医療脱毛の痛みはどれくらい痛い?

痛みどれくらい痛い

医療脱毛の痛みは、どのくらい痛いのか?

脱毛の痛みは「輪ゴムで弾かれるくらいの痛み」、とよく脱毛業界で言われています。
でも、一体どの程度の痛みなの?私は我慢できるくらいの痛みなの、、、?と思いますよね。

痛みの程度は、クリニックで日々診察をしていると、大体が以下のようだと言われます。最小値の痛みは、出力を最小にし、パルス幅を長くした場合の痛みです。最大値の痛みは、出力を最大にし、パルス幅を短くした場合の痛みです。

レーザーの種類 痛み最小 痛み最大
アレキサンドライト 指で軽く押す程度 熱いムチで叩かれる程度
ダイオード くすぐられる程度 瞬間的に鉄板で焼かれる程度
ヤグ 指でトントンされる程度 皮膚の中をムチで叩かれる程度

アレキサンドライト・ダイオード・ヤグというのは、脱毛で使われる波長の種類です。これにより、痛みの質が少し変わってきます。

▶︎医療脱毛は痛すぎる?だんだん痛くなる?痛みを軽減・無痛にする方法7選

部位別の痛みの強さ

VIO脱毛の痛み

脱毛機の出力と毛の密度によって痛みは変わってきます。
VIO脱毛では、痛みレベルを最大10として、Vライン・Iライン・Oラインそれぞれで以下のようになります。

痛みレベル
Vライン 10
Iライン 9
Oライン 7

ちなみに、VとIの境目が最も痛い部位です。
もちろん、痛みがご心配な方は麻酔をオプションで使用できますし、出力を調整することでレベル2~4に落とすことも可能ですので、安心して施術をしてください。

全身脱毛の痛み

脱毛機の出力と毛の密度によって痛みは変わってきます。
痛みレベルを最大10として、Vライン・Iライン・Oラインそれぞれで以下のようになります。

部位 痛みレベル
うなじ髪の毛 7
うなじ(髪の毛部分含まず) 5
3
乳輪周囲 3
乳輪内部 3
お腹 2
へそ周囲 3
背中上下 3
お尻 3
膝上(太もも) 6
膝〜膝下 8
足の甲と指 8
肘上 3
肘〜肘下 5
手の甲と指 3

顔脱毛の痛み

脱毛機の出力と毛の密度によって痛みは変わってきます。
痛みレベルを最大10として、Vライン・Iライン・Oラインそれぞれで以下のようになります。

部位 痛みレベル
おでこ髪の毛部分 7
おでこ 3
顎・顎下 3
眉間 3
5
鼻下 2
2
2

おでこ髪の毛部分は痛みが比較的高く、鼻も痛みがやや高いですが、他の部位(顎、眉間、鼻下、頬、首)は痛みが比較的低いとされています。

痛みを減らす方法

麻酔を使用する

まず、最も簡単にできるのが麻酔クリームの使用です。塗る麻酔クリームの相場は、1部位¥1,100〜¥3,300程度です。クリニックによっては更に安い¥550で麻酔が使用できるクリニックから、更に高い¥5,500で麻酔を使用できるクリニックまであります。

▶︎医療脱毛で麻酔無料のクリニックはある?使えないって本当?

脱毛器の設定を変える

また、これでも痛みに耐えられない場合に覚えておきたいのは、①出力を下げる②違う波長に変える③パルス幅を上げる④スポットサイズを大きくする、の4つで痛みを減らすことができます。忘れないようにこのページを保存して、施術をしてくれる看護師さんに見せても良いでしょう。

スキンケアを頑張る

保湿をする、日焼けをしないという日々のスキンケアでも痛みを減らすことができます。しっかりと保湿をし、日焼け対策をしましょう。

蓄熱式脱毛や美容脱毛にする

蓄熱式脱毛や美容脱毛は、パワーが弱いため、痛みが少なく脱毛を受けることができます。ただし、その分効果は低くなる傾向にあるので、回数がかかって、費用も高くなって良い方におすすめです。熱破壊式でも、低い出力からだんだん出力をあげていくことで、痛みを感じにくく脱毛をすることができます。

まとめ

医療脱毛の痛みはどのくらい痛いのかは、個人差や部位によって変わります。

ただし、痛みの感じ方はどうあれ、最も痛いと言われる部位はおおよそ決まっており、VIラインの境目が最も痛く、次に髪の毛部分、脇、膝上、膝・膝下が痛い可能性があります。

痛みに弱い方は、麻酔クリームが使えるクリニックを選ぶと快適に脱毛ができるでしょう。

▶︎医療脱毛は麻酔なしで大丈夫?麻酔ありならおすすめのクリニックは?

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. 医療脱毛新料金

    2022年医療脱毛新料金プラン

  2. 【医療脱毛効果高いランキングNo.1】クリニックを脱毛方法・…

  3. 仙台VIOのみが安い医療脱毛

    仙台VIOのみが安い医療脱毛クリニック(都度払い含む)

  4. ボコボコ肌

    医療脱毛とボコボコブツブツ肌

  5. うなじ医療脱毛

    うなじ襟足の医療脱毛

  6. 膝上(太もも)脱毛

    膝上(太もも)の医療脱毛

最近の記事

  1. 大阪で脂肪溶解注射BNLS Fat Burnが安い¥2,200
  2. 脂肪溶解注射 BNLS アルティメット(小顔注射)
  3. 名古屋のメンズ医療全身脱毛ならレナトゥスクリニック
PAGE TOP