【脱毛超初心者講座】脱毛中によくある疑問・質問を解説

医療脱毛の疑問

みなさんこんにちは。初心者のための脱毛と言ったらレナクリです。
今回は、脱毛中によくある質問とその回答をまとめてみました。
中には個別に記事にしてあるものもあるので、詳しくはそちらもご覧ください。

脱毛期間に関するQ&A

結構多いのが、この脱毛の期間に関するご質問です。
特に、以前に他院さんやエステさんで脱毛の経験があると、そこで言われたことと当院で言われたことが違う!となることがあります。
院やサロンによっていうことが変わると「一体どっちを信じればいいの?」となりますよね。
精一杯理論的にご説明できるように頑張ったので、一読いただければと思います。

Q1.他院で脱毛をした時に「次の照射は半年後で」と言われました。2ヶ月後だと早すぎませんか?

A1.むしろ半年後が遅すぎます。遅くても3ヶ月後には次の照射に来てください。

脱毛が全く初めての方は、最初の1-2回は2ヶ月もたてばもうすっかり普通に毛が生えてきていると思うので、あまり迷うことがないかもしれません。しかし、既に他院で何回かあてている場合だと、2ヶ月待ったけど毛がまばらにしか生えていない…ということが出てくることがあります。
「前のところでは半年待ってって言われたのに、この状態でもう当てるのは早いのでは?」「もしかしてさっさとコース終わらせるために早く来させているのでは?」なんて疑心暗鬼になる方もいらっしゃるかもしれません。
結論から言いますと、2ヶ月で全然生えてない場合、3ヶ月までは待ってもいいけどそれ以上待つ理由はないです。
照射後2ヶ月経ってまばらであっても、生えている毛がしっかり伸びていたらもう来てしまっていいと思います。
しかし、あまりにも生えていない時は、もう1ヶ月は待ってみましょう。
逆に、それ以上待つ理由は脱毛の観点から言ったらありません。
(太い毛だけが抜ければいい、というなら話は別ですが…)
毛周期の関係から考えてみましょう。
成長期が4ヶ月ある毛の場合、2ヶ月毎に照射すれば、理論的には成長期の間に2回照射することができます。
それが3ヶ月毎ならば1回、4ヶ月毎でも1回、5ヶ月以上経つと0回になってしまいます。
3-4ヶ月であれば最低1回は照射できますが、4ヶ月毎の照射にした場合、脱毛が終わるまでにかかる期間が余計にかかってしまいます。
そのため、どんなに間が空いても3ヶ月毎の照射が理想と考えられます。

Q2.次の照射まで2ヶ月待たなきゃダメですか?1ヶ月とか1.5ヶ月でも大丈夫ですか?

A2.しっかり伸びてきているならアリだけど…

逆に、1ヶ月起きに照射すれば成長期の内に何回も当てられるのでは?という意見もございますが、確かに一つの毛の毛周期に特化してみると、
例えば成長期が3ヶ月あれば3回当てられるため、一見効果としては良さそうです。
しかし、毛の成長期は、同じ部位であってもバラバラです。また、体毛において成長期の割合は20-30%と言われています。
20-30%は完全に脱毛できたとしても、残りの70%の毛はどうなるでしょう?
5回照射が終わる頃に、ようやく成長期に入る、なんてことも起こりえます。
つまり、体全体の毛で考えると、1ヶ月おきに当てるのは得策ではありません。
(お顔の毛に関しては、体毛に比べ成長期にいる毛の率が60-70%と高いため、1ヶ月おきでも脱毛できます)
もし、1ヶ月や1.5ヶ月で、体毛が全部しっかり伸びてきてしまっているなら、その間隔で当ててもいいかもしれませんが、
一般的には少し早すぎると考えられます。

Q3.顔だけ1ヶ月起きに来たりした方がいいですか?

