次世代の究極育毛ローション誕生

前回の記事ではミノキシジルの効果について説明しました。
ミノキシジルが発毛にとても効果があるということがわかったところで、
当院で取り扱っている育毛ローションについて紹介したいと思います。

次世代の究極育毛ローション誕生

プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルの内服で十分毛が生えてきそうですが、
内服の他にももっとケアしたい!という方や、
ミノキシジルの効果はわかったけど副作用もあるし、内服するのには少し抵抗がある…。という方にも
育毛ローションはオススメです。

育毛ローション、Velartis(ヴェラルティス)とは?

名前、かっこいいですね。
ヴェラルティスの成分と効能はこうです!

・アデノシン…発毛促進因子を産生し発毛を促進
・ミノキシジル…毛周期における成長期を延長する
・プロシアニジンB2…髪そのものを太く濃く
・プロキャピル…頭皮の血流を増加

すみません、資料に書いてあることそのまま書きました。
簡潔で分かりやすい。こんなに素晴らしい内容で発毛ではなく育毛というところが控えめで好感が持てますね。
ちなみに当院ではミノキシジル7%配合のもののみご用意がございます。

もう少し詳しく知りたくない方は次の2つは読み飛ばしてください。

プロシアニジンB2とはなんぞや?

初めて聞きました。調べたらりんごに含まれるポリフェノールの1種だそうです。
りんごを切ると表面のみが酸化して少し削ぐと中身が守られているのはプロシアニジンのおかげなんだそう。
強い抗酸化作用があって、実はセサミンの約17倍!

協和発酵バイオ株式会社さんが2005年に発表した研究によると、
プロシアニジン多量体0.7%の薬剤を21名の男性被験者の頭皮に塗布し、6ヶ月に渡ってその育毛効果を調査した結果、
プロシアニジンを使用した被験者は不使用に比較にして毛髪密度が有意に上昇しているのが確認されたとのこと…。
協和発酵さんによると、精製したプロシアニジンを使うと細胞の増殖速度が約3倍になるそうで、
それにより、毛母細胞の分裂を促進してヘアサイクルを正常化してくれます。

プロキャピルとはなんぞや?

これまた初めて聞きました。きっと皆様もご存知ないですよね?
プロキャピルは単体ではなく、3つの成分からなるようで、
・オレアノール酸(オリーブの葉から抽出)…AGAの原因となる5αリダクターゼ を阻害
・ビオチノイルトリペプチド(アミノ酸)…ビタミンB群の1種で毛母細胞を活性化
・アピゲニン(ポリフェノール)…頭皮・血管の柔軟性を高める
とのことです。

…なんか良さそうなのばっかりですね。

ご使用方法も簡単!

1日2回、1回に5プッシュして薄毛の気になる箇所に塗布して、
頭皮を揉み込むようにしてマッサージをして浸透させてください。
時間は2〜4分程度行い、その後は4時間は放置してください。
生えてきそうな気しかしないですね。(エビデンスはない)

頭皮にやさしい処方です。

痒みの原因となるプロピレングリコール(PG)は配合していないため
敏感肌の頭皮にも優しい仕様なんだそうです。
そもそもは溶剤や保湿剤、防カビ剤として用いられる成分のようです。

 

使用上の注意点は?

皮膚に優しく副作用も基本的にないものですが、
ミノキシジルが配合されている以上、低血圧の方や心臓病をお持ちの方はご使用になれないです。

 

箱は積み木としてもご使用になれます。
当院にはキッズスペースもございますよ。

ご予約はこちら

 

レナクリAGAページ

 

 

 

 

関連記事

  1. 薄毛サイクルを止めてくれるプロペシア

  2. blank

    AGAの原因について解説

  3. AGAの原因、重症度判定

    [東京田町] AGA/薄毛の形で薄毛の重症度を判断しましょう…

  4. 薄毛サイクルを止めてくれるザガーロ

  5. 今よりも髪の毛を増やしたいならミノキシジル

  6. AGAの原因と対策について解説します!