頬がこける年齢は?

頬こけ年齢は?

体は元気なのに周りから「元気ない?」と言われることが多くなったと実感している方。

それ、「頬こけ」かもしれません。

頬こけは、頬にくらい影が入って見えることで「いい感じに痩せた」というよりは「やつれてる」という方がしっくりきます。頬こけがあるだけで実年齢よりもだいぶ老けてみえてしまい、ネガティブな印象になってしまいます。

頬こけが目立ってくるのは、だいたいどのくらいからなのでしょうか。原因も含めて解説していきます。

 

頬がこける年齢は?

頬がこけるのは、頬の皮膚が衰えるからです。頬こけが目立ち始めるのは皮膚が老化しやすい30〜40代です。

特に、脂肪が減少し皮膚のボリュームがなくなってしまうことが一番の要因です。20代までは頬の脂肪がたくさんあり、少し痩せてもまた回復するのでそこまで気になりませんが、年齢を重ねると落ちた脂肪はなかなかもどりにくくなります。(若い時よりも代謝が落ちたり、食事の量が減ることに起因します。)すると、頬の脂肪の量が減り、余った皮膚が下に落ちてしまうことでくぼんで見える部分があらわれるのです。その脂肪が減り始める時期が30〜40代くらいです。

ただ、20代の若い方でも、骨格や遺伝、痩せやすい方は頬こけが目立つ方もいらっしゃいます。頬こけがあると、心が元気でも疲れてみえたり、老けてみえてしまうので、できれば早めに対策したいものです。

 

頬こけの原因は?

頬がこけるのは多くは加齢変化によるものです。皮膚・脂肪・靭帯・筋肉・骨が衰えると、肌のハリが失われ頬がやせてしまうのです。各要因について解説していきます。

皮膚の老化・たるみ

乾燥や紫外線によりダメージを受けるとコラーゲンエラスチンが変質したり減少したりするため、皮膚はハリやうるおいを失ってしまいます。その結果、頬の滑らかな曲線が崩れ、頬がこけたようにみえてしまいます。

脂肪の減少

皮膚の下には脂肪があります。この脂肪が頬のボリュームをたもってハリをだすため、若々しさに一役かっています。しかし脂肪も加齢とともに減少します。特に頬の部分は、骨と骨の間(頬骨と下顎骨の間)に位置するため、脂肪が少なくなると目立ちやすいところです。脂肪が減ると皮膚のハリがなくなるため、余った皮膚が下に落ちてしまい、もとあった部分がこけてしまうのです。

若いうちは、脂肪がたくさんあるので丸顔にみえたり太ってみえます。そのため「脂肪を簡単にとってしまおう」、と脂肪吸引をやってしまう方が多く見受けられます。適度ならばよい施術ですが、過剰に除去してしまうとたるみや凹みが新たにできてしまい、不健康な見た目になってしまいます。顔の脂肪は、一度とってしまうとなかなかもとに戻せません。ましてや、年を重ねると脂肪が生成されずらくなるので、老ける一方です。そのため、安易に脂肪をとってしまうのはおすすめしません。

靭帯のゆるみ

靭帯は骨と皮膚をつなげる繊維のようなもので、緊張することで肌がたるまずにフェイスラインをキープできます。靭帯も加齢によってゆるんできます。当然、皮膚はたるみ落ち、頬の部分の皮膚がうすくなりこけてみえるようになります。

表情筋の衰え

筋肉も加齢とともに衰える要素の一つです。とくにコロナ禍でマスクをすることが多くなったり、スマホやパソコンを見続けることで表情筋を動かす機会が少なくなっているように思われます。筋肉は使わなければ衰える一方です。そのため、筋力が低下し、顔の老化が進行しやすくなります。

骨の萎縮

加齢によって骨密度が減少し、縮んできます。頬こけに関係する骨は頬骨・上顎骨・下顎骨などで、頬を囲んでいます。これらが縮んでくることで、皮膚が引き込まれてくぼむのです。

