鼻ヒアルロン酸注射/注入で鼻筋を高く整形|【公式】東京仙台のプチ整形ならレナトゥスクリニック

鼻ヒアルロン酸とは

目次

ヒアルロン酸注射/注入で手軽に鼻筋を高く整形/隆鼻術

あなたは、自分の今のお鼻に満足をしていますか?
あと少し良くなったら・できるだけ高くしたい・鼻筋だけ通したい」などのご要望に、ヒアルロン酸注入で対応することが出来ます。レナトゥスクリニックのベテランドクターが安心安全で自然な仕上がりで痛みを抑えて施術します。

鼻ヒアルロン酸注射/注入の正しい情報とは?

お鼻にヒアルロン酸というジェル状の物質を注入することで、ボリュームを増やしお鼻を高くしたり、お鼻の形を変える施術です。もともと体内にある物質ですので、安全性は高いのですが、徐々に吸収されていきます。
いわゆるダウンタイムがほとんどの場合でない施術ですので、大変人気があります。
お鼻にプロテーゼと呼ばれるシリコンを入れる処置も有名です。

【注意】患者様が鼻のヒアルロン酸注入で勘違いされていること

意外かもしれませんが、ヒアルロン酸の進化によりプロテーゼよりもヒアルロン酸の方が高さがでるケースが多いです。(ボラックス/クレヴィエルというヒアルロン酸を使用した場合です)
ヒアルロン酸は経験が浅い医師や運が悪いと視力の低下にもつながることがありますので、その点では逆にプロテーゼの方が安全面は高いと言えます。いわゆるダウンタイムはプロテーゼの方が圧倒的に長いです。

鼻ヒアルロン酸注射/注入術のメリット3選

鼻ヒアルロン酸注射をするメリットは何でしょうか?
以下に鼻ヒアルロン酸注入のメリットを上げていきます。

①低い鼻根:鼻筋・鼻先を高く出来る。

鼻を高く出来ることは、ご存知の通りですよね。ヒアルロン酸注射のメリットは高さをどのくりにするか、高さを調節できるというメリットがあります。鼻整形をしたことを周囲にバレたくない、気付かれたくないという方には注入量を調整することで自然な高さにすることも可能です。

②鼻筋が通ることで、鼻の輝度が上がり小顔に見える。

鼻の高さが小顔に繋がると気付いていますか?極端な例を想像してみるとわかりやすいかもしれません。同じ顔で、お鼻がものすごく高い人と短い人を想像してみて下さい。高い方が、お鼻に目がいき顔は小さく見えます。

③小鼻が目立ちにくくなり、小鼻縮小効果が期待できる。

鼻根と鼻筋が通ると、相対的に小鼻は目立ちにくくなります。小鼻の手術は傷跡が残りやすく、お酒を飲んだ時などの血圧が上がった際に傷跡が赤くなることもあります。鼻ヒアルロン酸注射ではそのようなリスクやダウンタイムはございません。

鼻ヒアルロン酸注射/注入の症例写真/ビフォーアフター

具体的に、症例写真を使って説明していきますね。

綺麗な印象が期待できる(横顔の状態も綺麗になる)

case1

鼻根と鼻筋に最適な量のクレヴィエルを注入しました。鼻が通った顔は綺麗な印象が期待できます。
横顔はEラインが整い、綺麗な印象になります。
Eラインについてはこちらもご覧ください。

case2

case3
鼻先にヒアルロン酸を入れることが出来る施設は少ないですが、当院では細心の注意のもと施術しております。

鼻先のまるみが改善されますと、綺麗な印象は高まります。
鼻先は人によっては施術ができない場合があります。詳しくは一度ご来院頂きお鼻を見せていただかないとわかりかねます。

小顔効果が期待できる

case4
顔の中心の光の反射の量が増えているのがお分かりでしょうか?
顔の中心の「輝度」が上がり、小顔効果が期待できます
正面から見て頂きますとわかりやすいと思います。

