医療脱毛の都度払いって本当にお得?メリットとデメリットを解説

脱毛ぴよ子
脱毛ぴよ子
医療脱毛の支払い方法って多すぎてどうすればいいの?
女の子
女の子
あまりお金かけたく無いから都度払いがいいのかな

医療脱毛を検討検討している方で上記のような悩みを持っている人は多いのでは無いでしょうか。
支払い方法で悩んだまま医療脱毛を契約するのは危険です!!!
各々の支払い方法の中でもどれが自分にあっているのか、しっかり理解しておきましょう。
今回は、魅力的に見えて危険な部分もある都度払いについて徹底解説します

医療脱毛の支払い方法には何がある?

医療脱毛 現金払い

医療脱毛にはいくつかの支払い方法があります。
個人の好みや予算によって異なる場合もありますが、
人気がある支払い方法を以下に並べています。

▶︎クレジットカード/デビットカード:多くのクリニックではクレジットカードやデビットカードの支払いが
適応されています。一括払いはもちろん、クリニックによっては分割が可能なところもあります。


▶︎月額制;月々の支払額を少額にして分割して支払う方法です。予算管理がしやすいメリットがあります。
月額制について詳しく知りたい方は以下記事を読んでください。

▶︎医療ローン:一括払いが難しい方向けの支払い方法です。
金利がかかる場合がほとんとなので、最終的な支払い総額が膨らむ可能性があり、注意が必要です。
医療ローンについては以下記事で詳しく紹介しています。

▶︎都度払い:部位ごとや照射毎に、都度支払う方法です。
一回あたりの負担が軽いので魅力的に見えますが、
医療脱毛は継続的に回数を重ねる必要があるため、最終的な合計金額が膨らんでしまうことがあります。

▶︎現金払い:一括払いが可能で、金利や手数料がかからないことから割安なので
人気がある支払い方法です。ただ、まとまったお金が必要です。
現金払いについては以下記事で詳しく紹介しています。

最終的な支払い方法の選択は、個人の予算や好み、クリニックの提供する条件によります。
クリニックによっては上記のような支払い方法を組み合わせるなど、
患者様のニーズに合わせて選択することも可能でしょう。

この記事では、都度払いについてメリットやデメリットを詳しく解説します。

「都度払い」ってどういうもの?

医療脱毛 挿入画

医療脱毛の都度払いとは

通常、医療脱毛は継続的に数回の照射が必要です
ですので、「○回コース」というようにプランで提供しているクリニックがほとんどです。
しかし、「都度払い」では一回の照射毎に脱毛料金を支払って通うことができます。

どんな人が都度払いを使うの?

 

こんな人にお勧め!
1.脱毛にかける予算が限られている…
2.まずはお試し脱毛をしてみたい!
3.スケジュールが定まっていないからコンスタントに通えない…
4.全身ではなくて、必要な部位だけ脱毛をしたい!
5.途中で解約したくなったらと考えると不安…
6.できるだけ簡単に契約したい!

1.予算が限られている人
都度払いであれば、予算に合わせて支払いができるため、
一度に大きな脱毛費用を一括で支払う必要がないという利点があります。
ですので、経済的に制約がある場合に適しています。

2.お試し脱毛を希望する人
医療脱毛が初めてである人や、特定の部位の脱毛を試してみたいという人に適しています。
1回の照射で施術の効果や痛みを実感し、継続するかどうかを決めることが可能です。
レナクリなら! 「手の指・脇・鼻下」の中の1箇所をたったの¥110でお試しが可能

3.スケジュールが不規則な人
都度払いだと、1回1回の施術を好きな時にすることができます。
一方で、脱毛プランの場合は期限が設けられていることがほとんどです。
出張や留学などスケジュールが不規則な人は都度払いなら都合に合わせて調整できるでしょう。
レナクリなら!プラン提供だが、プランによっては、証明書の提示により期限が延長可能な柔軟性あり!✨

4.特定の部位のみを脱毛したい人
ある特定の部位のみを脱毛したい場合は
「全身脱毛コース」のようなプランよりも都度払いの方がコストパフォーマンスが良い場合もあります。
レナクリなら!部位別のプランも充実

5.途中で脱毛を中断することに不安がある人
予期せぬ事情で脱毛を中断しなければならない場合もあります。
都度払いだと自分の都合で通うことをストップできます。
プラン契約の場合は期限を延長したり、途中で解約することが難しい場合もあります。

