医療脱毛は永久なのか?永久じゃない?

永久じゃない

医療脱毛は永久なのか?永久じゃない?

女性の脱毛

医療脱毛は、医療行為として発毛組織を破壊できるため、永久脱毛の効果があります。しかし、この「永久脱毛」は、施術後の毛穴から次の毛が長期間生えてこなくなる脱毛のことを指し、永久に毛が生えないわけではありません。

永久脱毛の定義とは?

女性の脱毛

FDA(アメリカ食品医薬品局)によると、“Permanent hair reduction does not necessarily imply the elimination of all hairs in the treatment area.”(『永久減毛は、全てのエリアの毛が取り除かれている必要はない』)とされています。FDAは日本でいう厚生労働省に相当する米国の政府機関です。

さらに、AEA(米国電気脱毛協会)は、『最終脱毛をしてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であれば永久減毛と認める。』と記載しています。AEAは1958年に設立されたアメリカ最大の電気脱毛士団体です。

統括院長医師 副田周
統括院長医師 副田周
そもそも、レーザーは永久脱毛ではなく永久減毛という定義です。

このように、一般に「永久脱毛」とイメージされるものと、実際の医学的な定義は異なる場合が多いです。

統括院長医師 副田周
統括院長医師 副田周
医療レーザー脱毛の効果は、永久減毛です

一部のレーザー脱毛の広告では「一生生えてこない」といった謳い文句が見られますが、医学的にはそのような効果を保証することはできません。

医療脱毛の種類

女性の脱毛

  • 医療針脱毛: 一本一本の毛穴に針を挿入し、電流を流して毛根を破壊する方法。永久脱毛に近い効果があります。
  • 医療レーザー脱毛: レーザー光を用いて毛根にダメージを与える方法。これは永久減毛と呼ばれます。
医療針脱毛 医療レーザー脱毛
効果 永久脱毛に近い効果が期待できる 永久減毛とされ、毛量を大幅に減らすことができる
痛み 痛みが比較的強いとされる 痛みは少ないが、人によっては若干の痛みを感じる場合もある
料金相場 高価で、一回あたり数千円から数万円 一般的には針脱毛よりも安価で、一回あたり数千円から一万円程度
取り扱いクリニック 専門の医療機関が少ない
レナトゥスクリニックがおすすめ
多くの医療機関で取り扱われている

毛が生えてこなくなるメカニズム

女性の脱毛

毛が生えてこなくなるメカニズムは、かつては毛乳頭やバルジ領域の破壊が中心とされていました。しかし、最新の研究により、毛を生産する細胞は毛乳頭だけでなく、間葉系幹細胞と上皮系幹細胞が相互作用をおよぼしながら分化して毛包を形成することが明らかになっています。

つまり、毛を生えなくするには、上1/3から一番下まで、全体的に毛包細胞を破壊する必要があります。レーザー脱毛では、パルジ領域(毛隆起)とともに毛乳頭を熱変性させることが重要です。メラニンを含む毛がこの両者と接しているかどうかで、脱毛ができる、もしくは毛質が細くなる変化が起こります。

脱毛のターゲットは、1990年代には毛母細胞、バルジ、皮脂腺管開口部が主とされていましたが、2023年現在では、バルジと毛母の両方の破壊が必要とされています。

一部の蓄熱式脱毛の理論では、皮膚の浅い位置にあるバルジ領域がターゲットで、低出力で脱毛が可能であるとされていますが、これは誤りです。バルジ領域と毛母の両方の破壊が必要であり、蓄熱式脱毛であろうが、熱破壊式脱毛であろうが、この二つの破壊が必要なのです。

毛抜きやワックスで毛を抜いて一時的に毛がなくなっても、また生えてくるのはバルジ領域〜毛乳頭の細胞が残っているためです。

再び毛が生えてくるメカニズム

脱毛後に再び毛が生えてくる原因はいくつかあります。主な要因としては、出力不足、技術不足、病気、お薬の影響、そして毛周期の関係が考えられます。

出力不足

医療レーザー脱毛の出力が低いと、毛の発毛中枢を破壊するのに十分なエネルギーに達しません。その結果、毛周期が休止期に入る「shock loss」という現象が起こる可能性があります。

技術不足

医療レーザー脱毛の技術力が不足していると、エネルギーを効率的に発毛中枢に届けることができません。

病気

多毛症と呼ばれる病気や、ホルモンバランスの影響で、10年後でも再び毛が生えてくる可能性があります。妊娠によっても毛が生えてくるケースがあります。

お薬(内服・外用)

