ほうれい線の原因と改善方法

ほうれい線の原因と改善方法

目次

ほうれい線の原因と改善方法

ほうれい線ヒアルロン酸注入で失敗しないために

ほうれい線は実年齢よりも老けて見られる原因になることもあれば、若くみられる原因になることもあるシワです。ほうれい線の原因は解剖学から、皮膚、靭帯、脂肪、筋膜、筋肉、骨格に分けて考えて改善方法を見つける必要があります。ほうれい線は年齢を重ねると誰しもが出てくるシワですが、早期から治療することでほうれい線を予防することもできますし、今あるほうれい線を薄くすることもできます。ほうれい線ができるメカニズムを知り、正しいほうれい線ケアを実践していきましょう。

ほうれい線とは?

たるみが強い

「ほうれい線」とは、多くの人が顔に現れる悩みのシワの一つで、鼻の両脇から口角の外側にかけて現れる線のことを指します。この線は一般的な「シワ」とは異なり、頬と口周りの境界線であり、鼻唇溝とも呼ばれます。ほうれい線は年齢と共に目立つようになりますが、近年では歯科矯正の影響もあり20代前半からほうれい線の問題を抱える女性が増えているという事実があります。

ほうれい線が目立つ主な原因は、肌の老化、コラーゲンやエラスチンの減少、肌の乾燥、生活習慣の乱れ、骨の減少や変位、脂肪組織の増加や減少、筋肉の老化、靭帯のゆるみなど多岐にわたります。これらの線が深くなると、見た目の年齢をより上に見せてしまうため、多くの人にとって大きな悩みとなります。

しかし、ほうれい線が深くなるのを防ぐためには、早めのケアが重要です。適切なスキンケア、保湿、紫外線対策はもちろん、健康的な食生活や十分な睡眠も大きな役割を果たします。また、美容医療の進歩により、ヒアルロン酸注射やレーザー治療、リフトアップ療法など、ほうれい線を改善するための様々な治療方法が提供され、早めに美容医療を取り入れた方がより効果的なケアができます

ほうれい線に悩む方は、一人で悩まずに、専門家に相談することをお勧めします。早期に適切なケアや治療を始めることで、ほうれい線の改善に大きな差が出ることがあります。美しい肌を保つために、今日からできることを始めましょう。

お金をかけずにほうれい線を改善するセルフケア方法

お金をかけずに美肌になる方法とは

ほうれい線改善には美容医療がおすすめですが、まずはお金をかけずにほうれい線を改善する方法は無料ですので、是非実践してみましょう。

お金をかけずにほうれい線を改善し美肌になる方法は、とにかくお肌をこすらない、熱湯で顔を洗わない、清潔にする、小顔マッサージやコルギに行かない、日焼けをしない、ストレスを溜めない、タンパク質を摂る、筋トレをする、禁煙する、睡眠をとる、美容医療を上手く活用する方法があります。シミシワたるみは自分でできる方法にも限界があるので、お手頃な美容医療も上手く活用すると良いでしょう。

▶︎お金をかけずに美肌になる方法を詳しく解説

とにかくお肌をこすらない

とにかくお肌をこすらない

美しい肌を保つために最も重要な習慣の一つは、お肌をこすらないことです。日常生活の中で無意識のうちにお肌に摩擦を与えてしまうことは多々ありますが、これが肌トラブルと肌の老化の原因となり美肌でない原因となることがあります。お肌をこすらないことで、肌荒れや刺激を最小限に抑え、美しい肌を保つことができます。

熱湯で顔を洗わない

スキンケアのステップの重要なポイント

美肌を保つためには、熱湯で顔を洗うことは避けるべきです。熱すぎる水は必要な油分と保湿成分を奪ってしまい、肌のバリア機能を弱めてしまいます。これにより、肌は乾燥しやすくなり、敏感さが増し、赤みや刺激を感じやすくなる可能性があります。

理想的なのは、ぬるま湯を使用することです。ぬるま湯は肌の汚れをやさしく取り除きつつ、肌の保湿成分を保持するのに役立ちます。また、温度が極端でないため、肌にかかるストレスを減らし、肌荒れのリスクを低減します。洗顔時には、手のひらで優しく水を肌に押し当てるようにして、直接的な摩擦や圧力を避けましょう。

美肌を目指す過程で、肌に優しいケアを心がけることは非常に重要です。熱湯を避け、適切な温度の水で洗顔することで、健康的な肌を保つことができます。

▶︎【美肌】になるスキンケア方法とは?

