涙袋ヒアルロン酸はどのくらい必要?何cc?

涙袋は基本的に片側0.2cc必要!より自然派は片側0.15cc、爆盛れ派は片側0.3cc以上でも可。涙袋ヒアルロン酸ボルベラ使用で最大1cc¥45,100で上手い安いおすすめはレナトゥスクリニック

涙袋ヒアルロン酸は何cc必要?

涙袋を作るには、ヒアルロン酸注入が効果的です。涙袋に必要なヒアルロン酸の量は片側0.1cc〜0.3ccが平均的。左右両方だと0.2cc〜0.6cc(1本程度が目安ということになります。

涙袋の部分は面積が狭く皮膚のたるみが集まりやすいところです。バレずに自然に形を整えたいレベルなら、両側0.4ccで十分。しっかりと効果を出して涙袋を強調したい場合には0.4cc〜1cc、もしくはそれ以上必要になる可能性もあります。涙袋のデザイン、範囲、状態や患者様のご希望によって注入量は変わってきます。

涙袋ヒアルロン酸のcc数が多く必要な場合

涙袋の改善にヒアルロン酸を使用する際、そのデザイン、高さや長さ、元々の涙袋の量、目元のたるみの度合いによって、必要なヒアルロン酸の量が多く必要になり、使用するcc数が多くなる可能性があります。以下に、多くヒアルロン酸が必要なケースをご紹介します。

涙袋が元々ない

涙袋が元々ない

涙袋が特に元々ない場合、より多量のヒアルロン酸が必要になります。また、逆に皮膚の余裕がほとんどなく、ヒアルロン酸を入れるスペースがない方も、多量のヒアルロン酸を使用して高さを出す必要があります。元々涙袋がない症例には、ボライトの必要cc数が多くなる傾向があります。

涙袋の距離が長い

目が大きく見えるデカ目効果

涙袋が目の広範囲にわたって長く伸びている場合は、その分多量のcc数が必要になる可能性があります。長い涙袋全体にわたって、均等な分布に美しくなるように心掛けながら慎重に注入を行います。

涙袋が平坦で高さがない

涙袋が平坦で高さがない

涙袋が平坦で高さがない場合、その方は涙袋の高さがでにくい目の構造であると言えます。そのような方は、高さを出すために硬めのヒアルロン酸製剤を使用する必要や、多くのcc数を必要とする可能性があります。

目元のたるみが強い

目元のたるみが強い

目元のたるみが強い場合、少ない量だと目元のハリが出ずにヒアルロン酸の効果があまり出ない場合があります。このような場合は涙袋に使用するヒアルロン酸の量が多くなるでしょう。また、涙袋だけではなく、顔全体のリフトアップを目的としたヒアルロン酸の使用が推奨されます。これを、ヒアルロン酸リフトアップといいます。たるみを改善するためには、ほうれい線ヒアルロン酸と、MDcoedeを使用したヒアルロン酸リフトアップの併用がおすすめです。

▶︎リフトアップヒアルロン酸について詳しくはこちら

レナトゥスクリニックでは一人一人に合わせた最適なプランをご提供します。

デザインでなるべく大きな涙袋を希望

デザインでなるべく大きな涙袋を希望

涙袋のデザインを、アイドル系のなるべく大きなデザイン、タレ目を大きくみせるデザインなどを希望された場合は、多量のヒアルロン酸注入が必要になるケースがあります。

希望のデザインで、最大で片側2ccの涙袋ヒアルロン酸を注入したことがあります。

ほうれい線ヒアルロン酸は何ccでどのくらい効果が出るかまとめ

あなたのほうれい線の程度と出したい効果からおすすめのほうれい線両側でボリフトを注入する量をまとめると、以下の表のようになります。

片側量 涙袋レベル 効果
0.1cc 元々涙袋がある人 自然な涙袋
0.2cc 普通の人 自然な涙袋
0.3cc 普通〜ややない人
涙袋が長い平坦な人
デザインによる
やや大きめな涙袋
0.4cc以上 ややない〜ない人
涙袋が長い平坦な人
デザインによる
大きめな涙袋

涙袋はある方が確かに若くはみえますが、パンパンに膨らましてしまうと逆に不自然な顔になってしまいます。完全に膨らますのではなく、自然なデザインで自然な変化を狙う、くらいの変化の方が自然で「やった感」のない処置になります。

岡田医師
岡田医師
レナトゥスクリニックではナチュラルな変化を目標にしていますので、患者様と相談しながら適切な量を決めていきます。
量の目安はあくまでボルベラを使用した場合です。やわらかいダイヤモンドフィールでは2倍の量が必要なケースもあり、注意が必要です。

そもそも涙袋とは?

