しわの原因と治療方法

しわの原因と治療方法

シワの原因は、日光による紫外線、肌の乾燥、肌の摩擦、ストレス、顔のマッサージや表情筋トレーニング、食事(タンパク質不足)、喫煙、睡眠不足、同じ表情を繰り返す、加齢老化現象による皮膚の菲薄化、女性ホルモンの減少、コラーゲンの減少、脂肪の減少、筋膜のたるみ、骨萎縮が原因となります。

しわの治療には、日焼け止めを使う、保湿をする、肌を擦らない、ストレスをためない、顔の強いマッサージや過剰な表情筋トレーニングを避ける、バランスのとれた食事をする、禁煙する、質の高い睡眠をとる、という生活習慣を身につけるこが大切です。その上で美容医療を上手く活用することがポイントです。

しわ治療の美容医療には、機能性化粧品・医薬部外品を使う、 ボトックス注射、 ヒアルロン酸注射、コラーゲンブースター注射、糸リフト、切開リフト、 ピーリング、レーザー治療、 RF治療、ハイフなどがおすすめです。

レナトゥスクリニックはボトックス¥2,200で安いのに上手くておすすめです!

しわの原因

動作時のシワ

しわの原因は様々であり、単純に肌の老化現象であったり、多くの外的要因や内的要因が複合的に関与しています。以下に、主なしわの原因を詳しく解説します。

紫外線による肌のダメージ

日焼け止め

紫外線は肌にとって最大の敵で、特に長波長のUVAは皮膚の深部にまで到達し、コラーゲンやエラスチンといった皮膚の主要な構造タンパク質を破壊します。この破壊活動は、肌の弾力性と張りを失わせ、深いしわを引き起こす原因となります。日焼け止めの使用や遮光服による保護が重要です。

肌の乾燥

お肌の乾燥

肌の乾燥は、水分の蒸発が増えて保護バリアが弱まることで、外部からの刺激に対する抵抗力が低下します。特に寒い季節やエアコンの効いた室内では、肌の乾燥が進みやすく、表面の細かなしわが顕著になります。また、真皮へのダメージも起こりやすく、真皮が折れ曲がったり断裂したりすると、一度できたら戻らない深いシワになってしまいます。保湿ケアはしわ予防の基本です。

肌の摩擦

こする

肌への過度な摩擦は、特に敏感な皮膚に炎症を引き起こす可能性があり、しわの形成を加速させることがあります。慢性的な肌の摩擦は肝斑の原因にもなります。柔らかいタオルを使う、優しく洗顔するなどの工夫が必要です。

ストレスによる肌への影響

アレルギー

ストレスは、皮膚の修復プロセスを遅らせ、炎症の原因となる化学物質の放出を促します。これが長期にわたると、肌の老化が加速し、しわが深くなる原因となります。定期的なリラクゼーションや趣味の時間を持つことが推奨されます。

表情筋の過度な使用

真皮のコラーゲンを増やす

表情筋の過度な使用は、特定の皮膚部分に繰り返し圧力をかけ、小じわを形成します。これが定着すると、深いしわへと進行する可能性があります。表情豊かであることは良いことですが、意識的に顔の緊張を和らげることも大切です。

適切な栄養の不足

お肌を擦らない・睡眠をしっかりとる、食事でタンパク質を摂取する生活習慣も重要

健康的な皮膚を維持するためには、ビタミンCやビタミンE、タンパク質など、適切な栄養が不可欠です。これらの栄養素は、肌のコラーゲンの生成を助け、紫外線などの外部ストレスから肌を保護してくれます。

喫煙の影響

喫煙は血管を収縮させ、皮膚への血流を減少させます。これにより、肌は必要な酸素や栄養素を十分に受け取ることができなくなり、老化が加速します。また、タバコの煙に含まれる化学物質は肌のコラーゲンとエラスチンを破壊し、しわが形成されやすくなります。

睡眠不足による肌への影響

十分な睡眠は肌の細胞が再生するための重要な時間です。睡眠不足はこの創傷治癒機転を妨げ、肌の老化を促進させます。また、睡眠不足はストレスホルモンの増加を引き起こし、肌の健康にさらなる悪影響を及ぼす可能性があります。

