白髪はVIO医療脱毛できる?40代50代の白髪脱毛ができるのは蓄熱式ではなく針脱毛

白髪

年齢を重ねるにつれて気になってくるのが白髪。

白髪が生えてくるのは髪の毛だけでなく、体にも白髪は生えてくるものです。

白髪ってそもそも脱毛できるの?と興味を持っている方にぜひ読んでいただきたいです。

チェックポイント

・白髪は誰にでも生えてくる可能性あり

・白髪をなくすには『針(ニードル)脱毛』一択!!

・白髪が生える前に医療レーザー脱毛を済ませておくのがベスト

・白髪脱毛は40代50代から始める方も多く、脱毛は年齢制限もない

 

VIOの白髪は脱毛できる?

ふと自分のVIOを見た時に、年齢とともに増えている白髪。
白髪なのに脱毛できるの?と思っているあなた、ズバリ、脱毛可能です

黒い毛には家庭用脱毛器、エステ脱毛、医療レーザー脱毛など様々な脱毛方法がありますが、白髪に対する脱毛効果はありません。

白髪を脱毛するには「針(ニードル)脱毛」一択!

むしろ白髪脱毛の選択肢が決まっているため、白髪の脱毛方法に悩む必要なんてないのです。

白髪はなぜ生えてくるの?

そもそも白髪が生えるのは、メラノサイトの働きが低下し、毛の黒色の元となるメラニン色素の量が減少することが原因として挙げられます。

まず、全ての毛髪は毛根組織の中にある「メラノサイト(色素細胞)」で作られる「メラニン色素」を毛髪の成長過程で取り込むことによって黒髪になります。この取り込むメラニン色素の量によって髪の毛の色が決定されるのです。

そもそも今まで髪の毛が黒かったのは、メラニン色素を作るメラノサイトが正常に働いていたからなのですが、メラノサイトは何かしらの原因によってダメージを受けると、メラニン色素が作り出すことができずに白髪となってしまいます。

特にメラノサイトの働きが低下する5つの原因を見てみましょう。

①加齢

白髪が気になり始める年齢は、男女ともに35歳前後と言われております。昔から白髪は年齢を感じるサインとしても体力の低下とともに挙げられることが多いでしょう。

白髪は自然な老化現象ですが、10代の頃でも早くから白髪が生える方もいれば60歳以上になっても黒髪を維持している方もいます。実際に加齢によってメラノサイトの働きが低下してしまうのかよくわかっていない部分も多く、個人差が大きい部分もあります。

②遺伝

白髪になりやすいか、黒髪のままなのか、遺伝的な要因が関係するとも考えられております。中でも10代や20代などから白髪が現れる「若白髪」は、遺伝的な要因が強いとも言われています。ごく稀なケースとしても生まれつき色素をつくる機能がない人は、10代以下でも白髪になることがあります。

③栄養不足

健康な髪を保つには、多くの栄養素や酸素が必要となります。自分の体をつくる基本中の基本は栄養バランスの良い食事を心がけることです。加齢や遺伝は逆らえませんが、日々必要な食事においては自分で意識することもできます。

特に忙しい現代人に不足しやすいタンパク質やミネラル、ビタミンなどは特に重要視したい栄養素です。

●タンパク質
タンパク質は髪の毛の主成分であり重要な栄養素です。
タンパク質が不足することで、髪の毛を黒くする「チロシン」というメラニン色素の原料も不足してしまうため、白髪になりやすいです。
→肉、魚、卵、大豆製品、牛乳、乳製品など

●ミネラル
ミネラルは髪にメラニン色素を送り込む運搬的役割を担います。
黒髪に重要なメラニン色素を作り出すメラノサイトは、チロシナーゼという酵素を使ってチロシンを黒い色素に変化させます。
その時にメラノサイトの働きを活性化させるのがミネラルです。
亜鉛や鉄分などのミネラルは食べ物から摂取が好ましいですが、サプリメントも補助的に利用することもおすすめです。
→亜鉛…貝類、牛肉、レバー、チーズなど
鉄分…レバー、牛肉、赤身魚、豆類など

●ビタミン
頭皮の新陳代謝を促進するビタミンBや細胞を活性化させ老化を防ぐビタミンC、血行をよくするビタミンEやビタミンAなども必要不可欠です。
→ビタミンB…豚肉、穀物、レバー、にんじん、貝類、魚類など
ビタミンC…パプリカ、ブロッコリー、キウイフルーツなど
ビタミンE…ナッツ類、ごま、魚介類など
ビタミンA…レバー、卵黄、うなぎ、緑黄色野菜など