そもそも涙袋とは?

涙袋とは、目の下の部分に自然に形成されるふっくらとした膨らみのことを指します。この膨らみは、目元に立体感を与え、より大きく魅力的な目もとを演出する効果があります。涙袋がはっきりしていると、目が大きく見え、表情に優しさや可愛らしさが加わり、全体的に若々しい印象を与えることができます。

チェックポイント

涙袋はこのように、ある人がない人より見た目の点で有利になっています。涙袋がない人でもある人のような見た目にできますし、ある人でもより魅力的な涙袋にすることができます。

涙袋は、健康的で魅力的な若々しい外見を作る一方で、年齢と共にそのボリュームや形が失われることがあります。このため、美容アンチエイジング目的で涙袋を強調するためにヒアルロン酸注入などの施術が行われることがあります。

ヒアルロン酸を用いた涙袋の形成は、目元の印象を改善し、より魅力的な外見を手軽に得る方法として人気があります。この施術により、自然なボリュームと若々しさを目元に取り戻すことが可能となります。

涙袋にヒアルロン酸が使われる理由

施術当日にすぐ完成する即効性

ヒアルロン酸注入は、処置したらその場で完成です。定着するまでは少し時間がかかるのですが、お帰りの際には綺麗なお顔で帰っていただくことができます。

ヒアルロン酸が安定すると分解されにくいため形を維持したまま、日常生活を楽しくおくっていただけます。施術時間は注入部位にもよりますが数分、ながくても1時間までで終了します。

ダウンタイムが少ない

ヒアルロン酸はもともと体内にある保水成分のため、アレルギーが非常に少ない物質です。副作用や内出血も少ないため、処置後すぐに日常生活に戻っていけるのが特徴です。内出血が出たとしてもお化粧で隠せるレベルですし、数日〜1週間でおさまってきます。

顔に傷が残らない

処置は先の細い注射針でおこないます。注入の際は数か所に針の穴を開けて注入していきますが、終わったらほとんど目立ちません。病院で採血の際、腕で血をとっても次の日には針穴はほとんど見えなくなってますよね?しかも採血の時の針よりもっと細い針を使うのでさらに治りが早いです。メスで顔に傷をつけたり縫ったりしないので、大事なお顔に傷を残さずに施術を終えることができます。ダウンタイムが少ないのもそのおかげです。

コストパフォーマンスが高い

レナトゥスクリニックが使用するヒアルロン酸は、アラガン社のバイクロス技術を取り入れた製剤であるため、吸水性が低く分解されにくくなっています。

涙袋に注入する製剤は12ヶ月ほど形を維持しますので、たった数万円の投資若々しさと肌のハリを長い期間持続させることができます。外科整形などは合併症やリスクも多くコストも何十万〜何百万であるため、なかなか手をだしにくい施術だと思われます。ヒアルロン酸注入コストも低く安全な処置なので満足度の高い美容施術となっています。

涙袋ヒアルロン酸には何の製剤が使われる?

ボルベラ

涙袋ヒアルロン酸デザイン

涙袋に適したヒアルロン酸製剤として持ち上げる力薄くのびていく柔らかさをもったヒアルロン酸、それがアラガン社の「ボルベラ」です。

硬さにふり切ってしまうと、形成力は高いですが浅い層ではボコボコしてしまう可能性が高く、見栄えが悪いものになってしまいます。また、柔らかさに振り切ってしまうと満遍なく広がり全体的な肌質改善は望めますが、形成力がないで涙袋のデザインがしにくくなってしまいます。

涙袋には凝集性弾性のバランスのとれた「ボルベラが一番です!ほうれい線には片側1cc、両側2ccで注入することが多いです。

持続期間は12ヶ月長期持続型で細かいシワなど細部の治療に適したヒアルロン酸です。ゲル粒子が非常に滑らかであり涙袋や唇などに適応となります。分解されにくく膨張率の少ない、つまり長持ちで変形しにくい「低吸収性」の実現がバイクロス独自の技術で可能となった製剤です。

