン脱毛は、色味が黒い場合が多く、やけどを起こしやすいデリケートな部分の一つです。そのため、高い安全性と効果が求められる部位となっています。レナトゥスクリニックでは、最先端の脱毛技術と高い安全性を提供しており、多くの方々から信頼を得ています。

Vライン人気のデザインとその理由

VIO脱毛デザイン

レナトゥスクリニックでは、ハイジニーナが最も人気のデザインです。

ハイジニーナにする場合、IラインとOラインも全て脱毛すると、全体的に美しい仕上がりとなりおすすめです。

また、逆三角形型も人気で、その大きさはお客様の好みに応じて調整可能です。

自己処理について

自己処理は、特にVラインにおいては慎重に行う必要があります。I字カミソリを使用して丁寧に処理することが推奨されています。詳しい方法については、当クリニックのVIO自己処理の専門ページで解説しています。

生理中の施術について

多くのクリニックでは生理中の施術が難しいとされていますが、レナトゥスクリニックではタンポンを使用することで施術が可能です。これにより、お客様が施術のスケジュールを柔軟に組むことができます。

支払い方法と便利なサービス

当クリニックでは、現金、クレジットカード、医療ローンでの月々払いや併用の支払いにより、多くの方が無理なく施術を受けることができます。

なぜレナトゥスクリニックが選ばれるのか

当クリニックの最大の強みは、高い技術力と安全性、そして柔軟な対応です。特に生理中でも施術が可能な点や、多様な支払い方法が用意されている点が、多くのお客様から高評価を得ています。

Vライン脱毛とVIO脱毛の痛み:レナトゥスクリニックの独自の対処法

medical hair removal

VラインやVIOの毛は一般的に濃く(密度が高井)、太いため、レーザー脱毛の際には特に反応が良いとされています。この特性が、痛みを感じやすい原因ともなります。しかし、レナトゥスクリニックでは、最先端の冷却技術と高度な看護師の技術を用いて、痛みを最小限に抑える工夫をしています。

冷却装置での痛み軽減

当クリニックでは、レーザー照射と同時に肌をDCDガスと言われる特許取得済みの冷却方法で冷却することで、痛みを感じにくくしています。この冷却装置は、レーザーの熱を速やかに冷ましてくれるため、施術中の不快感を大幅に軽減します。

看護師の高度な技術

レナトゥスクリニックの看護師は、照射方法においても高度な技術を持っています。痛みを最小限に抑えるための独自の照射テクニックを用いており、これにより患者様がより快適な施術を受けられるよう努力しています。

表面麻酔のオプション

それでも痛みに敏感な方には、表面麻酔(麻酔クリーム)の使用も可能です。1部位¥1,100税込で麻酔ができます。この麻酔クリームは、施術前に塗布することで、皮膚の表面を一時的に麻酔し、痛みを和らげます。

安心のカウンセリング

当クリニックでは、施術前にしっかりとカウンセリングを行い、痛みに対する不安や疑問を解消します。痛みに対する個々の感じ方や状態に合わせて、最適な施術プランを提案します。

痛みに対する不安がある方も、レナトゥスクリニックの高度な技術と丁寧なケアで、安心して施術を受けられるでしょう。

Vライン脱毛のメリット:なぜ今すぐ始めるべきなのか

Vライン脱毛は、特に女性にとって多くのメリットをもたらします。清潔感が出るだけでなく、日常生活がより快適になり、さらにはおしゃれも楽しめるようになります。以下で、これらのメリットについて詳しく解説します。

清潔感が出る

脱毛女性

Vラインの毛をきれいに脱毛することで、見た目がスッキリとして清潔感が出ます。特に夏場の水着やランジェリーを着用する際、毛がはみ出る心配がなくなります。また、毛がなくなることで皮膚が直接空気に触れ、汗や汚れが溜まりにくくなるため、衛生的にも優れています。

快適に生活できる

遊ぶ女性

Vラインの毛がなくなると、下着や水着が直接肌に触れるため、摩擦によるかゆみや炎症が減少します。また、ムレによる痒みともおさらばできます。これにより、日常生活がより快適になります。特に運動をする際や長時間座っている時など、不快な摩擦が少なくなるため、ストレスフリーな生活が手に入ります。

おしゃれが楽しめる

服装 女性

Vライン脱毛を行うと、細かいデザインの下着や水着、ハイレグの衣類も選びやすくなります。毛がないことで、より多くのファッション選択肢が広がり、おしゃれを楽しむ自由度が高まります。

以上の点を踏まえ、Vライン脱毛を始める最適なタイミングは思い立った今です!