6.できるだけ簡単に支払いの手続きをしたい人
都度払いは支払いの手続きが簡単で、
毎回の請求書を処理する手間が少ないため、手続きを簡略化したい人に適しています。

上記のような人に適している「都度払い」ではありますが、多くの注意点があります!
医療の脱毛の都度払いを検討している人は、
下記に紹介しているメリット・デメリットをしっかり理解しておきましょう。

医療脱毛の都度払いのメリット

都度払い 医療脱毛

医療脱毛の都度払いは、支払いを柔軟に調整でき、予算に合わせた進行が可能な上、
途中で中断や試し施術も行いやすい便利な支払い方法です。詳しくは以下をご覧ください

柔軟性がある

都度払いは1回の照射毎に支払うため、
支払いのタイミングや回数は自分の都合に合わせて調整が可能です。
予算に合わせて脱毛を進めていくことができるので、一度に大きな支出をする必要がありません。

コントロールが効く

一回の照射毎に支払う都度払いでは、途中で脱毛を中断することも可能です。
予期せぬ予定が入った時や、脱毛の必要が無くなった場合は柔軟に対応ができます。

お試し脱毛にピッタリ

医療脱毛を始めて受ける場合はお試しで一度照射してみたいものです。
その際には、お試しの1回分だけ支払いえばいい都度払いが向いています。
その1回の照射で効果や痛みを感じ、続けるかどうかを決めることが可能です。
レナクリなら! 「手の指・脇・鼻下」の中の1箇所をたったの¥110でお試しが可能

クリニックの倒産リスクがない

エステ脱毛が倒産をした!というニュースが見られます。この場合、コース契約をしていると支払った金額が戻ってこない場合があります。医療脱毛専門のクリニックでも同様に、クリニックの倒産リスクがあります。都度払いですと、倒産をしても料金は施術前にまとめて支払っていないので、トラブルになることはありません。
レナクリなら! 倒産リスクほぼなし!借金なし、自己資本比率100%の健全経営で1度も倒産の危機はありません

医療脱毛の都度払いのデメリット

都度払い 医療脱毛

都度払いの医療脱毛は、総費用が通常のプランより高くなりがちで、
支払い手続きが煩雑というデメリットがあります。

最終的な総費用が膨らんでしまう

都度払いは一回の照射毎の支払いになるため、
○回コースなどのプランの料金よりも最終的な総費用が高くなる可能性があります。
脱毛が完了するまでに必要な回数で総額がどれくらいになるかを把握し、
プラン契約をした方がいいのかを検討する必要があります。

支払い手続きの手間がある

プラン契約であれば、一度契約した後は
来院してすぐに施術に移ることができるため、一回一回の来院がスムーズになります。
一方で、都度払いは照射毎に支払いが必要なので、その手間が煩雑に感じられることがあります。

医療脱毛の効果が下がる可能性がある

医療脱毛は通うものです。
脱毛に通う間のトラブルや、過ごし方まで含めてクリニックが関わり、出力を上げていくということになります。これにはコース契約が必要と考えます。
都度払いシステムは確かに、患者様にとって魅力的かもしれませんが、当院がそのシステムを採用しないのは、脱毛を最高品質で受けて頂きたいという思いからです。
都度払いですと、患者様は日焼けやシェービングの剃り残しに対しても甘くなり、クリニック側の施術も適当になってしまうのではないでしょうか。

まとめ

都度払いは、予算や個人の状況に合わせて選択するべき支払い方法です。
予算が限られている場合や、脱毛の必要性を評価したい場合には都度払いが適しているかもしれません。
しかし、全体的な費用が高くなる場合が多いことを把握し、支払いの手続きを定期的に行う覚悟が必要です。

医療脱毛クリニックによって支払い方法は様々なので、
事前に詳細を確認し、自分に合った選択をすることが重要です。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、
まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良い
でしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. 経費

    医療脱毛は経費で落とせる?

  2. 脱毛とピーリングは同時にできる?

    脱毛とピーリングは同時にできる?

  3. へそ周囲

    へそ周囲の医療脱毛

  4. 肝炎と医療脱毛

    肝炎(A.B.C.D.E型.その他)の既往があっても脱毛はで…

  5. 大阪ジェントルマックスプロ

    【最新最多18選】大阪(梅田・心斎橋)ジェントルマックスプロ…

  6. 顔を剃る女性

    医療レーザー脱毛の種類で産毛に最も効くのは?

最近の記事

  1. 大阪で脂肪溶解注射BNLS Fat Burnが安い¥2,200
  2. 脂肪溶解注射 BNLS アルティメット(小顔注射)
  3. 名古屋のメンズ医療全身脱毛ならレナトゥスクリニック
PAGE TOP