④血流不足

血流不足も白髪の大きな原因の一つと言われています。毛髪一本一本に繋がる毛細血管の血流が悪いと毛髪を育てるための栄養が不足し白髪になりやすいです。
そのため適度な運動や水分補給、入浴など効果的ですし、髪の毛にはシャンプーとともに頭皮マッサージもおすすめです。

⑤ストレス

2020年に米国ハーバード大学の研究チームによる「ストレスと白髪の関係」にてストレスを感じると白髪が増えることが証明されました。

私たちがストレスを感じると、交感神経からノルアドレナリンが産生されます。Zhangらは、このノルアドレナリンが色素幹細胞を色素細胞に分化させ、白髪を引き起こすことを報告しました。ストレスが原因で産生される物質は多く、他のメカニズムも存在すると考えられますが、ストレスで色素幹細胞が枯渇するという知見は面白い発見となりました。

他にも原因はありますが、メラノサイトの働きが低下することによって、メラニン色素の量が減少すると毛髪は色を失ってしまい白っぽくなります。普段の生活で白髪にならないように食事などで予防することもできますが、年齢や遺伝性による白髪の原因には太刀打ちできないことも事実です。

また、白髪は髪の毛だけに見られるのではありません。体毛にも白髪が見られることも多く、陰部(医療脱毛の世界ではVIOと言われています)は髪の毛よりも生えやすいとも言われています。

白髪を抜くと、再び生えてくるのは白髪なのか?

多くの人が「白髪を抜いたら、その後は生えてこない」という誤解を持っていますが、実際にはそうではありません。白髪を抜いても、その毛穴から再び白髪が生えてくる可能性が高いです。

白髪が生える根本的な原因は、メラニン色素の減少や老化、ストレスなど多岐にわたります。これらの原因が解消されない限り、同じ毛穴から白髪が生え続ける可能性があります。

また、一般的に「白髪を抜くと増える」という俗説がありますが、これは科学的に証明されていない都市伝説です。白髪を抜いても、その数が増えるわけではありません。

したがって、白髪が気になる場合は、根本的な原因に対処する方法を探すことが重要です。白髪を単に抜くだけでは、問題の解決にはならないでしょう。

衝撃!白髪がレーザーで脱毛できない理由

医療レーザー脱毛やエステ脱毛、家庭用の脱毛器は黒い毛にしか反応しないことをお伝えしましたが、「同じ毛なのになぜ白髪は脱毛できないの?」

と思った方は少なくないはず。

医療レーザー脱毛も、エステ脱毛や家庭用脱毛器でも「毛の色が黒いこと」を大前提としているため「毛根の中に黒い色味を決定するメラニン色素が存在する」ことが絶対条件となっています。

昔、小学校の授業などで、虫眼鏡で太陽光を集めて黒い紙を焦がした経験がある方もいるのではないでしょうか?
それと同じ原理で、レーザーなどの光エネルギーは黒い色素が強いところに強く反応して熱を発生させ、ダメージを与えるからです。

また、脱毛においてVIOが一番痛みが強くでやすい一つの理由として、毛質が体の中でも黒く濃く生えやすく、レーザーの反応が強く生じているからなのです。

白髪というのは、毛の色と同じように毛根も白いため、その黒い色味を決定するメラニン色素を失っている状態なのでどんなレーザーを当てたとしても全く反応しません。

つまり、白髪混じりのVIOをレーザー照射しても黒い毛だけ脱毛されて、白髪だけ残ります。

大事なことなのでもう一度言います。

白髪にはどんなレーザー脱毛も全く反応しません!

蓄熱式脱毛では白髪は脱毛できない

医療脱毛でも蓄熱式であれば白髪にも効果があると聞いたこともある方も少なくはないはず。
むしろ中には白髪に対して蓄熱式を推奨しているクリニックもあります。
蓄熱式脱毛は、じっくり毛根に熱を加えることで、バルジ領域の毛包幹細胞を破壊することで脱毛させていきます。そのアプローチをするための熱は黒いメラニン色素がないと発生させることができないのです。

そのため蓄熱式であっても金髪や白髪には太刀打ちできないのです。
蓄熱式脱毛で、白髪が脱毛できるというのは根拠がありません

白髪は黒髪に戻せる?

