頬脱毛とは?メリットデメリットとツルツルにする方法

頬医療脱毛

目次

頬脱毛とは?

頬医療脱毛

頬脱毛とは、顔の頬部分に生えている不要な毛(ムダ毛)を永久脱毛することです。

頬は産毛が多く、脱毛難易度が高い部位ですが、脱毛をすると化粧ノリがよくなり、肌を擦る習慣も改善され肝斑の予防にも繋がる、美肌効果の高い脱毛部位です。

頬の範囲はクリニックによって変化することが多く、頬は、もみあげとフェイスラインを含むかどうかを確認する必要があります。

頬医療脱毛

また、もみあげを含むといっても、もみあげの生え際までなのか、もみあげから耳の間は含むのか、もみあげ自体の髪の毛部分を含むのかはクリニックによって異なります。

この色の部分がもみあげ前後

また、これらの部位それぞれに料金が設定されており、思わぬ出費に繋がるケースも多々あります。

フェイスラインの脱毛も、頬の範囲と別になっていたり、含まれていることもあります。サービス内容は施設によって異なるため、事前にしっかりと確認することが重要です。

なぜ頬脱毛が必要なのか?

一見、もみあげなどは髪の毛で隠れていると感じる人も多いですが、髪型やスタイリングによっては意外と目立つ部分です。たとえば、髪を耳にかけたり、ショートヘアにしたりすると、もみあげが目立ってきます。そのため、整った顔立ちを保つためにも、頬脱毛を含めた全体的なフェイシャル脱毛がおすすめです。

頬医療脱毛の効果と必要回数

頬の医療脱毛は他の部位と比較しても特に注意が必要なケースが多いです。その理由として、頬の毛質が産毛が多く脱毛が難しいため、複数回の施術が必要です。以下で詳しく説明します。

頬の毛質と医療脱毛

頬の毛は産毛が多く、これが脱毛を難しくしています。産毛は薄くて色が薄いため、一般的な脱毛器の照射では効果が薄い場合が多いです。そのため、8回以上の脱毛が必要とされています。

選ぶべき脱毛器

脱毛器を選ぶ際には、熱破壊式のジェントルマクスプロプラスが推奨されます。この脱毛器は、産毛にも高い効果を発揮するとされています。蓄熱式の脱毛器は、一般的には産毛に効果が低いとされ、その点が誤解されやすいです。

必要回数と期間

医療脱毛で頬の毛を完全に除去するためには、最低でも8回以上の施術が推奨されます。それは、1、2回の照射では全ての毛根を破壊することが難しいためです。また、1回の脱毛で毛が抜けたとしても、数週間後には新しい成長期の毛と脱毛ができなかった毛が生えてくることが多く、効果を実感しにくい部位とも言えるでしょう。8回以上なので、2ヶ月に1回通院すると、期間は1年半以上必要になるでしょう。

脱毛器の反応について

脱毛器は黒いものに反応する仕組みとなっており、脇や腕などの太い毛には効果が高いです。しかし、頬の産毛は薄くて色も薄いため、脱毛器のレーザーの反応が弱くなりがちです。このような点を考慮して、頬の医療脱毛には時間と回数が必要です。

頬におすすめの医療脱毛機

頬の医療脱毛は、産毛が多いために通常よりも回数と時間がかかります。熱破壊式のジェントルマクスプロプラスを選択することで、より確実な結果が期待できます。理由は、出力が高く設定でき、パルス幅も細い毛に有効な2msec設定、スポットサイズ26mm、波長はアレキサンドライトとヤグの両方が使用可能だからです。頬はヤグレーザーも積極的に使用していく部位です、蓄熱式は産毛に効果が少ないため、避けるべきです。以上のポイントを押さえ、自分に適した医療脱毛を選びましょう。

頬医療脱毛と痛み

頬医療脱毛

頬の医療脱毛における痛みは、多くの人が感じにくいと言われていますが、それは一概には言えません。痛みの感じ方は個人差があり、使用する脱毛器や部位によっても異なります。以下で詳しく説明します。

痛みレベルの相対的評価

もしVラインの痛みを10とするならば、頬の痛みは通常「2」程度とされています。しかし、頬骨やフェイスラインでは骨に響くような痛みを感じることがあります。特にもみあげ生え際にしっかりとした毛が生えている方は、ゴムで軽くはじかれたような痛みを伴う可能性があります。

出力と痛みの関係性

脱毛器の出力を高くすると、その分ゴムを伸ばしていくような感覚で痛みが増す可能性があります。この点を考慮して、施術の出力レベルを調整できるクリニックを選ぶとよいでしょう。

脱毛器の種類と痛み

アレキサンドライト(アレキ)レーザーとNd:YAG(ヤグ)レーザーでは、痛みの感じ方が違います。これはレーザーの波長や照射方式に起因する違いで、事前のカウンセリングで確認しておくと安心です。

痛み対策

耐えられない痛みを感じた際は、すぐにスタッフに伝えましょう。多くのクリニックでは麻酔クリーム、出力を下げる、冷却対策を行うなど、痛みを軽減させるオプションがあります。無理に痛みを我慢すると、肌トラブルや火傷のリスクが高まります。

