医療脱毛とボコボコブツブツ肌

ボコボコ肌

医療脱毛は多くの人々にとって効果的な脱毛方法ですが、時には肌トラブルが起こることもあります。特に「レーザー脱毛後のボコボコブツブツ」や「脱毛後の毛穴の盛り上がり」などの問題が報告されています。

医療脱毛前のお肌のボコボコブツブツ:原因と対処法

医療脱毛を受ける前に、多くの人が「肌トラブルに起因するボコボコブツブツ」に悩まされています。この記事では、脱毛前の肌のボコボコについて、その原因と対処法を詳しく解説します。

脱毛前の肌トラブルによるボコボコブツブツ

脱毛前においては、肌トラブルが主な原因でボコボコブツブツが発生することが多いです。これは、皮脂の過剰分泌や毛穴の詰まり、炎症などが関与しています。適切なスキンケアで改善する場合が多いですが、専門医の治療が必要な場合があります。

医療脱毛を開始する前には、肌トラブルはできるだけ少ない方が良いので、お肌のボコボコの原因を突き止め、できるだけ改善をしましょう。

多くは保湿をしっかりとし、日焼け対策をし、清潔に保ち、ストレスがないように日常生活を送ることでお肌のボコボコは改善されます。

脇のお肌のボコボコブツブツとエクリン腺

特に脇の部分でボコボコが見られる場合、それは多くの場合「エクリン腺」に起因しています。エクリン腺は汗腺の一種で、この部分は脱毛をしてもなくならないとされています。ただし、皮脂の分泌が低下すると、エクリン腺が小さくなるとも言われています。

以上のように、脱毛前の肌のボコボコブツブツは多様な原因によって引き起こされます。医療脱毛を受ける前に、これらの問題をしっかりと理解し、適切な対処をすることが重要です。

医療脱毛後のお肌のボコボコブツブツ:原因と対処法

医療脱毛後には、多くの人が「肌トラブルがおきやすい」と報告しています。この記事では、脱毛後の肌のボコボコブツブツについて、その原因と対処法を詳しく解説します。

直後の赤みやボコボコブツブツ

脱毛後直後に「赤いブツブツ」や「お肌のボコボコ」が出る場合、これはレーザーによる炎症で起きるものです。直後に肌を冷やして炎症活動を少なくしても良いでしょう。

火傷の場合もあるので、直後に「痛み」を感じ、皮膚に異常があるようであればすぐにクリニックに報告をすることが大切です。

通常、数日以内には引きます。この期間は保湿をしっかりとすること、必要であればステロイド薬を2日を目安に使用することが推奨されます。

数日後のボコボコブツブツと毛嚢炎

数日後に出てくる「お肌のボコボコブツブツ」は、多くの場合「毛嚢炎」と呼ばれる状態です。この場合も、皮膚科での診断と適切な治療が必要です。

脱毛後の蚊に刺されのような症状

脱毛後 蚊に 刺され のような」症状も報告されています。原因は何かは、その蚊にさされた症状が「いつ」出たのか、「痒い」のかが重要になります。

数日後に痒みを伴うお肌のボコボコブツブツであれば、アレルギー反応が最も考えられるでしょう。

脱毛後の肌荒れ期間

脱毛後 肌荒れ 期間」は個人差がありますが、通常は数日から一週間程度で落ち着くことが多いです。

ただし、蕁麻疹、アレルギー反応や毛嚢炎が出た場合は適切な対応が必要なので、施術をしたクリニックに問い合わせましょう。

脱毛後の毛穴盛り上がりとその薬

脱毛後 毛穴 盛り上がり 薬」としては、皮膚科で処方されるステロイドクリームなどが効果的である場合があります。

ただし、ステロイド薬は一般的な炎症に2日程度を上限として使用すると良いでしょう。

それ以上漫然と使用すると、肌の免疫力が低下し、ニキビのようなものが発生し、肌がボコボコになるでしょう。

脱毛後のボコボコとかゆみクリーム

脱毛後 ボコボコブツブツ」や「脱毛後 かゆみ クリーム」についても、皮膚科での診断と適切な治療が最も確実な方法です。

以上のように、医療脱毛後の肌トラブルは多様ですが、適切なケアと専門医の診断によって大抵は解決可能です。何らかの症状が出た場合は、早めに専門医に相談することをお勧めします。