その他症例

case5
ウレヴィエル鼻

case6
鼻クレヴィエル

case7
鼻根+鼻筋クレヴィエル

case8:鼻根鼻筋ヒアルロン酸ボラックス使用
鼻ヒアルロン酸ボラックス

case9:鼻根鼻筋ヒアルロン酸ボラックス
鼻ヒアルロン酸ボラックス
過去にクレヴィエルを注入しており、その高さを超えた結果をボラックスで出すことが出来ました。

case10:鼻根鼻筋鼻先ヒアルロン酸ボラックス
鼻ヒアルロン酸ボラックス

case11:鼻根鼻筋ヒアルロン酸ボラックス
鼻ヒアルロン酸ボラックス

case12:鼻根鼻筋鼻先ヒアルロン酸ボラックス
鼻ヒアルロン酸ボラックス

case13:鼻根鼻筋ヒアルロン酸クレヴィエル
鼻ヒアルロン酸症例
三田医師の実際の施術動画と画像がご覧頂けます。

電話番号:03-6275-1879
施術医師:副田周、三田亜耶、高橋希

鼻ヒアルロン酸注射/注入でオススメのヒアルロン酸2種類

ボラックス(アメリカアラガン社製)

ボラックス

持続期間が18~24ヶ月で、硬さも鼻に適しており、ヒアルロン酸製剤の中で鼻整形をするならボラックスが一番おすすめです。
クレヴィエルと比べて安全性が高く、持続も長く長持ちで、バランスのとれた仕上がりも綺麗です。腫れのダウンタイムの期間はクレヴィエルより短いことが多くなっております。日本で高品質な施術を受けたいのなら、ボラックスを選択がおすすめでございます。

クレヴィエルコントア(韓国製)

クレヴィエルコントア

持続期間が15ヶ月程度で、硬さは鼻に適しております。しかしながら、2021年3月にボラックスが発売されたことにより、クレヴィエルはその役割を終えました。ボラックス発売以前は、クレブィエルコントアは世界で最も硬いヒアルロン酸であり、鼻やアゴを形成するのに向いていました。
柔らかいと、ヒアルロン酸が広がってしまい、いわゆるアバター鼻になってしまいます。硬いと、綺麗な鼻筋が期待できます。
クレヴィエルの症例を集めたページもありますのでご覧ください。

実際に院長がクレヴィエルを使用して術後直後から1週間後までの経過をまとめたページもございます。ヒアルロン酸を鼻に注入してからの経過がどうなるのか、実際にみて頂くとイメージがつきやすく、また予定も立てやすくなると思います。

鼻ヒアルロン酸注射/注入の失明等のリスク/失敗/デメリット

鼻のヒアルロン酸注入のリスクを列挙していきます。
アレルギー・腫れ・内出血・左右非対称・血流障害等です。
このうち、重大なリスクとして血流障害が挙げられます。鼻の血管がヒアルロン酸に詰まってしますと、最悪失明のリスクもございます。
血流障害は未熟な技術と知識によって生じることがありますが、当院ではそのようなことがないように日々知識と技術を高めております。
昨年度の鼻ヒアルロン酸は100件程度行っておりますが、現在のところ、重大な副作用は一件も起こっておりません

当院では、他院でヒアルロン酸注入/注射で満足のいかない仕上がりとなった方の修正も行っております。他院修正もお任せ下さい。

腫れは製剤によって出やすさが違うかもしれません

実は、製剤によって腫れの出やすさは違います。当院では、統括院長がアラガン社の社内講師を勤めております。社内での講演で顎のヒアルロン酸についての説明をさせて頂きました。
その際、数例ですがヒアルロン酸注入後の経過を追ったところ、ボラックスの方が他の製剤より腫れの期間と程度が2〜3日少ない結果となりました。

鼻ヒアルロン酸注射/注入の治療の流れ

①予約サイトよりご予約して頂きます。
②当日来院していただき、カウンセリングからスタートです。
クリニック受付
③医師の診察で最終的な方針を決めます。
医療脱毛カウンセリング
④お支払い後(各種クレジットカード対応・医療ローンあり)、いよいよ処置になります。
⑤処置時間はおよそ10~15分程度と短時間です。
鼻ヒアルロン酸クレヴィエル
⑥確認後、ご帰宅となります。
※メイクは当日直後から可能ですが、注入部位へのメイクは数日避けて頂くと無難です。

鼻ヒアルロン酸注射/注入の相場と目安/料金/値段/価格

鼻ヒアルロン酸注入の相場は安いクリニックで¥60,900円から高いクリニックで¥165,000円程です。これに別途オプション代金がかかってくるイメージです。

当院ではお得で安い価格でヒアルロン酸のご案内が可能です。鼻根・鼻筋・鼻先・鼻中隔の4ヶ所から施術したい部分をお選び頂けます。
当院では、鼻ヒアルロン酸施術にあたり、鼻先に耳介軟骨移植をしていたり、open法で鼻中隔延長をしていたり、鼻先の手術歴がある方以外は全例マイクロカニューレ針を使用させて頂いております。長いマイクロカニューレを使用することで、血流障害リスクと内出血リスクを防ぎつつ、美しい仕上がりを目指します。

お得なモニター募集中でございます!

