高校生は脱毛どうしてる?医療脱毛の割合、デメリット、注意点、おすすめの安いクリニックとは?

高校生脱毛

高校生になると、自分自身の外見に対する意識が高まり、脱毛に興味を持つ人も多くなります。

しかし、高校生が脱毛をする場合、何を重視すべきなのか、どのようなデメリットや注意点があるのか、そしてどのクリニックがおすすめなのか、といった疑問が多くあります。

この記事では、高校生が医療脱毛を選ぶ割合、そのデメリットと注意点、さらにはおすすめの安いクリニックについて詳しく解説します。高校生で脱毛を考えている方、またはその保護者の方々にとって、有益な情報を提供できるように心掛けています。

高校生の脱毛どうしてる?

高校生

高校生の間で脱毛は徐々に一般的になってきています。特に女子高校生の間で、夏に水着を着る機会や、制服のスカートから見える脚など、自分自身の体毛に対する意識が高まるケースが多いです。しかし、男子高校生もスポーツなどで体毛が気になる場合があり、脱毛を考える高校生は増加しています。

高校生のムダ毛のお手入れ方法はどうしてる?

高校生がムダ毛のお手入れをする方法は様々です。以下に、一般的な手法をいくつか紹介します。

  • 自己処理(剃毛)最も一般的な方法は、カミソリや電動シェーバーを使用した自己処理です。手軽で低コストなため、多くの高校生がこの方法を選びます。時間が経つとまた生えてくる脱毛方法です。
  • 脱毛クリームカミソリを使うと肌が荒れると感じる高校生には、脱毛クリームが選ばれることがあります。ただし、この薬剤でまた肌が荒れてしまう方も多くいます。お肌には悪いです。時間が経つとまた生えてくる脱毛方法です。
  • ワックス脱毛自宅でできるワックス脱毛キットも市販されており、特に夏場などに使われることが多いです。時間が経つとまた生えてくる脱毛方法です。
  • 医療脱毛・エステ脱毛親の許可が得られれば、医療脱毛やエステ脱毛も選択肢となります。
    エステ脱毛は永久脱毛ができませんが、医療脱毛は永久脱毛ができます。
    今では、エステ脱毛よりも医療脱毛の方が料金も安く、痛みも少なく、効果も高くなり、エステ脱毛に行くのは情報弱者しかいなくなりました。
    エステ脱毛は倒産をしはじめており、通うのは危険といえるでしょう。医療脱毛がおすすめの脱毛方法で、時間が経過してもまた生えてきません。
  • 家庭用脱毛器家庭用の脱毛器を使う高校生も増えています。一度購入すれば何度でも使えますが、エネルギーが低く永久脱毛はできません。また生えてくる脱毛方法なので、結局医療脱毛に通う方が大半です。

以上から、永久脱毛ができる医療脱毛が最もコストパフォーマンスが高いですが、脱毛の知識をうまく保護者に伝えることができないと、お金を出してもらえないので医療脱毛を受けることができません。

脱毛はいつ始める?

脱毛を始めるタイミングは個々によりますが、一般的には高校に入学してから考え始める人が多いようです。特に夏休みや冬休みなどの長期休暇を利用して脱毛を始める高校生も多くいます。ただし、未成年者が脱毛をする場合は親の同意が必要な場合が多いので、その点を考慮する必要があります。

また、ホルモンバランスの影響で毛が再生する可能性もあるため、何回か施術を受ける必要があることも多いです。そのため、高校生のうちから始めて、大学生になる頃にはきれいに脱毛を完了させる、というプランを考える人もいます。

医療脱毛をいつ始めたのか実態調査アンケート結果

レナトゥスクリニックの公式Xアカウントでアンケートを実施しました。

脱毛ぴよ子
脱毛ぴよ子
医療脱毛に限定しているので要注意!他の脱毛方法も合わせると何かしらの対策はみんなしているよ!

