脱毛レーザーの種類(波長の違い)アレキサンドライト・ダイオード・ヤグ

脱毛レーザーの種類

医療脱毛では、アレキサンドライトレーザー(755nm)、Nd:YAGレーザー(1,064nm)、ダイオードレーザー(800~810nm、940nm)の3種類が脱毛レーザーに使用されます。

長期的な減毛率は、レーザーによる差はほとんどないと考えられています。
光脱毛(intense pulsed light:以下IPL)はやや減毛率が低い印象と言われています。

統括院長医師 副田周
統括院長医師 副田周
僕のおすすめは、アレキサンドライトとヤグレーザーの併用です!

3つの波長について、それぞれ解説をしていきますね。

レーザー深達度

 

アレキサンドライトレーザー(Alex)

熱破壊式(ショット式)で使われ、痛みが少なく脱毛効果が出やすい

アレキサンドライトレーザーを搭載する脱毛器は日本国内では最も多く、主にショット式脱毛器に採用されています。
755nmの波長はメラニン選択性が高く、毛根を効率的に加熱し、発毛にかかわる組織(発毛中枢)を機能的に破壊できるので、患者様の減毛実感が良いとされています。
このメラニン選択性の高さは、色黒肌や日焼け肌では熱傷のリスクが高くなるので、ほとんどのアレキサンドライトレーザー搭載機では冷却システムが採用されています。しかしながら、スキンタイプVからⅥの色黒肌では、冷却システムを用いてもアレキサンドライトレーザーで脱毛をすることは避けた方が良いでしょう。
アレキサンドライトレーザーは、皮膚への深達度が浅いので、他のレーザーに比べ疼痛が弱く、痛みを我慢できない患者様はごくわずかと言われています。ただし、蓄熱式脱毛と比較すると痛みは強い傾向にあります。
日光色素斑、老人性色素斑、そばかす等の皮膚の色素性病変改善効果もあり、美白治療も可能ですが、その効果は限界があり、限定的です。また、他のレーザーと比較して、硬毛化の報告も多くなっています。(単純に日本国内で最も使用されているため、報告件数が多いだけかもしれません)

波長 メリット デメリット
755nm ・メラニンへの吸収率が良いため比較的低いフルエンス(出力)で効果を得られ、比較的痛みが少ない 波長が短くやや深達度がやや浅い

色素沈着した肌に弱く、表皮焼けを起こしやすい

アレキサンドライトレーザーは、メラニンへの吸収率が良いため、色白で毛のメラニン量が多い(毛が黒い)人にとっては効果が高く脱毛されると考えられます。また、比較的低い出力で効果を得られるため、痛みを抑えることができます。

ダイオード(Diode)レーザー(半導体レーザー, Diode)

蓄熱式脱毛で使われ、痛みは少ない

ダイオードレーザーはショット式脱毛器にも使われていますが、蓄熱式脱毛機のほとんどがダイオードレーザーを採用しています。
従来のショット式脱毛器の理論背景となる選択式光熱融解理論が進化発展した拡大選択的熱融解理論(extended theory of selective photothermolysis)に基づき、毛包だけではなく、バルジ領域もターゲットとして開発されました。
蓄熱式脱毛は、低フルエンスの毎秒10Hz程度の短い間隔でレーザーを照射することで、皮下のバルジ領域を含む毛包全体に熱を蓄積させて脱毛をします。
蓄熱式脱毛は、疼痛が最小限なので、疼痛が苦手な患者様や疼痛の強いヒゲ脱毛、また若年者の脱毛には蓄熱式ダイオードレーザーが好んで使用されることがあります。
Nd:YAGレーザー同様に、スキンタイプ影響を受けにくく、濃いスキンタイプにも適応可能です。硬毛化はショット式脱毛器と比較すると少ないと言われていますが、症例数の増加とともに、蓄熱式でも硬毛化の報告が増えています。
皮膚にプローべを滑らすように照射するので、処置時間が短い利点がありますが、ジェル自体の不快感やジェルを拭き取る時間が必要です。
ショット式ダイオードレーザーはND:YAGレーザーより弱い、重い疼痛があります。その対策として、皮膚を吸引して最小限のフルエンス(出力)で照射するショット式ダイオードレーザー脱毛器(ライトシェアデュエット等)があります。

