【2024年版】クマ取りの種類別メリット・デメリット・リスクとは?専門医が徹底解説

【2024年版】クマ取りの種類別メリット・デメリット・リスクとは?専門医が徹底解説
目の下のクマ取りおすすめ第1位経結膜脱脂術はレナトゥスクリニックが安いのに技術が高くおすすめです!絶対にチェックしておきましょう。

目次

クマ取りとは

クマ取りとは

クマ取り手術は、特に加齢や遺伝的要素により目の下に現れる脂肪のふくらみを美容医療で効果的に解消する施術です。このふくらみ、一般に眼窩脂肪と呼ばれるものは、時間とともに皮膚を押し出し、目の下のクマやたるみの原因となります。目の下のクマは日常生活で自覚しにくいものの、写真撮影や他人からの指摘で気づかされることが多いです。

切らないクマ取り・たるみ取り手術では、下まぶたの裏側からアプローチを行い、眼窩脂肪を根本から除去します。この方法は根本的な改善を目指すとともに、目元の若々しさを保つためにも重要です。手術はまぶたの裏側の粘膜を通じて行われるため、外からは傷跡が見えず、抜糸の必要もありません。これにより、忙しい日常を送る方でもダウンタイムは数日から2週間程度なので、心配せずに施術を受けられます。

目の下の脂肪が皮膚のたるみを悪化させる前に、若い年代で施術を受けてしまうことで、長期的にはたるみ予防にも効果的です。クマ取り手術は、見た目の改善だけでなく、自信を取り戻す一助となるでしょう。

クマの種類ごとのクマ取り方法

自分の目の下のクマがどのタイプに該当するかを正確に把握し、それに合った治療方法を選ぶことが重要です。黒クマ、茶クマ、青クマなど、クマの種類によって適切な治療方法は異なります。

ほとんどの方はクマができる要因が複合しています。

クマの種類 特徴 原因 推奨される治療方法
黒クマ 目の下の脂肪が出ていることによる影 眼窩脂肪ヘルニア
皮膚のたるみ
経結膜脱脂術
ハムラ
裏ハムラ
目の下の皮膚切除
茶クマ 茶色く見える色素沈着(アトピーなど) 病気、乾燥、加齢、アザ、ソバカス 擦らない習慣
レーザー
青クマ 青っぽく透ける皮膚が薄く血管や眼輪筋が見える 血行不良、疲労、睡眠不足 リジュラン
スネコス
ゴウリ
美容注射
混合クマ 上記の複数の特徴が混在 複数の要因が組み合わさる 複合的なアプローチが必要

▶︎目の下のクマ治療。あなたのクマはどの種類?

