ICLやレーシックの手術前後も医療脱毛はできるの?

ICLやレーシックの手術前後にも医療脱毛は可能?

最近は視力回復手術としてICL(眼内コンタクトレンズ)やレーシック手術が普及してきていますよね。

ICLとは虹彩の裏側にコンタクトレンズを挿入する手術レーシックとは角膜をレーザーで削って視力を調整する手術を指します。

眼の解剖とICL・レーシックで処置する部位

このような眼の手術前後、レーザー脱毛はいつから中止・開始をして良いのでしょうか?

視力回復手術前後の脱毛の可否について解説していきます。

ICLとレーシック

視力回復手術として有名なこれらの手術ですが、どちらも近視や遠視を矯正する手術なので比較されることが多いです。

それぞれどのような違いがあり、違いは何なのでしょうか?

ICLとは

ICLの特徴

・術後の見え方が鮮明

・強い近視にも対応可能

・永久的にレンズを挿入できるが、万が一の際にレンズを取り出すこともできる

・デメリットは費用が高額な点

ICLは角膜を数ミリ切開して虹彩と水晶体の間に視力回復用レンズを挿入する手術で、一度の手術で永久的に眼内にレンズを挿入することができます。

術後の視力回復が長期的に安定しやすく適応が広い(強い近視でも可能)という特徴があり、眼鏡やコンタクトレンズよりも精密な眼内レンズを挿入するため精密でクリアな見え方を得られます。

また、術後の見え方に納得できなかったり、将来眼の病気に治療が必要になった場合はレンズを取り出すことが可能です。

一方でレーシックよりも高額で、2倍程度の手術費用が必要なことが多いというデメリットはあります。

レーシックとは

レーシックの特徴

・ICLより安価

・術後の見え方に変化がある可能性

・強い近視は適応外

・角膜自体を削るため角膜の形状が変化する

レーシックは角膜にレーザーを照射して角膜の屈折具合を変化させ視力を回復する手術で、ICLよりも比較的安価に行うことが可能です。

一方、元々の近視が強い場合は術後の数年経過していく中で近視が戻りやすかったり、角膜自体を削って変化させるため見え方に若干の変化が現れる可能性がICLよりも高いというデメリットがあります。

また、近視が強すぎる場合は適応になりません。

渡邊医師
渡邊医師
以上はあくまで一般的な比較になりますので、ICLとレーシック、どちらにするか悩まれている方は手術を行う病院にご相談くださいね

ICLやレーシックの術後

ICLやレーシック手術の後は、手術を行った病院により異なりますが、術後1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月などを目安に複数回の術後検診があります。

術後に気をつけるべきポイントは主に、感染対策と眼に負担をかけないことです。

術後のポイント1:感染対策

術後は傷口が塞がっておらず、菌などに感染しやすい状態です。

傷口を擦ったり、メイクなどが入り込むことで感染のリスクが高まります。

洗顔やメイク、まつげパーマなどの開始がいつから可能かは病院によって異なりますのでしっかり確認しましょう。

保護メガネの着用なども推奨されています。

術後のポイント2:眼に負担をかけない

術直後の眼は非常にデリケートで、視力の安定まで1ヶ月程度要することもあるようです。

また、主に暗い場所で起こりやすいのですが、光が滲んで見えたり眩しく感じるハロー・グレア現象があります。

お仕事や運転の再開時期は医師とよく相談の上検討しましょう。

ICL・レーシック手術と医療脱毛

それではICLやレーシック手術と医療脱毛、どのような相互作用が予想されるのでしょう。

脱毛中は目元を保護する

脱毛中はレーザーの光が直接入らないように目元をタオルやアイガードなどで保護します。

もちろん患者さん毎に消毒を行い清潔なものを使用していますが、手術後のデリケートな目元に触れることで刺激となり、感染症を引き起こす可能性はございます。

レーザー脱毛は光を発生させる

医療脱毛ではレーザー(LASER:Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation)を用います。

レーザーは名前の通り光です。

脱毛中は目元を保護していても多少の眩しさを感じる場合がありますので、手術後の眼には負担となる可能性があります。

ICLやレーシックの手術前後は脱毛して良いの?

それでは手術前後はどの程度の期間脱毛をお休みする必要があるのでしょうか?

手術前

手術前に関しては基本的には制限はないと考えます。

ICLやレーシック手術前にレーザー脱毛を行うことで、手術への悪影響があるとは考えにくいからです。

手術後

手術後に関しては、術後の眼は感染対策と負担をかけないことが大切となりますので一定期間のお休みが必要な場合があります。

どの程度の期間空けるべきかは術後の経過や、手術を行なった先生の方針によっても異なりますので術後の検診でしっかり確認しましょう

お身体の脱毛はこれくらい、お顔の脱毛はこれくらい、と異なる場合もあるようなので注意が必要です。

またもし手術によって内出血が広がってしまった場合は、内出血の色みによっては内出血部分が照射できなくなる可能性があります。

術後しっかりと状態が落ち着かれてからの再開をおすすめします。

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
  • 渡邊医師
  • レナトゥスクリニック 東京田町院
    私は患者として様々な施術を受けてまいりました。
    美容業界に携わる今、皆さまの美しくなりたい気持ちに真摯に応え、誠実な美容医療を提供していきたいと強く考えております。
    小さなお悩みも、長年のコンプレックスも、お力になれればと存じます。
    田町院でお待ちしております。
    東京女子医科大学出身、美容施術経験多数(なんでも聞いてください!)、instagramTiktokX(旧Twitter)

関連記事

  1. もみあげ全剃り脱毛

    もみあげ医療レーザー脱毛の方法・痛み・何回で抜ける・Yout…

  2. 仙台皮膚科医療脱毛

    仙台の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック

  3. 医療脱毛とエステ脱毛、併用は可能?注意点やメリット・デメリッ…

  4. 毛深い女性

    男より毛深い女性は嫌い?好き?恋愛できない?

  5. NG行為!

    医療脱毛中の脱毛クリームの使用はやめて!〜自己処理のNG行為…

  6. 医療脱毛とレチノール

    医療脱毛中はレチノールに要注意!?

最近の記事

  1. 大阪で脂肪溶解注射BNLS Fat Burnが安い¥2,200
  2. 脂肪溶解注射 BNLS アルティメット(小顔注射)
  3. 名古屋のメンズ医療全身脱毛ならレナトゥスクリニック
PAGE TOP