黒かった毛が一度白髪になると、その毛根から新しく生えてくる毛も白髪になると言われています。

最近のレビューでは、毛髪の色素を戻せる薬物が、事例研究などで多数掲載されています。多くは、炎症後色素沈着と同じようなメカニズムが使われているようです。

今後、白髪を黒髪に戻してから医療脱毛ができるようになる未来もそう遠くはないのかもしれません。
しかし、現在はそのような技術はまだ獲得していませんので白髪になる前の黒髪の状態で医療脱毛を済ませておくのがおすすめです。

白髪染めと脱毛

また、白髪を染めたら医療レーザー脱毛はできるのか?と疑問を持たれた方もいるのではないでしょうか?
毛染めは毛穴から出ている部分は着色できますが、医療レーザー脱毛が反応する毛穴の中のメラニン色素までは染めることができないため脱毛効果は得られません

医療レーザー脱毛をして白髪が増えたと言われる方もいます。はっきりとわかっていませんが、考えられることとして、医療レーザー脱毛により黒い毛がなくなったことで今まで見えなかった白髪が目立つようになったことが挙げられます。
しかし、メラノサイトに熱が加わることは間違いないため因果関係は完全に否定はできません。

色々な情報が飛び交うため、しっかりと知識をつけ惑わされないことが大切です。

白髪を脱毛するには、針(ニードル)脱毛しかない

黒い毛には家庭用脱毛、エステ脱毛、医療脱毛など脱毛する方法はいくつかありますが、白髪を脱毛するには「針(ニードル)脱毛」一択です。

針(ニードル)脱毛は一つ一つの毛穴に専用の針(ニードル)を刺し電流を流すことで毛包を熱変性させ脱毛を行う方法です。一本ずつ確実に再生組織を破壊していくので、その場で永久脱毛を目指します。
一本一本技術者が確認して行うため、脱毛技術の中でも特に高度な技術が必要となります。そのため医療針脱毛を採用しているクリニックは全国でもわずかとなっています。

針(ニードル)脱毛のメリットは、白髪にはもちろんのこと、ホクロの中に生えている毛や、細かいデザインが必要となる眉毛まわりの毛など一本ずつ対応できるところです。

しかし、「痛みが強い」「料金が高い」という2大デメリットも存在します。
毛穴に直接針を刺すので痛みは強くなりますし、エステでの針脱毛の場合には麻酔も使用できずかなりの激痛に耐えることになります。
また、料金に関しても高度な技術と時間が要する分、一本単価で計算するところや時間単価で計算するところもあります。

いずれにしても白髪の毛量が多ければ多いほど自ずと料金が高くなる可能性しかありません。

ニードル脱毛とレーザー脱毛併用時のポイント

脱毛器をどれか一つに絞る必要はありません。良いとこどりが白髪脱毛の近道です。医療レーザーやエステ脱毛と針(ニードル)脱毛は全て併用が可能です。特に、ニードル脱毛は脱毛の最終奥義として残しておくべきです。

コストと効果のバランス

ニードル脱毛は1本ずつ行う脱毛のため、今生えている全ての毛をニードル脱毛で行おうとする場合、かなりの高額となります。痛みも計り知れません。そのため、医療レーザーで白髪以外の黒い毛に対する脱毛を完了させ、残った白髪を針(ニードル)脱毛で撃退していくことが、効果、時間、コスト、身体の負担の全てを鑑みても得策と言えます。

休息期間の重要性

レーザー脱毛とニードル脱毛の間は休息期間が必要です。医療レーザー脱毛後に、ニードル脱毛を行うという方法が望ましいです。そのため、同時期に医療レーザー脱毛とニードル脱毛を行うことはないかと思います。脱毛はお肌に負担をかけてしまうため、早く脱毛を終わらせたい気持ちもわかりますが、ニードル脱毛前はお肌に余計な負担をかけないようにお肌をしっかりと休ませてあげることが大切です。

毛の長さとタイミング

毛を気にするあまりお肌の状態を疎かにしては元も子もないのです。また、ニードル脱毛の効果をしっかり発揮させるためにはある程度毛を伸ばしておくことが重要となります。針脱毛の二週間前から毛を伸ばして剃らないようにしておきましょう。

専門医の相談

併用する際には、必ず専門の医療機関で相談を行い、自分の肌質や毛質に最適なプランを立てることが重要です。特に、敏感肌やアレルギーがある場合は、事前に医師としっかりと相談をしてから施術を受けるようにしましょう。

総じて、ニードル脱毛とレーザー脱毛の併用は非常に効果的な方法と言えますが、その際には上記のポイントをしっかりと考慮することが必要です。

白髪は自己処理しても大丈夫?