目の下のクマとり種類ごとのメリットとデメリット一覧

メリット

目の下のクマ治療には種類があり、それぞれの治療にメリットとデメリットがあります。あなたに合った施術をレナトゥスクリニックで見つけましょう。

経結膜脱脂術 目の下のたるみとり手術+脱脂 ハムラ法 裏ハムラ法 脂肪移植 ヒアルロン酸注入 PRP+FGF注射 コラーゲンブースター注射 レーザー治療
施術内容 目の下の結膜部分から眼窩脂肪を取り除く施術 下まぶたの表側を切開して、余分な皮膚を切除し、眼窩脂肪を取る施術 下まぶたの表側を切開して、余分な皮膚を切除し、眼窩脂肪を移動再配置する施術 下まぶたの裏側(経結膜側)を切開し、眼窩脂肪を移動再配置する施術 採取した脂肪を目の下に注入しクマを埋める施術 ヒアルロン酸を目の下に注入しクマを埋める施術 PRP+FGFを目の下に注入し組織を増殖させクマを埋める施術 コラーゲン産生を増加させ皮膚厚を増やす治療
肌のメラニンを除去する治療
対象のクマ 黒クマ 黒クマ 黒クマ 黒クマ 黒クマ 黒クマ 黒クマ・青クマ 青クマ 茶クマ
メリット 根本治療で料金がリーズナブル
若々しく明るい印象になる
1回の手術で効果が得られる
ダウンタイムが短い
抜糸が不要
傷跡が残らない
将来的なシワとたるみの予防
クマ・たるみの改善
当日からメイクが可能
隠れていた涙袋が出る
余分な皮膚を切除できる 余分な皮膚を切除できる
仕上がりが気に入らなければクマは元に戻せる
※医師の手技による
仕上がりが気に入らなければ元に戻せる 半永久的に持続する可能性がある 注射のみで手軽
ダウンタイムが少ない
気に入らなければ溶かせる
注射のみで手軽
ダウンタイムが少ない
半永久的な効果
自然な仕上がり
ダウンタイムが短い
料金が安い
半永久的に除去
デメリット 医師によっては適切な量の脂肪を除去しきれずクマが思ったより改善されない可能性がある
眼窩脂肪の取りすぎで目の下が凹む事可能性がある
皮膚に傷跡が残る
皮膚が取りきれない場合がある
ダウンタイムが長い
下眼瞼外反のリスクがある
料金が高い
再発リスクがある
皮膚に傷跡が残る
皮膚が取りきれない場合がある
ダウンタイムが長い
下眼瞼外反のリスクがある
料金が高い
再発リスクがある
ダウンタイムが軽結膜脱脂術と比較し長い
皮膚のたるみやシワは改善しない
料金が高い
脂肪が定着しにくい
ダウンタイムが長い
繰り返し施術する必要がある
将来皮膚が薄くなると凹凸が目立つ
永久には持続しない
思ったような仕上がりにならない可能性
ボコボコになる可能性
永遠に膨らみ続ける可能性
一生後悔する可能性
効果が低い可能性
複数回治療が必要な場合がある
ダウンタイムが長い場合がある
再発する場合がある
麻酔の種類 局所麻酔、ブロック麻酔 局所麻酔、ブロック麻酔、静脈麻酔 局所麻酔、静脈麻酔 局所麻酔、静脈麻酔 局所麻酔、静脈麻酔 局所麻酔、ブロック麻酔 局所麻酔、ブロック麻酔 局所麻酔、ブロック麻酔
表面麻酔、局所麻酔、ブロック麻酔
こんな方にオススメ 目の下のクマが気になる方
黒クマの方
20~30代でクマがある方
疲れ、老け見えの目元の印象を明るくしたい方
ダウンタイムはできるだけ少なくしたい方
目の下の皮膚のたるみが気になる方
外反リスクを許容できる方
皮膚のたるみ・シワが気になる方
ダウンタイムが取れる方
外反のリスクを許容できる方
皮膚の表面に傷痕を残したくない方
目の下のクマが気になる方
裏ハムラをやってみたい方
半永久的な効果を得たい方
凹凸リスクや長期予後を許容できる方
目の下のクマが気になる方
20~30代でクマがある方
疲れ、老け見えの目元の印象を明るくしたい方
ダウンタイムはできるだけ少なくしたい方
高いリスクを許容できる方 まずは注射からはじめたい方
手術やヒアルロン酸に抵抗がある方
茶クマが気になる方
ダウンタイム 数日〜2週間程度 数週間~数ヶ月程度 数週間~数ヶ月程度 数週間~数ヶ月程度 数週間~数ヶ月程度 数日~2週間程度 数日~2週間程度 数日~2週間程度 数日~2週間程度

経結膜脱脂術のメリットとデメリット

経結膜脱脂術とは

経結膜脱脂術は、目の下の結膜部分からアクセスして眼窩脂肪を取り除く施術です。この手術は特に黒クマが対象で、目の下の不自然な膨らみを減少させることを目的としています。

