【注意】脱毛が出来ない・お受け頂けないケースとは

脱毛が出来ない場合

レナクリでは多くの方に脱毛の素晴らしさを知って頂きたいと思う一方、どうしても脱毛ができないというケースもございます。
脱毛をお受け頂く前に、自分に当てはまるかどうかチェックしてみて下さい。
Q&Aにもある程度書いてありますので、そちらも合わせてご覧ください。

強い日焼けをされている方

レーザーは黒色に反応する仕組みを利用して脱毛を行なっています。ですので、肌が黒に近いほど肌にも影響してしまいます。
具体的にはヤケドのリスクが肌が黒ければ黒いほどあがります。
強い日焼けをされている方は日焼けが落ち着いてからの処置が良いでしょう。
なお、エステやクリニックで日焼けでも可能と謳っている広告をみかけますが、可能ではありません。
レーザーはメラニンのような黒色に反応します。例外はありません。おそらく、超低出力で照射しているのでしょう。脱毛という観点からしますと意味はありません。

光線過敏症の方

光線過敏症の方は脱毛の施術を受けることが出来る方が多いです。
光線過敏症と一言で言っても、この病気には多くの原因があります。
光は様々な波長の寄せ集めです。レーザーはその中の一つの波長を使用しています。
なので、脱毛のレーザーの波長でアレルギー反応を起こすとは限らないのです。
薬剤の使用により光線過敏症になっている方もおられます。その場合は使用薬剤の変更や中止により脱毛可能となります。

光過敏性発作の方

光過敏性発作の方は脱毛の施術をお受け頂けない方がいます。
レーザは強い光を発します。施術中はタオルで目を覆ったり、ゴーグルを使用して目を保護したりします。
これにより光の影響はかなり緩和されるのですが、それでも反応してしまう方がおられます。
ですので、光により発作が起こる方は症状の程度により判断させて頂きます。

ペースメーカーをご使用中の方

患者様の担当医の判断になります。
脱毛機によりペースメーカーに影響することは考えづらいです。
しかし、100%影響しないと言い切れないです。
レナクリでは、患者様の担当医の許可があれば脱毛をすることが可能です。
レナクリでは判断致しかねますのでご了承下さい。

ケロイド体質の方

部分的に脱毛を受けることができません
ケロイド体質かどうかを判断する簡単な方法があります。
それは、小さい頃受けたハンコ注射の痕です。ケロイド体質の方は傷が膨らんでいたり、未だに白色になっていません。
胸の真ん中あたりのキズが治らないというのも参考になります。
わからない方はレナクリまでご連絡下さい。
LINEオフィシャルアカウントで写真を送っていただけると判断できる場合があります。
LINEオフィシャルアカウント 

ケロイド好発部位を避ければ脱毛できます。
ただし、通常より低い出力で様子を見ながら進めていきますので回数はかかると思います。

HIV・HCV・HBV・梅毒の方(血液媒介性感染症の方)

血液を介して病気が感染する方はレナクリでは脱毛できません
理由としては万が一血液が脱毛のヘッド部分についたとしても完全な滅菌は不可能なこと。
また、レーザーの衝撃により皮膚や血液が施術者に被爆し感染するリスクが少なからずあるからです。
当院では性病の血液検査も行なっておりますので、気になる方はぜひ検査をしてから脱毛に臨んでください。

血が止まりにくい方

血小板が少なく血が止まりにくい方・血をサラサラにするお薬を飲んでおられる方は患者様の担当医の判断によります。
脱毛によりもし内出血が生じた場合、その出血が広がってしまう場合があります。
何日もアザに悩まされることになるかもしれません。
しかし、血が止まりにくいと言ってもレベルがあります。
ですので、レナクリでは担当医様の判断により施術可否を決めます。
レナクリでは判断致しかねますのでご了承ください。

タトゥーの場所

タトゥーがある場所は照射できません
タトゥーに反応してタトゥーが変色したり、部分的に色が薄くなったりする場合があります。
また、色素に反応してヤケドするリスクもありますので、タトゥーある場所には脱毛が出来ません。
もちろん、タトゥーが入っている場所以外には照射できますので、お気軽にご相談下さい。

金の糸の施術を受けたことがある方のお顔・金属製剤内服中の方

金の糸を顔に入れている方はお顔の脱毛が出来ませんその他部位は可能です。
金の糸が入っているとレーザーと反応し、ヤケドのリスクが高まります。金の糸が組織内でコイル状になっている可能性もありヤケドの危険が高いです。
ご病気で金属製剤を飲んでおられる方についても脱毛はしない方が良いでしょう。過去にレーザーに反応して、シミのようになったり照射部位に沿って肌の色が変化した事例がみられました。

悪性腫瘍がある方

直接的な影響があるかは不明ですが、万が一影響があったことを考えるとレーザー照射しない方が良いでしょう。

まずは無料カウンセリングへ!
↓ご予約はこちらから↓

予約する

 

関連記事

  1. vio毛の シェービング方法

    VIOの正しい自己処理方法!ツルツルにするやり方は?必須グッ…

  2. 50代医療脱毛おすすめ

    50代の医療脱毛におすすめのクリニック

  3. xeo脱毛器

    脱毛器ゼオ(xeo)とは?

  4. 麻酔クリーム

    医療脱毛の麻酔クリーム(表面麻酔)VIOは効果どのくらい?効…

  5. 脇毛自己処理方法

    【女子必見】脇毛処理方法電気シェーバーとカミソリの使い方

  6. ラシャトップ

    脱毛器ラシャとは?

最近の記事

  1. 大阪のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  2. 東京のたるみ治療リフトアップが上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ
  3. 大阪糸のリフトアップモニターキャンペーン
  4. 東京のたるみリフトアップ治療が安い口コミで人気のクリニックランキング
PAGE TOP