中高生脱毛開始アンケート

年齢層 割合
小学生 0%
中学生 1.2%
高校生 8.1%
大学生 42.1%
それ以上 48.6%

このアンケート結果から、医療脱毛を始める年齢層は主に「大学生」および「それ以上(大学生以降の大人)」であることがわかります。特に、大学生が42.1%、それ以上が48.6%と、合わせて90%以上を占めています。

脱毛ぴよ子
脱毛ぴよ子
高校生10人に1人くらいが医療脱毛してるのね

一方で、高校生は8.1%と少数ですが、中学生や小学生よりは多いようです。中学生は1.2%と非常に少なく、小学生はアンケート結果に現れていませんが、これは医療脱毛には親の同意が多くの場合必要であるため、未成年者が少ない可能性があります。

また、大学生以降で脱毛を始める人が多い理由としては、自分自身で費用を負担できるようになる、社会人としてのプレゼンテーションが必要になる、などが考えられます。

このように、医療脱毛を始める年齢は多くの場合、大学生以降であり、それ以前は比較的少ないと言えるでしょう。

高校生で医療脱毛を開始するメリットは専門家の立場から大いにありますが、お金の問題で高校生で開始できる方が少ないです。

高校生に人気の脱毛部位

高校生に人気の脱毛部位は、一般的に以下のような傾向があります。

  • 脇(ワキ)脇は高校生にとっても1番人気な脱毛部位です。特に女子高校生の間で、夏場の半袖や制服に合わせて脇毛を気にする傾向があります。
  • Vライン(ビキニライン)水着を着る機会が増える高校生にとって、Vラインの脱毛は人気があります。特に海やプールでのレジャーが多い場合、この部位の脱毛を考える高校生は多いです。
  • 顔(うぶ毛)女子高校生の中には、顔のうぶ毛が気になるという人もいます。特にメイクがしっくりこない、自分の顔が暗く見えると感じる場合、顔の脱毛を考えることがあります。特に、鼻下の脱毛をするだけでも顔の印象は大きく変わるので、金銭的に顔全体ができない場合は鼻下だけでも脱毛をしましょう
  • スカートを履く機会が多い女子高校生にとって、脚の脱毛も人気です。特に夏場になると、ムダ毛が目立ちやすくなるため、この時期に脱毛を考える高校生は多いです。
  • 制服の袖が短くなる夏場や、運動部で半袖を着る機会が多い高校生にとって、腕の脱毛も一考の価値があります。

これらの部位は、高校生が特に気になる部分であり、脱毛を始める際の参考になるでしょう。

男子高校生でも医療脱毛はできる?

はい、男子高校生でも医療脱毛は可能です。ただし、いくつかのポイントを考慮する必要があります。

  • 親の同意が必要未成年者が医療脱毛を受ける場合、多くのクリニックでは親または保護者の同意が必要です。
  • ホルモンバランス高校生はまだ成長途中であり、ホルモンバランスが安定していない場合が多いです。そのため、脱毛後に毛が再生する可能性も考慮する必要があります。
  • 費用医療脱毛は一般的に高額です。費用の面で親または保護者のサポートが必要かもしれません。
  • 部位の選択男子高校生が脱毛を希望する部位は、女子高校生とは異なる場合が多いです。例えば、ヒゲや胸毛、腕毛など。完璧に毛をなくすわけではなく、薄くしたい、という方もいらっしゃいます。

以上のような点を考慮した上で、医療脱毛を受けることは十分に可能です。クリニック選びやカウンセリングでしっかりと情報を得て、親または保護者とよく相談した上で進めることをおすすめします。

高校生が脱毛・医療脱毛をするときの注意点

高校生

高校生が脱毛や医療脱毛を考慮する際には、いくつかの重要な注意点があります。これらの点をしっかりと考慮することで、安全かつ効果的な脱毛結果を得ることができます。以下で詳しく解説します。

保護者の同意やお金が必要

未成年者である高校生が医療脱毛を受ける場合、多くのクリニックでは親または保護者の同意が必要です。この同意書は通常、クリニックで提供されるもので、保護者が署名する必要があります。

高校生の場合は、カウンセリングは保護者の同伴はいりませんが、脱毛契約時には同伴が必要なクリニックが大半です。

また、医療脱毛は一般的に高額なため、費用面での計画も必要です。一回あたりの費用だけでなく、必要な回数や追加費用も考慮に入れて、しっかりとした予算計画を立てましょう。

日焼け対策ができるか

脱毛を行う前後は、日焼けを避ける必要があります。日焼けした肌にレーザーを当てると、肌トラブルのリスクが高まります。特に高校生は外での活動が多いため、日焼け対策がしっかりとできるかどうかを考慮する必要があります。日焼け止めクリームの使用や、直射日光を避ける工夫が必要です。