その他

脂肪吸引、外科手術(骨切り術、フェイスリフト)などの美容施術後に、余った皮膚が垂れおちたりボリュームがなくなったことで頬こけがあらわれることがあります。

 

頬こけの予防方法

頬こけの予防としては、紫外線予防・表情筋トレーニング・マッサージがあります。

紫外線予防

皮膚にあるコラーゲンエラスチンが減少してしまうと、肌のハリや弾力がなくなってしまいます。年齢を重ねたり紫外線乾燥皮膚にダメージが与えられると、これらの美容成分減っていき肌がたるんだりくぼんだりするのです。

加齢は誰にでも起こるので防ぐことは難しいですが、紫外線や乾燥は日ごろのケアで予防することが可能です。外出をするときは、日焼け止め帽子日傘紫外線対策をしましょう。日焼け止めは2〜3時間で落ちてしまうと言われていますので、夏場は1日2〜3回ぬりなおすといいでしょう。乾燥に対しては、保湿効果の高いスキンケアを積極的に取り入れて、日頃から肌の水分を維持していきましょう。保湿はドラッグストアなどの化粧水や乳液もよいですが、高い保湿力をもつヘパリン類似物質もおすすめです。

表情筋トレーニング

大頬骨筋と小頬骨筋にアプローチする表情トレーニングが良いでしょう。

①口角をあげて頬をギュッと持ち上げる
②上の歯を見せるように笑って、キープ。
③今度は、口周りの筋肉を使って口をすぼめる
④②と③を繰り返す

マッサージ

間接的な頬こけ対策になってしまいますが、顔や頭皮のマッサージは血流やリンパの流れを改善する効果が期待できます。しかし、強く擦るのはやめましょう。肌はとてもデリケートなので、擦ったことで跡がついてしまったり余計にたるんでしまうことがあるからです。

これらの方法は対症療法的なものなので、根本原因を治すことはできません。頬コケには肌の内側から治す美容施術が効果的です。

 

頬こけの治療法

頬こけを根本的に改善するには、やはり美容施術がおすすめです。なぜなら、頬こけの原因は皮膚表面ではなく皮膚の内側にあるからです。いくらセルフケアで予防しようとしても、自分の力だけでは皮膚の内側のケアは難しいでしょう。

美容施術は主に、ヒアルロン酸注入・糸リフト・高周波治療・脂肪注入があります。どれも皮膚の内側から皮膚の老化を改善してくれるものです。患者さまの顔のバランスを客観的に判断できるので、どれも効率的で効果的な施術です。

ヒアルロン酸

頬がくぼんでいる部分に、ヒアルロン酸注入を行なっていきます。ヒアルロン酸は体内にある保湿因子で、皮膚のみずみずしさをだしてくれるものです。このヒアルロン酸を体の外から注入することで、脂肪や皮膚のボリュームが失われた部分が膨らみます。ヒアルロン酸はゼリー状の製剤なので、骨や靭帯、筋肉を傷つけることなく、ボリュームを補うことができます。こけていた頬が、キレイでなだらかなフェイスラインに仕上がります。

ヒアルロン酸のメリットはナチュラルな変化を生み出せることです。「やった感」がなく、しかし確実な垢抜けをすることができます。外科施術のように顔に傷が残ったり、ダウンタイムが長くなってしまうこともありません。

頬こけ滑らかなカーブ

頬こけにヒアルロン酸注入することで、顔が「ひょうたん型」から、美しい「逆卵型」に

頬こけくぼみをヒアルで治す

頬こけの影が、なくなりました。

頬こけヒアルロン酸で使う製剤は「ボリフト」という製剤でしわ・たるみ改善に適したものとなっています。施術時間は20分〜1時間程度です。痛みはほとんどなく、ダウンタイムはほとんどありません。持続期間は、1年〜1年半と長持ちです。美容施術の中では、気軽に受けられてコストパフォーマンスのいい美容施術となっています。