清潔にする

清潔にする

美肌を目指す上で、清潔を保つことは非常に重要です。肌が清潔であれば、毛穴の詰まりや肌トラブルのリスクを低減できます。日々の生活の中で、以下の点に注意して、肌を常に清潔に保ちましょう。

小顔マッサージやコルギに行かない

小顔マッサージやコルギに行かない

小顔マッサージやコルギは、顔の形を整えるために人気のある美容法ですが、これらの施術には注意が必要です。特に肌が敏感な人の場合、強い圧力や摩擦は肌にダメージを与え、炎症や赤み、腫れなどのトラブルを引き起こす可能性があります。また、不適切な手技による施術は、顔の筋肉や靭帯に負担をかけ、お顔のたるみにつながる場合もあります。

美肌を目指す場合、肌に過度なストレスを与える行為は避け、穏やかなスキンケアを心がけることが大切です。日々のケアで肌の清潔を保ち、適切な保湿を行うことで、自然な美しさを引き出しましょう。小顔効果を求める場合でも、肌に優しい方法を選び、肌への負担を最小限に抑えることが重要です。

日焼けをしない

女性 日焼け対策

美肌を維持するためには、日焼けを避けることが非常に重要です。日焼けは、肌の老化を早める原因となる紫外線によるダメージが主な原因です。紫外線は、皮膚のコラーゲンを破壊し、しわやたるみ、さらにはシミや肌のくすみを引き起こす可能性があります。

日焼けを避けるためには、以下の予防策を講じることが重要です。

  • 日焼け止めの使用:外出する30分前には、SPF30以上の日焼け止めを顔や露出する皮膚に塗布します。数時間ごとに塗り直しを行い、汗をかいた後や水に濡れた後も忘れずに再塗布することが大切です。
  • 適切な服装:長袖の服や帽子、サングラスを着用して直接的な日光を避けます。特に紫外線が強い日中の外出を避けることが理想的です。
  • 日陰を利用する:可能であれば、日陰にいることを心がけましょう。特に紫外線が最も強い時間帯(10時から16時)は屋外活動を控えることが望ましいです。

これらの予防策を実践することで、日焼けによる肌ダメージを最小限に抑え、健康的な美肌を保つことができます。

ストレスをためない

ストレスをためない

ストレスは肌にとって大敵です。ストレスが溜まると、ホルモンバランスが乱れ、肌荒れやニキビ、乾燥などのスキントラブルの原因になります。また、ストレスは血行を悪化させ、肌の再生能力を低下させることもあるため、美肌を保つためにはストレス管理が非常に重要です。

ストレスに対するサイトカインの反応は、バリア機能の回復の変化と逆相関していた。

Altemus, Margaret, et al. “Stress-induced changes in skin barrier function in healthy women.” Journal of Investigative Dermatology 117.2 (2001): 309-317.

ストレスを有効に管理し、その結果として美肌を維持することができます。

タンパク質を摂る

タンパク質を摂る

タンパク質は肌の健康を維持するために必要不可欠な栄養素です。日本人はタンパク質の摂取量が不足しがちだと言われています。

タンパク質の平均摂取量は71.4gで、うち動物性は40.1g

参考:令和元年「国民健康・栄養調査」の結果

タンパク質の摂取量の目安は体重の1~2倍が目安になります。日本人の平均程度はタンパク質をしっかりと摂取するようにしましょう。

チェックポイント

プロテインで1回15~30gを摂取するだけでも、摂取量が大幅に増えます。まずは朝ごはんをプロテインに置き換えることからはじめてみるのがおすすめです。

健康的な肌を維持するためには、これらのタンパク質を含む食品をバランス良く摂取することが大切です。また、食事だけでなく、十分な水分摂取や睡眠も肌の健康には欠かせません。

