ニキビがあっても医療脱毛は可能?毛嚢炎ってなに?

ニキビと医療脱毛、毛嚢炎の関係

ニキビがあっても医療脱毛できる

ニキビのお悩みをお持ちの方には、医療脱毛が受けられるか気になる方は多くいらっしゃることと思います。

結論からお伝えすると、肌にニキビがある状態でも多くの場合は医療脱毛が可能です。

一方でニキビの状態次第では施術が難しい場合もあります。

ニキビの症状別に、施術の可不可を詳しく見ていきましょう。

ほとんどが照射可能

先ほども記載した通り、ニキビがあっても医療脱毛が出来る場合がほとんどです。

また、レーザーが当てられないニキビがあった場合もニキビの直上を避ければ照射は可能です。

化膿していたり炎症が強いものはNG

一方で、炎症が強く赤黒く腫れ上がっているものや、膿が溜まって今にも爆発しそうなものは、火傷などのリスクが上昇するためニキビの直上は避けます。

脱毛する部位にそのようなニキビが広範囲に広がっている場合は、照射できない部位が多くもったいないため症状が落ち着いてからの予約をおすすめします。

ニキビ跡も多くが照射可能

ニキビ跡は炎症が起こっている状態ではないので多くの場合照射が可能です。

一方、ニキビ跡が炎症後の色素沈着となっている場合、レーザーが黒や茶色のメラニン色素に反応するという特性から、過剰に熱が発生してしまい危険な場合があります。

レナトゥスクリニックでは出力や波長など脱毛器の設定調整により色素沈着にも安全に照射できる工夫をしています

ニキビ治療薬には注意が必要なものも

ニキビ治療に用いられる薬の中には肌の新陳代謝を促すことで赤みやひりつき、皮剥けを起こす物があります。

例えばディフェリン(アダパレン)、べピオゲル、エピデュオ、デュアックといったものです。

お肌の状態によっては照射が危険な場合もあり医療脱毛前後の一定期間、休薬をお願いする場合もあるのでお薬の種類はしっかり把握しておきましょう。

また同様に、ゼオスキンヘルスなどでトレチノイン(レチノール酸)やレチノールなどのビタミンA製品を使われている方他院でのピーリング直後の方なども安全に照射できない場合があるので事前にご相談ください。

脱毛によってニキビが改善する場合も

脱毛によってニキビが改善するという報告がされています。仕組みについて解説していきます。

ムダ毛がなくなることで菌が繁殖しにくくなる

肌にムダ毛があると汚れや皮脂が溜まりやすく、雑菌が繁殖する要因になります。肌の雑菌が増えてしまうと肌荒れやニキビが起こりやすくなります。

男性で顎周りのニキビに悩まれる方が多いのもこういった原因が考えられます。

しかし、毎日のケアは面倒ですし自己処理自体が肌トラブルの要因になることも。

医療脱毛によって自己処理を行わなくてもムダ毛がなくなることで、雑菌の繁殖を防ぎ、肌の清潔が保てます

レーザーの熱による殺菌作用がある

また、医療脱毛で用いるアレキサンドライトレーザーはレーザーフェイシャルという肌治療にも用いられ、ニキビやニキビ跡の治療にも効果的です。

こちらはレーザーの熱が、ニキビの原因となるアクネ菌に対して殺菌作用があることによります。またコラーゲン新生が活性化されるためクレーターになってしまったニキビ跡の治療にも用いられます。