同じ表情を繰り返すことによるしわ

笑顔や眉をひそめるなどの表情を繰り返すことで、皮膚の特定の部位にストレスが集中し、しわが形成されます。特に目尻や口元の皮膚は薄いため、しわが定着しやすくなります。

加齢による皮膚の薄化

年齢とともに皮膚の再生能力が低下し、皮膚が自然と薄くなります。これにより、内部の血管や構造が透けて見えやすくなりますし、真皮もダメージを受けやすくなり、シワの形成につながります。

女性ホルモンの減少としわ

特に女性では、加齢と共にエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が減少します。これにより皮膚の保水能力や弾力が低下し、しわが増えやすくなります。

コラーゲンの減少

コラーゲンは皮膚の主要なサポートタンパク質で、加齢や紫外線の影響でその生産が減少します。コラーゲン量が減ると、皮膚の弾力とハリが失われ、しわが発生しやすくなります。

脂肪の減少

肌の下の脂肪層は、皮膚にボリュームを与える重要な役割を担っています。加齢や急激な体重減少により、この脂肪層が減少すると、皮膚がたるみ、しわが目立ち始めます。

筋膜のたるみ

SMAS筋膜という、顔のたるみを支える筋膜が加齢現象でたるむことで、シワやたるみが出現します。SMAS筋膜は皮膚の張りを支えています。年齢を重ねるにつれて筋膜が緩むと、皮膚もたるみやすくなり、しわが形成されます。

骨萎縮としわ

加齢による骨の縮小は顔の形状を変え、それに伴い皮膚がたるんでしわが増えます。特に顔の骨構造が変わることで、目の下や頬のたるみが顕著になることがあります。足の骨が歳をとると細くなっていくように、顔の骨も小さくなっていくのです。顔の骨が小さくなると、風船が萎むようにたるみやシワが出現します。

シワの治療方法

医師診察

シワの治療方法は以下の方法があります。これらをできるだけ行うことで、シワをなくすことができます。いつでも思い出せるようにこのページを保存しておきましょう

シワの治療方法一覧
  1. 禁煙する
  2. 日焼け止めを使用する
  3. 保湿をする
  4. 食事に気を付ける
  5. 睡眠の質を高くする
  6. ストレスをためない
  7. 肌を擦らない
  8. 顔のマッサージやコルギをしない
  9. 筋トレを適度にする
  10. 機能性化粧品・医薬部外品を使う
  11. ボトックス注射
  12. ヒアルロン酸注射
  13. コラーゲンブースター注射
  14. 糸リフト
  15. 切開リフト
  16. ピーリング
  17. レーザー治療
  18. RF治療
  19. ハイフ

1~9が自宅や日常生活で行えるシワをなくす方法で、10~19が美容医療を利用したシワをなくす方法です。

禁煙する

禁煙する

喫煙は肌の老化を加速させる重要な因子です。タバコの煙に含まれる化学物質は肌のコラーゲンとエラスチンを破壊し、しわの形成を促進します。禁煙はこれらの損傷を防ぎ、肌の健康を保つための最初のステップです。

日焼け止めを使用する

帽子と日焼け止めの画像

紫外線は肌の老化の主要な原因です。UVAは肌の真皮層に作用し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する線維芽細胞を破壊します。日焼け止めの使用、帽子やサングラスでの保護、適切な日陰での活動など、紫外線対策を徹底することが、シワの予防に非常に効果的です。

紫外線は真皮にダメージを与え、肌のハリや弾力を失わせることで、将来のシワの原因となります。これを防ぐためには、UV-AおよびUV-Bから肌を守る高い保護機能を持つ日焼け止めを選ぶことが重要です。

日焼け止めは、UV-Aを防ぐ効果を表す「PA」の評価で、「+」が多いほど高い保護効果があるとされています。また、紫外線B波を防ぐ能力を示す「SPF」は、数値が高いほど長時間の保護が期待できます。特に「PA+++」以上および「SPF30+」以上の製品を選び、約3時間ごとに塗り直すことが推奨されています。