メリット

  • 根本的な治療であり、一回の手術で長期的な効果が期待できる。
  • 料金が比較的リーズナブルで、若々しく明るい目元を取り戻すことが可能。
  • ダウンタイムが短く、手術後すぐに日常生活に戻れる。
  • 抜糸が不要で、手術痕が残らないため見た目が自然。
  • 将来的なシワやたるみを予防し、目元全体の若返り効果がある。
  • 当日からメイクが可能で、隠れていた涙袋がよりはっきりと現れる。

デメリット

  • 医師の技術によっては適切な脂肪の除去が行われず、クマの改善が不十分な場合がある。
  • 脂肪を取りすぎると目の下が凹み、不自然な見た目になるリスクがある。

適用される麻酔と推奨される対象者

この手術は局所麻酔またはブロック麻酔で行われ、特に20代から30代で目の下のクマ、特に黒クマに悩む方や、疲れた印象を改善したい方にオススメです。ダウンタイムを最小限に抑えたい方にも適しています。

ダウンタイムは通常数日から最大2週間程度であり、手術の影響が日常生活に及ぼす時間は限定的です。

目の下のたるみ取り手術+脱脂のメリットとデメリット

目の下のたるんでいる皮膚を切り取る根本的な治療ですが、外反リスクというデメリットがあります。

メリット

  • 余分な皮膚の切除が可能で、目の下のクマやたるみが著しく改善されます。
  • 眼窩脂肪を除去することで、目元が若々しく、はっきりとした印象になります。
  • 黒クマ対策に直接的な効果があり、長期的な解決策を提供します。

デメリット

  • 皮膚に傷跡が残る可能性があり、場合によっては目立つことがあります。
  • 全ての余分な皮膚を切除することが難しい場合があり、期待した効果が得られないことも。
  • ダウンタイムが比較的長く、日常生活に戻るまでに数週間から数ヶ月かかることがあります。
  • 下眼瞼外反のリスクがあり、手術後に目の形が不自然になる可能性があります。
  • 料金が高く、他の治療法に比べて経済的負担が大きいです。

使用される麻酔と適応対象

手術は局所麻酔、ブロック麻酔、または静脈麻酔を使用して行われます。この手術は、目の下の皮膚のたるみが特に気になる方や、外反リスクを許容できる方に推奨されます。手術による目の下の好印象と若返りを求める方にとって有効な選択肢です。

ハムラ法のメリットとデメリット

ハムラ法とは

ハムラ法は、下まぶたの表側を切開して余分な皮膚を切除し、眼窩脂肪を移動再配置する施術です。この手法は特に黒クマの改善に有効で、目の下のたるみやシワにも対応します。

メリット

  • 余分な皮膚を効果的に切除し、目の下のクリアな印象を復元します。
  • 眼窩脂肪を移動再配置することで、自然な仕上がりが期待でき、仕上がりに満足できなければ調整が可能です。
  • 医師の熟練した技術により、クマを元に戻す手段があるため、比較的修正可能な手術となります。

デメリット

  • 手術後の再発リスクがあり、時間とともに元の状態に戻る可能性がある。
  • 皮膚に傷跡が残ることがあり、特に皮膚が薄い方では目立つことがあります。
  • 全ての余分な皮膚を取り除くことが難しく、期待した効果が得られない場合があります。
  • ダウンタイムが長く、完全な回復には数週間から数ヶ月かかることがあります。
  • 下眼瞼外反のリスクがあり、手術後に目の形が不自然になる可能性があります。
  • 料金が高く、他の治療法と比較しても費用がかかる。

麻酔と推奨される対象者

この手術は局所麻酔または静脈麻酔を使用して行われます。主に皮膚のたるみやシワが気になる方、ダウンタイムを確保できる方、外反のリスクを許容できる方に推奨されます。

裏ハムラ法のメリットとデメリット

裏ハムラ法とは

裏ハムラ法は、下まぶたの裏側(経結膜側)を切開して眼窩脂肪を移動再配置する施術です。この方法は特に黒クマの改善に対応しており、皮膚の表面に傷を残さずに処置を行います。