テニス部や陸上部といった、屋外での部活動をされている方は、医療脱毛は難しいでしょう。ただし、だからと言って日焼け対策を怠っていると、将来的にもお肌の色味が残り脱毛効果が下がってしまいます。できるだけ高校生のうちから日焼け対策をすることは有効です。

毛が一部また生えてくる可能性がある

高校生は成長途中であり、ホルモンバランスが不安定な場合があります。これが脱毛の効果に影響を与え、一部の毛が再び生えてくる可能性があります。特に男子高校生の場合、テストステロンの影響で毛が太くなることもあります。そのため、何回かの施術が必要な場合も考慮に入れ、長期的な計画を立てることが重要です。

高校生が知っておくべき脱毛知識

高校生が脱毛を考える際には、基本的な知識が非常に重要です。以下で、高校生が知っておくべき脱毛に関する基本的な知識を詳しく解説します。

エステ脱毛ではなく医療脱毛一択

高校生が脱毛を考える場合、医療脱毛が最も安全かつ効果的な方法とされています。エステ脱毛は医療脱毛よりも安価で手軽ですが、その効果は一時的であり、また、専門的な医療機関で行われるわけではないため、リスクも高まります。医療脱毛は医師や看護師が行うため、安全性が高く、効果も持続します。

回数は何回くらいかかる?

医療脱毛の場合、通常は5回から8回程度の施術が推奨されます。ただし、これは一般的な目安であり、個々の毛質や肌質、脱毛したい範囲によっては、必要な回数が変わる場合もあります。初回のカウンセリングでしっかりと相談し、個別のプランを立てましょう。

春夏秋冬いつ始めると良い?

脱毛を始める最適な時期は、一般的には秋から冬にかけてです。これは、脱毛後の肌が日焼けを避ける必要があるためです。また、夏場は汗をかくことが多く、それが肌トラブルを引き起こす可能性があるため、避けた方が良いとされています。しかし、高校生の場合、学校の休みや部活動に合わせて計画することも考慮に入れるべきです。行ける時に行く、忙しい高校生にはこの方針で良いでしょう。

高校生の医療脱毛料金は?

高校生が医療脱毛を考える際、料金は一つの大きな懸念点です。以下で、高校生が知っておくべき医療脱毛の料金に関する情報を詳しく解説します。

相場はどれくらい?

医療脱毛の料金はクリニックや脱毛する部位、必要な回数によって大きく異なります。一般的には、全身脱毛5回10~15万円、全身VIO脱毛15~20万円、全身顔VIO脱毛20~25万円十数が安い相場とされています。高校生でも手が出る価格帯のクリニックが多く存在するため、しっかりと比較検討することが重要です。

また、脇だけ、VIOだけ、鼻下だけ、だともっと安い料金で脱毛ができます。

支払い方法は?

多くのクリニックでは、現金、クレジットカード、デビットカードなど複数の支払い方法が用意されています。分割払いや月々の支払いも可能な場合が多いため、予算に合わせて選べます。

学割は使える?

一部のクリニックでは、高校生や大学生を対象とした学割が用意されています。このような割引サービスを利用することで、料金を抑えることが可能です。ただし、全てのクリニックで学割が用意されているわけではないため、事前に確認が必要です。

医療ローンは使える?

成人であれば医療ローンの利用も一般的ですが、高校生の場合は保護者の同意や連帯保証人が必要な場合が多いです。また、18歳未満の場合は医療ローンの利用が難しい場合もあります。具体的な条件はクリニックによって異なるため、事前にしっかりと確認しましょう。

高校生におすすめ!学割で安いレナトゥスクリニックで脱毛しよう

高校生

高校生にとって、医療脱毛は一つの選択肢となっています。特に、レナトゥスクリニックではお得な学生割引が提供されているため、高校生でも安心して医療脱毛を受けることができます。

学生割引料金が適用される

レナトゥスクリニックを含む多くのクリニックでは、学生に対して特別な割引料金が適用されます。この割引を利用することで、高校生でも負担を軽減して医療脱毛を受けられます。ただし、この割引を受けるためには学生証の提示が必要ですので、事前に確認と持参をお忘れなく。

レナトゥスクリニックの学割の例

具体的には、レナトゥスクリニックでは最大で¥11,000円の割引が適用されます。さらに、ペア割と組み合わせることで、友達と一緒に来院する場合には最大で¥38,500円もの割引が適用されることがあります。このようなお得な割引制度を活用して、効果的かつ経済的な医療脱毛を受けることができます。

