医療脱毛は何回でツルツルになれるか・終わるのか徹底解説

何回でツルツル

医療脱毛でどの程度ツルツルになれるのか

医療脱毛でどの程度ツルツルになれるのでしょうか?全身ツルツルといっても、自己処理が楽になる程度から、自己処理不要な完全なツルツルの状態までありますよね。

まずは、どの程度ツルツルになれるのかを自己処理の程度でランク分けをしてみましょう。

自己処理と脱毛回数の関係

 程度 必要回数
脱毛効果を実感できる 1~5回
自己処理が週に1回定程度 5~10回
自己処理が月に1回程度 8~18回
自己処理が数ヶ月に1回程度 18回以上

脱毛効果を実感できる、つまり毛が減ったかな?と自分で思える程度は1~5回の脱毛回数が必要です。自己処理が楽になる程度、つまり毛が減ってシェービングをする範囲や労力が減り、時短にもなるレベルです。回数は5~10回程度必要です。自己処理が月に1回程度になる、つまり日常生活では毛のことはほとんど忘れていられる状態に必要な回数は8~18回です。さらに上級者の、自己処理が数ヶ月に1回程度には回数が18回以上必要な場合が多いです。

自己処理不要までは脱毛が何回必要なのでしょうか?

自己処理が不要とは、自分のムダ毛のお手入れが完全に不要という意味から、1ヶ月に1回くらいの自己処理であれば、ほぼ手間もかからないので自己処理不要とみなすこともあります。

一般的には、自己処理が不要になるまでに必要な脱毛回数は8回〜12回以上と言われています。

医療脱毛5回ではツルツルになれない

医療脱毛クリニックのプランでは5回コースが主流になっています。しかし、ツルツル、つまり上記の通り自己処理を月に1回以下にしたい方は、目標を達成することは難しいでしょう。

その理由は、そもそも毛周期の関係上脱毛には回数が必要ですし、背中や肩といった産毛やうなじやVIの境目といった脱毛が難しい部位が存在するからです。

5回では脱毛効果を実感できる〜自己処理が週に1回程度へ

5回程度の医療脱毛で目指すことのできるレベルは、脱毛効果の実感〜自己処理が週に1回程度になる状態です。

医療脱毛の場合、全体の毛にレーザーを照射できるのは大体5回程度の回数が必要と考えられています。

1本1本の毛にはサイクルがあり、毛周期と呼ばれています。この毛周期の成長期という期間にしか医療レーザー脱毛の効果が出ないことが原因です。

毛周期

成長期の毛は全体の20%程度です。そのため、5回の施術で一通りの毛に照射ができると考えられています。しかしながら、実際には5回で100%の毛がなくなることはありません。

減毛率20%

実際の毛の減り方は、1回の脱毛で毛の全体の20%が減っていくという計算に近くなります。

その理由は、成長期の割合や期間が体の部位ごとに異なること、脱毛器の性能や、脱毛技術、脱毛を受ける時のお肌の状態にもよるからです。また、産毛には脱毛効果が出にくいので、脱毛回数が増えるごとに産毛が残り脱毛の難易度が上がっていきます。

医療脱毛は1回だけでなく5回以上回数が必要な理由

それでは、なぜ1回で脱毛は終わらず、複数回の回数が医療脱毛では必要になってくるのでしょうか?

レーザーが脱毛できるのは毛周期で「成長期」の毛だけ

実は、レーザー脱毛を1回だけしても、全ての毛に反応し脱毛することはできません。これは、毛には毛周期があり、このうち成長期の毛しか脱毛することができないためです。

日本では春夏秋冬と四季がありますよね。毛にも実は春夏秋冬があり、そのサイクルを繰り返しているのです。

毛周期

毛には休止期、成長期、退行期という毛周期と呼ばれるサイクルがあります。これが先ほど例えた春夏秋冬に該当します。
毛は毎回発育前は、初めは休んでいます。この時、毛は伸びておらず、点のような状態で、毛を生やすための細胞は毛の周りにはありません。
次第に、毛はグングンと伸びていき、成長期に入ります。成長期の毛は伸びており、毛の周りには毛を生やすための細胞がくっついている状態になっています。その後、毛はまた縮んでいき、退行期に入ります。この時、毛は縮んでおり、毛の周りには毛を生やすための細胞がくっついていない状態になっています。

レーザー脱毛は成長期の毛に反応することで、毛にくっついている毛を生やすための細胞を破壊し、永久脱毛をすることができるのです。

 毛周期 概要 脱毛効果
成長期初期 毛が太く成長しはじめる 毛乳頭が浅い位置で最も効果高い
成長期 毛が太く成長する レーザー脱毛効果がある
期間は部位によって違う
退行期 毛の成長が止まり抜け落ちていく 脱毛効果がない
2週間程度
休止期 新たな毛を生やす準備 脱毛効果がない
期間はどの部位の毛もほとんど同じ
3~4ヶ月程度