メリット

  • 仕上がりが気に入らない場合、元の状態に戻すことが可能です。
  • 皮膚の表面に傷跡を残さず、見た目を重視する方に適しています。
  • 黒クマの改善に効果的で、目の下の見た目を自然に若返らせることができます。

デメリット

  • 手術後の再発リスクがあり、時間とともに元の状態に戻る可能性があります。
  • 経結膜脱脂術に比べてダウンタイムが長く、完全な回復には数週間から数ヶ月かかることがあります。
  • 皮膚のたるみやシワの改善には寄与しないため、これらの問題がある場合は他の手法が必要です。
  • 料金が高く、他の方法と比較してもコストがかかります。

麻酔と推奨される対象者

この手術は局所麻酔または静脈麻酔を使用して行われます。主に皮膚の表面に傷痕を残したくない方、目の下のクマが気になる方、裏ハムラ法を試してみたい方に推奨されます。

脂肪移植のメリットとデメリット

脂肪移植とは

脂肪移植は、患者自身の体から採取した脂肪を目の下に注入し、クマを埋める施術です。この方法は特に黒クマの改善に適しており、目の下のくぼみを自然に解消します。

メリット

  • 半永久的に持続する可能性があり、一度の施術で長期間効果が続くことが期待できます。
  • 自身の脂肪を使用するため、アレルギーのリスクが低く、自然な仕上がりになります。

デメリット

  • 脂肪が体内で定着しにくいため、効果が安定するまでに複数回の施術が必要な場合があります。
  • ダウンタイムが長く、施術後には数週間から数ヶ月の回復期間が必要です。
  • 将来的に皮膚が薄くなった場合、注入された脂肪が不均一に見えることがあり、凹凸が目立つリスクがあります。

麻酔と推奨される対象者

この手術は局所麻酔または静脈麻酔を使用して行われ、半永久的な効果を得たい方や、凹凸リスクや長期的な予後を許容できる方に推奨されます。

ヒアルロン酸注入のメリットとデメリット

ヒアルロン酸注入とは

ヒアルロン酸注入は、ヒアルロン酸を目の下に注入してクマを埋める施術です。この方法は特に黒クマに対して効果的で、目元の若返りを図ることができます。

メリット

  • 注射のみの手軽な施術で、手術に比べて低侵襲です。
  • ダウンタイムが非常に少なく、施術後すぐに日常生活に戻れます。
  • 結果に不満がある場合、ヒアルロン酸を溶かすことができるため、リバーシブルな治療法です。

デメリット

  • 永久に効果が持続するわけではなく、定期的な再注入が必要になる場合があります。
  • 施術結果が思った通りにならない可能性があり、期待と異なる結果になるリスクがあります。

麻酔と推奨される対象者

この手術は局所麻酔またはブロック麻酔を使用して行われ、目の下のクマが気になる方、特に20代から30代でクマがある方、疲れや老け見えの目元の印象を明るくしたい方、ダウンタイムをできるだけ少なくしたい方に推奨されます。

ダウンタイムは通常数日から最大2週間程度と短いため、忙しい日常生活に大きな影響を与えることはありません。

PRP+FGF注射のメリットとデメリット

PRP+FGF注射とは

PRP (Platelet-Rich Plasma) と FGF (Fibroblast Growth Factor) を組み合わせた注射は、目の下に注入し、組織を増殖させることでクマを埋める施術です。この方法は黒クマと青クマの改善に適しています。

メリット

  • 注射のみで手軽に施術が可能で、広範囲の手術を避けたい方に適しています。
  • ダウンタイムが少なく、施術後すぐに日常生活に戻ることができます。
  • 効果が半永久的に持続する可能性があり、長期的な改善が期待できます。

デメリット

  • 注射により組織が不均等に増殖することがあり、ボコボコとした凹凸が生じるリスクがあります。
  • 組織が制御不能に増え続ける可能性があり、永遠に膨らみ続けることがあるかもしれません。
  • 結果に不満が残ると、一生後悔する可能性があります。