学生割引を利用して、高校生でもお得に医療脱毛を受けることが可能です。ただし、学生証の持参を忘れないようにしましょう。

レナトゥスクリニックの料金詳細はこちら

両親(保護者)を説得する方法

高校生

医療脱毛以外の脱毛方法は金ドブになる

医療脱毛が唯一の永久脱毛が可能な方法です。他の脱毛方法はまた毛が生えてくるので、永遠にお金がかかります。医療脱毛は完了すればもうお金はかかりません。

高校生でも医療脱毛をはじめる人はいる

高校生でも医療脱毛をしている人は10%程度います。この数字は、脱毛の知識が普及するとさらに増えていくでしょう。現在は脱毛についての知識があまり普及していないのにも関わらず10%の方が医療脱毛をしています。かしこい人は医療脱毛をはじめています。

悩みが減って受験勉強に集中できる

毛の悩みが深い場合は、そのことで頭がいっぱいになってしまいます。これでは、受験で思うような結果を出しにくくなってしまいます。悩みを軽くして受験勉強に臨みましょう。

良いクリニックを見つけた

脱毛について調べあげたら、最後は良いクリニックをみつけたというプレゼンテーションをしましょう。効果が高く安いクリニックを探し出したという努力を見せることで、保護者もしっかりと考えた上での選択だと思ってもらえるでしょう。レナトゥスクリニックがおすすめです。

以上をうまく活用して、医療脱毛をはじめるのも良いでしょう。

まとめ

高校生でも医療脱毛は十分に可能な選択肢となっています。

特に、レナトゥスクリニックのように学生割引を提供しているクリニックを利用することで、費用の負担を軽減しながら効果的な脱毛治療を受けることができます。ただし、学生割引を利用する際には学生証の提示が必要な場合が多いため、その点を事前に確認しておく必要があります。

また、高校生の場合、ホルモンバランスの変化によって一部の毛が再生する可能性も考慮に入れて、計画的に脱毛治療を受けることが推奨されます。

総じて、日焼け対策や、保護者の同意という高校生ならではのハードルはありますが、高校生でも医療脱毛は手が届くものであり、適切なクリニックとプランを選べば、安心して施術を受けられるでしょう。

医療脱毛はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるなら脱毛効果が高い季節の今がチャンス
ツルツルの美肌になれるバチクソ効果の高い医療脱毛
\今なら最大¥38,500円引き/

医療脱毛施術詳細

【施術名】医療脱毛
【施術内容】厚生労働省認可の医療レーザー脱毛機械熱破壊式ジェントルマックスプロジェントルマックスプロプラスバルジ領域・毛根・毛母細胞などの毛包周囲組織を破壊し、永久減毛効果を出す施術です。
料金お試し医療脱毛¥110円(税込)全身脱毛5回ライトプラン¥14,9800円(税込)
医療脱毛は公的医療保険が適用されない自由診療です。
【リスク・副作用】ヤケド痛み赤み毛嚢炎蕁麻疹アレルギー反応硬毛化色素沈着色素脱失痒み乾燥埋没毛ほくろしみが薄くなる・肝斑の悪化まつ毛、眉毛、髪の毛の脱落腫れ
【問い合わせ先】公式LINE
料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. 痔と医療脱毛

    痔があっても医療脱毛はできる?Oライン(肛門周り)照射リスク…

  2. 医療レーザー脱毛料金プラン一覧

  3. ジェントルマックスプロ

    医療脱毛の出力とスポットサイズの関係

  4. 顔の毛の シェービング方法

    正しい顔の毛のシェービング方法

  5. 【新宿最新最多11選】ジェントルマックスプロ・プラスで安い都度払い含む医療脱毛できるおすすめのクリニック

    【新宿最新最多11選】ジェントルマックスプロ・プラスで安い都…

  6. うなじ髪の毛含まず

    うなじ(髪の毛部分含まず)の医療脱毛

最近の記事

  1. 仙台アートメイク
  2. ほうれい線の整形で永久に持続するもの
  3. 大阪で安いのに上手いおすすめで人気の名医でボトックス注射を受ける方法
  4. 大阪で口角ボトックスならレナトゥスクリニック
  5. 二重埋没法
PAGE TOP