肌がボコボコブツブツになる医療脱毛の副作用一覧

火傷(やけど)

火傷

医療脱毛は毛根に熱を与えてその周辺の細胞を破壊する仕組みです。このため、皮膚の表面は避けつつ、毛根の周辺の細胞にやけどを起こして永久脱毛を行います。この仕組みから、やけどのリスクが高いことが理解されます。

火傷(やけど)
起こる時期 施術直後
起こりやすい人 日焼け、乾燥している方
対処法 クリニックに連絡し対処、重症度によるが、ステロイド、保湿保護

▶︎ヤケドについて詳しい解説はこちら

毛嚢炎

毛嚢炎

毛嚢炎は脱毛後およそ2週間以内に起こることが多く、感染が原因である場合があります。

皮膚を清潔に保つと自然に治ることが多いですが、症状によっては抗菌薬が必要です。

毛嚢炎が出た場合は、クリニックに早めに連絡をして対処をしてもらいましょう。

毛嚢炎
起こる時期 脱毛後およそ2週間以内
起こりやすい人 皮膚が敏感、または衛生状態が不良な人
対処法 皮膚を清潔に保ち、必要なら抗菌薬を使用

▶︎毛嚢炎について詳しい解説はこちら

アレルギー反応

アレルギー

医療脱毛後、6~72時間以内に毛孔に一致した丘疹が出て強いかゆみがある場合、アレルギー反応の可能性があります。このような症状が出た場合は、クリニックに連絡し、抗ヒスタミン薬やステロイドの外用が推奨されます。

アレルギー反応
起こる時期 脱毛後6~72時間以内
起こりやすい人 アレルギー体質の人
対処法 抗ヒスタミン薬内服とステロイドの外用

▶︎アレルギー反応について詳しい解説はこちら

お肌のボコボコブツブツまとめ:時期別対処法

医療脱毛後のお肌のボコボコは多くの人が経験する問題です。この記事では、ボコボコが出る時期とその対処法をまとめています。

時期 原因 対処法
直後 通常の炎症 ステロイド外用、保湿
直後 火傷 ステロイド外用、保湿
数日後 アレルギー反応、蕁麻疹 抗ヒスタミン薬、ステロイド外用
2週間後 毛嚢炎 抗菌薬外用、内服

以上の表に示すように、ボコボコブツブツが出る時期とその原因、対処法は様々です。何らかの症状が出た場合は、早めに専門医に相談することをお勧めします。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. 60代医療脱毛おすすめ

    60代におすすめの医療脱毛

  2. 手の甲指脱毛

    手の甲と指毛の医療脱毛

  3. 医療脱毛ってぶっちゃけ効果ある?何回で終わる?後悔しないため…

  4. 時計を見る女性

    医療脱毛の間隔でベストタイミングはいつ?部位別(顔・VIO・…

  5. 仙台皮膚科医療脱毛

    仙台の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック

  6. 医療脱毛が安いクリニック

    医療脱毛が安いクリニック15選!顔・VIO含めたプランの費用…

最近の記事

  1. 大阪梅田茶屋町リジュランiアイ注射(高濃度サーモン注射)が安い¥22,000
  2. 大阪のほうれい線ヒアルロン酸が上手い先生・名医と安いおすすめのクリニック
  3. 大阪でワキ(脇)ボトックス注射が上手い先生で安い¥11000おすすめ美容クリニック7選!
  4. 仙台でワキ(脇)ボトックス注射が上手い先生で安い¥11000おすすめ美容クリニック6選!
  5. 東京でワキ(脇)ボトックス注射が安い上手い¥11000おすすめ美容クリニック10選!
PAGE TOP