筋トレをしてホルモンを出す

筋トレをしてホルモンを出す

筋トレにより出るホルモン、筋トレ時に摂取する水分は美肌に役立ちます。筋トレは体全体の健康に加えて、美肌への道でも重要な役割を果たします。適度な筋トレ時に水分を補給することで血行を促進し、肌に必要な酸素や栄養素の供給を向上させます。これにより、肌細胞の再生が促され、肌のハリや弾力が保たれることにつながります。

また、筋トレはストレスの軽減にも効果的であり、ストレスは肌荒れやニキビの原因となることが多いため、間接的に美肌に貢献します。定期的な筋トレは、健康的な体だけでなく、清潔で美しい肌を維持するためにも、非常に有効な手段です。

禁煙する

禁煙する

禁煙は美肌を手に入れるための最も効果的な方法の一つです。タバコの煙に含まれる有害物質は、肌を老化させる原因となり、ニコチンは血管を収縮させることで肌への血流を減少させます。これにより、肌の酸素と栄養素の供給が損なわれ、肌の弾力性が低下し、しわやたるみの原因となります。

さらに、喫煙は肌の色素沈着を促進し、不均一な肌色やシミの形成を引き起こす可能性があります。禁煙することで、これらの肌への悪影響を防ぎ、肌の健康を取り戻し、若々しい外見を維持することができます。禁煙は短期間で肌の状態に改善をもたらすだけでなく、長期的な健康への利益ももたらします。

睡眠時間を確保する

睡眠時間を確保する

良質な睡眠は、美肌を得るために非常に重要です。睡眠中には体の修復作業が行われ、肌の細胞も新しく生まれ変わります。不足した睡眠は、肌の老化を加速させ、くまやたるみ、くすみの原因となります。

成人に推奨される睡眠時間は一晩に7〜9時間で、年齢を重ねるほど必要な睡眠時間は短い傾向があります。十分な睡眠を取ることで、肌の水分バランスを整え、肌荒れや乾燥を防ぎます。また、良質な睡眠はストレスレベルを下げることにも繋がり、ストレスによる肌トラブルのリスクを減らします。

睡眠の質を高めるためには、就寝前のリラックスタイムを設ける、寝室を暗く静かに保つ、寝具を快適なものにするなど、良い睡眠環境を整えることが重要です。健康的な生活習慣と合わせて、適切な睡眠時間を確保することが、美肌への近道となります。

ほうれい線ができる原因別おすすめ美容医療治療

ほうれい線ができる原因別おすすめ美容医療治療

ほうれい線ができる原因別に、おすすめできる美容医療治療が異なります。お顔の構造は、皮膚、靭帯、脂肪、筋膜、筋肉、骨格から成り立ちます。そのどの部分の修正が最もあなたにとって良いのかは、レナトゥスクリニックの医師に相談すると良いでしょう。

ほうれい線ができる原因

ほうれい線の形成には、いくつかの主要な原因があります。これらは個人の生活習慣や遺伝的要因、年齢と密接に関連しています。以下に、ほうれい線の原因となるタイプ別の詳細を示します。

  • たるみタイプ:このタイプは、皮膚だけでなく、顔の筋肉や筋膜、さらには骨格に至るまでの全組織の老化によって引き起こされます。時間と共に、これらの組織の弾力性が失われ、顔全体のたるみが生じ、ほうれい線が目立つようになります。
  • 骨格タイプ:年齢を重ねると、顔の骨格が徐々に萎縮し始めます。特に顎や頬骨周辺の骨が縮小すると、肌に支えが減り、ほうれい線が深くなる原因となります。
  • 筋肉タイプ:筋肉や筋膜のたるみも、ほうれい線の形成に寄与します。顔の表情筋の過剰な使用や加齢による筋肉の緩みが、ほうれい線を深くさせます。
  • 脂肪タイプ:脂肪組織の減少や、一部での不均衡な脂肪の増加は、顔の輪郭に影響を与え、ほうれい線の原因となります。脂肪の減少は顔にボリュームを失わせ、脂肪の増加は不自然な影を作り出します。
  • 肌タイプ:コラーゲンやエラスチンの減少、肌の水分量の低下は、肌の弾力性と潤いを損ない、ほうれい線を引き起こします。これらの成分は肌の若々しさを保つために不可欠です。
  • 混合タイプ:多くの場合、ほうれい線は上記の原因が複合的に組み合わさって形成されます。個々のライフスタイル、遺伝、環境因子が異なるため、ほうれい線の形成に至る経路は人によって異なります。