A3.月1で来られる場合は来てもいいですが、体に合わせてで問題ありません。

当院では、全身脱毛のコースに「全身+顔」「全身+顔+VIO」のコースをご用意してございます。
そこで、きっちりされている方ほど、「体は2-3ヶ月おきって言われましたが、顔は1ヶ月おきに打てるなら顔だけ別に来た方がいいですよね?」と仰います。
理論的には、お顔の毛は成長期の割合が多いため、成長期の間に照射できるチャンスが多い方が脱毛の効果は得やすいと考えられますが、お顔の脱毛に1ヶ月おき、体の脱毛に2ヶ月おきですと、通う頻度も回数も増えてしまうため、患者様のご負担が増えてしまいます。
もし通われるのが苦じゃなければ、お顔だけ別に通われるのもお勧め致しますが、お体に合わせてでも効果に大きな差がでるとは考えにくいため、通常はお体に合わせて通っていただくことをお勧めしています。

Q4.次回照射まで3ヶ月と1週間ぐらい空いてしまうのですが、大丈夫ですか?

A4.大丈夫です。誤差の範囲です。

Q5.脱毛は5回で完了しますか?

A5.どこをゴールにするかでも変わりますが、多くの場合5回では足りません。

「減毛率」という考え方があります。これは、一回の照射でどの程度毛が抜けるかを割合で示したものです。
脱毛が完了するのを仮に95%以上の毛がなくなった時と定義します。
5回で脱毛が完了するためには、減毛率が50%なくてはいけません。
ところが、前述したとおり、脱毛される毛は成長期の毛のみであり、体毛において成長期の毛は30%を超えません。
つまり、減毛率はどんなによくても30%です。実際は、毛の密度や皮毛角など様々なパラメータが関わってくるため、どんなによくても20%程度が限界です。
減毛率30%の場合、5回終了時には83%が、
減毛率20%の場合、5回終了時には67%が、
脱毛されている計算になります。

ちなみに、減毛率30%で95%以上脱毛するには9回、減毛率20%で95%以上脱毛するには14回の照射が必要な計算になります。

脱毛の抜け方(生え方)に関する疑問

脱毛で一番不安になるのが「毛が抜けない」ことだと思います。
具体的に「毛が抜けない」事象に関してどのような理由が考えられるかは、こちらの記事をご覧ください。

Q6.1回目は毛が抜けてからしばらく生えてこなかったのに、2回目は結構早く生えてきました。

A6.「太い毛ほど脱毛されやすい」からそう感じるだけだと思います。あるいは光脱毛の影響かもしれません。

脱毛は、太い毛の方が熱エネルギーが高くなるため、脱毛されやすくなります。初回の照射時は太い毛が多いため、脱毛の効果も感じやすいですが、2回目以降は細い毛が残ってゆくため、1度目ほど劇的な効果を感じずらくなってゆくことがあります。
このため、1回目より2回目の方が効果が感じにくい、という現象も起こり得ます。
あるいは、先に光脱毛などを行っている場合、光脱毛の影響で休止期に入っていた毛が成長期に戻ることがあります。
そのタイミングが2回目照射後と重なった場合、1回目に比べて2回目の方が早く生えてきたように見える現象が起こり得ます。

Q7.VIOの形を整えたいんですが、どう当てるのがいいですか?

A7.最低2回目までは全照射し、3回目以降は生え方を見て相談するのが良いです。

VIOの特にVラインに関しては、全部なくすのではなく、「毛を薄くしたい、形を整えたい」という方もいらっしゃいます。
その場合であっても、2回目までは全部照射することをお勧めしております。2回目ぐらいまでならまた生え揃ってきますし、
全照射することによって毛の量自体を少なくし、また、毛質も細く柔らかい毛だけを残すことができるからです。
3回目からは形を整えるように照射し、3回目照射後にまだ結構生えてくるようであれば、4回目もう一度全照射、と言った具合に調整してゆくことをお勧めしております。

肌荒れ時の照射に関して

肌荒れがあると、照射して良いのかどうか不安になりますよね。
実は肌荒れの種類によって、照射できる場合とできない場合があります。

Q8.ニキビがあっても照射できますか?

A8.極端に炎症がひどいニキビでなければ照射できます。

例えば、炎症が強くて出血し赤黒くなっているようなニキビは、レーザーが反応してしまう可能性があるため避ける必要があります。
しかし、炎症が軽度のニキビや、俗にいう「白ニキビ」と呼ばれる状態のものは、むしろ照射することで改善するとの報告もございます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

Q9.アトピーがあっても照射できますか?

