レーザー脱毛とAGA治療(薄毛治療)は同時にして良いの?

レーザー脱毛とAGA治療 同時にして良いの?

髪の毛は増やしたいけれど体毛は減らしたい・・・毛の悩みは尽きませんね。

AGA治療薬の中には体毛も増やしてしまう副作用を持つものがあります。

様々な意見がありますが、レーザー脱毛とAGA治療(薄毛治療)は同時にして良いと考えています。

レーザー脱毛と薄毛治療薬の特徴を踏まえて解説していきます。

レーザー脱毛とは

医療脱毛は主にレーザーを用いて毛を破壊していきます。

レーザーが肌の黒や茶色の色素(メラニン色素)に反応し、熱を発生させます。

その熱により、毛母細胞やバルジ領域といった発毛に関わる組織が破壊され、毛は破壊されます。

医療レーザー脱毛において、この仕組みは熱破壊式であっても蓄熱式であっても共通です。

レーザーの反応によって発生する熱エネルギーは、メラニン色素の量が多いほど、つまり毛が濃く太いほど、大きくなります。

逆に産毛のようなメラニン色素が少ない毛は発生する熱エネルギーが小さいことになります。

産毛の脱毛が難易度が高いのはこういった仕組みにあります。

AGA治療をするとムダ毛は増える?

AGA治療といってもその治療薬はさまざまです。

大きく分類すると、①毛を増やす作用を持つもの②毛髪が弱く細くなることを妨げる作用を持つものに分かれます。

結論から申し上げますと、AGA治療薬の中には体毛も増やしてしまう副作用を持つものがあります。

お薬の話を進める前に、AGAの前提知識を簡単にまとめてみました。

AGAの基礎知識

・AGAにはジヒドロステロン(DHT)という物質が関与している。

・DHTには、毛髪においては細胞増殖抑制毛周期異常(成長期の短縮化)毛包のミニチュア化といった作用があり、進行的に毛髪を細く弱らせる

DHTは毛髪以外の体毛に対しては毛を太く濃くさせる作用を持つ。

・DHTはもともとはテストステロンというホルモンで、5α-還元酵素(Ⅰ型とⅡ型があります!)という酵素によりDHTに変換される。

AGA治療薬には5α-還元酵素の働きを阻害するものが多数あり、こちらは②毛髪が弱く細くなることを妨げる作用を持つものに分類されます。

こちらに分類される薬を5α-還元酵素阻害薬といいますが、DHTの増加を抑制するので体毛が濃くなることはありません

一方、①毛を増やす作用を持つ薬に分類される薬には体毛も増やしてしまうものがあります。

渡邊医師
渡邊医師
AGA治療薬ではよく耳にするミノキシジルと、女性型脱毛症の治療で用いられることのあるスピロノラクトンがこちらにあたります。

AGAの仕組みや薬については以前の記事にもまとめていますのでご参考くださいね。

フィナステリド

フィナステリドは②毛髪が弱く細くなることを妨げる作用を持つもの(体毛は増えない)に分類され、日本皮膚科学会において脱毛症治療に強く推奨されている薬のひとつです。

20歳以上の男性型AGAにのみ適応があり、女性には無効です。

5α-還元酵素の中でもⅠ型のみを阻害します。

後述のデュタステリドはⅠ型もⅡ型も阻害するため、有効性はデュタステリドに劣りますが、デュタステリドには精子数が低下してしまうという副作用が強いため、挙児希望がある場合はフィナステリドが向いている場合があります。

また、前立腺癌などのマーカーであるPSAの値を半分程度に低下させてしまうため、検診などの際は内服していることをしっかりと伝えましょう。

デュタステリド

デュタステリドも②毛髪が弱く細くなることを妨げる作用を持つもの(体毛は増えない)に分類され、日本皮膚科学会において脱毛症治療に強く推奨されている薬のひとつです。

20歳以上の男性型AGAにのみ適応があり、女性には無効です。

5α-還元酵素のⅠ型とⅡ型、どちらも阻害するためフィナステリドよりも毛髪の数や太さの増加において優れているという報告が多数あります。

また、フィナステリドと比較して前頭部への効果が強いとも言われています。

一方で、精子数を著名に低下させたという報告があり挙児希望がある場合は他の薬を選択すべき可能性があります。

フィナステリドと同様に前立腺癌などのマーカーであるPSAの値を半分程度に低下させてしまうため、検診などの際は内服していることをしっかりと伝えましょう。

ミノキシジル外用

ミノキシジルは元々高血圧の治療薬として開発されましたが、副作用として増毛効果が見られたことから薄毛治療に用いられるようになりました。

外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)があり、外用薬は日本皮膚科学会において脱毛症治療に強く推奨されている薬のひとつです。

ミノキシジル5%外用薬はデュタステリド0.5mg/day、フィナステリド5mg/dayの次に有効性が高いとの報告があり、男性だけでなく女性型の脱毛症にも適応があります。