これらの原因を理解することで、ほうれい線に対する効果的な予防策や治療法を選択するための基盤が築かれます。自分のほうれい線がどのタイプに当てはまるかを知ることで、より個別化されたケアが可能になります。

 

 タイプ ほうれい線の原因
たるみ 全組織の老化
骨格 骨の萎縮
筋肉 筋肉や筋膜のたるみ
脂肪 脂肪組織の減少や増加
コラーゲンエラスチン減少
肌水分量低下
混合 各タイプの組み合わせ

以下にタイプ別におすすめの美容医療治療をご紹介します。

たるみタイプ

顔全体を強くリフトアップできる治療として、糸リフトヒアルロン酸リフト、そして切開リフトがおすすめです。これらの治療法は、皮膚のたるみを物理的に引き上げ、より若々しい外観を取り戻すのに有効です。ダウンタイムや副作用が少ないヒアルロン酸リフトが最も手軽ですが、糸のリフトアップも数日のダウンタイムで済むことが多く手軽な治療と言えます。切開リフトはダウンタイムが数ヶ月、副作用のリスクも大きい治療ですが、効果や持続は高い治療です。

骨格タイプ

骨格の形状が原因でほうれい線が目立つ場合には、貴族フィラーや貴族プロテーゼ使用が推奨されます。この方法では、骨の代わりに硬いヒアルロン酸やプロテーゼを入れることでほうれい線を改善することができます。ただし、プロテーゼは半永久的に持続をする代わりに位置がずれてしまったり、そもそも改善ができるような大きさのものだと皮膚に負担がかかるので使用できないことがあります。貴族フィラーはほとんどの方に使用することができます。

筋肉タイプ

表情筋の過剰な動きによりほうれい線が深くなる場合、ボトックス注射が有効です。ボトックスは筋肉の動きを一時的に抑えることで、ほうれい線の形成を防ぎます。ガミースマイルボトックスやマイクロボトックスでこの効果を出すことができます。

脂肪タイプ

脂肪の蓄積または減少が原因でほうれい線が目立つ場合、脂肪注入または脂肪溶解注射、脂肪吸引が効果的です。これらの治療法により、顔の輪郭を整え、ほうれい線を改善することができます。

肌タイプ

肌の質感が原因でほうれい線が目立つ場合、スキンブースター系美容注射マイクロボトックスがおすすめです。これらの治療法は、肌の内側から質を改善し、ほうれい線を目立たなくします。

混合タイプ

複数の原因が組み合わさってほうれい線が形成される混合タイプには、上記の治療に加えて、ハイフRF(ラジオ波)治療の併用も効果的です。これらの治療法は、肌の引き締めとリフトアップに寄与し、ほうれい線の目立ちにくい肌へと導きます。

ほうれい線改善におすすめの治療一覧

ヒアルロン酸注入(ほうれい線ヒアルロン酸・リフトアップヒアルロン酸)

ヒアルロン酸注入(ほうれい線ヒアルロン酸・リフトアップヒアルロン酸)

ヒアルロン酸注入は、ほうれい線に1番効果的な治療法です。ヒアルロン酸は、人の体内にも自然に存在する成分で、安全かつ水分を保持する能力に優れています。この特性を活かして、皮膚にヒアルロン酸を注入することで、ほうれい線の溝を目立たなくさせたり、顔のリフトアップ効果を期待することができます。

ほうれい線に悩む方は、一度レナトゥスクリニックのヒアルロン酸注入治療¥11,000をご検討ください。より若々しく、自信を持って日常生活を送るためのお手伝いをさせていただきます。