A9.掻きすぎて出血していなければ照射できます。

例えば痒みが酷くて掻破してしまい、出血しているような場合や、皮膚のバリア機能が低下して感染症にかかってしまっている場合は照射できません。
逆に言うと、その状態を除けば照射は可能です。
また、アトピーの方は「C繊維」と呼ばれる痛覚を伝達する神経が表皮まで伸びてきており、
これが原因で慢性的な痒みを感じると言われております。
脱毛のレーザーを照射することで、このC繊維を後退させる効果が期待できると考えられており、この効果により痒みを抑制することでアトピー改善に対する補助的な効果が期待されます。

Q10.化粧品や薬品でかぶれてしまったんですが、照射できますか?

A10.炎症が長引く可能性があるため、患部を避けての照射になります。

患部が限局している場合はそこを避けての照射になりますが、患部が広範囲に渡る時は、照射自体を見合わせた方が良いと思われます。

Q11.ヘルペスができているんですが、照射できますか?

A11.感染症がある場合、増悪する可能性があるので照射できません。

ヘルペスのみならず、その他の皮膚感染症全般(ニキビ・毛嚢炎を除く)に対してなのですが、照射の刺激により感染症が増悪する可能性があるため、照射はできません。

脱毛照射条件について

Q12.最初からヤグであてたいんですが、、、

A12.特別な理由がない限り、あえて最初からヤグを使う必要性はあまり感じません。

「ヤグの方が硬毛化しないと言われた」「ヤグの方が効果がいいと言われた」との理由で、最初からヤグを使いたいと仰る方もいらっしゃいます。
結論から言うと、敢えて最初からヤグを使う理由はあまりありません。
まず、前提の知識として、アレキサンドライトレーザーの方がヤグレーザーより黒色に反応しやすいです。従って、アレキサンドライトレーザーの方が毛に効きやすいのは当然です。
ヤグレーザーの方が毛に効きにくい代わりに、安全性が高いのです。
ヤグを使っても硬毛化するときはしますし、日本人(アジア人)の毛質であればアレキサンドライトの方が抜ける効率は良いと考えられております。
そのため、最初はアレキサンドライトレーザーを用いて大方脱毛してから、残りの脱毛されにくい毛(皮毛角の大きい毛など)をヤグで脱毛すると言う方法が一番効率が良いと考えられます。
ただし、他院ですでに脱毛を経験されて硬毛化していたり、慢性的な日焼けをされていてお肌がかなり黒かったり、VIOの黒ずみがひどい方などはこの限りではありません。

Q13.出力は自分で決められますか?

A13.当院では経験豊富な看護師が適切な出力に調整しております。

出力は高い方が効果が出ますが、無闇に高くすればいいと言うものでもございません。
適切な出力にしなければ火傷のリスクも高くなります。また、あまりにも痛みが強くて続けられないのであれば意味がありません。
そのため、痛みの感じ方や肌の状態を見ながら、医師・看護師の判断で出力は調整させていただきますのでご了承ください。

まずはお気軽にご相談ください!

これから脱毛しようと考えている時、もしくは実際に脱毛の施術を受けている時、これってどうなの?と疑問に思われることも多いと思います。
当院ではLINEによるご相談も承ってございます。
まずはお気軽にご相談ください。

まずは無料カウンセリングへ!
↓予約はこちらから↓

予約する

関連記事

  1. 名古屋の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック

    名古屋の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック

  2. 大阪ジェントルマックスプロ

    【最新最多18選】大阪(梅田・心斎橋)ジェントルマックスプロ…

  3. 医療脱毛の支払いにクレジットカードが最適な理由とは

  4. 医療脱毛の選び方

    失敗しない医療レーザー脱毛の選び方

  5. おすすめクリニック顔脱毛

    顔の医療脱毛おすすめ3選!料金や回数・産毛への効果は?

  6. 麻酔なし

    医療脱毛は麻酔なしで大丈夫?麻酔ありならおすすめのクリニック…

最近の記事

  1. 名古屋のほうれい線ヒアルロン酸が上手い先生・名医と安いおすすめのクリニック
  2. 肌をきれいにする美容皮膚科なら レナトゥスクリニック
  3. 美容クリニックはやばい?行ってはいけない?
  4. 医療脱毛の口コミ
PAGE TOP