紫外線は季節を問わず、また天気が曇りの日でも降り注ぐため、日常的に紫外線対策を行うことが必要です。UV-Aは窓ガラスを通過することもあるため、室内にいる際も日焼け止めの使用が推奨されます。さらに、UVカットカーテンや日傘なども併用し、徹底した対策を心掛けましょう。

肌の健康を保ち、未来のシワや肌トラブルを防ぐためにも、日焼け止めは美容と健康のための重要なステップです。日々のスキンケアルーチンに組み込み、美しい肌を維持し、将来のシワ対策もしましょう。

▶︎医療脱毛前後は日焼け止め必須。当日は塗ってはいけない理由とおすすめ商品

保湿をする

ヘパリン、ヒルドイド

皮膚が乾燥していると、肌の弾性が低下して、真皮の構造が破壊される可能性が高くなります。皮膚を乾燥ではなく、適度に保湿した状態に保つことが皺予防では大切です。ヘパリン類似物質を含む保湿剤は、特に乾燥肌の方に推奨されるシワに予防効果があります。普通〜脂性肌の方はヘパリン類似物質ではなく、機能性化粧品や医薬部外品の保湿剤で十分でしょう。

ヘパリン類似物質は、肌の水分バランスを整えることで、デリケートな肌を潤いで満たし、ふっくらとさせる効果があります。また、抗炎症作用も持ち合わせているため、肌の赤みや刺激を和らげる助けにもなります。

この保湿剤は、清潔な肌に適量を取り、目の下の領域に優しく塗布します。肌によく馴染ませた後は、他のスキンケア製品を上から重ねて使用することも可能です。特に乾燥が気になる日や季節には、日常的に使用することで、目の下の肌状態が改善されることを実感できます。

ヘパリン類似物質を含む保湿剤は、乾燥による肌のトラブルに対する効果的な解決策であり、継続的な使用によって肌質を向上させることが期待できます。

▶︎保湿剤ヒルドイド・ヘパリン類似物質大容量500gが自由診療で処方で安いクリニック

食事に気をつける(栄養バランスの良い食事・タンパク質を必要量とる)

食事に気をつける(栄養バランスの良い食事・タンパク質を必要量とる)

タンパク質、ビタミンA、C、E、オメガ3脂肪酸など、肌の健康を支える栄養素を豊富に含む食事は、シワの予防と改善に欠かせません。フルーツ、野菜、全粒穀物、魚などを積極的に摂りましょう。

食事でタンパク質を摂取する: タンパク質は、肌の主要な構成要素であるコラーゲンやエラスチンの生成に不可欠です。魚、肉、豆類、卵などのタンパク質豊富な食品をバランス良く摂取することで、肌の健康をサポートします。

プロテインは食前に飲むと食欲を抑えてくれるので、タンパク質をプロテインでとるなら、ダイエットにも有利な食前が便利です。また、1日あたり体重×2gは必要です。例えば、体重50kgであれば、1日100gのタンパク質が必要です。プロテインジュース1本20gで5本は必要です。意外と多いと思われたのではないでしょうか?

これらの習慣は、単独で行うよりも、日々のスキンケアと組み合わせて行うことで、より効果的な肌の健康維持が期待できます。健やかな肌を保つために、これらの基本的な生活習慣の重要性を理解し、実践することが推奨されます。

睡眠の質を高くする(十分な睡眠の質と量を確保する)

睡眠の質を高くする(十分な睡眠の質と量を確保する)

質の高い睡眠は、体全体の健康だけでなく、特に肌のシワにとっても非常に重要です。肌は夜間に細胞の修復と再生を行うため、この時間が不足すると肌の老化が早まり、シワやたるみの原因となります。

成人に推奨される睡眠時間は一晩につき約7〜8時間ですが、ただ長く眠るだけでなく、睡眠の質を高めることが重要です。質の高い睡眠を促進するためには、以下のような方法が効果的です。