また、不妊治療をしている方にも使用することができます。

一方で外用薬は内服薬と比較すると影響は小さいと考えられるものの、全身の毛の多毛化を引き起こす可能性があります。

また、外用の開始初期には休止期脱毛といって、一時的に毛が抜け落ちる現象が見られることがありますが、この症状は一時的なものなので中止しないよう注意が必要です。

脱毛治療と並行する場合、注意が必要な薬剤のひとつです。

ミノキシジル内服

ミノキシジルには内服薬もあります。

ミノキシジル内服薬は、現時点で脱毛症治療として認可されている国がないのですが、その増毛効果からAGA治療によく用いられています。

①毛を増やす作用を持つ薬に分類され、毛髪だけでなく全身の毛の多毛化を引き起こします

元々が高血圧の薬として開発されたことから分かるように、動悸や心拍数増加などの副作用の記載がありますが、頻度としては多くないようです。

脱毛治療と並行する場合、注意が必要な薬剤のひとつです。

スピロノラクトン

スピロノラクトンは古くからある利尿薬ですが、副次的効果としてテストステロンの産出抑制によるDHTの低下を持つため薄毛治療に用いられることがあります

②毛髪が弱く細くなることを妨げる作用を持つものに分類されますが、副作用として全身の多毛があります。

乳房が大きくなる副作用があり男性には使用できないため、女性型の脱毛症に用いられます

他にもカリウムやナトリウムなどの電解質の異常や便秘などの副作用を持つため定期的な血液検査が必要になります。

脱毛治療と並行する場合、注意が必要な薬剤のひとつです。

メソセラピー

ミノキシジルや成長因子などを薄毛の気になる部位に注射で直接注入する治療です。

月に1回程の頻度で注入を行い、内服治療と並行することがほとんどです。

効果は局所的であることが予想されるためムダ毛が極端に増える可能性は低いです。

脱毛と薄毛治療、どちらを先に始めれば良いの?

ミノキシジルやスピロノラクトンによって全身のムダ毛が増えてしまう可能性があることがわかりましたね。

それでは脱毛と薄毛治療はどちらを先に始めれば良いのでしょうか。

様々な意見がありますが、個人的には並行して行って良いと考えています。

そもそも薄毛治療に伴うムダ毛による不快感が強い場合は、レーザー脱毛で改善していく他ないです。

また、AGAは進行性の疾患なため治療の継続が重要ですが、一定期間ミノキシジルを内服して増毛効果が現れた場合、フィナステリドやデュタステリドによる維持療法(抜け毛予防)に切り替えることで、半年程度でムダ毛も改善していくことが見込まれます

渡邊医師
渡邊医師
フィナステリドやデュタステリドにはムダ毛が増える副作用がないです。

他にも、脱毛レーザーがメラニン色素に反応するという特性上、濃く太くなった毛に脱毛レーザーは反応しやすく脱毛効率が上昇する可能性も考えられます。

ただその分痛みは増してしまうため、痛みに弱い方は多毛の副作用が落ち着いてから開始されたほうが良いかもしれません。

まとめ

AGAの治療薬は、①毛を増やす作用を持つものと②毛髪が弱く細くなることを妨げる作用を持つものに分かれます。

治療薬の中には全身のムダ毛を増やしてしまう副作用を持つものがあります。

薄毛治療を行なっている方も脱毛を行うことは可能で、副作用により濃く太くなった毛に脱毛レーザーは反応しやすく脱毛効率が上昇する可能性も考えられますが、痛みには注意が必要です。

参考文献

医療脱毛をはじめる前に読む本

基礎から学ぼう 医療レーザー脱毛入門

よくわかる医療脱毛

新しい皮膚科学第3版

Chronic treatment with finasteride daily does not affect spermatogenesis or semen production in young men

医療脱毛はその効果と安全性からも、多くのクリニックで無料カウンセリングを提供しています。専門の医師による詳しい説明を受け、自分の肌質や問題点に最適な施術プランを選べます。自己処理のリスクを避け、プロフェッショナルによる脱毛で、理想のツルツル、スベスベの頬を手に入れましょう。質の高いサービスを提供する医療脱毛クリニックが増えていますので、一度足を運んで自分に最適な治療を探してみてはいかがでしょうか。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
  • 渡邊医師
  • レナトゥスクリニック 東京田町院
    私は患者として様々な施術を受けてまいりました。
    美容業界に携わる今、皆さまの美しくなりたい気持ちに真摯に応え、誠実な美容医療を提供していきたいと強く考えております。
    小さなお悩みも、長年のコンプレックスも、お力になれればと存じます。
    田町院でお待ちしております。
    東京女子医科大学出身、美容施術経験多数(なんでも聞いてください!)、instagramTiktokX(旧Twitter)

関連記事

  1. 医療脱毛と日焼け止め

    医療脱毛前後は日焼け止め必須。当日は塗ってはいけない理由とお…

  2. 全身医療脱毛ならレナトゥスクリニック大阪院【公式】

    全身医療脱毛ならレナトゥスクリニック大阪院【公式】

  3. 医療脱毛10回終わらない

    医療脱毛が10回で終わらない理由【知恵袋超え】

  4. 医療脱毛とレチノール

    医療脱毛中はレチノールに要注意!?

  5. 髭脱毛回数

    ヒゲ(髭)医療脱毛でツルツルにするまで何回かかる?自己処理が…

  6. 医療脱毛とエステ脱毛 違いを徹底比較

    医療脱毛とエステ脱毛の違い

最近の記事

  1. 大阪のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  2. 東京のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  3. 大阪糸のリフトアップモニターキャンペーン
  4. 東京のたるみリフトアップ治療が安い口コミで人気のクリニックランキング
PAGE TOP