清潔感、快適性、おしゃれを全て手に入れるために、ぜひともVライン脱毛をご検討ください。

Vライン脱毛のデメリット:注意点と対処法

Vライン脱毛は多くのメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。以下で、その主なデメリットとその対処法について詳しく解説します。

痛みを感じる可能性がある

Vラインの毛は一般的に太く、濃いため、レーザー脱毛の際に痛みを感じやすいとされています。しかし、最新の冷却技術や表面麻酔クリームを使用することで、痛みは大幅に軽減されます。

費用がかかる

Vライン脱毛は一回あたりの費用がそれなりにかかり、完全に脱毛するには複数回の施術が必要です。しかし、長期的に考えれば、剃毛や脱毛クリームの継続的な購入費用と比較すると、コストパフォーマンスは高いと言えます。

施術後の肌トラブル

施術後には、肌が一時的に赤くなる、かゆみが出る、炎症を起こす可能性があります。これらは一般的に一時的なものであり、適切なアフターケアによって早期に回復します。

また、VIOは火傷も色味が黒色に近いほど起こりやすい部位です。しかし、粘膜付近の傷は非常に治癒能力が高く、ほとんど傷跡を残さずに回復するでしょう。

白髪には効果が薄い

白髪

レーザー脱毛はメラニン色素に反応するため、白髪には効果が薄いとされています。白髪脱毛を希望する場合は、他の脱毛方法を検討する必要があります。

Vライン脱毛には確かにデメリットも存在しますが、それらは適切な対処とケアによって最小限に抑えられます。デメリットをしっかりと理解し、それでも脱毛のメリットが大きいと感じるなら、施術を受ける価値は十分にあるでしょう。

料金表

VIOセットメニューもございます。
また、全身脱毛と組み合わせることでお得な料金で医療脱毛を受けることもできます。

部位 1回 5回 8回
Vライン脱毛 ¥24,750 ¥49,500 ¥80,080

Vライン脱毛のよくある質問とその回答

Vライン脱毛に関する疑問や不安は多く、特に初めての方にとっては何を期待すればいいのかわかりにくいものです。以下で、よくある質問とその回答を詳しく解説します。

痛みはどのくらい?

Vライン脱毛の痛みは個人差がありますが、当クリニックでは冷却ガスを用いて肌を冷やしながら施術を行うため、基本的には痛みは少ないです。

ただし、Vラインの毛が他の部位よりも太く長いため、痛みを感じやすいとも言われています。不安な方は、カウンセリングでその旨をスタッフに伝えてください。

何回でどのくらい減る?

一般的には、2〜3ヶ月の頻度で5回〜8回程度の施術が推奨されます。ただし、毛の生えてくる周期や個人差によっては、この回数や期間が変わる場合もあります。

全部なくしたいわけじゃないけどどうやって脱毛したらいい?

残したい毛の量や形によっても施術の方法は異なります。具体的な希望がある場合は、カウンセリングでしっかりとスタッフに伝え、個別のプランを相談してください。

Vの毛量を少なくしたい方は、全体を2回照射し、その後は残したい部位以外の毛をレーザー脱毛をすることをおすすめします。

何歳からできる?

一般的には、成人(18歳以上)が対象とされていますが、中学生や高校生といった未成年者でも親の同意があれば施術が可能です。ただし、ホルモンバランスの影響で、脱毛後一部の毛がまた生えてくる可能性があります。

白髪もできる?

レーザー脱毛はメラニン色素に反応するため、白髪には効果が薄いとされています。白髪に対する脱毛を希望する場合は、他の脱毛方法を検討することが推奨されます。

具体的には、レーザー脱毛でほとんどの黒い毛をなくした後、白髪は針脱毛で脱毛をすると良いでしょう。

まとめ

レナトゥスクリニックのVライン医療脱毛は、最先端の脱毛器ジェントルマックスプロプラスと専門のスタッフによって、高い効果と安全性を実現します。

料金も明確で、多くのプランが用意されていますので、お客様のニーズに最適な選択が可能です。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutube

関連記事

  1. 医療脱毛カウンセリング当日に必要な持ち物や服装は?

  2. 医療脱毛クリニック選びの決め手は何?

    医療脱毛クリニック選びの決め手は何?

  3. 仙台皮膚科医療脱毛

    仙台の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック

  4. 膝上(太もも)脱毛

    膝上(太もも)の医療脱毛

  5. 医療脱毛 現金払い

    医療脱毛で現金払いが人気なのはなぜ?メリット・デメリットを解…

  6. ベクタス

    脱毛器ベクタスとは?

最近の記事

  1. 大阪のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  2. 東京のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  3. 大阪糸のリフトアップモニターキャンペーン
  4. 東京のたるみリフトアップ治療が安い口コミで人気のクリニックランキング
PAGE TOP