何とかしたいほうれい線を一番効果的で簡単に消す方法|レナトゥスクリニック東京仙台

ほうれい線撃退法

目次

何とかしたいほうれい線を一番効果的で簡単に消す方法

シミ・シワ・くすみ・毛穴・ほうれい線は年齢を老けて見せる原因です。
ほうれい線は年齢を重ねると誰もが悩むシワの一つです。ただし、10~20代若い方でも頭蓋骨の骨格の問題でほうれい線が出る方もいらっしゃいます。ほうれい線が改善することはアンチエイジング効果に繋がります。
そんなほうれい線でお悩みのあなたに、年間100症例を超えるほうれい線治療医師がほうれい線を一番効果的で簡単に消す方法をお教え致します。

ほうれい線にはどのような治療・対策が効果的なの?

ほうれい線の治療には一体どのようなものがあるのでしょうか?
大きく分けて
①運動やマッサージ
②スキンケア
③レーザーやハイフといった機械を使用するもの
④ヒアルロン酸注入といった注入治療
⑤糸のリフトアップ
⑥手術によるリフトアップ
があります。
それぞれ見ていきますね。

運動やマッサージ

ほうれい線マッサージ 顔面の筋肉は90%が遅筋で10%が速筋です。
筋肉を鍛えるためには筋肥大が必要ですが、その筋肥大は速筋で起こります。
したがって、世間でよく言われるような表情筋トレーニングは意味があまりないのです。口を大きく開けたり、閉めたりする運動は必要なく、日常生活で会話し、笑う程度で十分な運動となっています。
またトレーニングやマッサージは、お顔の皮膚を支えている靭帯を切ることで早期のたるみを促している可能性すらあります

スキンケア

ほうれい線はお肌のスキンケア習慣でも多少は薄くなる可能性があります。
意外かもしれませんが、スキンケアのポイントは、【ほうれい線を触らないこと】です。お肌が乾燥する場合には、保湿のみオススメします。
ほうれい線部位のお肌をマッサージしたり、擦ったりすることは大変愚かな行為となります。ほうれい線のスキンケアマッサージが効果的であるというのは間違いの情報ですが、皆様が騙される理由があります。
それは、直後は効果的に見えるからです。直後は擦ったりマッサージしたりすることで、一時的に皮膚の水分が動き、筋肉が収縮してほうれい線が薄くなったように見えます。
手荒いスキンケアを続けると、お肌の慢性的な刺激になり、その刺激が色素沈着というシミに繋がります。スキンケアは〜が良い、というものはなく、ただ触らないことを徹底して下さい。

レーザーやハイフといった機械治療

レーザーでリフトアップができるとお思いかもしれません。
確かに、少しは効果があります。たるみ治療のレーザー系で最強と言われているサーマクールという機械があります。
その機械でも劇的な効果は望めないのが現状です。また、「リフトアップ」という言葉を使用することも禁止されています。
ハイフははじめて機械治療で「リフトアップ」という言葉を使用することを許された機械です。
ハイフは気軽に痛みが少なくほうれい線を薄くできる治療です。有効な治療方法の1つですこれが、一番効果的で簡単な施術ではありません。
ダウンタイムがほぼない治療として素晴らしいのですが、効果は注射よりも若干落ちます。また、ハイフ治療は照射技術、出力、ショット数で効果は大幅に変わりますので、是非当院の高い技術力のハイフをご体感下さい。
ハイフについてご興味のある方はこちらをご覧ください。お得なキャンペーン実施中です!

ヒアルロン酸注入

このヒアルロン酸注入こそが「何とかしたいほうれい線を一番効果的に簡単に消す方法」なのです
処置は数分で終わり、治療効果はしっかりと見られ、価格も数万円から治療出来ます。
こんなに手軽で良い方法はないのにも関わらず、ほうれい線治療を無駄な方法で無駄にお金を使って無駄に時間だけが過ぎていく多くの人たちがいるのは残念でありません。
また、ヒアルロン酸は注入部位の周囲にコラーゲンの増生も促され、アンチエイジング効果も期待することが出来ます。ヒアルロン酸の周囲には水分も集まりますので、皮膚に弾力が出て、良い状態をキープ出来ます。
ヒアルロン酸注入が、ほうれい線で悩むあたなを救う答えですが、価格と注射であるということで抵抗があるかもしれません。遠回りするか近道を行くかは人それぞれですが、最終的には皆様このヒアルロン酸という答えにたどり着きます。