ジュビダームビスタ ボラックス 1ヶ所¥96,800 モニター様1ヶ所¥48,400
マイクロカニューレ針 ¥4,400
麻酔 ¥4,400

鼻ヒアルロン酸注射/注入のよくある質問

鼻根・鼻筋・鼻先全てにヒアルロン酸が必要ですか?

ほとんどの方は鼻根・鼻筋にヒアルロン酸ボラックスを注入することで、美しい鼻筋が期待出来ます。鼻根にヒアルロン酸が全く入っていないと、鼻筋までの高さを自然に繋げることができず、不自然になることも多いです。他院で鼻根にヒアルロン酸を入れた方、過去に当院で鼻根にヒアルロン酸を入れている方以外は鼻根と鼻筋の両方の施術をおすすすめします。鼻先については、鼻軟骨の硬さによっては形がうまくでない場合があります。医師が実際に診察させて頂き、適応を見極めます。

鼻先にヒアルロン酸を注入するのは危険だとみたのですが?

鼻先は血管が集まる部位であり、海外の論文でも血流障害から鼻先へのヒアルロン酸注入の危険性については触れられています。当然、ヒアルロン酸を注入することが危険な部位であります。
当院では、マイクロカニューレを使用し、鼻筋側からヒアルロン酸を注入し、スペースを作っていく施術方法でヒアルロン酸による血管塞栓リスクを最大限小さくしております。医師の経験値によって事故発生率は大きく変わってきます。
当院では鼻先のヒアルロン酸施術で良好な結果を出し、現在のところ事故発生率は0%です。

鼻のヒアルロン酸はどこからどのように注入しますか?

過去に鼻の手術歴のない方は、鼻先の1箇所に針穴を開け、そこからマイクロカニューレと呼ばれる針先が尖っていない丸い針で、鼻根、鼻筋、鼻先の全てに注入していきます。これだけを聞くと、物凄く痛いのではないか?と思うかもしれませんが、違います。痛いのは針穴を開ける一瞬のみで、それより先はヒアルロン酸にも麻酔が含まれておりますので痛みを感じにくくなっております。ほぼ全ての方が予想より痛くなかったとおっしゃっております。
マイクロカニューレ

鼻を真っ直ぐにしたいのですが、曲がりませんか?

元々お鼻が曲がっている方のお鼻を真っ直ぐにすることは出来ません。
お鼻は常に「真ん中問題」と呼ばれる問題があります。あなたの眉間の真ん中から、鼻先へ線を引いてみてください。この線が99%の方は曲がっているかと思います。この曲がりに素直に従いヒアルロン酸注射をしますと、曲がりが強調されてしまいます。逆に、この流れに逆らって実際に見て真ん中だと思う線に沿ってヒアルロン酸を注入すると、真ん中がずれて注入されているように感じてしまいます。
結局はこの「眉間の中心と鼻先を結んだ直線」と「実際に見て真ん中だと思う線」の中間点を探し、医師のデザインで仕上げていきます。100%真っ直ぐになることは通常あり得ません。

万が一失敗した際は、ヒアルロン酸を溶かせますか?

はい、溶かせます。除去をしなくても体内に自然に吸収されていきますのでご安心下さい。ヒアルロン酸溶解注射はアレルギーリスクが高くなっております。そのため、ヒアルロン酸を溶かす際は、値段は高いですがアレルギーの起こりにくいハイレックスを使用することをおすすめしております。

鼻ヒアルロン酸の追加(追いヒアル)はいつすれば良いですか?