レーザー脱毛ができる成長期の毛の割合はおおよそ20~30%程度

成長期の毛しかレーザーでは永久脱毛をすることはできません。しかし、その毛はねむっている休止期や退行期の毛を含めて全体の20~30%程度の割合しかないと言われています。このため、1回の医療脱毛で脱毛できる毛は20~30%が限界なのです

あなたの足や腕をみてみてください。今見えているあなたの毛は、成長期、退行期の毛の一部の毛です。成長期初期の毛と休止期の毛は見えません。つまり、目で見えている範囲に、あなたの毛の全ての毛があるわけではないのです。
医療脱毛は、毛に反応をさせて脱毛をする仕組みです。あなたの毛の全ては生えているわけではないので、1度で全ての毛を脱毛することはできません。

全体の約20~30%程度が成長期と言いましたが、実は毛の生えている部位ごとにこの成長期の割合は変わってきます。年齢によっても毛周期の長さは変化してきます。

脱毛部位ごとの毛周期の成長期の違い

脱毛部位ごとの毛周期の成長期の割合の違いは脇、胸、VIOは30%で腕、足は20%、口上が65%、顎髭部分が70%、髪の毛が85%です。

ほとんどの脱毛の成長期や休止期の記載はこの論文から毛周期を引用しています。

部位 休止期(%) 成長期(%) 休止期の期間 成長期の期間
頭皮 13 85 3〜4ヶ月 24〜72ヶ月
顎髭 20 70 2,5ヶ月 12ヶ月
上口唇 35 65 1,5ヶ月 4ヶ月
腋窩 70 30 3ヶ月 4ヶ月
陰部 70 30 3ヶ月 4ヶ月
上肢 80 20 4,5ヶ月 3ヶ月
下肢 80 20 6ヶ月 4ヶ月
乳房 70 30

参考文献
)Fuchs M. Thermokinetic selectivity-a new highly effective method for permanent hair removal:experience with the LPIR alexandrite laser. Derm Prakt Dermato1.1997;5:1-7.

何回でどのくらい毛が減るのか早見表

毛のライフサイクルである毛周期の中の成長期にしかレーザー脱毛の効果はありませんでしたね。VIO・ワキ・乳輪脱毛の成長期の割合は30%です。毎回、全体の毛が30%減るのが最大の効果と考えると、回数でどのくらいの毛が減るかは、以下のような表の結果になります。

減毛率 脱毛0回 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回 12回 13回 14回 15回 16回 17回 18回
3% 100 97 94.09 91.2673 88.529281 85.87340257 83.29720049 80.79828448 78.37433594 76.02310587 73.74241269 71.53014031 69.3842361 67.30270902 65.28362775 63.32511891 61.42536535 59.58260439 57.79512625
5% 100 95 90.25 85.7375 81.450625 77.37809375 73.50918906 69.83372961 66.34204313 63.02494097 61 58 55 52 49 47 45 43 41
10% 100 90 81 72.9 65.61 59.049 53.1441 47.82969 43.046721 38.7420489 35 32 29 26 23 21 19 17 15
20% 100 80 64 51.2 40.96 32.768 26.2144 20.97152 16.777216 13.4217728 11 9 7 6 5 4 3 2 1
30% 100 70 49 34.3 24.01 16.807 11.7649 8.23543 5.764801 4.0353607 3 2 1 0
40% 100 60 36 21.6 12.96 7.776 4.6656 2.79936 1.679616 1.0077696 0
50% 100 50 25 12.5 6.25 3.125 1.5625 0.78125 0.390625 0.1953125
60% 100 40 16 6.4 2.56 1.024 0.4096 0.16384 0.065536 0.0262144
70% 30 9 2.7 0.81 0.243 0.0729 0.02187 0.006561 0.0019683 0.00059049

30%の減毛率が理論上出ますので、それに従うとVIO脱毛が完了する回数は理論値で13回になります。実際の減毛率は経験則から10%程度になると予想されます。2ヶ月に1回の施術と考えると、その期間は理論値で2×(13-1)=24ヶ月(2年)になります。ただし、ほとんどの方は8回の脱毛で約94%の毛が減り満足されますので、その場合の脱毛完了回数は8回で期間は14ヶ月(1年2ヶ月)になります。

VIO・脇・乳輪は最大30%の減毛率なので、脱毛完了までの回数は理論値で最短13回になります。効果のレベルごとに回数と期間を分けると以下のようになります。

 脱毛部位 脱毛効果を実感 自己処理が楽に ツルツル肌に
VIO 1~3回 4~7回 8~13回以上
1~3回 4~7回 8~13回以上
1~3回 4~7回 8~13回以上
期間 4ヶ月 6~12ヶ月 14~24ヶ月