▶︎ヒアルロン酸注入について詳しくはこちら

糸のリフトアップ

糸のリフトアップ

糸のリフトアップ治療は、たるんだ肌やほうれい線の改善に効果的なメスを使わない非侵襲的な方法です。ほうれい線だけではなく、たるみ全体を改善できるので、ダウンタイムを数日とれる方におすすめの治療になります。この治療では、吸収される医療用の糸を皮膚下に挿入し、顔や首の皮膚を引き上げることで、若々しい輪郭を取り戻します。糸によるリフトアップは、切らないフェイスリフトとも呼ばれ、ダウンタイムが非常に少なく、手術に比べてリスクが低いのが特徴です。

▶︎糸のリフトアップについて詳しくはこちら

ボトックス(マイクロボトックス・ガミースマイル)

ほうれい線を改善するマイクロボトックスとは

ボトックス治療は、ほうれい線を含む顔のしわやたるみに効果的な治療法です。特にマイクロボトックスとガミースマイルでほうれい線も改善されることが多いです。この治療では、ボトックスを微量注入することで、お肌のハリツヤを出すことができ、またほうれい線ができる表情を抑制することでほうれい線の改善が期待できます。

▶︎ボトックス注射について詳しくはこちら

ハイフ

ハイフ

ハイフ(HIFU、高強度焦点超音波)治療は、メスを使わない非侵襲的な治療で、しわやたるみの改善、肌の引き締め、リフティング効果に優れています。この治療は、特に顔や首のリフトアップを求める方におすすめです。ハイフは高強度の焦点超音波を利用して、肌の深層部にあるSMAS(皮下筋膜系)層に熱エネルギーを集中させ、コラーゲンの再生を促進とリフトアップ効果を出します。

▶︎ハイフについて詳しくはこちら

肌質を改善するスキンブースター系の美容注射(ボライト、ゴウリ、リジュラン、プロファイロ、スネコス、成長因子等)

肌質を改善するスキンブースター系の美容注射(ボライト、ゴウリ、リジュラン、プロファイロ、スネコス、成長因子等)

スキンブースター系の美容注射は、肌質を根本から改善し、内側から輝く健康的な肌を目指すための治療法です。ボライト、ゴウリ、リジュラン、プロファイロ、スネコス、成長因子など、様々な種類のスキンブースターがあり、それぞれ特有の効果を持ちます。

これらの美容注射は、肌の深層に水分や栄養を供給し、肌の弾力とハリを取り戻すことを目的としています。肌の乾燥や細かいしわ、くすみなどの改善に効果が期待でき、より若々しく健康的な肌へと導きます。

ボライトは、肌の水分保持能力を高めることに特化しており、乾燥肌の改善に効果的です。

▶︎ボライトについて詳しくはこちら

ゴウリは、肌のハリと弾力を高める成分を含んでおり、肌を内側からふっくらとさせ中顔面の改善に役立ちます。

▶︎ゴウリ注射について詳しくはこちら

リジュランは、肌の再生能力を高め、顔全体の細かいしわやたるみの改善に貢献します。

▶︎リジュランにつて詳しくはこちら

プロファイロは、肌の老化防止に焦点を当て、肌の自然な美しさを引き出します。

▶︎プロファイロについて詳しくはこちら

スネコスは、特に肌のトーンを均一にし、明るくする効果があります。

▶︎スネコスについて詳しくはこちら

成長因子を含む美容注射は、肌細胞の成長を促進し、肌質を全体的に改善します。

▶︎成長因子について詳しくはこちら

レナトゥスクリニックでは、患者様の肌の状態やお悩みに応じて、最適なスキンブースター系美容注射を選定し、一人一人に適した治療を提供しています。肌質の改善を目指す方は、ぜひ当クリニックまでご相談ください。専門の医師が一人ひとりの肌に合った治療計画をご提案し、美しく健康的な肌へと導きます。

高周波RF(ラジオ波)治療

高周波RF(ラジオ波)治療

高周波RF(ラジオ波)治療は、肌の引き締め、リフティング、および質の向上を目指すメスを使わない非侵襲的な美容手法です。この技術は、安全なラジオ波エネルギーを用いて肌の深層部まで温熱効果をもたらし、コラーゲンの生成を促進します。結果として、肌の弾力が改善され、ほうれい線や細かいしわが目立たなくなるとともに、全体的な肌質が向上します。

