目の下のたるみ・くぼみってどうしてできる?

最近、老けてきたなと思ったら下の項目をチェックしてみてください。
・目の下のたるみ・くぼみが気になる
・元気なのに「疲れてる?」と聞かれる
・クマがメイクで隠せなくなってきた
・年々たるみ・くぼみ・クマが悪化している

それ、目周りの老化が原因かも年齢を重ねると目の下の皮膚・筋肉(眼輪筋)・眼窩隔膜が衰え、眼球の下にある眼窩脂肪前に突出してしたまぶたの組織を押し出すことで膨らみができてたるみが生じます逆に、目の下部分の脂肪がやせてしまい目の下がくぼんでしまうこともあります。さらに、目の下がくぼんでしまうと影になり顔の印象が暗くなってしまいます。今回は目の下のたるみ・くぼみのでき方と治療法ついて解説させていただきます。

目の下のくぼみ・たるみってどこのこと?

目の周りには眼輪筋と呼ばれる筋肉があり、まぶたを開いたり閉じたりする筋肉です。この筋肉の下縁にある溝が深くなると「目のくぼみ」として目立ってしまうのです。またこのくぼみの上部分には眼窩脂肪と呼ばれる膨らみがあります。これが「目の下のたるみ」です。この膨らみの下の影がくぼみにかぶってしまうので余計に深い溝のよう見えます。

目の下のたるみはどうしてできる?

年齢を重ねると、目の周りを覆っている眼窩脂肪が前にでてきてしまいます。なぜなら眼球を支えているハンモックのような頑丈な靭帯(ロックウッド靭帯)が弱くなるからです。この靭帯がゆるむと眼球が落ちてしまいます。そのため、脂肪を元の場所にとどめておけず脂肪が前にでてしまうのです。これが「目の下のたるみ」です。脂肪で押し出された皮膚がたるむことで、頬に影ができてしまいます顔に影ができてしまうと顔が暗くなってしまうことで、一気に老けた印象になります。

ところで目の下の影は目の下のたるみによるものが多いですが、実は涙袋によるものの可能性もあります。涙袋が目立つ方は、女性らしい柔らかい印象を与えてくれます。しかし涙袋が大きすぎたり、目の下がくぼんでいる方は涙袋による影が目立ちやすくなるので、疲れ顔に見えてしまっているかもしれません。

目の下のくぼみはどうしてできる?

皮膚のコラーゲンやエラスチンが減少すると肌のハリがなくなってしまいます。目の下も例外でなく、年齢を重ねるとこれらの膠原繊維が再生されにくくなりしわやたるみとして残ってしまいます。また、脂肪は皮膚のクッション性やボリュームを保ってくれる働きをしていますが、脂肪が減ってしまうことで頬の盛り上がった部分と段差ができくぼみになってしまいます。これが「目の下のくぼみ」です。目の下にできたくぼみは、色味が青〜黒く顔を暗く見せてしまうので印象として「疲れている」ように見えるのです。目の下のくぼみは一般的に肥満の方よりも痩せ型の方が目立つ傾向にあります。

また、昨今は若い方の目の下のくぼみが目立つようになりました。なぜなら長時間スマホやパソコンを見るので、目周りの筋肉が衰えやすくなっているからです筋肉を動かさないと血流が悪くなり、筋肉が凝り固まってしまうため老化が進んでしまうのです。本来なら目の下に豊富な脂肪と発達した筋肉が備わっているはずの年代なのに、若いうちから目のくぼみが目立ってしまい実年齢よりも老けてみえてしまうのです。

たるみ・くぼみ以外に影ができるもう一つの原因

目の下が疲れて見えてしまう原因に”クマ”があります。くまの中には赤、青、黒、茶クマがありますが、特に色の濃い青クマ黒クマが影に影響してきます。

目の下の皮膚は体の中で最も薄く0.5〜0.6mmです。そのため血管や筋肉が透けてみえやすいところになっています。青クマは目の下の筋肉が衰え、血流がよどんだことで表面からも色味がわかるようになった状態です。くまが目立つと元気ない印象になってしまいます。青くまは筋肉の衰えや血流のよどみを解消すれば良いので、顔周りのマッサージや表情筋トレーニング、ホットタオルで目の周りを温めることで改善するでしょう。