糸のリフトアップ

糸リフトアップ
糸のリフトアップは溶ける糸をお顔に挿入し、たるみを引き上げるリフトアップ治療です。
効果も高くとても良いのですが、ほうれい線治療をする場合ですと効果的にはヒアルロン酸の方が高くなります。
糸のリフトアップの良いところはたるみの予防ができる点です。
たるみは重力が1つの大きな原因でありますので、リフトアップが持続する間はアンチエイジング効果が期待できます。

手術によるリフトアップ

効果は1番高くなりますが、術者による結果の差が大きく、また神経障害等のリスクも最も大きくなります。耳たぶの皮膚も伸び、傷跡も残るリスクがあります。
どんなリスクも引き受ける代わりにリフトアップ効果を望む方に向いている治療です。

では、実際にレナトゥスクリニックのヒアルロン酸治療について見ていきましょう!

ほうれい線治療症例写真ビフォーアフター

ヒアルロン酸注入は施術当日に結果が出る治療です。
施術前と処置後5分後のお写真です。

case1ほうれい線ヒアルロン酸+マイクロカニューレ
ほうれい線ヒアルロン酸
case2ほうれい線ヒアルロン酸+マイクロカニューレ
ボルベラNLFマリオネット
case3ほうれい線ヒアルロン酸+マイクロカニューレ

case4ほうれい線ヒアルロン酸+マイクロカニューレ
ほうれい線ヒアルロン酸
case5ほうれい線ヒアルロン酸+マイクロカニューレ
ほうれい線ジュビダームヒアルロン酸
case6ほうれい線ヒアルロン酸+マイクロカニューレ
ジュビダーム ・ほうれい線

case7ほうれい線ヒアルロン酸+マイクロカニューレ
ほうれい線 ジュビダーム

case8ほうれい線ヒアルロン酸+マイクロカニューレ
ほうれい線・ジュビダーム

当院のほうれい線で使用するヒアルロン酸について

ほうれい線にはヒアルロン酸で有名なアラガン社の【ジュビダームウルトラ/ボリフト】という製剤を使います。
アラガン社ヒアルロン酸
同じくジュビダームシリーズである「ボリューマ XC」、「ボルベラ XC」と組み合わせて使用することで、お顔の全体的なエイジングケアに相乗的な効果が期待できます。
ボリフトはほうれい線を触ってもヒアルロン酸が入っているとバレないような適度な硬さと弾力を持っています。ほうれい線は基本的にボリフトを使用することで間違いございません。

ジュビダームシリーズで中間の柔らかさのボリフトXC

美容ヒアルロン酸の権威であるアラガン社の製品として有名な[ボリューマXC][ボルベラXC]と同じくジュビダームビスタシリーズとして開発され、ボリューマの次に日本で承認を得たのがこの[ボリフトXC]です。
ボリフトXC
アラガン社製ジュビダームシリーズの中でも新しい製剤であるボリフトXCは、ボリューマXCなどと同じくVYCROSS(バイクロス)という最新の技術で製造されています。 安全性も高く、アレルギー症状が出ることもほとんどありません。
前述の2種と比べると中間のソフトな質感で馴染みがよいとされており、皮膚中間層への注入に向いています。ゴルゴラインやマリオネットラインに多く使用されます。
お顔の中でもデリケートな部位であるほうれい線にハリを生み出し、美しく形成することに適しています。
厚生労働省より医療機器製造販売承認を取得しています。

VYCROSS(バイクロス)技術とは?