切開リフト

切開リフト

切開リフトは、顔や首のたるみを根本から解決し、より若々しい外観を取り戻すためのメスを使用する手術で、ほうれい線改善効果は最も高いでしょう。ただし、神経障害などダウンタイムも長くリスクも高いのが特徴です。この方法は、皮膚とその下の組織を直接引き上げることで、深いほうれい線や顔のたるみの改善を目指します。特に年齢と共に肌の弾力が失われた方や、非侵襲的な方法では満足できない程のたるみがある方に推奨されます。

年代別おすすめのほうれい線改善方法

10代のほうれい線の特徴と改善方法

10代のうちでも、肌はコラーゲンやエラスチンの生成が活発な時期にあります。この時期の肌は弾力があり、ほうれい線が現れにくいと一般に考えられています。しかし、紫外線の影響、肌の乾燥、過度なダイエットなどにより、意外と10代でもほうれい線が目立つようになることがあります。

紫外線は肌の老化を加速させるため、体育の授業や部活動の際には必ず紫外線対策を行うことが重要です。また、肌の乾燥はほうれい線の大きな原因の一つであるため、日々の保湿ケアを怠らないことが肝心です。さらに、スマホの長時間使用による血流の悪化も、肌のたるみやシワの原因となり得るため、使用時間に注意を払いましょう。

歯の矯正によって顔の骨格に変化が生じ、ほうれい線が深くなったと感じる10代には、貴族フィラーを用いた治療も一つの選択肢となります。貴族フィラーは、骨格の変化によって生じたほうれい線を目立たなくさせる効果が期待できます。

これらの改善方法を取り入れることで、10代でもほうれい線に悩むことなく、健やかな肌を保つことが可能です。早期からのケアが肌の美しさを長く保つ秘訣です。

20代のほうれい線の特徴と改善方法

20代後半になると、肌のハリに衰えが見え始め、加齢の影響が徐々に現れてきます。この年齢では、ほうれい線が目立ち始める主な原因は加齢そのものよりも、日常生活の中での習慣や環境が大きく影響しています。お金をかけずに美肌になる方法を徹底的に読み込み実践しましょう。職場での長時間の冷暖房曝露、長時間の座り仕事による血流の悪化、頬杖などの肌に負担をかける悪い姿勢などが、ほうれい線を深める要因となり得ます。

これらの問題に対処するために、保湿力が高い成分を含む化粧品の選択が重要です。また、日中でも保湿ケアの回数を増やし、肌の乾燥を防ぐことが肝心です。さらに、同じ姿勢で長時間過ごさないよう、仕事中でも定期的に立ち上がりストレッチや軽い運動を行い、血流を改善することが推奨されます。

20代のうちからの予防ケアが重要であり、日々のスキンケアルーティンに加え、生活習慣の見直しも大切です。紫外線対策として日焼け止めを忘れずに使用し、バランスの良い食事と十分な水分摂取もほうれい線予防に効果的です。また、ストレス管理と適切な睡眠も、健康的な肌を保つためには不可欠です。

また、ほうれい線ヒアルロン酸を早期から開始することで、ほうれい線が将来できにくくなるとも言われています。ほうれい線ヒアルロン酸注入もおすすめです。

30代のほうれい線の特徴と改善方法

30代では老化現象のほうれい線が目立ちはじめます。コラーゲンやエラスチンが現象しはじめ、たるみが認織されはじめます。この年齢になると、美容医療を上手く活用することはマストでしょう。何から始めたら良いのかわからない方は、ボトックス¥2,200、ヒアルロン酸注入¥11,000をレナトゥスクリニックで開始してみましょう。将来の自分への自己投資になるでしょう。

40代のほうれい線の特徴と改善方法

40代では、皮膚のさらに奥の筋膜、筋肉のたるみまでも目立ちはじめます。このため、より強力な糸のリフトアップや美容注射を利用していくと良いでしょう。お肌の内側を潤す美容注射と、外側から治療するレーザーなどを組み合わせて治療していきましょう。

50代のほうれい線の特徴と改善方法

50代では、皮膚のさらに奥の骨の萎縮までも目立ちはじめます。このため、骨をカバーするようなヒアルロン酸リフトを行ったり、より根本的な切開リフトを検討しても良いでしょう。睡眠、食事、日焼け対策、筋トレなど基本的な美肌対策はずっと続けましょう。