波長 メリット デメリット
800~900nm(810nm, 940nmが多い) AlexとYAGの中間的なレーザー

・圧迫や吸引して照射するため、皮膚が進展され、均一で深達性の良い照射ができる

・ハンドピースが重くやや大きいので皮膚の凹凸構造が複雑なVIOや顔、痩せ型の人は少し照射が難しい

看護師の施術技術に差がでやすい

・皮膚表面から離すとフルエンスが大きく下がるため、ハンドピースが浮かないように注意する。

ダイオードレーザーの多くで蓄熱式脱毛が可能です。ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの中間的なレーザーで、機械の値段が比較的安価なため、ダイオードレーザーを用いた脱毛も比較的安価で提供されていることが多いです。

ヤグ(YAG)レーザー(Nd:YAG laser, YAG)

熱破壊式(ショット式)脱毛で使われ、痛みは強く脱毛効果が高い

Nd:YAGレーザーはメラニンの影響を受けにくく、スキンタイプが濃い患者様や日焼けの可能性のある患者様でも、他のレーザーよりもリスクを抑えて脱毛照射をすることができます。ただ、当院では、日焼け肌への脱毛は行なっておりません。日焼け肌ですと、ヤグレーザーでも火傷を起こした症例がございます。
また、波長が長く皮膚内部に比較的深く到達するので、毛根が深いひげ脱毛に有利と言われています。
背中の産毛脱毛においても、アレキサンドライトレーザーより減毛率が高いという意見もございます。硬毛化対策の波長としてもよく使用されます。
しかし、皮膚の深くまでレーザーが到達するので、疼痛(痛み)が強いとも言われています。
レーザー脱毛器としては脇役的な存在ですが、他のレーザーの欠点を補うことができます。
Nd:YAGレーザーは、他に毛細血管拡張症、赤ら顔、ニキビ跡の赤みにも効果があります。さらに、皮膚からハンドピースを浮かせて打つ10Hz程度の高速中空照射がリジュビネーション効果(若返り効果)をもたらし、小皺や肌理・化粧ノリが改善し、毛穴の改善効果もあると言われており、Nd:YAGレーザーは美肌レーザーとしても有用性があります。

波長 メリット デメリット
1064nm 波長が長いため深達性が高い

・表皮焼けを起こしにくく、色素沈着した肌にも使用できる。

・メラニンへの吸収率が低く、高いフルエンスを必要とするため、痛みが強い

真皮熱傷に注意

YAGは深達性が高いため、アレキで抜けない皮毛角の大きい毛や、硬毛化した毛に有効な場合が多いと考えられます。
一方で、メラニンへの吸収率が低いため、アレキサンドライトレーザーと比べると一回の照射で実感できる脱毛効果が劣る可能性があります。また、高い出力が必要になるため、痛みも強いことが多いです。

まとめ

脱毛で使われる波長について、おわかり頂けましたか?
あなたがどのレーザーに向いているのか気になる方は、是非一度レナトゥスクリニックの無料カウンセリングにお越し下さいね。

  • 医療脱毛では、アレキサンドライトレーザー(755nm)、Nd:YAGレーザー(1,064nm)、ダイオードレーザー(800~810nm、940nm)の3種類が使用される
  • アレキは熱破壊式で使用され、痛みが少なく脱毛効果が高い
  • ヤグは熱破壊式で使用され、痛みが強く脱毛効果が高い
  • ダイオードは蓄熱式で主に使用され、痛みが少ない

脱毛をしたい初心者から既に脱毛を開始している全ての皆様にオススメできるレナトゥスクリニックを是非、候補の一つに入れてみてくださいね。

まずは無料カウンセリングへ
24時間ご予約公式サイト受付中!公式LINEで事前相談可能!

予約する

その他医療脱毛に関する全ての詳細情報は以下よりご確認頂けます。
是非ご覧ください!

 

関連記事

  1. 効果ない・毛が抜けない

    医療脱毛は効果がないし毛が抜けない?その原因と解決法をご紹介…

  2. ジェントルレーズプロ

    ジェントルレーズプロ(Gentle lase pro)24m…

  3. 耳脱毛

    耳医療脱毛のオススメ・安い価格・痛み・疑問について解説

  4. 毛周期

    毛周期と医療脱毛の関係とは?

  5. 医療脱毛新料金

    2022年医療脱毛新料金プラン

  6. 医療脱毛何歳から

    医療脱毛は何歳からできる?おすすめの開始時期とメリットデメリ…

PAGE TOP