アトピー性皮膚炎の方は医療脱毛をした方が良い理由

アトピー性皮膚炎と医療脱毛
統括院長医師 副田周
統括院長医師 副田周
僕も医療脱毛でアトピーが改善した一人です!

アトピー性皮膚炎とは

アトピーの女性

アトピー性皮膚炎とは、アトピー素因や皮膚のバリア機能低下などを背景にアレルギー性(抗原抗体反応)・非アレルギー性(引っ掻きなど)の炎症が起こる遺伝性の湿疹・皮膚炎です。
痒みが強い、左右対称性の発疹が増悪と寛解を繰り返します。冬から春にかけて症状が増悪することが多いのが特徴です。

アトピーの方は、毛が生えている部分(有毛部)を掻くことにより、毛の断裂や脱毛をきたすことがあります。特徴的な眉毛の外半分の脱毛を、ヘルトゲ徴候といいます。

アトピーでも医療脱毛はできる?

医療脱毛

結論から言うと、アトピー性皮膚炎でも医療脱毛はできますし、むしろアトピーの方におすすめの治療です。ただし、皮膚に傷や強い炎症がある場合はリスクを同意した上での施術になります。
リスクとは、傷の色素沈着が悪化してしまう・ヤケド・毛嚢炎・蕁麻疹・硬毛化などのことです。

クリニックの方針でアトピー性皮膚炎の方には脱毛施術をしていないクリニックもあるので、事前に必ず確認をしましょう。

アトピー性皮膚炎の方に医療脱毛がおすすめの理由

嬉しい女性

アトピー性皮膚炎の方が医療脱毛をした場合、以下のメリットがあります。

✔︎アトピーが改善する
✔︎アトピー以外の肌トラブルも改善する
✔︎痒みが少なくなり集中力アップ

アトピーが改善する

アトピー性皮膚炎が改善した、と言う症例報告が多数学会で発表されています。

アトピーが改善する理由として、以下が考えられています。

✔︎自己処理が必要なく、自己処理による皮膚の炎症が減った
✔︎毛が減ったことにより、炎症が起こりにくくなった
✔︎痒みの神経繊維であるC繊維が短くなった

アトピー性皮膚炎の方は積極的に医療脱毛をしていきましょう!

アトピー以外の肌トラブルも減る

アトピー以外の肌トラブルも減ります。これは、今まではムダ毛に自己処理が必要でしたが、医療脱毛により自己処理の必要が減ったために、肌を傷つける機会も減ることによります。

また、特に顔脱毛ではシミや肝斑といった、肌トラブルも化粧を落としやすくなることから、改善すると考えられます。

痒みが少なくなり集中力アップ

アトピーが改善すると、痒みに向ける意識が減ります。
これはアトピーがひどい方にとっては革命的な出来事です。集中力が勉強中に維持しやすくなるため、これまで勉強など集中力が必要であったもので結果を出しやすくなります。

アトピー性皮膚炎に向いている医療脱毛とは?

医療機関を選ぼう

医師や看護師がいる医療機関であれば、アトピーの方でも、万が一の肌トラブルの際はしっかりと対応してもらえるでしょう。間違っても美容脱毛やエステ脱毛は選ばないようにしましょう。

また、お薬代やシェービング代などの追加料金が無料のクリニックを選んでおくと安心ですよ。レナトゥスクリニックでは脱毛トラブルのお薬代は無料で、しっかりと対応をさせていただきます。

照射方法は熱破壊式がおすすめ

熱破壊式の医療脱毛の方が、脱毛効果が早く出ます。このため、アトピーの早期改善も見込めるため熱破壊式を選択しましょう。

出力の弱い蓄熱式脱毛はアトピー改善に遠回りなので、やめておきましょう。

ヤグレーザーが出る脱毛機

アトピーの方の四肢の関節内側や顔面や首は、炎症後の色素沈着の影響で色が黒くなっていることが多々あります。
医療レーザー脱毛の仕組みは、黒色(メラニン色素)に反応して熱エネルギーを発生させると言う仕組みです。お肌が黒いと毛だけではなく、お肌にもレーザーが反応してしまいます
お肌にレーザーが反応すると、ヤケドのリスクが高くなってしまいます。
アトピーで炎症が酷い状態にレーザーを照射すると、炎症が増悪されて炎症がより悪化してしまうリスクもあります。