ミノキシジルやスピロノラクトンなどの薄毛治療薬、またはステロイド外用薬を長期間使用すると、多毛になる可能性があります。

毛周期の関係

毛には「毛周期」という生え変わるサイクルがあり、成長期、退行期、休止期の各段階を繰り返します。多くの脱毛方法は成長期の毛にしか効果がなく、成長期の毛は全体の約10~20%しかありません。そのため、脱毛効果を得られない毛周期の毛が後から生えてくることがあります。

ホルモンバランスの影響

加齢や出産などでホルモンバランスが変わると、発毛組織が再度発達する可能性があります。永久脱毛といっても、生涯毛が100%生えなくなるという保証はありません。

永久脱毛は医療機関でしかできない

女性の脱毛

永久脱毛とは、発毛組織を破壊することで毛が再生しなくなる効果を指します。この発毛組織を「破壊」する行為は医療行為に該当するため、医療機関でしか施術を受けられません。

エステサロンや脱毛サロンで提供される光脱毛は、発毛組織にダメージを与えるものの、その威力は発毛組織を破壊するほどではありません。そのため、光脱毛で期待できるのは、毛の成長を遅くする抑毛・減毛効果に留まります。

また、サロンでは医療資格を持たないスタッフが施術を行うため、医療行為である発毛組織の破壊はできません。家庭用脱毛器でも、永久脱毛は不可能です。

施術担当者が医療従事者である必要があり、そのため施術1回あたりの費用は光脱毛よりも医療脱毛の方が高額になる傾向があります。しかし、その分、高い脱毛効果を期待できます。

医療脱毛である程度毛を減らした後、残った毛を医療針脱毛で処理すると、現状で最も永久脱毛の効果に近づけるとされています。

 

永久脱毛のデメリットやリスク

医療脱毛は高い脱毛効果を期待できますが、それにはデメリットやリスクも伴います。主なリスクとしては、火傷(やけど)、毛嚢炎、硬毛化、アレルギー反応などがあります。

リスク・副作用 起こる時期 起こりやすい人 対処法
火傷(やけど) 施術直後 日焼け、乾燥している方 クリニックに連絡し対処、ステロイド、保湿保護
毛嚢炎 脱毛後およそ2週間以内 皮膚が敏感、または衛生状態が不良な人 皮膚を清潔に保ち、必要なら抗菌薬を使用
硬毛化 複数回の施術後 10代~20代、毛密度が高い、毛質が薄い人 施術箇所や方法を見直す、医師と相談
アレルギー反応 脱毛後6~72時間以内 アレルギー体質の人 抗ヒスタミン薬内服とステロイドの外用

以上の表は、医療脱毛における主なリスクとその対処法を示しています。これらのリスクはゼロではありませんが、適切なアフターケアと早めの対処で軽減することが可能です。何か問題が発生した場合は、施術を受けたクリニックや皮膚科にすぐに相談してください。

永久脱毛の種類

針脱毛とレーザー脱毛の違いまとめ

針脱毛 レーザー脱毛
方法 毛穴に針を挿入し、電流で毛根を破壊 レーザー光で毛根を破壊
時間効率 低い(一本一本処理) 高い(一度に複数の毛を処理)
痛み あり 少ない〜中程度
コスト 高い 中〜高

針脱毛は毛穴一つ一つに針を挿入して電流を流し、毛根を破壊します。レーザー脱毛はレーザー光を用いて毛根を破壊します。針脱毛は一本一本丁寧に処理するため時間がかかりますが、レーザー脱毛は一度に複数の毛を処理できるため時間効率が良いです。

3波長の違いまとめ

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグレーザー
波長 755nm 800-810nm 1,064nm
照射方式 熱破壊式(ショット式) 蓄熱式 熱破壊式
メリット 浅い毛根に効果
美肌効果あり
中間 肌の奥深くに届く
色黒肌対応
デメリット 深い毛には効果が出にくい 中間 照射時に痛み
取り扱いクリニック少ない
向いている人 浅い毛根、明るい肌色 中間 毛根が深い、色黒肌、色素沈着

蓄熱式と熱破壊式のまとめ

熱破壊式 蓄熱式
値段 普通〜高い 普通〜安い
効果 高いことが多い 低いことが多い
回数 少ない 多い
時間 普通〜長い 普通〜短い
ジェル 不必要なので快適 必要なので不快
おすすめ機械 ジェントルマックスプロプラス ソプラノチタニウム