頬医療脱毛の料金相場

頬の医療脱毛には多くのオプションと料金プランが存在します。そのため、単純に料金相場を示すのは一筋縄ではいきません。しかし、料金の選択肢を理解することで、より効率的な脱毛プランを選べるでしょう。

料金の基本構造

レナトゥスクリニックでは、頬の医療脱毛は5回で33,000円という料金設定があります。これは頬に特化したプランで、専門の施術と高品質の脱毛器を使用しています。

セットプランでの料金割引

頬だけでなく、顔全体や全身の脱毛も考慮している方には、セットプランがおすすめです。顔脱毛や全身脱毛とセットにすると、全体の料金が割引されるケースが多いです。

女性と頬脱毛

女性の場合、頬は多くの時点で顔脱毛(鼻や口周りなど)と一緒にセットプランとなっています。このようなセットプランは、複数の部位をまとめて脱毛することで一般的にお得になります。

全身脱毛との関連性

全身脱毛を検討している方には特に、顔脱毛とのセットプランがおすすめです。全身脱毛は乗り換え割、平日割など、様々なキャンペーンが行われているクリニックも多いため、頬脱毛と合わせてお得なプランを選べます。

まとめ:頬脱毛の料金相場とお得な選択

頬の医療脱毛は多様なプランと料金が存在するため、一概に料金相場を示すのは難しいですが、セットプランやキャンペーンを利用することで、より効率的な料金プランを選べるでしょう。レナトゥスクリニックでは、5回で33,000円という頬専用の料金プランがあり、さらに顔脱毛や全身脱毛とのセットで更なる割引が可能です。お得な選択肢を活用して、最適な脱毛プランを見つけましょう。

頬脱毛で最もツルツルになるための戦略的な方法

頬医療脱毛

頬脱毛の最終目標は、できるだけツルツルとした仕上がりを実現することです。そのためには、使用する脱毛方法や機器、そして施術の回数とタイミングが非常に重要です。ここでは、最も効果的な頬脱毛の手順をご紹介します。

レーザー脱毛:初期段階での基盤作り

頬脱毛においては、レーザー脱毛が非常に効果的です。特にアレキサンドライトレーザー(アレキ)で5回以上、Nd:YAGレーザー(ヤグ)で5回以上の施術がおすすめです。ジェントルマックスプロプラスという高性能の脱毛器を使用することで、毛根への熱エネルギーが高まり、より確実な脱毛が可能です。安い脱毛器では、顔脱毛は歯が立たないので注意が必要です。

残った毛の対処:ヤグレーザーでの重ね照射

初回の脱毛サイクルが完了した後、残った毛に対しては、ヤグレーザーでの重ね照射を検討します。これによって、前回の脱毛で完全に除去できなかった毛も効果的に処理できます。

細い毛への対策:針脱毛の活用

レーザーでは取り除けないほど細い毛に対しては、針脱毛が最も効果的です。針脱毛では、一本一本の毛根に直接針を刺し、電流で毛根を破壊します。この方法は、特に細かい毛に非常に効果があります。

眉周りの脱毛:針脱毛で仕上げる

特に眉周りなど、レーザーで脱毛が難しい部位は、針脱毛できちんと仕上げることが推奨されます。このようにして、頬全体をきれいにすることが可能です。

まとめ:最も効果的な頬脱毛の手順

頬脱毛で最もツルツルにするためには、初めにレーザー脱毛で基盤を作り、その後残った毛に対してはヤグレーザーまたは針脱毛で対処すると良いでしょう。特に細い毛や眉周りは、針脱毛で丁寧に処理することが最も効果的です。このような戦略的なアプローチをとることで、頬脱毛で理想的な仕上がりを得ることができます。

頬医療脱毛のメリット:美肌効果から自己処理の手間解消まで

頬の医療脱毛は、その効果が多岐に渡ることが広く認識されています。目立ったうぶ毛がなくなることはもちろん、肌質の改善やメイクのノリまで、多くの点で女性にとっては非常に魅力的な選択肢となっています。以下でその詳細を解説します。

自己処理の手間が大幅に削減

頬のうぶ毛を自分で処理する場合、出血や肌荒れ、さらには毛が太くなる可能性もあります。医療脱毛を受ければ、これらのリスクを大幅に減らすことができます。カミソリや毛抜きでの処理は、皮膚を傷つける危険もありますが、医療脱毛ならばそのような心配はほぼなく、安全かつ効果的にうぶ毛を除去できます。

お化粧のノリが大幅にアップ

頬の医療脱毛によって、お化粧のノリが格段によくなると多くの方が報告しています。うぶ毛が少なくなることで化粧品が肌に密着しやすく、ファンデーションやチークの発色も一段と美しくなります。さらに、肌がスムーズになるため、化粧が落ちにくく、肝斑などの皮膚の色素沈着も改善しやすくなります。

肌質の向上とトーンアップ

頬は顔の一番広い部分を占めるため、その状態が顔全体の印象に大きく影響します。医療脱毛を受けることで、肌のトーンがアップし、全体的に明るい顔色を手に入れることができます。