糸リフト

糸リフトはトゲのついた特殊な糸(時間が経てば溶ける)を用いて、垂れ下がってしまった脂肪や皮膚をもちあげ、下がってこないように留める施術です。物理的にひき上げるため、もち上げる力は他の施術よりも強くなります。頬こけを改善しつつ、さらに、フェイスラインをシャープにしてくれるため、若々しい見た目になります。糸リフトの刺激により、美容成分である、コラーゲンやエラスチンを増やしてくれる効果があるため、一石二鳥な施術となっています。

高周波治療(HIFU・サーマクール)

代表的な治療法の一環として、高周波や超音波の照射治療があります。具体的な施術には、サーマクールや高密度焦点式超音波治療(HIFU・ハイフ)が挙げられます。これらの治療は高周波や超音波を照射し、その熱エネルギーにより皮膚を引き締め、コラーゲンやエラスチンの産生を活性化させることを目的としています。頬こけに対してもたるみを引き締める効果が期待されます。

脂肪注入

脂肪注入は、自分の脂肪細胞を取り出して老化細胞や血液等の不純物を遠心濾過で除去し、これを術部に注入してボリュームを出す方法です。頬こけの部分に注入することでハリのある肌になります。組織として定着するため、効果が長時間持続します。

 

まとめ

・頬こけは皮膚の老化がはじまる30〜40代に目立ちやすい
・頬が痩せやすい方は若い人でも目立ちやすい。
・セルフケアでは限界がある。
・根本から治すには、美容施術がおすすめ

今回は「頬こけが目立つ年齢」について解説しました。頬こけは皮膚の老化によるものです。若いうちは、少しくらいのダメージがあっても簡単に修復できますが、年齢を重ねると治りにくくなってきます。失った脂肪もどんどん戻りにくくなってしまいます。

しかし、今回の解説で頬こけの原因が少しでもわかってもらえれば、対策を立てることができます!老化のスピードをゆるめるためにセルフケアをしながら、根本的に治すために美容施術を受けるのが理想的です。

個人的に最も効果的な方法はヒアルロン酸注入だと思います。確実に、しかもナチュラルに頬こけが改善するからです。ダウンタイムもほぼなく安全な施術ですし、頬こけにお悩みならやらない理由はないです!

レナトゥスクリニックは頬こけヒアルロン酸の症例数が豊富な医師が多数在籍しています。丁寧なカウンセリングに定評のあるクリニックで、患者さま一人ひとりの顔のバランスに合わせて施術します。みなさんが少しでも自信をもって生活できるように、全力でサポートさせていただきます。まずは無料カウンセリングへ、ぜひお越しください。

この記事の監修者
 岡田先生

レナトゥスクリニック東京田町院
岡田 楽史
コンプレックスで悩んでいた時間が、楽しい時間に変わるように。
RENATUS CLINICにきてよかった、と喜んでいただけるように。
誠意を持って関わらせていただきますので安心していらしてください。
お待ちしております。
経歴・資格
某都内病院初期研修修了
アラガン社公認 ボトックスビスタ注入認定医
アラガン社公認 ジュビダームビスタ注入認定医

instagram→dr.gacci
ヒアルロン酸の症例多数!ボケ投稿たまにのせます。

関連記事

  1. ほうれい線

    ほうれい線ヒアルロン酸注射

  2. 糸リフト(スレッドリフト)とは?

  3. アゴのヒアルロン酸

    アゴヒアルロン酸注入でEライン輪郭形成

  4. おでこ落ちてくる

    額(おでこ)ヒアルロン酸は目元に落ちてくる?鼻に流れる?

  5. 大阪(梅田心斎橋)ヒアルロン酸注入キャンペーン50%オフ

    大阪(梅田心斎橋)ヒアルロン酸注入キャンペーンモニター50%…

  6. ゴルゴライン(ゴルゴ線)のヒアルロン酸注入

PAGE TOP