さて、バイクロス技術という言葉が先ほど出てきましたが、一体何が優れているのでしょうか?
この技術は高分子量と低分子量のヒアルロン酸を混合することで架橋効率が向上し、従来の技術(HYLACROSS)で製造されたヒアルロン酸注入材に比べて網目構造がより密になっています。
バイクロス技術
これにより適切なリフト力と長期持続性が得られ、さらには水分を吸収しにくくなる「低吸水性」も実現しました。
これにより、以下のメリットが挙げられます。

①長期持続性
低濃度のヒアルロン酸にもかかわらず1年間の効果を持続することができます。(個人差があります)

② 低吸水性
水分を吸収しにくいため、より注入時のイメージに沿った仕上がりが期待できます。 低濃度のヒアルロン酸、強固な架橋、低吸水性によりゲル膨潤量が大幅に減少しました。これは「形」を造る上で非常に重要です。

③ 使用目的に適したリフト力
弾性と凝集性のバランスにより、使用目的・部位に応じて適したリフト力を維持します。

④ 成形性が高い
注入直後の優れた成形性により、思い描くラインの成形を実現しやすくなります。

⑤組織親和性が高い
お顔の組織になじみやすく、表情に合わせた自然な仕上がりが可能となります。

高い技術で高品質な製剤を使用し、あなたのお悩みを解決致します。

当院のヒアルロン酸の技術は各症例写真をご覧頂けますとお分かりになるかと思います。
これは、当院医師がより良い結果を求めて日々研究を重ねてきたからだと思います。
使う製剤にもこだわることにより、より一層の安心感をご提供できると感じております。
また、使用するマイクロカニューレと言われる針も純日本製でございます。
針にまでこだわっており、安定した良い結果が得られています。

マイクロカニューレとは?

マイクロカニューレとはヒアルロン酸を注入する際に使用する針のことです。
針といっても、なんと先端が尖ってはいません。先端が丸くなっております。このためにヒアルロン酸を注入する際に様々なメリットがあります。

マイクロカニューレは非常に細い上にフレキシブルで、治療中の出血や痛みが少ないため、麻酔を使用する必要も無く(個人差があります)治療直後でもほとんど目立ちません。マイクロカニューレという針(先端が丸くなっています)を使用すれば、血管や神経などの皮膚組織を傷つけずに注入でき、内出血が大幅に回避できます。
また、孔が先ではなく横に空いているので注入の際も、穴の方向をコントロールする事で注入方向を変えられます。注入したい箇所が広範囲の場合、通常の針では多数箇所からの注入が必要ですが、マイクロカニューレの場合は縦横無尽に注入することができるため、一つの穴から注入できます。
現在アメリカ、ヨーロッパを中心に始まったばかりの最新の手技です。

現在、ほうれい線や唇でマイクロカニューレを使用しないということは手抜きとしか言えません。
それほどこの鈍針を使用することにメリットがあります。
皆様にも使用できる部位の際には必ず使用することをおすすめしております。

ほうれい線治療のよくあるご質問とその回答

ヒアルロン酸注射でほうれい線は腫れますか?

ほうれい線は腫れが出づらい部位であります。
万が一腫れてしまっても、その程度は個人差があり、それほど腫れない人もいれば、かなり腫れる方もいらっしゃいます。
当院はマイクロカニューレを使用することにより腫れは最小限となる可能性が高くなっております。
当日や次の日に予定があっても処置を受けられる可能性があります。

ヒアルロン酸注射ほうれい線で内出血は出ますか?

ヒアルロン酸の唇の処置では針を使用いたしますので、100%内出血が出ないとは確約いたしかねる部位でございます。
マイクロカニューレという針を使用することで、内出血の可能性を出来る限り少なくしております
また、万が一内出血が出た場合でも一般的には3〜7日程で目立たなくなりますのでご安心下さい。

ヒアルロン酸注射ほうれい線を安いヒアルロン酸でできませんか?

ヒアルロン酸の体験としてはいいかもしれません。
しかし、安いヒアルロン酸ですとヒアルロン酸が吸収される期間が短くなります。
つまり、すぐになくなってしまうこともある部位であります。
痛い思いをするのならジュビダームウルトラやボリフトでの処置をしてしまうことをオススメ致します。
他院を比較していただけますとその料金の安さをお分かりいただけるかと思います。

ヒアルロン酸注射ほうれい線は痛くありませんか?

ほうれい線のヒアルロン酸は痛みが弱い部位となります。
多くの患者様にお話しを伺いますと、涙袋・唇が痛みの強い部位となります。
お痛みに弱い方は麻酔の使用をオススメ致します。
マイクロカニューレを使用し、ブロック麻酔を使用しますと完全に無痛になります。
1部位¥4,000でございます。

ほうれい線の小鼻の横(鼻翼基部)にはヒアルロン酸は入れられないと言われたのですが?