黒クマ目の下のたるみが影になったもので、年齢ととももはっきりしてきます。目の周りを覆う脂肪(眼窩脂肪)が加齢とともに前に押し出され、膨らんだもの目の下のたるみです。顔に光があたってもたるみの下だけは影になってしまうので、顔が老けてみえてしまいます。

 

目の下のたるみ・くぼみの治療法は?

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、くぼみの間にヒアルロン酸を埋めるように注入していくことで、でてしまった眼窩脂肪頬の脂肪の段差なだらかにして影をうすくします。さらに、頬にボリュームがでることで肌が張るので若々しくなります。製剤はアラガン社の「ボライト」を注入します。ボライトは柔らかい製剤でしわやたるみに広く広がり膨らみとの段差を小さくできます。

クマとり(目の下のたるみとり)

表の皮膚を切らない目の下のクマとり経結膜脱脂術)はまぶたの裏側にある結膜を5〜7mm程度切開し、目の下の膨らみの原因である眼窩脂肪を余分な量だけ取り除きクマやたるみを改善します。対象となるくまは”黒クマ“です。顔の表面に傷がつかないため施術直後からメイクが可能です。施術時間は約20分です。手術後のの腫れなども少なくダウンタイム1〜4日ほどです。

まとめ

今回は目の下のくぼみ・たるみについて解説しました。ほうれい線ゴルゴラインと同様、顔に黒い線や影が入ると老けてみえてしまいます毎朝鏡を見る度に、顔が疲れていたら精神的にもネガティブになりますよね?元気でハッピーな毎日を過ごすためには、鏡で見る自分が若々しくあってほしいもの。マッサージや保湿など皮膚表面のセルフケアも大事ですが、皮膚の内側のケアはなかなか自分では難しいところです。そのため皮膚がたるみきって修復できなくなる前に、いちど美容皮膚科の医師に診察してもらうことをおすすめします

どこの美容皮膚科がいいかわからない、そんな時はレナトゥスクリニックでの無料カウンセリングがおすすめです。患者さんのお悩みを真摯にうけとめ、患者さんの顔のバランスに適した施術をご提案させていただきます。

 

この記事の監修者

 岡田先生

レナトゥスクリニック東京田町院
岡田 楽史
コンプレックスで悩んでいた時間が、楽しい時間に変わるように。
RENATUS CLINICにきてよかった、と喜んでいただけるように。
誠意を持って関わらせていただきますので安心していらしてください。
お待ちしております。
経歴・資格
某都内病院初期研修修了
アラガン社公認 ボトックスビスタ注入認定医
アラガン社公認 ジュビダームビスタ注入認定医

instagram→dr.gacci
ヒアルロン酸の症例多数!ボケ投稿たまにのせます。

関連記事

  1. アゴのヒアルロン酸注射(クレヴィエル、ボリューマ)

    意外と知らないアゴのヒアルロン酸のメリットとデメリット

  2. 涙袋ヒアルロン酸の料金は?値段相場はどれくらい?

    涙袋ヒアルロン酸の料金は?値段相場はどれくらい?

  3. 日本の唇フィラー

    日本の唇フィラー

  4. 何cc唇ヒアルロン酸注入

    唇ヒアルロン酸は何cc必要?

  5. 鼻ヒアルロン酸のデメリットリスクは太くなる、バレる?失敗しな…

  6. 初心者これでわかる鼻ヒアルロン酸

    鼻ヒアルロン酸をYoutube施術動画を使って解説

最近の記事

  1. 大阪のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  2. 東京のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  3. 大阪糸のリフトアップモニターキャンペーン
  4. 東京のたるみリフトアップ治療が安い口コミで人気のクリニックランキング
PAGE TOP