  • 一定の就寝時間と起床時間を設ける:体内時計を整えることで、自然に眠りにつきやすくなり、朝もスッキリと目覚めることができます。
  • 寝室の環境を整える:快適な寝具を用意し、室温は少し涼しい方が睡眠の質を向上させることが知られています。また、暗闇を保つことでメラトニンの分泌が促進され、深い眠りにつきやすくなります。いずれにせよ、あなたにあった睡眠環境にこだわってください。
  • カフェインやアルコールの摂取を控える:就寝前の数時間はカフェインやアルコールの摂取を避けることが推奨されます。これらは睡眠の質を下げる原因となります。アルコールで眠りにつくくらいなら、睡眠薬を使用すると良いでしょう。
  • リラクゼーション技法を取り入れる:就寝前に瞑想や深呼吸、軽いストレッチを行うことで、心身ともにリラックスし、質の高い睡眠へと導かれます。私は筋トレを週に数回取り入れることで、肉体的疲労を感じるようにしておき、ベッドで横になった時によりリラックスを実感できるようにしています。

これらの習慣を取り入れることで、肌は夜間の自然な創傷治癒機転を最大限に活用でき、細胞の再生を助けることができます。結果として、肌の健康を保ち、シワや肌荒れのリスクを低減することが期待できます。

日々の生活の中で質の高い睡眠を確保することは、見た目の若々しさを保つだけでなく、心身の健康を維持するためにも不可欠です。今夜からでも、良い睡眠習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

ストレスをためない

ストレスをためない

ストレスは、肌やシワに多大な影響を及ぼす要因の一つです。慢性的なストレスは酸化ストレスを引き起こし、これが肌細胞にダメージを与え、結果的に肌の早期老化を促進します。酸化ストレスによって生成される過剰なフリーラジカルは、コラーゲンやエラスチンの分解を促し、シワやたるみの原因となります

ストレスを効果的に管理することは、肌の健康を保つために非常に重要です。以下の方法を取り入れることで、ストレスの影響を軽減し、肌の若々しさを保つことができます。

  • 定期的な運動:適度な運動はエンドルフィンの分泌を促し、ストレスを軽減します。週に数回の軽い運動は、心身の健康を維持するのに役立ちます。
  • 十分な睡眠:睡眠不足はストレスの増大につながります。毎夜7〜8時間の質の良い睡眠を確保することで、体と心をリフレッシュし、ストレス耐性を向上させることができます。
  • リラクゼーション技術の実践:瞑想、ヨガ、ディープブリージングなどのリラクゼーション技術を取り入れることで、心の平穏を保ち、ストレスを効果的に管理できます。
  • バランスの取れた食事:抗酸化物質を豊富に含む食事を心がけることで、体内のフリーラジカルを中和し、酸化ストレスを抑制します。特にビタミンC、E、セレン、亜鉛などが豊富な食品を積極的に取り入れましょう。

さらに、肌へのダイレクトなサポートとして、抗酸化作用のあるドクターズコスメの利用も効果的です。これらの製品は、フリーラジカルから肌を守り、肌の健康をサポートする成分を含んでいます。日常的に使用することで、ストレスによる肌への悪影響を抑え、若々しい肌を維持する手助けとなります。

心身の健康を整え、ストレスフリーな生活を目指すことは、美しい肌を保つためには不可欠です。今日からでも、ストレスを管理するための積極的な対策を講じてみてください。

肌を擦らない

肌を擦らない

シワ対策には日々のケアにおいて肌を摩擦から守ることが重要です。特に顔の肌はその他の部位よりも薄く、敏感であるため、過度な摩擦によって容易にダメージを受けることがあります。摩擦が原因で肌のバリア機能が損傷し、炎症や刺激、そして肌トラブルの原因となることが研究により示されています。

日常生活での過度な摩擦は、肌のバリアを破壊し、保護機能を低下させることがあります。この保護機能の低下は、外部からの刺激物質やアレルゲンの侵入を許し、肌の炎症やアレルギー反応を引き起こすことがあります。さらに、肌を強く擦ることは、メラニン生成を促進し、シミや肝斑などの色素沈着の原因となり得ます。