医療脱毛で使われるレーザーの波長には3種類の波長があります。
つまり、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3つです。
このうちヤグレーザーは皮膚表面のメラニン色素に反応しにくく、皮膚深部のメラニン色素に反応しやすいため、色素沈着で色黒なアトピー肌にピッタリな波長です。

ただし、アレキサンドライトレーザーの方が脱毛効果のある場合もあるので、施術はクリニックの医師と看護師に任せましょう。

ジェントルマックスプロプラスがおすすめ

ジェントルマックス プロプラス特徴

熱破壊式で最も人気、出力が高く設定可能でヤグレーザーも使用可能なジェントルマックスプロプラスがアトピーの方におすすめの医療脱毛機です。

ジェントルマックスプロプラスのポイントは以下です❤️‍🔥

脱毛効果が高い!熱破壊式の中の最上位モデル。2波長、出力30%アップ、パルス幅が唯一2msecに設定可能。
快適!ジェルが必要ないので、不快感なし。
早い!全身脱毛が、80分で完了。

▶︎ジェントルマックスプロプラスとは

アトピー性皮膚炎で医療脱毛ができない場合

薬を首に塗る

アトピーには医療脱毛が良い適応ですが、アトピーで医療脱毛ができないケースがあるので注意しましょう。具体的には以下の場合に、医療脱毛が施術できない場合があります。

✔︎脱毛部位の炎症が強い場合
✔︎脱毛部位の皮膚が出血している場合
✔︎脱毛部位の皮膚の色味がかなり黒い場合
✔︎脱毛部位の皮膚が感染をしている場合

これらの場合、傷や感染が悪化する可能性があるため、脱毛照射を行うことができません。つまり、医療脱毛を受ける期間は、アトピーコントロールをしっかりすることが大切になります。

万が一、当日照射ができないとなってしまった場合は、その部位は消化扱いになってしまいます。心配な方は、必ず事前にクリニックに問い合わせましょう。

アトピーの場合、皮膚の炎症の程度や色味による施術可否の判断は、医療脱毛を施術するクリニックにされます。
自分が脱毛をできるかどうかは、クリニック次第で脱毛ができるかできないかが変わりますので、通っている、または通う予定のクリニックにお問合せください。

アトピー性皮膚炎の医療脱毛のリスク

アトピーが悪化するリスクは少ない

実は、医療脱毛でアトピーが悪化するリスクは低いと言って良いでしょう。
その理由は、医療脱毛によってアトピーの痒みが減ることが1番の理由です。
もともとアトピーの部位は痒いから掻いてしまい、それによりアトピーが更に悪化するというサイクルに入ります。しかし、痒みがおさまれば痒みのサイクルが止まるので、アトピーは悪化しにくくなります。

ただし、医療脱毛でアトピーが悪化する場合も当然あります。
医療脱毛により火傷・毛嚢炎・蕁麻疹が出てしまった場合などは、痒みが更に増したり皮膚バリアが破壊されることによりアトピーが悪化することもあるでしょう。

やけどがおきやすい

お肌の色味が黒ずんでいる場合が多いと、やはりやけどのリスクは上がってしまいます。また、お肌が乾燥をしていても、やけどのリスクは上がってしまいます。アトピー性皮膚炎の方は、お肌が黒ずみかつ乾燥もしている場合があるので、やけどはおきやすいと言えます。

脱毛前の過ごし方

くつろぐ

アトピーコントロールをする

アトピーの治療をしっかりとし、肌の状態を良くすることが大切です。
肌の状態が良いと、ヤケドのリスクも下がりますし、痛みや痒みも感じにくくなるでしょう。

アトピー性皮膚炎の治療はスキンケアと炎症制御が中心となります。

  1. スキンケア:保湿剤(ヒルドイド・ヘパリン類似物質ローション等)をしっかりと使用し、皮膚を清潔に保ち、皮膚を傷つけないようにしてください。洗浄力の強すぎる石鹸やシャンプーは避けましょう。
  2. 炎症制御:外用の塗るお薬を使用してください。ステロイド外用・タクロリムス軟膏、JAK阻害薬外用等を使用してください。ステロイドの副作用が出やすい顔には、タクロリムス軟膏がおすすめです。※最重症例・難治例ではシクロスポリン内服・生物学的製剤(デュピルマブ)が使用されることがあります。
  3. 痒み対策:抗ヒスタミン薬の内服を1日1錠内服してください。痒みが強い場合は1日に2錠使用することもあります。