小鼻の横のほうれい線の凹みが一番の老け感を出します。
この凹みにヒアルロン酸を注入することは、確かに顔面動脈の血管枝が血流障害を起こすリスクがあります。
しかし、解剖を熟知した上で、血管位置を確認の上であればヒアルロン酸を注入を行うことが出来ます。小鼻の横にヒアルロン酸を入れるには、2通りの方法があり、そのどちらが必要なのか、両方が必要なのかは診察の上決定することになります。

1ccでほうれい線治療はできますか?

オススメは片側1ccのヒアルロン酸注入です。
経験上、片側0.5ccで満足をされる方よりも1ccを注入した方が満足度が圧倒的に高いです。
また、0.5cc注入された方は大抵の場合、追加でヒアルロン酸を注入されます。せっかく治療するのですから、1ccの注入をおすすめ致します。

口角を上げる治療でもほうれい線は改善されますか?

ほうれい線はほうれい線の治療をして下さい。
口角を上げることは、お顔の印象を良くしますから、ほうれい線とは別に口角のボトックス治療もオススメです。

笑うとほうれい線が目立つのですが、これもヒアルロン酸注射で治療できますか?

はい、ヒアルロン酸注射で笑ったときのシワの改善も期待できます。
まれに、ガミースマイルボトックスを併用するとより良い結果になる方もいらっしゃいますので、一度カウンセリングでご相談ください。

20代でもほうれい線はヒアルロン酸注射で良くなりますか?

はい、なります。
20代でほうれい線が目立つという方は、頭蓋骨の骨格の問題も関係しております。このような場合、硬めのヒアルロン酸を骨の上に置いてくるような注入方法でほうれい線の改善が期待できます。医師の注入知識と技術で結果に大きく差が出ますので、レナトゥスクリニックで一度無料相談にいらっしゃって下さい。

ほうれい線ヒアルロン酸酸注射/注入のリスク/失敗/デメリット

ほうれい線のヒアルロン酸注入のリスクを列挙していきます。
アレルギー・腫れ・内出血・左右非対称・ぼこつき・血流障害等です。
このうち、重大なリスクとして血流障害が挙げられます。顔面動脈の血管がヒアルロン酸に詰まってしますと、最悪皮膚壊死のリスクもございます。
血流障害は未熟な技術と知識によって生じることがありますが、当院ではそのようなことがないように日々知識と技術を高めております。
昨年度のほうれい線ヒアルロン酸は300件程度行っておりますが、現在のところ、重大な副作用は一件も起こっておりません

当院では、他院でヒアルロン酸注入/注射で満足のいかない仕上がりとなった方の修正も行っております。他院修正もお任せ下さい。

ほうれい線ヒアルロン酸の料金

お試しヒアルロン酸が¥11,000円〜
ジュビダームボリフトがモニター価格で¥41,000円〜
お得に施術することが出来ます。

料金表はこちら

当webページ/サイトは医療広告ガイドラインを尊守し、医師監修のもと掲載しております

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を尊守し、当ページは医師免許を持ったレナトゥスクリニックの医師監修のもと掲載しております。医師は、日本医療脱毛学会会員、ジュビダームビスタ認定医、ボトックス認定医も取得しております。

まずは無料カウンセリングへ!
lineで気軽にお悩み相談/簡単当日予約ができます。
予約はこちらから

かんたん予約

関連記事

  1. 涙袋ヒアルロン酸

    涙袋ヒアルロン酸形成術|【公式】ヒアルロン酸注入ならレナトゥ…

  2. アゴのヒアルロン酸

    顎ヒアルロン酸注射/注入でたるみのないシャープなフェイスライ…

  3. 【初回77%オフキャンペーン】ボトックス注射・ボツリヌストキ…

  4. ボラックス

    ボラックスXC-VOLUX XC|【公式】ヒアルロン酸注入…

  5. 糸のリフトアップキャンペーン

    【東京港区田町】フェイスラインを ヒアルロン酸・ボツリヌスト…

  6. ボルベラ

    ボルベラXC-VOLBELLA XC|【公式】ヒアルロン酸注…

PAGE TOP