以下の方法で、日々のスキンケアにおいて肌への摩擦を最小限に抑えることが推奨されます。

  • 顔を洗う際は優しく洗う:手のひらを使って優しく泡立て、肌をこすらずに洗いましょう。洗顔料は肌のタイプに合ったものを選び、刺激の少ない製品を使用することが肝心です。
  • タオルで顔を拭く際は押し当てるように:濡れた顔をタオルでゴシゴシと拭くのではなく、柔らかいタオルで優しく押し当てるようにして水分を取り除きます。これにより、摩擦による刺激や肌へのダメージを避けることができます。
  • 化粧品の選択と使用法に注意:化粧品を選ぶ際は、肌に優しい成分のものを選び、使用する際も肌に強く圧をかけないように心がけましょう。特に、メイクの上からパウダーを塗る際は、ブラシやパフを軽く当てる程度に留めることが重要です。

これらの習慣を守ることで、肌の健康を保ち、美しい肌を長持ちさせることができます。日々のケアで肌に優しく接することは、美肌を維持するための基本中の基本です。

肌を擦ってできた肝斑をレーザーで治療すると、メラニンが破壊され一時的に肝斑が良くなりますが、より刺激をレーザーで加えているのでその後元の状態より悪化します。肝斑対策に、顔の毛を減らす医療脱毛を受けることはおすすめですが、肝斑の治療をレーザーで行うことはおすすめしません。

顔のマッサージや表情筋トレーニング、コルギを受けない

顔のマッサージやコルギをしない

デリケートな肌に対してマッサージを行うことは、一見すると血行を促進し、肌のシワに効果があるように思えますが、その効果は一時的であり、シワの悪化のリスクがあります。

実際には、顔面の肌は非常に薄く敏感であるため、頻繁にマッサージを行うことで肌に過剰なストレスがかかり、小さな毛細血管や顔の靱帯が損傷することがあります。これが原因で、色素沈着や更なるたるみを引き起こすことがあり、見た目にも悪影響を与えることがあります。

表情筋トレーニングをしても、シワがより深くな刻まれてしまったり、顔の大切な靭帯を痛めてしまうリスクがあるのでやめましょう。普段の日常会話程度での表情の使い方で十分です。

特に色素沈着は、治療が困難で外見を損ねる可能性があるため、目の下のマッサージは推奨されません。目の下のケアは、特に穏やかで刺激の少ない方法を選び、強い圧力を避けることが重要です。

適度な筋トレをする

適度な筋トレをする

適度な筋トレは、全身の健康はもちろんのこと、皮膚の健康にも多大な利益をもたらします。筋肉を適度に鍛えることで、成長ホルモンやその他の成長因子が分泌され、これが肌の若返りに効果的であるとされています。

筋肉活動が促されると、体内で成長ホルモンが自然に分泌されます。成長ホルモンは、肌のコラーゲン生成を促進し、これによって肌の弾力性が向上し、シワが減少する可能性があります。コラーゲンは肌の主要な構成成分の一つであり、その量が増えることで肌はより張りのある状態を保つことができます。

また、筋トレは血流を改善する効果もあります。運動による血流の向上は、肌に栄養と酸素を効率よく運び、老廃物の排出を促進します。これにより、肌の細胞が健康を維持し、自然な輝きを取り戻すことが期待できます。

適度な筋トレの実践には以下の点が推奨されます:

  • 定期的なトレーニング:週に2〜3回の筋トレを目安にすると良いでしょう。過度なトレーニングは逆効果になることもあるため、無理のない範囲で続けることが重要です。
  • 全身をバランス良く鍛える:体のすべての主要な筋肉群を均等に鍛えることが、最も効果的です。全身の筋肉を活動させることで、成長ホルモンの分泌を促進します。私は、筋肉量の多い足、胸、背中を10回行うことが難しいくらいの重さで筋トレをし、次第に重さを上げていく方法で上手く鍛えることができています
  • 適切な休息を取る:筋肉は休息中に回復し、成長します。十分な休息を取ることで、トレーニングの効果を最大限に引き出すことができます。

適度な筋トレは、見た目の若返りだけでなく、健康な生活を送るための一環としても非常に価値のある活動です。肌の健康を維持し、全身の活力を高めるためにも、定期的な運動を取り入れましょう。