脱毛に必要な回数が変わる理由

・毛ごとに脱毛難易度が異なる
・毛の密度が高いとうまく脱毛ができない
・脱毛器のパワーや施術者の技術で脱毛効率が変わる
・人体には恒常性があり毛周期のバランスも変わる可能性がある

例えば、背中の毛は背中の皮膚が厚いために脱毛が難しく、1回の脱毛でたとえ成長期の毛であっても、脱毛が完了できる毛は多くはないと考えられます。また、毛の密度が高いVIOのVとIの境目などは1本1本の毛に熱が集中することなく、熱が分散されてしまいうまく脱毛ができないと考えられます。脱毛器のパワーやパルス幅、スポットサイズと波長も機械ごとに違いますし、施術者の手技にも差があり、理論通りに脱毛効果が出ない場合があると考えられます。人体には恒常性といい、変化があると元に戻ろうとする性質があります。このため、成長期の毛が著しく減少した場合、成長期の毛は全体の20~30%に再度構成し直される可能性もあります。

脱毛回数は蓄熱式の方が熱破壊式より多くかかる

脱毛回数は、蓄熱式の方が熱破壊式より多くかかる傾向があります。これは、蓄熱式は弱いパワーで全体的に少し毛を薄くしていくという脱毛方法であるためです。一方、熱破壊式は少ない回数で脱毛を完了させるのに向いている照射方法です。
▶︎医師が解説 医療脱毛の熱破壊式と蓄熱式を比較するとどっちが効果的?

産毛までツルツルにするには時間と効果重視のクリニックが必要

なぜ産毛は脱毛されにくいのでしょうか?

脱毛の仕組み2

医療脱毛は、レーザーを黒い色のメラニンに反応させ、その熱で発毛に関わる毛母やバルジ領域を破壊して永久脱毛をするというメカニズムです。産毛はメラニンの量が少ないので、産毛を脱毛することは難しいのです。

▶︎医療レーザー脱毛の種類で産毛に最も効くのは?

上記で詳しく解説している通り、産毛にも様々な種類の産毛があります。その全ての産毛を脱毛しようと思うと、効果の高い脱毛器の最大出力で回数を重ねる必要があるのです。

効果の低い脱毛器、効果の高い脱毛器でも設定が悪いと20回以上脱毛をしても脱毛効果を実感するレベルまでしかいきません。

実際にかかる回数はどれくらい?アンケートで12回以上と判明

脱毛に必要な回数は個人差があります。脱毛はどこに通っても同じ回数で同じ効果が出ると思っていませんか?

 

脱毛完了までに何回かかった?のX(@renatusclinic)で取得したアンケートを見てみましょう。

脱毛完了までの回数は?

このアンケート結果からもわかるように、脱毛完了までの回数は人によって大きく異なりますが、半数以上の方が結局12回以上の脱毛をしています。5回以下の方は10%以下で、5回で全ての毛がなくなるとは考えにくい結果となりました。

医療脱毛は回数を重ねるごとに効果が実感でき、きれいに脱毛をすることができます。そのため、回数が少ないと思ったような結果にならず、仕上がりに満足できずに後悔してしまう人がいます。

自己処理が楽になる程度が5回以上、自己処理をあまりしなくて良い程度が8回以上が必要だと言われていますが、産毛までツルツルになるまでには12回以上が必要です。

5回でも自己処理をあまりしなくて良い程度にはなるので、効果は実感できますが、人間は欲が出てきます。はじめから8回以上のコースにしておけばよかったという方も多くいらっしゃいます。

実際に通う期間はどれくらい?

どのくらいの期間脱毛に通わないといけないのかを計算してみましょう。

オススメの医療脱毛に通うベスト脱毛間隔は以下リンクよりご覧ください。

5回コースだと8~12ヶ月の期間、8回コースだと17~24ヶ月の期間通うことになりますね。

5回コースは1年程度の期間で、8回コースは2年以内の期間に終わるイメージです!

回数12回以上でツルツル肌を目指すのに必要な期間は、2年以上を見ておくと良いでしょう

実際にはあなたの毛質や肌質によっては、この回数よりも多くの回数が必要になるかもしれません。また、予約のとりやすさによっては予約がとれずにさらに期間が伸びる可能性があります。