鼻のヒアルロン酸の追加期間は、追加前のヒアルロン酸の持続期間と追加するヒアルロン酸製剤の質によって変わります。
また、ヒアルロン酸を一度溶かしてから注入しなおすのか、ヒアルロン酸を溶かさずにその上にヒアルロン酸を注入するのかでも変わってきます。
基本的には追いヒアルはあなたが鼻のヒアルロン酸が減ってきたな、と感じた時点で追加して問題ありません。鼻が気にならなくなる、ということが鼻整形での最大のメリットですので、このメリットがなくなる(=鼻が気になり出す)時点で追加してしまいましょう。
完全にヒアルロン酸がなくなってから注入する人はおりません。理由は、完全にヒアルロン酸がなくなると鼻が低くなる時期が出てくるからです。

それでも、一般的にいつ注入をしたら良いのか知りたいという方もいらっしゃると思いますので、説明をしていきます。
当院で使用するボラックスとクレヴィエルは、持続期間がボラックスは18~24ヶ月、クレヴィエルが15ヶ月程度です。再注入をされる方は、大体6ヶ月から1年後に再度来院され再注入をされていきます。従いまして、多くの方は持続期間の3分の1から2分の1で再注入をしていることがわかります。注入したヒアルロン酸が半分以下になる前に注入することがおすすめです。

以前施術した鼻のヒアルロン酸を溶かして、その場所にもう一度ボラックスを注射できますか?

以前に注入したヒアルロン酸で失敗した方や、アバターのようになってしまった方は一度ヒアルロン酸を溶かしてから注入することもオススメします。溶かすかどうかは、一度診察してみなければわからないため、溶かした方がいいかどうかは診察の上決定させてください。
以前注入したヒアルロン酸がクレヴィエルやボラックスのような、硬いヒアルロン酸の場合はヒアルロン酸溶解注射をせずに再注入が可能なことが多いです。それは、追加してもアバターのように広がりにくく、純粋に高さを増してくれる場合が多いからです。
以前注入したヒアルロン酸が、ダイヤモンドフィールやレスチレン、ボリューマなど硬さがたりないヒアルロン酸の場合は一度溶かすことが多いです。それは、硬いヒアルロン酸の追加によってもごまかしきれないくらい太く、アバターのような鼻になっているケースがあるからです。
以前注入したヒアルロン酸の量が少ない場合は、溶かさずに上から硬いヒアルロン酸をのせると綺麗な鼻に仕上がることもありますが、以前注入したヒアルロン酸の量が多い場合は、溶かした方が良い結果になることが多いです。

太い鼻筋が出来ていた方は以前注入したヒアルロン酸を溶かしても、その広い鼻筋のスペースは脆弱な組織になっています。一般的にはヒアルロン酸溶解注射の効果は数日と言われているため、ヒアルロン酸を溶かしてから7日後には再注入をすることが出来ます。しかし、溶かしてから日数が経過していないほど、新たに注入したヒアルロン酸が以前に注入したヒアルロン酸の広さまで広がってしまう場合があります。これを防ぐには、ヒアルロン酸を溶かしてから期間をなるべく長く開けること、なるべく硬い広がりにくいヒアルロン酸を使用することになります。

鼻ヒアルロン酸注射/注入を、あなたも実績多数の当院で相談・治療しませんか?

ヒアルロン酸注入は上手く施術することができますと、プロテーゼよりも高さもでますし、より希望に沿った形にも整形することが出来ます。豊富な経験によるデザイン力でお鼻を整えます。クリニックにより技術力に差がありますので、ご自身の目で見ていいなと思った方、詳細を知りたい方は当院へご相談にお越しくださいませ。
当院は全国から患者様にご来院頂いております。

当webページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持ったレナトゥスクリニックの医師監修のもと掲載しています。

まずは無料カウンセリングへ!
lineでwebから気軽に簡単予約ができます。
↓予約はこちらから↓

予約する

 

関連記事

  1. ボラックス

    ボラックスXC-VOLUX XC|【公式】ヒアルロン酸注入…

  2. 貴族ヒアルロン酸・フィラー注射とは?|レナトゥスクリニック東…

  3. ヒアルロン酸都内上手い名医

    お顔にオススメのヒアルロン酸注射とは|レナトゥスクリニック東…

  4. ボリューマ

    ボリューマXC-VOLUMA XC|【公式】ヒアルロン酸注入…

  5. ほうれい線撃退法

    何とかしたいほうれい線を一番効果的で簡単に消す方法|レナトゥ…

  6. 【ヒアルロン酸紹介割引】紹介すればするだけお得になる紹介割引…

PAGE TOP