アトピー性皮膚炎でまだ治療をしたことがない方、ステロイドは怖いと思っている方は、一度近所の皮膚科へ受診してみましょう。
現在は良いお薬も多くありますし、ステロイドが怖いと言うことは誤解だと言うことが理解できるでしょう。

日焼け止め

日焼け止めに関しては、ご自身で出来る脱毛効果を高めるケアとして最も優れています。レーザーは黒色に反応してしまいますので、日焼けしたお肌は毛へいくはずであったエネルギーをお肌で吸収してしまします。そのエネルギーが火傷にも繋がりますし、毛へ行くエネルギーも減るわけですから、脱毛効果も下がってしまいます。SPF30以上、PA+++以上の日焼け止めを1日に3回塗り直すことをオススメ致します。

保湿剤

皮膚に水分が適切に行き渡っている状態というのは、とても大切です。水分があることで、脱毛後の皮膚ダメージの回復が早くなりますし、脱毛時の火傷トラブルも回避することができるかもしれません。

毛抜き禁止

医療脱毛は、毛のメラニンにレーザーを反応させることで、永久脱毛をしています。ということは、毛がなければ、永久脱毛が出来ないのです。脱毛後の2〜3週間後にスルスルと抜ける毛に関しては抜いてもらって問題ございませんが、それ以外の毛も抜いてしまうと、脱毛効果が減ってしまいます。毛は抜かずに、電動シェーバーや剃刀で剃るようにしましょう。

ご自身で脱毛前日に脱毛部位の毛をシェービングをしていただきます。うなじ・背中の剃毛は無料ですので、それ以外の剃毛をお願いします。剃毛には電動シェーバーがおすすめです。

脱毛後の過ごし方

脱毛後は、副作用がでないように、お肌を刺激をせず、血圧を上げるような行動は控えましょう。万が一痛みが続きやけどが疑われる場合はすぐにクリニックに相談してください。また、照射後2週間程度で毛嚢炎が出てきた場合もすぐにクリニックに相談してください。脱毛期間中は毛抜きは禁止です。

脱毛後も、脱毛前と同じくアトピーの管理をしっかりと行いましょう

まとめ

✔︎アトピーは医療脱毛で改善することが報告されている
✔︎医療脱毛前後はしっかりとアトピーをコントロールしよう
✔︎おすすめの脱毛機はヤグレーザーも出る熱破壊式ジェントルマックスプロプラス

アトピーが医療脱毛で改善すると、集中力が発揮できたり、ファッションも楽しむことができます。予算が限られている場合は、特に症状がひどい部位だけでも試してみてはいかがでしょうか?レナトゥスクリニックでお会いできる日を楽しみにしていますね。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. 仙台ジェントルマックスプロプラス

    【最新最多8選】仙台ジェントルマックスプロ・プラスで安い都度…

  2. 医療脱毛とエステ脱毛、併用は可能?注意点やメリット・デメリッ…

  3. うなじ背中

    医療脱毛でうなじと背中の範囲は?うなじだけ、背中だけで契約が…

  4. 医療脱毛のVIOの範囲

    医療脱毛のVIOの範囲はどこまで?

  5. 脱毛間隔1ヶ月

    医療脱毛の脱毛間隔1ヶ月は効果が低くなり毛周期が関係ないのは…

  6. 医療脱毛に使うアレキサンドライトレーザーって?

最近の記事

  1. 糸リフトの仕組み
  2. 東京の糸リフト(スレッドリフト)ならレナトゥスクリニック
  3. 大阪の糸リフト(スレッドリフト)ならレナトゥスクリニック
  4. 糸リフトの種類の違いとおすすめを紹介
PAGE TOP