医療脱毛カウンセリング当日に必要な持ち物や服装は?

「カウンセリングに必要な持ち物って何?」
「契約するには何がいるの?」

この記事を見つけてくれた方はこんな疑問を抱いている方が多いのではないでしょうか。
カウンセリング時は必要な持ち物がなければ、契約できないこともあります。

特に脱毛が初めてという方は不安が大きいですよね!
医療脱毛のカウンセリング時に必要な持ち物や準備を紹介いたします。

カウンセリングの流れ

カウンセラー

1.脱毛に関しての説明

毛が生えてから無くなるまでの基本的な仕組み
医療レーザー脱毛の仕組みや、利用機械の説明、脱毛を受けるにあたっての注意事項などの説明があります。

2.問診確認

来院前、または来院直後に回答いただく問診に沿ってカウンセラーからいくつか質問を受けます。
カウンセリングで聞かれることの多い内容は以下通りです。

・既往歴(病歴、手術歴)
・肌質、肌のお悩み(蕁麻疹、アトピー、ニキビ等)
・脱毛歴
・服薬中の薬
・アレルギー
・脱毛したい部位

服薬している薬などによっては照射ができない場合もあります。
重要な質問項目ですので、持病や服薬中の薬などはメモしておくことをお勧めします。
また、服薬が複数ある場合はお薬手帳を持っていくといいでしょう。

3.プラン、料金形態説明

質問の回答に沿って脱毛する部位や回数含め、カウンセラーが最適なプランを提案します。
クリニックによってプランの組み方は様々ですが、プランを決める際のポイントの例は以下通りです。

・予約を取りやすい?
・キャンセル対応は?
・通える時間帯はいつ?
・どのような保証、無料サービスがついてる?
・照射の範囲は?

もちろんご予算に合わせたプランが一番良いというのはもちろんですが、
安いプランだと「予約が全然取れない」「照射範囲が思っていたのと違った」
「結局オプションで多くのお金を支払うことになった」などもよくあることです。
契約後に後悔をしないようにこの時点で不安な点や不明点は完全に解消しておくことをお勧めします。

4.ドクター診察

医師診察

カウンセラーがドクターに申し送りをし、それを元に診察が行われます。
大抵は普段行っているようなクリニックの診察と相違ありません。
既往歴は脱毛をするにあたって問題がないのか、肌質や肌状態が良好であるのか、
施術によるリスクや副作用などを、免許を持っている医師が詳しく説明します。

5.契約(書類説明~お支払い)

署名

カウンセリングで相談のみの場合は、こちらで見積もりを渡して以上となります。
契約まで希望の場合は、ここから契約書面等の説明や署名などが進められます。
同意書や契約書面にサインをすると、そのクリニックの方針に従うということです。
文章を読むのは大変なことではありますが、必ず一読することをお勧めします。
契約後に「あれ…?」と思うようなことがあっても「同意書に書いてあるから」
「サインをもらったから」と通じないことはよくあります。

書類署名が終わったあとはお支払いです。
現金一括やカード一括によるお支払いの場合は数分で終わることがほとんどです。
しかし、医療ローンなどを考えている場合は通常よりも時間が必要となる場合もあります。
ローン審査は数分で通る方もいれば、1時間近く時間がかかる方もいます。
事前にローン支払いを決めている場合は時間に余裕を持ってクリニックに向かうことをお勧めします。

6.予約方法説明

契約後、予約枠に空きがあればそのまま施術を受けることも可能なクリニックもあります。
ただ、その日に施術をするとなると事前にシェービンをしておく必要があるので注意が必要です。

予約方法を間違えるとペナルティとして料金が発生するクリニックもあります。
また「クーリングオフ期間が終わってから」等、予約をするにあたっての条件があるクリニックもあります。
最近はインターネットからの予約が増え、簡単そうに見えますが、
後々不安な思いをしないようにしっかり聞いておくようにしましょう。

カウンセリングに必要なモノ・準備

女性 迷う

必要なもの

・スマートフォン(LINE登録必須、予約方法は携帯のみというクリニックもあります。)
・身分証(医療ローンを組む際に提示が必要な場合あり)
・カード、現金(お試し脱毛、契約を希望の場合のお支払い手段)
・親権者同意書(未成年者の場合)
・学生証(学割を利用したい場合)
・他サロン・クリニックの会員証(乗りかえ割を利用したい場合)
・お薬手帳(飲んでいる薬が複数ある場合)