麻酔と推奨される対象者

この施術は局所麻酔またはブロック麻酔を使用して行われます。高いリスクを許容できる方、また、長期的な効果を求める方に適しています。

ダウンタイムは通常数日から最大2週間程度であり、回復期間は短めです。

コラーゲンブースター注射のメリットとデメリット

コラーゲンブースター注射とは

コラーゲンブースター注射は、コラーゲンの産生を増加させることで皮膚の厚みを増やし、青クマの改善を目指す治療です。この治療は、自然な方法で目の下の肌質を改善することが目的です。

メリット

  • 自然な仕上がりが期待でき、肌の健康と若々しさを取り戻すことが可能です。
  • ダウンタイムが非常に短く、施術後すぐに日常生活に戻れます。
  • 比較的料金が安いため、気軽に始めやすい治療オプションです。

デメリット

  • 効果が個人差があり、期待するほどの結果が得られない可能性があります。

麻酔と推奨される対象者

この治療は局所麻酔またはブロック麻酔を使用して行われ、手術やヒアルロン酸注入に抵抗がある方や、まずは注射から始めたい方に推奨されます。

ダウンタイムは通常数日から最大2週間程度であり、治療後の生活への影響は最小限です。

レーザー治療のメリットとデメリット

レーザー治療とは

レーザー治療は、特定の波長の光を使用して肌のメラニンを除去し、茶クマを改善する方法です。この治療は、特に色素沈着によるクマに効果的です。

メリット

  • 半永久的に茶クマを除去することが可能で、目の下の明るさを回復させます。
  • 非侵襲的で、切開を伴わないため回復が比較的早いです。

デメリット

  • 治療効果を実感するために複数回のセッションが必要な場合があります。
  • ダウンタイムが長い場合があり、治療後には赤みや腫れが生じることがあります。
  • 治療効果は半永久的ですが、新たな色素沈着により再発する可能性があります。

麻酔と推奨される対象者

この治療は表面麻酔、局所麻酔、またはブロック麻酔を使用して行われます。特に茶クマが気になる方や、非侵襲的な方法でクマを治したい方に推奨されます。

ダウンタイムは通常数日から最大2週間程度であり、治療後すぐの重要な予定がない場合に適しています。

目の下のクマたるみ取りの一般的なデメリット5選

デメリット

目の下のクマたるみ取りの施術のデメリットは施術ごとに異なりますが、全ての施術に共通するデメリットを5つご紹介します。

料金が高額になることがある

目の下のクマ取りの治療は、使用する材料や技術によって料金が高額になることがあります。特に複数のセッションが必要な場合や高度な技術を要する手術では、予算を超えることも少なくありません。料金表示が明確なクリニックや、レナトゥスクリニックのように安いクリニックを選びましょう。

内出血や腫れなどのダウンタイムが長引く可能性がある

目の下のクマ取り後には、内出血や腫れが発生することがあり、これが想定よりも長引くことがあります。ダウンタイムは治療の種類や個人の体質によって異なるため、社会生活に影響を及ぼす可能性があります。

小じわが発生し、目元のコラーゲンブースターが必要な場合がある

クマ取りの施術によって皮膚が引き伸ばされたり、脂肪が取り除かれることで、新たに小じわが発生することがあります。これに対して後からコラーゲンブースターなどの追加治療が必要になる場合があります。

左右差が出る可能性がある

目の下のクマ取りの結果として、左右の目の下の見た目に差が出ることがあります。これは施術の技術や個人の顔の対称性によるもので、完全な対称を保証することは難しいです。

医師・クリニック選びで施術結果が大きく変わる可能性がある

医師の技術やクリニックの設備によって、クマ取りの結果が大きく変わることがあります。適切な医師選びやクリニック選びは、満足のいく治療結果を得るために非常に重要です。