バイクロス技術とは、高分子量と低分子量のヒアルロン酸を混合することで、架橋効率が向上し、往来の技術(HYLACROSS)で製造されたヒアルロン酸製剤に比べて網目構造がより密になっています。

そのため、分解されにくく持続期間の延長と、吸水しにくいため変形しにくく仕上がりを維持しやすくなっています。

まとめ

涙袋に必要なヒアルロン酸の量は片側0.1cc〜0.3ccが平均的。左右両方だと0.2cc〜0.6cc(1本程度が目安ということになります。自然は片側0.1cc、普通で0.2cc、デザイン、高さや長さ、元々の涙袋の量、目元のたるみの度合いによって、必要なヒアルロン酸の量が多く必要になり、使用するcc数が多くなる可能性があります。

涙袋ヒアルロン酸おすすめピックアップクリニック

レナトゥスクリニック

レナトゥスクリニック大阪院

項目 内容
クリニック名 レナトゥスクリニック
場所 東京田町院
JR山手線「田町駅」西口より徒歩1分
新宿院
JR山手線「新宿駅」南口より徒歩5分
大阪院
JR大阪駅より徒歩9分
仙台院
JR仙台駅より徒歩1分
名古屋院
JR名古屋駅より徒歩3分
人気施術① ヒアルロン酸注入
バレずに即日綺麗
【¥11,000~】
人気施術② ボトックス注射
美肌シワ対策に必須
【¥2,200~】
人気施術③ 肌管理ピーリング
【¥4,400~】
全身脱毛5回 ¥149,800
全身+VIO脱毛5回 ¥219,800
全身+VIO+顔脱毛5回 ¥269,800
費用相場 ¥2,200~¥649,440
割引情報 公式LINEクーポン
バースデークーポン
学生割
ペア割
乗り換え割
紹介割引
カウンセリング料 無料
営業時間 11:00~20:00
店舗により異なる
公式サイト レナトゥスクリニック公式サイト
チェックポイント

初めての方にもおすすめ!
高コスパ美容施術!
安い価格で症例写真1000件以上の医師の施術を受けられます。

レナトゥスクリニックの特徴と向いている方

レナトゥスクリニックは、ヒアルロン酸注入、ボトックス注射、糸のリフトアップに特化しており、特にヒアルロン酸は質の高いアラガン社ジュビダーム正規品を取り扱いをしています。このヒアルロン酸は、安全性、持続、仕上がりが良く、一度の施術で高い効果を実感できます。

また、料金が比較的安く、症例写真件数1000件以上の医師多数在籍のため、コストパフォーマンスが非常に高いです。さらに、各種無料サービスも充実しており、顧客満足度が高いクリニックと言えるでしょう。

レナトゥスクリニックが向いている方

質の良い製品を使いたい方
上手い医師に施術をして欲しい方
一度の施術で高い効果を求める方

レナトゥスクリニック東京田町院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック新宿院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック大阪院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック仙台院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

美容外科・美容皮膚科はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるならプチ整形が安い今がチャンス
ツルツルの美肌になれる肌管理
\今なら最大¥38,500引き/

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

この記事の監修者

  • 岡田先生
  • レナトゥスクリニック東京田町院
    岡田 楽史
    コンプレックスで悩んでいた時間が、楽しい時間に変わるように。
    RENATUS CLINICにきてよかった、と喜んでいただけるように。
    誠意を持って関わらせていただきますので安心していらしてください。
    お待ちしております。
    経歴・資格
    某都内病院初期研修修了
    アラガン社公認 ボトックスビスタ注入認定医
    アラガン社公認 ジュビダームビスタ注入認定医

関連記事

  1. 目の下のくぼみには成長因子?

  2. ヒアルロン酸注入はやめた方がいい?

    ヒアルロン酸注入はやめた方がいい?

  3. 目の上ヒアルロン酸

    目の上の窪み凹みのヒアルロン酸注入

  4. 口角マリオネットライン

    口角マリオネットラインヒアルロン酸注入

  5. 大阪安い名医

    大阪で安いのに上手いおすすめの名医でヒアルロン酸注入を受ける…

  6. 目の下のたるみを治すには?

最近の記事

  1. 糸リフトの仕組み
  2. 東京の糸リフト(スレッドリフト)ならレナトゥスクリニック
  3. 大阪の糸リフト(スレッドリフト)ならレナトゥスクリニック
  4. 糸リフトの種類の違いとおすすめを紹介
PAGE TOP