カウンセリング当日はご相談のみで考えている場合は特に必要なものはないでしょう。
ただ、最近は公式LINE登録で診察料が無料になったり、クーポンがもらえたりするクリニックがとても多くなっています。
ですので、スマートフォンは必ず持っていくようにしましょう。

身だしなみ・服装

・服装・・・テスト照射を希望する場合は、指定された照射箇所が見せやすい服装がおすすめ
また、体に傷跡やあざ、タトゥーなどがある場合はドクター診察にて見せる必要がある場合があります。
・メイク・・・カウンセリング当日に顔脱毛を希望の場合は照射範囲は避けてのメイク
ボディークリームや制汗剤も当日照射希望部位がある場合はそこは避けることをお勧めします。
・シェービング・・・お試し脱毛含め、当日の施術をする場合はその箇所のシェービングは必要となります。

身だしなみに関しては、特に指定はありません。
体に異常がない場合は口頭だけの診察で済む場合もありますし、当日の施術がない場合はメイクも普段通りで問題ありません。
ただし、腕は見せられる服装の方が良いかもしれません。半袖の時期など、腕を日焼けする方が多いので、腕で日焼けの有無や毛の生え具合を確認されることもあります。
また、体にアザ・大きなホクロ・日焼けした部位・傷がある部位がある場合は、その部位を簡単に見せられるようにしておくか、スマホの写真に入れておいて、すぐに見せられる状態にしておくと良いでしょう。

質問をいただく数が一番多いのはシェービングです。
こちらも当日に施術を希望しない場合は特に必要はありません。
ただ、お試し脱毛の希望があったり、契約後すぐに照射がしたいという場合は脱毛する部分のシェービングをしていきましょう
クリニックによってはカウンセリング当日の施術がNGの場合もありますので、各クリニックをチェックする必要があります。
契約当日の照射がNGの場合は、毛を剃っていっても照射ができないので剃る意味がありません。

レナクリに来院予定の方向け★よくあるQ&A!

以下ページにて、レナクリによくいただくご質問に回答しています!
ご来院前の不安解消のためにもぜひご覧ください。
https://renatusclinic.jp/qa/

もし、こちらで解決できなかった場合は、公式LINEでもお問い合わせを受け付けてますので
お気軽にお問い合わせください^^

まとめ

こちらの記事ではカウンセリング当日の流れや、必要なものを紹介しました。
脱毛が初めてという方は特に不安が大きいと思います。

カウンセリング時点ではわからないことだらけでも全然OKです。
無料で実施しているところが多いので気になるクリニックがあれば、気軽に受けることができます。
また「カウンセリングを受けたら契約しないといけない」ということではありません。
逆に勧誘にハマって契約してしまい、通い始めてか後悔しては遅いです。

カウンセラーはそれぞれのクリニックのプランを熟知しているのでわかりやすく説明してくれます。
「希望と違った…」ということのないように、契約前にできるだけ解消しておきましょう!
聞きたいことは事前にメモしておく等はお勧めです★

関連記事

  1. 医療脱毛機械徹底比較

    医療脱毛機械33種類を徹底比較!どれがいいのか・おすすめ順・…

  2. うなじ髪の毛含まず

    うなじ(髪の毛部分含まず)の医療脱毛

  3. 妊娠と脱毛の疑問

    医療脱毛が妊娠でできなくなる?脱毛した毛がまた生えてくる?

  4. 肝炎と医療脱毛

    肝炎(A.B.C.D.E型.その他)の既往があっても脱毛はで…

  5. 麻酔無料

    医療脱毛で麻酔無料のクリニックはある?使えないって本当?

  6. ジェントルヤグプロ

    ジェントルヤグプロ(Gentle yag pro)24mmス…

最近の記事

  1. 大阪のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  2. 東京のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  3. 大阪糸のリフトアップモニターキャンペーン
  4. 東京のたるみリフトアップ治療が安い口コミで人気のクリニックランキング
PAGE TOP