時間とコストの効率化

頬の医療脱毛は、初回から効果を実感できるケースが多いです。そのため、短期間で高い効果を得られる可能性があります。これは、長期間にわたる自己処理やサロン通いに比べて、時間とコストを効率的に使う方法と言えるでしょう。

総括

以上のように、頬の医療脱毛はただうぶ毛を取り除くだけでなく、美肌効果、化粧のノリの改善、自己処理の手間の解消など、多くのメリットが期待できます。特に化粧のノリが良くなると同時に化粧も落としやすくなるため、肝斑も改善しやすいという点は大きな利点と言えるでしょう。これらの多角的な効果を考慮すると、頬の医療脱毛は非常に価値のある選択肢と言えます。

頬医療脱毛のデメリット

肝斑が一時的に悪化する可能性がある

肝斑が一時的にレーザーの影響で悪化する可能性があります。ただし、時間が経過すると元の濃さの肝斑まで改善するでしょう。肝斑はお肌を擦らないことが大切なポイントです。また、頬脱毛が完了するとお肌を擦る習慣が改善するため、肝斑も長期的にみると薄くなる可能性があります。

頬脱毛のよくある質問

質問と回答形式で、頬の医療脱毛について頻繁にある疑問点を解消します。特にシミやニキビ、アフターケアに関する最新の情報を取り入れています。

毛穴やシミがなくなるって本当?

一般的に医療脱毛ではシミを完全に消すことは難しいですが、例外もあります。特に老人性の色素斑に対しては、アレキサンドライトレーザーが反応し、薄くする可能性が高いです。また、毛の周囲は炎症が起きやすく色素沈着がしやすい部分です。脱毛によって毛がなくなれば、それに伴って色素沈着も減少するケースがあります。

ニキビやニキビ跡があっても脱毛できる?

基本的にニキビやニキビ跡があっても、医療脱毛は可能です。ただし、ニキビ薬を使用している場合やイソトレチノインを服用している場合は、肌が炎症状態にある可能性が高いので休薬期間が必要だと言われています。また、6~12カ月以内にイソトレチノインの内服歴のある患者さんは瘢痕化や治癒遅延を生じやすいので、外科処置を避けるべきだといわれています。原則内服中と、内服中止から1ヶ月以内の方の照射はお断りさせて頂いております

頬医療脱毛の準備やアフターケアは?

頬脱毛前の準備としては、肌を傷つけにくい電気シェーバーでのシェービングが推奨されます。アフターケアとしては、脱毛後の肌は敏感になる可能性が高いため、しっかりとした保湿と紫外線対策が非常に重要です。 脱毛後の毛も、電気シェーバーで処理をしましょう。

まとめ

項目 頬脱毛における情報
効果 化粧ノリが良くなり、肝斑リスクが下がる
毛質 産毛が多い
必要回数 8回以上
必要期間 最短8ヶ月~1年半程度
痛みレベル 2
起こりやすいリスク 毛嚢炎、やけど、硬毛化
注意 日焼け、化粧を落とす
照射範囲 目尻から外側のライン・眼窩縁の骨部分から下、もみあげ、鼻横・口角横・マリオネットライン横・フェイスライン(下顎角からオトガイ結節の手前までの下顎底上)で囲まれた範囲
料金相場 5回¥33,000

頬脱毛のメリットはあまり理解されていませんが、その影響は肌の健康と生活の質にも及びます。頬脱毛を行うことで、自己処理の手間が減少し、それによって毛穴のトラブルも軽減されるでしょう。さらに、ベースメイクのノリが格段に向上し、美肌効果が期待できます。特に医療脱毛は専門の医師が監修・施術を行い、万が一の肌トラブルにも迅速に対応可能です。

医療脱毛はその効果と安全性からも、多くのクリニックで無料カウンセリングを提供しています。専門の医師による詳しい説明を受け、自分の肌質や問題点に最適な施術プランを選べます。自己処理のリスクを避け、プロフェッショナルによる脱毛で、理想のツルツル、スベスベの頬を手に入れましょう。質の高いサービスを提供する医療脱毛クリニックが増えていますので、一度足を運んで自分に最適な治療を探してみてはいかがでしょうか。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. 家庭用脱毛器

    家庭用脱毛器に永久脱毛効果はない! 脱毛で金ドブするのはもう…

  2. 麻酔クリーム

    医療脱毛の麻酔クリーム(表面麻酔)VIOは効果どのくらい?効…

  3. 眉間脱毛

    眉間の医療脱毛

  4. そろそろ脱毛

    医療脱毛開院3周年キャンペーンを開催します!

  5. 髭脱毛しない方がいい

    ヒゲ(髭)脱毛のしないほうがいい?デメリットや後悔は?

  6. 大阪ジェントルマックスプロ

    【最新最多18選】大阪(梅田・心斎橋)ジェントルマックスプロ…

最近の記事

  1. 大阪で脂肪溶解注射BNLS Fat Burnが安い¥2,200
  2. 脂肪溶解注射 BNLS アルティメット(小顔注射)
  3. 名古屋のメンズ医療全身脱毛ならレナトゥスクリニック
PAGE TOP