まとめ

ほうれい線は実年齢よりも老けて見られる、若くみられる原因になるシワです。ほうれい線の原因は解剖学から、皮膚、靭帯、脂肪、筋膜、筋肉、骨格別に改善方法があります。早期から治療することでほうれい線を予防することもできますし、今あるほうれい線を薄くすることもできます。原因と年齢別に正しいほうれい線改善ケアをしましょう。

ほうれい線治療ピックアップクリニック

レナトゥスクリニック

レナトゥスクリニック大阪院

項目 内容
クリニック名 レナトゥスクリニック
場所 東京田町院
JR山手線「田町駅」西口より徒歩1分
新宿院
JR山手線「新宿駅」南口より徒歩5分
大阪院
JR大阪駅より徒歩9分
仙台院
JR仙台駅より徒歩1分
名古屋院
JR名古屋駅より徒歩3分
人気施術① ヒアルロン酸注入
バレずに即日綺麗
【¥11,000~】
人気施術② ボトックス注射
美肌シワ対策に必須
【¥2,200~】
人気施術③ 肌管理ピーリング
【¥4,400~】
全身脱毛5回 ¥149,800
全身+VIO脱毛5回 ¥219,800
全身+VIO+顔脱毛5回 ¥269,800
費用相場 ¥2,200~¥649,440
割引情報 公式LINEクーポン
バースデークーポン
学生割
ペア割
乗り換え割
紹介割引
カウンセリング料 無料
営業時間 11:00~20:00
店舗により異なる
公式サイト レナトゥスクリニック公式サイト
チェックポイント

初めての方にもおすすめ!
高コスパ美容施術!
安い価格で症例写真1000件以上の医師の施術を受けられます。

レナトゥスクリニックの特徴と向いている方

レナトゥスクリニックは、ヒアルロン酸注入、ボトックス注射、糸のリフトアップに特化しており、特にヒアルロン酸は質の高いアラガン社ジュビダーム正規品を取り扱いをしています。このヒアルロン酸は、安全性、持続、仕上がりが良く、一度の施術で高い効果を実感できます。

また、料金が比較的安く、症例写真件数1000件以上の医師多数在籍のため、コストパフォーマンスが非常に高いです。さらに、各種無料サービスも充実しており、顧客満足度が高いクリニックと言えるでしょう。

レナトゥスクリニックが向いている方

質の良い製品を使いたい方
上手い医師に施術をして欲しい方
一度の施術で高い効果を求める方

レナトゥスクリニック東京田町院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック新宿院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック大阪院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック仙台院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

美容外科・美容皮膚科はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるならプチ整形が安い今がチャンス
ツルツルの美肌になれる肌管理
\今なら最大¥38,500引き/

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin
この記事の監修者
  • 岡田先生
  • レナトゥスクリニック東京田町院
    岡田 楽史
    コンプレックスで悩んでいた時間が、楽しい時間に変わるように。
    RENATUS CLINICにきてよかった、と喜んでいただけるように。
    誠意を持って関わらせていただきますので安心していらしてください。
    お待ちしております。
    経歴・資格
    某都内病院初期研修修了
    アラガン社公認 ボトックスビスタ注入認定医
    アラガン社公認 ジュビダームビスタ注入認定医

    instagram→dr.gacci

関連記事

  1. ニキビと医療脱毛

    ニキビがあっても脱毛できる?脱毛がニキビに与える影響は?

  2. 何とかしたい首のシワを一番効果的で簡単に消す方法

  3. 顔のたるみは痩せると治る?

    顔のたるみは痩せると治る?

  4. お金をかけずに美肌になる方法

    お金をかけずに美肌になる方法

  5. 深いシワ消えた方法

  6. 60代のしわたるみに即効性あるリフトアップ治療

    60代のしわたるみに即効性あるリフトアップ治療

最近の記事

  1. 仙台アートメイク
  2. ほうれい線の整形で永久に持続するもの
  3. 大阪で安いのに上手いおすすめで人気の名医でボトックス注射を受ける方法
  4. 大阪で口角ボトックスならレナトゥスクリニック
  5. 二重埋没法
PAGE TOP