医療脱毛でも類似した効果が見込まれるでしょう。

レーザーの熱による皮脂の分泌抑制作用がある

レーザーの熱は毛だけでなく周囲の皮脂腺などにも伝わります。

皮脂腺が傷害されることで皮脂の分泌が抑制されます。

自己処理による肌への負担が減る

カミソリや毛抜きなどの自己処理は肌への刺激が強く、肌トラブルの原因となります。

またカミソリや毛抜きなどを清潔に保てていない場合雑菌が繁殖してしまいます。

脱毛により自己処理の頻度が減ることで、自己処理による肌への負担が減ります

脱毛後のニキビは毛嚢炎の可能性が

医療脱毛後にニキビができてしまった、というお悩みの方もいるようです。

実は、医療脱毛の副作用に毛嚢炎という炎症症状があり、ニキビとよく似ているため見分け方が難しいことが多いです。

毛嚢炎とは

毛嚢炎とは、毛穴の奥の毛包という部分に炎症が起きた状態を指します。

細菌やウイルスなどの感染が原因で起こることが多いですが、物理的な刺激によっても起こります。

症状としては、照射後〜2週間頃、毛穴に一致して患部が赤くニキビのように腫れ上がります痛みは強くないことがほとんどですが、時には痛みが伴うことも。

顎や背中などニキビのできやすい部位に症状が現れやすいためニキビとの見分けがつきにくいことが多いです。他にはデリケートゾーンや脇などにも好発すると言われています。

毛嚢炎とニキビの違い

見分け方は中に芯があるかです。毛嚢炎はニキビのような芯を持たず、触った感触もやや異なります。

また、膿を持っていた場合は毛嚢炎ではなくニキビです。

毛嚢炎ができた時は?

基本的に症状が軽い場合は皮膚を清潔に保つことで、数日で瘢痕を残さず治癒します。

しかし症状が長く継続したり、悪化したりする場合は医療機関への相談をおすすめします。ひどく悪化すると手術などの外科的処置が必要になる場合もありますがごく稀です。

レナトゥスクリニックでは脱毛後に毛嚢炎などの症状が出た場合の診察やお薬代は無料です。気軽にご相談くださいね。

また、毛嚢炎ができてしまった部位は触りすぎたりせずに、清潔に保つようにしましょう。

まとめ

医療脱毛とニキビや毛嚢炎との関係性について解説しました。

ニキビがあっても多くは脱毛が可能であり、ニキビ症状の改善も見込まれます。

脱毛は自己処理の手間が省けるだけでなく、殺菌や皮脂分泌抑制作用による美容効果も持っています。

信頼できるクリニックで効果的な医療脱毛を選択しましょう。

参考文献

医療脱毛をはじめる前に読む本

基礎から学ぼう 医療レーザー脱毛入門

よくわかる医療脱毛

新しい皮膚科学第3版

あたらしい美容皮膚科学

 

医療脱毛はその効果と安全性からも、多くのクリニックで無料カウンセリングを提供しています。専門の医師による詳しい説明を受け、自分の肌質や問題点に最適な施術プランを選べます。自己処理のリスクを避け、プロフェッショナルによる脱毛で、理想のツルツル、スベスベの頬を手に入れましょう。質の高いサービスを提供する医療脱毛クリニックが増えていますので、一度足を運んで自分に最適な治療を探してみてはいかがでしょうか。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
  • 渡邊医師
  • レナトゥスクリニック 東京田町院
    私は患者として様々な施術を受けてまいりました。
    美容業界に携わる今、皆さまの美しくなりたい気持ちに真摯に応え、誠実な美容医療を提供していきたいと強く考えております。
    小さなお悩みも、長年のコンプレックスも、お力になれればと存じます。
    田町院でお待ちしております。
    東京女子医科大学出身、美容施術経験多数(なんでも聞いてください!)、instagramTiktokX(旧Twitter)

関連記事

  1. 富山VIO医療脱毛

    富山での医療VIO脱毛 – VIOのみでも人気の…

  2. 港区医療脱毛

    港区でおすすめの医療脱毛は?クリニック別の全身・VIO料金も…

  3. 永久減毛

    永久減毛の定義

  4. 医療脱毛施術中

    医療脱毛は痛すぎる?だんだん痛くなる?痛みを軽減・無痛にする…

  5. うなじ髪の毛含まず

    うなじ(髪の毛部分含まず)の医療脱毛

  6. 脱毛学会

    日本医学脱毛学会雑誌20巻2023-第48回学術集会特集-に…

最近の記事

  1. 大阪で脂肪溶解注射BNLS Fat Burnが安い¥2,200
  2. 脂肪溶解注射 BNLS アルティメット(小顔注射)
  3. 名古屋のメンズ医療全身脱毛ならレナトゥスクリニック
PAGE TOP