予約のとりやすさや、あなたに必要な回数と期間は無料カウンセリングで絶対に確認しましょう。

ツルツルになるまでに必要な回数と期間のまとめ

医療脱毛でツルツルを目指すまでに必要な回数と期間は脱毛部位によって異なります。

・脇や腕、足は8~13回程度で1年半程度
・顔、背中、お腹は11~18回程度で2年程度
・大半の人は12回以上で脱毛が終わる

が目安になります。

部位 ツルツル
(自己処理月に1回以下)までの回数
ツルツル
(自己処理月に1回以下)までの期間
11回〜18回以上 2年程度
ワキ 8回~13回以上 1年半程度
腕(ひじ上、ひじ下) 8回~13回以上 1年半程度
背中・お腹 11回〜18回以上 2年程度
VIO 8回~13回以上 1年半程度
脚(ひざ上、ひざ下) 8回~13回以上 1年半程度
全身(顔・VIOを除く) 8回~18回以上 1年半~2年程度

なお、VIOは毛が太く、メラニン量が多く脱毛がされやすいのですが、密度が高く皮膚の奥深くまで毛根があるために、一部は12回以上必要になるかもしれません。

また、VIOの色味が黒いので、レーザーの出力を下げざるおえないことも回数が必要な原因の1つになります。また、痛みが強いので出力を下げられてしまうこともあります。

【結論】回数が少なくツルツルになるならおすすめは「レナトゥスクリニック」

医療脱毛クリニックを選ぶ上で、重要な点は取り扱う脱毛機とその設定と料金の安さとそれらを裏付ける口コミです。レナトゥスクリニックはこの視点からおすすめのクリニックです。

ジェントルマックスプロプラスを利用した出力制限なしの医療脱毛をリーズナブルに受けられるレナトゥスクリニックであれば、高い脱毛効果が期待できるでしょう。

レナトゥスクリニック大阪院

項目 内容
クリニック名 レナトゥスクリニック
場所 東京田町
新宿
大阪
仙台
脱毛方式 熱破壊式
脱毛機械 ジェントルマックスプロプラス
ジェントルマックスプロ
波長 アレキサンドライトレーザー
ヤグレーザー
全身5回 ¥149,800
全身+VIO5回 ¥219,800
全身+VIO+顔5回 ¥269,800
照射範囲 髪の毛(おでこもみあげうなじ
おしりVIO粘膜乳輪内照射可能
予約キャンセル 前日24時まで無料
当日キャンセルは1回消化
剃毛料 うなじ・背中・おしり・Oライン無料
その他1ヶ所¥1100
麻酔代 塗る麻酔1ヶ所¥1100
公式サイト レナトゥスクリニック公式サイト

+その他詳細情報

未成年の契約 11歳以上がおすすめ
割引キャンペーン ペア割、乗り換え割、学割、紹介割、モニター割、期間限定キャンペーン等
無料カウンセリング あり
予約方法 web
返金 あり(役務提供期間内)
施術時間 全身最短80分
来店頻度 2ヶ月に1回(顔は1ヶ月に1回)
店舗移動 可能
メンズ系店舗 メンズプランあり
都度払い コース終了後安い都度払いあり
通い放題プラン なし
最短コース終了期間 8ヶ月
店舗数 4店舗
ポイント

熱破壊式ジェントルマックスプロプラス確定で機械ガチャなし
料金が安い
出力制限なし
各種無料サービスも充実

レナトゥスクリニックの特徴と向いている方

レナトゥスクリニックは、熱破壊式の脱毛に特化しており、特にジェントルマックスプロプラスという高スペックの脱毛機を使用しています。この機械は出力、パルス幅、スポットサイズのスペックが高く、一度の施術で高い効果を実感できます。

また、料金が比較的安く、出力制限もないため、コストパフォーマンスが非常に高いです。さらに、各種無料サービスも充実しており、顧客満足度が高いクリニックと言えるでしょう。

レナトゥスクリニックは以下のような方に特に向いています。

向いている方

太くて濃い毛〜産毛に悩んでいる人
全ての肌質に対応できる機械を使いたい人

一度の施術で高い効果を求める人

痛みに比較的耐えられる人※苦手な人は麻酔で安心

効果の高い脱毛器を使用しているクリニックを選びたい人

レナトゥスクリニック新宿院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

 

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. うなじデザイン

    医療脱毛のうなじデザインで最も人気なのは?MW型とアーチ型を…

  2. 医療脱毛英語

    医療脱毛、永久脱毛は英語で何て言う?

  3. 再照射について

    顔脱毛時の注意事項及び当院での再照射ご希望の場合の対応につい…

  4. 医療脱毛の値段相場が安いのはどこ?医療クリニック37社の料金…

  5. 顔脱毛いないほうがいい

    顔の医療脱毛はしないほうがいい?老ける、毛穴広がる、後悔する…

  6. 医療脱毛をするメリット

    脱毛で得られるメリット

最近の記事

  1. 仙台アートメイク
  2. 脂肪溶解注射は効果ない?その理由と対策
  3. 名古屋の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック
  4. 名古屋VIOのみが安いおすすめ医療脱毛クリニック(都度払い含む)
PAGE TOP