熱破壊式は高いエネルギーで毛根を破壊する方法で、効果が高いとされています。一方、蓄熱式は毛根に熱を蓄積させて徐々に破壊する方法で、効果は緩やかですが、痛みが少ないとされています。

永久脱毛に必要な通院回数と期間

永久脱毛の効果を最大限に得るためには、通院回数と期間が重要な要素です。一般的に、永久脱毛には数回の施術が必要とされています。具体的な回数や期間は、使用する脱毛機器や個々の毛質、皮膚の状態によって異なります。

通院回数 期間
医療レーザー脱毛 5〜10回 1〜1.5年
医療針脱毛 10〜20回 1.5〜2年

医療レーザー脱毛は通常、5〜10回の施術で良い結果が得られることが多く、期間としては約1〜1.5年を見込むのが一般的です。一方で、医療針脱毛はより高い回数、約10〜20回の施術が必要で、期間も1.5〜2年程度かかることが多いです。

針脱毛がレーザー脱毛に比べて通院回数が多くなる理由はいくつかあります。

  1. 対象範囲: 針脱毛は一本一本の毛に対して処理を行うため、一回の施術で処理できる範囲が限られます。レーザー脱毛は一度の照射で広範なエリアを処理できるため、より少ない回数で全体をカバーできます。
  2. 毛周期: 針脱毛は毛の成長期にしか効果がないため、成長期の毛をしっかりと処理するためには何度も施術が必要です。レーザー脱毛も同様に毛周期に依存しますが、広範なエリアを処理できるため、成長期の毛を一度に多く処理できます。
  3. 精度: 針脱毛は非常に精密な作業であり、技術者のスキルにも依存します。そのため、一回一回の施術で完全に毛根を破壊するのが難しく、何度も施術を重ねる必要があります。
  4. 皮膚への負担: 針脱毛は皮膚に直接針を刺すため、一度の施術で処理できる範囲や深さには限りがあります。それにより、より多くの回数が必要とされます。

以上のような理由から、針脱毛はレーザー脱毛に比べて通院回数が多くなる傾向があります。

 

後悔しないクリニックの選び方

服装 女性

永久脱毛は完了するまでに期間や費用もかかるため、なるべく満足のいくクリニックを選びたいものです。以下に、後悔しないクリニック選びのポイントをまとめました。

プランの内容が自分に合っているか

脱毛したい箇所がプランに含まれているか、追加料金が発生するかなど、予算内で希望する脱毛が可能なのかを確認しましょう。

希望する医療機器を取り扱っているか

脱毛機器はクリニックによって異なるため、自分に適した脱毛機器があるかどうかを確認することが重要です。

定期的に通いやすいか

永久脱毛は複数回の施術が必要なため、定期的に通いやすい場所にあるクリニックを選ぶことも大切です。

予約の取りやすさ

多くのクリニックは完全予約制であるため、予約方法やキャンセルポリシーについても事前に確認しておくと安心です。

まとめ

医療針脱毛は永久ですが、医療レーザー脱毛は永久じゃないです。

レーザーは永久減毛といい、毛が減った状態が永久に続くということです。永久脱毛をできるだけしたいなら、レーザー脱毛をした後に針脱毛を併用することがおすすめです。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutube

関連記事

  1. 金沢の医療脱毛クリニックおすすめ10選!全身VIO顔が安い・効果高いのは?【2024年徹底比較】

    石川金沢の医療脱毛クリニックおすすめ10選!全身VIO顔が安…

  2. 脱毛クリニック選びにおいて大事なこと

    医療脱毛クリニックを選ぶ時に重視したことを50人にアンケート…

  3. 麻酔クリーム

    医療脱毛の麻酔クリーム(表面麻酔)VIOは効果どのくらい?効…

  4. 医療レーザー脱毛機器のおすすめは?違いや特徴を解説!

  5. 医療脱毛を清潔にするには

    脱毛を不潔でなく清潔にできる自分専用24mmディスタンスゲー…

  6. レーザー脱毛前後の予防接種について

    レーザー脱毛前後のワクチン予防接種について

最近の記事

  1. 仙台アートメイク
  2. 脂肪溶解注射は効果ない?その理由と対策
  3. 名古屋の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック
  4. 名古屋VIOのみが安いおすすめ医療脱毛クリニック(都度払い含む)
PAGE TOP