有効成分が含まれた医薬部外品、機能性化粧品(ドクターズコスメ)を使用する

シワを改善する方法(保湿クリームや化粧水含む)

シワ改善のためには、特定の有効成分が含まれたスキンケア製品を定期的に使用することが効果的です。レチノール、ビタミンC、アスタキサンチン、ヒアルロン酸、ペプチドなど、皮膚の表皮ターンオーバーを促進し、真皮のコラーゲン生成を促進し肌の再生を促進する成分や抗酸化作用のある有効成分がおすすめです。また、ゼオスキンと医薬品であるトレチノインを使用したセラピューティックを行ってもシワを改善することができます。

▶︎ゼオスキンハイドラファーム
▶︎高濃度アスタキサンチンクリームも目の下におすすめ

ボトックス注射

目の下のボトックス治療

ボトックス治療は、シワに最もおすすすめの美容医療です。美容クリニックの医師や看護師の方までほとんどの方が施術を受けている治療で、その効果と安全性は間違いありません。ボトックスは顔のほとんどのシワに対応することができます。例えば、目の下の皺に効果的で、目の下の細かなしわやたるみに対してメスを使わずに治療することができます。ボトックスはボツリヌス菌から生成される神経毒素であり、筋肉の活動を一時的に弱めることでしわをなくします。

この治療は特に、「カラスの足跡」と呼ばれる目尻のしわや、目の下の微細な表情じわの改善に効果的です。治療は数分で完了し、注射後のダウンタイムはほとんどありません。効果は治療後数日で現れ始め、一般的に3から4ヶ月持続します。

ボトックス治療は、手軽で効果的なアンチエイジング治療として、多くの方に選ばれています。特に日常生活に支障をきたさない速やかな回復が可能であるため、忙しい現代人には理想的な選択です。

▶︎目の下のボトックス¥2,200

ヒアルロン酸注射

第2位ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射は、ほうれい線を代表とする深いシワや窪みを改善、予防するために主に使用されます。最近では肌質改善ヒアルロン酸も登場しており、薄いシワにも対応ができるのが特徴です。ヒアルロン酸は、水分を保持する能力が高いため、注射することで肌にボリュームを与え、若々しいシワのない外観を取り戻すことができます。

しかし、全ての方に適しているわけではありません。特に、目の下は年齢を重ねて目の下の皮下脂肪が減少した方や、元々肌のハリが失われている方には、ヒアルロン酸注射は推奨されません。ヒアルロン酸のボコつきが出やすく、そのボコつきがまた悩みになってしまうケースが多々あります。また、目の下の細かいちりめん皺に対しては、ヒアルロン酸の効果は限定的であるため、この種のしわの改善には向いていません。

治療後は即座に日常生活に戻ることが可能で、副作用は一般的に軽微で限定的ですが、事前のカウンセリングでしっかりとリスクを理解することが重要です。

▶︎ヒアルロン酸注入¥11,000

コラーゲン(スキン)ブースター注射を利用する

GOURI(ゴウリ)注射の特徴

スキンブースター注射は、主に真皮のコラーゲン量を増やし、表皮の厚みを増してシワを改善してくれます。これは、ヒアルロン酸やボトックス注射にはない作用ですので、ヒアルロン酸やボトックス注射と併用をすることをおすすめします。

スキンブースター注射には、リジュラン、リジュランアイ、ゴウリ、プロファイロ、スネコスなどがあります。

ヒアルロン酸やボトックスの注射は、特に深いシワや表情ジワに直接的な改善効果をもたらします。これらの治療は、医療機関でのみ行われ、即効性と持続性に優れています。

コラーゲンブースター注射の主な製品

糸リフト

第1位糸リフト

糸リフトは、吸収される糸を肌の中に埋め込み、肌を内側から引き上げる治療です。この方法は、顔全体のリフティング効果をもたらし、たるみや深いシワを根本から改善します。糸リフトは持続性があり、時間とともに自然な肌の引き締めが見込まれます。

これらの美容医療を組み合わせることで、より効果的にシワを改善し、長期的な肌の若返りを目指すことができます。自分の肌の状態や目指す効果に応じて、適切な治療法を選択することが重要です。