白髪の自己処理の方法はいくつかあります。

  • 毛を抜く
  • 毛をハサミで切る
  • カミソリや電気シェーバーで剃る
  • 毛抜きで毛を抜く
  • ワックス脱毛で毛を抜く
  • 除毛クリームを使用する

白髪だけでなく毛の自己処理全般に言えることですが、リスクを理解した上で自己処理を行う必要があります。
白髪を抜く、毛抜きやワックスでは、毛を無理に抜いてしまうと炎症からの色素沈着や毛嚢炎、埋没毛のリスクが高くなってしまうため、控えることをお勧めします。
除毛クリームもお肌への刺激が強く使用しない方がいいでしょう。

自己処理には、カミソリや電気シェーバーの使用をお勧めします。
特に電気シェーバーはお肌への刺激を最小限になるので積極的に使用することといいと思います。ただしVIOはI字カミソリでないと毛質が太く剃りにくいためVIOや脇など毛質が太い部分にはカミソリを使用してもいいと思います。

特に、VIOは粘膜に近く皮膚が薄い上、自分の目で確認しずらいです。無理な自己処理は皮膚を傷つけてしまい細菌による炎症が起こりやすいデリケートな部分です。
ここでは省略しますが、自己処理は正しい方法で行うことが重要となってきます。

自己処理は電気シェーバーがお勧めですが、刺激が他の方法に比べると少ないというだけで、お肌に刺激を与えていることには変わりありません。
また自己処理をしていても、除毛であって、時間が経てばまた生えてきます。そのため黒髪に対して白髪の割合は年齢とともに増え続けていくのです。
白髪が増え続ける前に、自己処理よりも永久脱毛してしまった方がいいと言えます。

VIOの白髪脱毛のメリット

VIOの白髪脱毛のメリットは、通常のVIO脱毛のメリットと同じです。

VIOの自己処理から解放される

自己処理で直接皮膚を傷つけることがなくなり、皮膚トラブルのリスク軽減や、面倒くさい自己処理の手間や時間を減らすことでストレスもなくなります。
しかし。抜けるまでには自己処理は必要となりますので正しい剃毛方法を理解しましょう。

生理中の不快感から解消される

生理中は体調が崩れ、仕事や予定にも影響したり、デリケートゾーンの蒸れや匂いなどの不快感に悩まされている人も多いでしょう。
経血も然り、排泄物がVIOの毛に絡まり不衛生な状態にどうしてもなってしまうからです。
毛量を減らしたり、全ての毛をなくすことでデリケートゾーンを常に清潔な状態に保つことができ、生理中の辛い時期を少しでも快適に過ごすことができます。

水着や下着のオシャレを楽しめる

アンダーヘアを整えることで、アンダーヘアのはみ出しを気にせず、着用できる水着や下着のバリエーションを増やすこともできます。

将来の介護に備えることができる

将来のことを考えると、トイレ介助やおむつ交換など今後自分の介護が必要になる可能性があります。
おむつは特に蒸れやすくお肌トラブルや細菌繁殖による感染症になりやすいため、衛生状態を保つ必要があります。拭き取りずらさは介護者だけでなく、長時間の体勢の保持や不快感など介護される側にも負担となって返ってきます。
介護する側、される側の負担軽減や衛生状態を守るために「介護脱毛」を考えられる方が増えてきました。

これらのメリットから、白髪になる前の早めの脱毛がお勧めです。

白髪を脱毛するデメリット

白髪を脱毛することにはいくつかのデメリットが存在します。以下に主なポイントを挙げてみましょう。

  1. 高額な費用:白髪の脱毛は一般的な脱毛よりも高額な場合が多く、継続的な施術が必要な場合は費用がかさむ可能性があります。ただし、昔の脱毛料金と比較をすると、かなり低価格になっています。
  2. 効果の不確実性:白髪はメラニン色素が少ないため、レーザー脱毛などの効果が出ません。そのため、期待するほどの効果が得られない可能性があります。
  3. 痛みと不快感:脱毛処理は一般的に痛みや不快感を伴う可能性があります。特に、肌が敏感な人にとっては不快な経験となることも。
  4. 肌トラブルのリスク:脱毛後に赤み、かゆみ、炎症などの肌トラブルが起こる可能性があります。
  5. 時間的な負担:脱毛は一回の施術だけでなく、何回ものセッションが必要な場合が多いです。そのため、時間的な負担がかかることも考慮する必要があります。

