小陰唇縮小術とVIO脱毛-術後はいつから脱毛できる?

小陰唇縮小術 医療脱毛 VIO

小陰唇とは

女性器イラスト

小陰唇は女性の陰部に位置する二つの薄く、柔らかい皮膚のヒダから成る部位です。これらは大陰唇の内側にあり、特に色や大きさには個人差が見られます。小陰唇の主な役割は、膣を環境の雑菌や異物から守るバリアとしての機能を持っています。また、尿の飛び散りを防ぐ役目も果たし、性行為の際には陰茎を包み込む役割も担っています。

小陰唇が大きくなるのは

小陰唇の大きさや形状には個人差があり、正常な範囲内で多様性が認められます。その個人差には遺伝的要素や思春期・妊娠などによるホルモン変動、物理的刺激や摩擦、加齢によるたるみ、特定の炎症や感染症などによりサイズの変化が認められるとされています。

正常と異常はどこから

小陰唇のサイズに関して「異常」と一概に言える明確な基準は存在しません。人それぞれの体の構造や遺伝的要因により、形やサイズには個人差があります。

ただし小陰唇が大きいことで歩行時や運動時に痛みや不快感を感じたり、大陰唇と小陰唇の間に恥垢と呼ばれる垢が溜まり衛生上の問題があったり、性的な不快感や精神上のストレスを感じられた場合、外科的手術を選択される方がいます。

小陰唇縮小術って?

小陰唇縮小術は、小陰唇のサイズや形状を修正するための手術です。

手術の方法は、患者の希望や小陰唇の形状によって異なります。主な方法としては、余分な部分を直接切除する方法や、小陰唇の辺縁を保存しながら余分な部分を切除する方法などがあります。

局所麻酔や静脈麻酔を使用し、手術後、数日から数週間は激しい運動や性交は避ける必要があります(具体的な期間は施術する医療機関の指示に従ってください)。

小陰唇縮小術とVIO脱毛

小陰唇縮小術とVIO脱毛は、両方とも陰部の整容的あるいは機能的な改善を目的とした施術です。

VIO脱毛によってムダ毛がなくなり肌が滑らかになることで、小陰唇縮小術の後の結果がより際立って見える場合があります。また、毛が少なくなることで術後のケアもしやすくなる可能性があります。

小陰唇縮小術を検討されている方にはVIO脱毛との併用を考えられている方も多くいらっしゃるかと思います。

小陰唇縮小術後はいつから脱毛して良い?

小陰唇は粘膜部分にあたります。

粘膜はキズの回復が他の部位より早いため、小陰唇縮小術後の場合もキズの治りは早く、傷跡も目立たないことが多いそうです。

また、キズの回復にはなるべくキズ部分が動かないことが大切ですが、小陰唇が大きく動くような部位でないことも早い回復に関係していると考えられます。

顔や腕など小陰唇とは離れている部位の脱毛に関しては、術後の全身状態が悪くない場合は基本的にいつでも脱毛は可能と考えられます。

また、VIOに関しても、術後1ヶ月程度経過していれば脱毛可能な医療機関が多いです。

美容ナース
美容ナース
主治医の先生にも確認しておくとベターです

小陰唇縮小術後に脱毛をお断りする場合

一方で、小陰唇縮小術後に脱毛を避けた方が良い場合もいくつかあります。

手術のキズから細菌が入り込み感染してしまった場合や、出血が続いている場合、痛みが強く脱毛時の姿勢保持が困難な場合などが挙げられます。

このような場合はキズや全身の状態がしっかり落ち着いてから脱毛を再開しましょう。

参考文献

医療脱毛をはじめる前に読む本

基礎から学ぼう 医療レーザー脱毛入門

よくわかる医療脱毛

新しい皮膚科学第3版

 

医療脱毛はその効果と安全性からも、多くのクリニックで無料カウンセリングを提供しています。専門の医師による詳しい説明を受け、自分の肌質や問題点に最適な施術プランを選べます。自己処理のリスクを避け、プロフェッショナルによる脱毛で、理想のツルツル、スベスベの頬を手に入れましょう。質の高いサービスを提供する医療脱毛クリニックが増えていますので、一度足を運んで自分に最適な治療を探してみてはいかがでしょうか。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
  • 渡邊医師
  • レナトゥスクリニック 東京田町院
    私は患者として様々な施術を受けてまいりました。
    美容業界に携わる今、皆さまの美しくなりたい気持ちに真摯に応え、誠実な美容医療を提供していきたいと強く考えております。
    小さなお悩みも、長年のコンプレックスも、お力になれればと存じます。
    田町院でお待ちしております。
    東京女子医科大学出身、美容施術経験多数(なんでも聞いてください!)、instagramTiktokX(旧Twitter)

関連記事

  1. 体内にボルトが入っていても脱毛できる?

    体内にボルトが入っていても脱毛できる?

  2. 富山おすすめ医療脱毛

    富山の医療脱毛クリニックおすすめ7選!全身VIO顔が安い・効…

  3. ジェントルマックスプロ・プラスの痛みはどのくらい?

    ジェントルマックスプロ・プラスの痛みはどのくらい?

  4. 酒さと医療脱毛

    酒さの症状があっても脱毛できますか?

  5. 医療脱毛脇だけおすすめ

    医療脱毛脇だけが安い値段でおすすめお試し¥110のレナトゥス…

  6. 医療レーザー脱毛機器のおすすめは?違いや特徴を解説!

最近の記事

  1. 仙台アートメイク
  2. 脂肪溶解注射は効果ない?その理由と対策
  3. 名古屋の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック
  4. 名古屋VIOのみが安いおすすめ医療脱毛クリニック(都度払い含む)
PAGE TOP