▶︎糸リフト(スレッドリフト)切らないたるみ治療

切開リフトを受ける

切開リフトは、加齢によってたるみやしわが目立つようになった肌を、外科的な手法で切り取る治療です。この方法は、特に余剰な皮膚を切除し、引き締めることで顔の若返りを図るものであり、非常に効果的ですが、リスクが高い施術です。

老化による皮膚の余分なたるみは、非侵襲的な方法では対応が難しく、こうした状態の皮膚に対して切開リフトが選択されます。切開リフトは、皮膚とその下の組織を引き寄せ、再配置することで顔の輪郭を若々しく見せる効果があります。

しかしながら、切開リフトはその侵襲性の高さから回数を重ねて行うものではありません。通常、1~2回の施術でその限界に達します。繰り返し行うと、皮膚の自然な肌感や弾力が損なわれ、不自然な外見になる可能性があります。したがって、若年時に切開リフトを受ける必要性は低く、この時期は保湿や紫外線対策などのシワ予防に注力するべきです。

切開リフトを考慮するのは、通常、50代から60代以降が推奨されます。この時期になると、肌の自然な弾力性が大幅に低下し、非侵襲的な方法だけでは十分な若返り効果が得られなくなるためです。切開リフトは、深いしわや著しい皮膚のたるみがあり、それを根本的に解消したいと考えている場合に最適な選択肢となります。

切開リフトを検討する場合は、施術を行うクリニックや医師の選択にも注意が必要です。経験豊富な医師による適切なカウンセリングと詳細なリスク説明を受け、納得のいく治療計画を立てることが成功の鍵となります。

ピーリング

コラーゲンピーリング

ピーリングは、シワ改善の入門として最適です。特に、「コラーゲンピール」と呼ばれる治療は、真皮層まで作用し、肌の再生を促進することでシワを目立たなくします。コラーゲンピールは、表皮を剥離させることで自然な肌の再生を促し、若々しく滑らかな肌へと導きます。

▶︎安い人気のコラーゲンピール・マッサージピール¥8,800とは

レーザー治療・RF治療・ハイフ

レーザー治療、RF(ラジオフリーケンシー)治療、そしてハイフ(高強度焦点超音波)は、非侵襲的なメスや針を使わないシワ治療として近年注目を集めています。

レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療は、特定のレーザー光を肌に照射し、肌の深層部にあるコラーゲンとエラスチンの生成を促進します。真皮に作用するのは、主に1064nmのヤグレーザーです。レーザートーニングなどの美容医療は、主にヤグレーザーが使用されています。ヤグレーザーにより、シワが自然に減少し、肌の全体的な質感が改善されます。

レーザーにはアブレイティブ(表面を削るタイプ)とノンアブレイティブ(削らないタイプ)の二種類があり、患者の肌の状態や治療目的に応じて選ばれます。一般的なレーザーはノンアブレイティブ(削らないタイプ)です。

削るタイプは、CO2フラクショナルレーザーなどがあります。皮膚の凹凸を綺麗にするわけではなく、ぼやかしていくイメージです。CO2フラクショナルレーザーを数多く施術していくと、最終的にはやけどの後の肌のようにテカテカとして肌になるので、やりすぎはおすすめしません。アブレイティブレーザーの出力を高くすると、より深い層の治療に有効であり、重度の皮膚損傷や深いシワに適していますが、ダウンタイムが長くなる可能性があります。

RF治療

RF治療は、高周波を用いて肌の深層部に熱を加え、コラーゲンの収縮と新生を促します。この治療は肌のタイトニング効果があり、特に輪郭のぼやけが改善されます。RF治療は全体的な肌の引き締めとリフトアップに効果的で、特に緩んだ肌や微細なシワに対して顕著な結果をもたらします。

サーマクールなどが有名です。

ハイフ治療

ハイフは高強度焦点超音波を使用して、肌のさらに深い層に熱エネルギーを集中させることで、肌を内部から引き締め、リフトアップします。この熱エネルギーは、ターゲットとする組織に正確に届けられるため、周囲の組織を傷つけることなく、深い層のコラーゲン生成を刺激します。ハイフは特に、顔の輪郭を整えるのに有効であり、顎のラインの引き締めや頬のリフトアップに効果を示します。