まとめ

目の下のクマたるみ取りの施術のメリットデメリットは施術方法で異なります。一般的なデメリットは、料金が高額になる、ダウンタイムが長引く、小じわが発生する、左右差が出る、医師クリニックにより仕上がりが変わるがあげられます。自分のクマの種類から方法を選び、上手い医師やクリニックで施術を受けることが大切です。

目の下のクマ取り治療ピックアップクリニック

レナトゥスクリニック

レナトゥスクリニック大阪院

項目 内容
クリニック名 レナトゥスクリニック
場所 東京田町院
JR山手線「田町駅」西口より徒歩1分
新宿院
JR山手線「新宿駅」南口より徒歩5分
大阪院
JR大阪駅より徒歩9分
仙台院
JR仙台駅より徒歩1分
名古屋院
JR名古屋駅より徒歩3分
人気施術① ヒアルロン酸注入
バレずに即日綺麗
【¥11,000~】
人気施術② ボトックス注射
美肌シワ対策に必須
【¥2,200~】
人気施術③ 肌管理ピーリング
【¥4,400~】
全身脱毛5回 ¥149,800
全身+VIO脱毛5回 ¥219,800
全身+VIO+顔脱毛5回 ¥269,800
費用相場 ¥2,200~¥649,440
割引情報 公式LINEクーポン
バースデークーポン
学生割
ペア割
乗り換え割
紹介割引
カウンセリング料 無料
営業時間 11:00~20:00
店舗により異なる
公式サイト レナトゥスクリニック公式サイト
チェックポイント

初めての方にもおすすめ!
高コスパ美容施術!
安い価格で症例写真1000件以上の医師の施術を受けられます。

レナトゥスクリニックの特徴と向いている方

レナトゥスクリニックは、ヒアルロン酸注入、ボトックス注射、糸のリフトアップに特化しており、特にヒアルロン酸は質の高いアラガン社ジュビダーム正規品を取り扱いをしています。このヒアルロン酸は、安全性、持続、仕上がりが良く、一度の施術で高い効果を実感できます。

また、料金が比較的安く、症例写真件数1000件以上の医師多数在籍のため、コストパフォーマンスが非常に高いです。さらに、各種無料サービスも充実しており、顧客満足度が高いクリニックと言えるでしょう。

レナトゥスクリニックが向いている方

質の良い製品を使いたい方
上手い医師に施術をして欲しい方
一度の施術で高い効果を求める方

レナトゥスクリニック東京田町院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック新宿院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック大阪院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック仙台院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

美容外科・美容皮膚科はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるならプチ整形が安い今がチャンス
ツルツルの美肌になれる肌管理
\今なら最大¥38,500引き/

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。自身で糸のリフトアップ・美容注射・脱毛を全て受けて結果を出してから患者様に提供をすることをポリシーとしている。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. 仙台の目の下のクマ・たるみ取り治療が上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ

    仙台の目の下のクマ・たるみ取り治療が上手い先生・名医と安いお…

  2. 大阪の目の下のクマ・たるみ取り治療が上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ

    大阪の目の下のクマ・たるみ取り治療が上手い先生・名医と安いお…

  3. 東京の目の下のクマ・たるみ取り治療が上手い先生・名医と安いおすすめのクリニックと口コミ

    東京の目の下のクマ・たるみ取り治療が上手い先生・名医と安いお…

  4. すぐに目の下のクマを即解消!今すぐできるくまの取り方とマッサージ方法

    すぐに目の下のクマを即解消!今すぐできるくまの取り方とマッサ…

  5. 目の下のクマ取りの値段相場はいくら?安い高い値段の差は何?

    目の下のクマ取りの値段相場はいくら?安い高い値段の差は何?

  6. モニター募集

    モニター募集について

最近の記事

  1. 仙台アートメイク
  2. 脂肪溶解注射は効果ない?その理由と対策
  3. 名古屋の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック
  4. 名古屋VIOのみが安いおすすめ医療脱毛クリニック(都度払い含む)
PAGE TOP