これらのデメリットを考慮した上で、白髪の脱毛を検討することが重要です。

40~50代からのVIO脱毛

若い方だけの脱毛の時代は終わり、今は何歳からでも脱毛を始める時代です。特に40~50代の方々にとって、VIO脱毛は多くのメリットを提供しています。

40~50代のアンケートで医療脱毛はやってみたい施術第一位

脱毛を施術される年齢を統計的に見てみると(ホットペッパービューティ美容センサス2022年下半期参考)、15歳〜30代までが男女問わず多いのは確かです。しかし、40代以上になっても「やってみたい施術」の上位に医療脱毛が上がっています。これは「一番最初に経験した施術」のランキングでも、女性では全世代で1位、男性までも50代までの世代が1位、60代でも2位となっており、どの世代でも脱毛がいかに需要が高まっているかが一目瞭然です。

美容ナース
美容ナース
40~50代で医療脱毛をみんな始めたいと思っているのです!

40~50代でも恥ずかしくないのかな?

白髪になる前に脱毛を行なっておくことはお勧めですが、脱毛に年齢制限はありません。この記事を読んでいる全ての世代の皆様にお勧めしたいのです。特に、50代は実際に両親の介護をしている、経験したことがあり、お子様が実際に脱毛に通っていることから身近に白髪脱毛を始めたり、検討する方が多い世代です。

40~50代でも痛みは耐えられる?

「介護脱毛」が注目されるようになったのはつい最近のことで、今まで「脱毛なんて無縁だと思っていた」「興味はあるけど、もう白髪になってからでは脱毛は手遅れなのでは」となかなか脱毛に踏み切れていない方も多いのではないでしょうか?しかし、最新の脱毛技術は痛みを大幅に軽減しており、年齢に関わらず多くの人々が快適に施術を受けられるようになっています。

40~50代でもどんなデザインに脱毛したらいいの?

VIO脱毛のデザインは個々の好みやライフスタイルによって異なります。40~50代の方々は、自分自身の体型や肌の状態、さらにはパートナーとの関係性などを考慮に入れて、最適なデザインを選ぶことができます。

40~50代でも、1番人気のデザインはハイジニーナです。

総じて、40~50代でもVIO脱毛は多くのメリットを提供しており、年齢を問わず始めることができます。ただし、施術を受ける前には、しっかりとした医療機関での相談が必要です。これからも脱毛の需要は高まるでしょうから、年齢に囚われずに自分自身の美と健康を追求することが重要です。

まとめ

今は白髪もまだそこまで気にならないし、脱毛は考えなくても大丈夫。
と思っているあなた。
将来、年齢を重ねるにつれて白髪になる可能性は大いにあり得ます。そして白髪の量は増え続けていくのです。

だんだん年齢とともに気になってくる白髪に対しての脱毛には針(ニードル)脱毛以外方法がないのが現状です。
レーザー脱毛だけでなく、家庭用やエステ脱毛なども基本的に黒い毛をターゲットとしているものがほとんどだからです。
また、反対に黒い毛がレーザー脱毛できるが故に、白髪だけが残ってしまい気になることも少なくありません。

脱毛の順番は医療レーザー脱毛で過半数の黒い毛をなくしてから、残ってしまった白髪を針(ニードル)脱毛で脱毛していくことが大切です。

この記事を読んでいるということは、少しでも将来の見据えての脱毛が気になっているのではと思います。

ぜひ一度レナトゥスクリニックのカウンセリンにご来院ください。
将来を見据えての脱毛プランを一緒に考えてみませんか?

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. 顔脱毛いないほうがいい

    顔の医療脱毛はしないほうがいい?老ける、毛穴広がる、後悔する…

  2. 大阪ジェントルマックスプロ

    【最新最多18選】大阪(梅田・心斎橋)ジェントルマックスプロ…

  3. 硬毛化について

    脱毛でのリスクの1つ硬毛化とは?その原因・好発部位・確率・対…

  4. ジェントルマックスプロ・プラスのヤグレーザーとは

    ジェントルマックスプロ・プラスのヤグレーザーとは

  5. ラシャトリニティ

    脱毛器ラシャ・トリニティとは?

  6. 医療脱毛当日の服装は?部位別にポイント解説!

最近の記事

  1. 大阪で脂肪溶解注射BNLS Fat Burnが安い¥2,200
  2. 脂肪溶解注射 BNLS アルティメット(小顔注射)
  3. 名古屋のメンズ医療全身脱毛ならレナトゥスクリニック
PAGE TOP