これらの治療方法は、メスや針を使わずにお肌に再生を促す熱を入れ、より再生と同時にシワのない肌を作ることを本質としています。どの治療が良いかわからない、という方はレナトゥスクリニックまで無料カウンセリングにお越しください。

まとめ

シワの原因は、日光による紫外線、肌の乾燥、肌の摩擦、ストレス、顔のマッサージや表情筋トレーニング、食事(タンパク質不足)、喫煙、睡眠不足、同じ表情を繰り返す、加齢老化現象による皮膚の菲薄化、女性ホルモンの減少、コラーゲンの減少、脂肪の減少、筋膜のたるみ、骨萎縮が原因です。治療は正しい生活習慣の上で美容医療を上手く活用することがポイントです。

シワ治療ピックアップクリニック

レナトゥスクリニック

レナトゥスクリニック大阪院

項目 内容
クリニック名 レナトゥスクリニック
場所 東京田町院
JR山手線「田町駅」西口より徒歩1分
新宿院
JR山手線「新宿駅」南口より徒歩5分
大阪院
JR大阪駅より徒歩9分
仙台院
JR仙台駅より徒歩1分
名古屋院
JR名古屋駅より徒歩3分
人気施術① ヒアルロン酸注入
バレずに即日綺麗
【¥11,000~】
人気施術② ボトックス注射
美肌シワ対策に必須
【¥2,200~】
人気施術③ 肌管理ピーリング
【¥4,400~】
全身脱毛5回 ¥149,800
全身+VIO脱毛5回 ¥219,800
全身+VIO+顔脱毛5回 ¥269,800
費用相場 ¥2,200~¥649,440
割引情報 公式LINEクーポン
バースデークーポン
学生割
ペア割
乗り換え割
紹介割引
カウンセリング料 無料
営業時間 11:00~20:00
店舗により異なる
公式サイト レナトゥスクリニック公式サイト
チェックポイント

初めての方にもおすすめ!
高コスパ美容施術!
安い価格で症例写真1000件以上の医師の施術を受けられます。

レナトゥスクリニックの特徴と向いている方

レナトゥスクリニックは、ヒアルロン酸注入、ボトックス注射、糸のリフトアップに特化しており、特にヒアルロン酸は質の高いアラガン社ジュビダーム正規品を取り扱いをしています。このヒアルロン酸は、安全性、持続、仕上がりが良く、一度の施術で高い効果を実感できます。

また、料金が比較的安く、症例写真件数1000件以上の医師多数在籍のため、コストパフォーマンスが非常に高いです。さらに、各種無料サービスも充実しており、顧客満足度が高いクリニックと言えるでしょう。

レナトゥスクリニックが向いている方

質の良い製品を使いたい方
上手い医師に施術をして欲しい方
一度の施術で高い効果を求める方

レナトゥスクリニック東京田町院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック新宿院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック大阪院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック仙台院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック名古屋院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

美容外科・美容皮膚科はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるならプチ整形が安い今がチャンス
ツルツルの美肌になれる肌管理
\今なら最大¥38,500引き/

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。自身で糸のリフトアップ・美容注射・脱毛を全て受けて結果を出してから患者様に提供をすることをポリシーとしている。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. 【美肌】になるスキンケア方法とは?

    【美肌】になるスキンケア方法とは?

  2. 深いシワ消えた方法

  3. 男性の美容医療 ーメンズ美容とはー

    男性の美容医療ーメンズ美容とはー

  4. ハイドロキノン

    ハイドロキノンクリーム5%5g¥1,650

  5. シワ伸ばしたるみ改善に効果的なマッサージ

  6. 忘年会・新年会シーズンの二日酔い・肝臓・美白に効く美容点滴と…

最近の記事

  1. 仙台アートメイク
  2. 脂肪溶解注射は効果ない?その理由と対策
  3. 名古屋の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック
  4. 名古屋VIOのみが安いおすすめ医療脱毛クリニック(都度払い含む)
PAGE TOP