医療脱毛どれくらいの間隔で通うのがベスト?空けすぎると効果がなくなる?

サムネイル

医療脱毛の照射は2〜3ヶ月開けるのがベスト

医療脱毛は、平均2~3ヶ月の間隔をあけて行うことが推奨されています。1ヶ月に1回を推奨しているクリニックもありますが、それだとかなり無駄な照射が増えます。脱毛でツルツルの仕上がりをなるべく早く実現したい派は、5回目までは2~3ヶ月間隔で、5~8回目は2~4ヶ月間隔、それ以降は2~6ヶ月間隔で通うと良いでしょう。

なぜ間隔を空けないといけないの?

医療脱毛の施術間隔をしっかり守ることは、脱毛効果を最大限に引き出すために重要です。医療脱毛はレーザーがメラニン色素を濃く含む毛に反応し、毛根にダメージを与える仕組みに基づいています。そのため、成長期の毛に対して効果的であり、成長期の毛は全体の約20%程度しか存在しません。一方で、退行期や休止期の毛はメラニン色素が薄く、毛根と毛乳頭が離れているため、脱毛効果がほとんど期待できません。このような事情から、間隔を空けて施術を行うことが必要なのです。間隔を守らないで施術を続けると、退行期や休止期の毛に対してレーザーを当てることが増え、効果が分散してしまいます。その結果、効果が低下し、施術回数が増える可能性が高まります。

統括院長医師 副田周
統括院長医師 副田周
毛周期についてきちんと理解しておけば効率よく脱毛できます。

照射間隔を空け過ぎてしまった!

医療脱毛において、間隔を空け過ぎても、それまでに受けた医療脱毛の効果は下がりません。「脱毛効果を下げたくないから」と焦って通う必要はありません。しかし、間隔が空きすぎると、成長期の毛がレーザー照射されないまま退行期へ移行し、結果的に施術回数が増えることになります。効率よく脱毛効果を得たいなら、適切な間隔での施術が望ましいでしょう。間隔が空きすぎる原因としては、生理と重なったり、妊娠などの体の調子によるものの他、自分の都合に合わせてクリニックの予約が取れないこともあります。将来のスケジュールや予定を考慮して、予約が取りやすいかどうかも、クリニックを選ぶ際の重要なポイントです。

照射間隔を2ヶ月以上空けなければいけない時もある

医師

過度な日焼けをした

基本的に1ヶ月以内に過度な日焼けをしていると、火傷の恐れがあるので照射ができないクリニックがほとんどです。また、照射ができた場合も出力を下げての照射になるのでその分効果も下がってしまいますので日焼けが落ち着いてから照射をすることをお勧めします。

照射部位に肌トラブルが起きた

炎症や傷、腫れがあるとその部分は照射できません。その場合、該当箇所は避けて照射をするか、脱毛自体キャンセルする必要があります。避けて照射をした場合は当てられなかった箇所が消化扱いになることもあるので事前にクリニックで確認した方が良いでしょう。

妊娠

妊娠中は医療レーザー脱毛の施術を受けることは避けるべきです。妊娠に伴い、ホルモンバランスが大きく変化するため、施術による肌トラブルや体調不良が起きるリスクが高まる可能性があります。お母さんとしての健康や胎児の安全を最優先に考え、妊娠期間中は脱毛施術を控えることが一般的なアドバイスです。安全が確保された状態での脱毛は、出産後に考えることをおすすめします。クリニックによっては母子手帳を提示すれば消化期限が延長になるところもあるので確認しましょう。

まとめ

まとめ

医療脱毛の最適な施術間隔は、一般的には2~3カ月に1回の頻度が推奨されています。脱毛でツルツルの仕上がりをなるべく早く実現したい派は、5回目までは2~3ヶ月間隔で、5~8回目は2~4ヶ月間隔、それ以降は2~6ヶ月間隔で通うと良いでしょう。脱毛の回数を出来るだけ抑えたい、コストパフォーマンス重視派は、初めは2~3ヶ月間隔ですが、だんだん脱毛間隔を空けていき、5回目以降は4~6ヶ月ほど脱毛間隔を空けた方が良いでしょう。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutube

 

関連記事

  1. プロテーゼ

    プロテーゼが入っていても医療脱毛できる?

  2. お薬

    医療脱毛で注意すべき薬剤性光線過敏症の主な原因薬剤とは?

  3. 背中上下医療脱毛

    背中上下の医療脱毛

  4. 家庭用脱毛器

    家庭用脱毛器に永久脱毛効果はない! 脱毛で金ドブするのはもう…

  5. 仙台VIOのみが安い医療脱毛

    仙台VIOのみが安い医療脱毛クリニック(都度払い含む)

  6. 【医療脱毛おすすめクリニック20選】専門医師がどこがいいかわからないあなたに選び方やチェックポイントを紹介!【2024年最新】

    【医療脱毛おすすめクリニック20選】専門医師がどこがいいかわ…

最近の記事

  1. 大阪のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  2. 東京のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  3. 大阪糸のリフトアップモニターキャンペーン
  4. 東京のたるみリフトアップ治療が安い口コミで人気のクリニックランキング
PAGE TOP