シワを改善する方法!有効な美容液クリーム成分5選とおすすめの美容医療

シワを改善する方法!有効な美容液クリーム成分5選とおすすめの美容医療
シワを改善したいなら、絶対にレナトゥスクリニックを覚えておいて!技術が高いのに安いボトックス¥2,200から治療が受けられおすすめです。

シワを改善する方法

シワを改善するには、シワを改善する成分を塗る、注射する、手術する、レーザーや超音波などの機械を使用する、点滴する、食事で摂る、睡眠を十分とる、ストレスを溜めない、日焼け対策をする方法があります。この中でも、食事・睡眠・ストレス・日光対策を基礎として美容医療を上手に取り入れることでシワを改善し将来の予防をすることができます

美容医療は安いだけでは技術や品質に問題があることが多いですが、レナトゥスクリニックではボトックス¥2,200から施術が受けられ、シワ改善におすすめのクリニックです。他にもピーリング¥4,400、ヒアルロン酸¥11,000などお得に美容医療を受けられます

シワの種類

シワは、顔の表情や皮膚の老化過程によって異なる形で現れます。主に、「動作時のシワ」と「静止時のシワ」の2つのカテゴリに分けられ、それぞれに有効な対策が存在します。一般的には、どちらのシワも気になる方が多いので、2つとものシワ対策が必要です。

静止時のシワ

静止時のシワ

静止時のシワは、顔の表情を作らない時にも常に見えるシワです。これは皮膚の自然な老化、損傷、または乾燥が原因で、角質細胞の蓄積により細かいシワが目立ち始めます。このタイプのシワには、化粧品や医薬部外品、ドクターズコスメが特に有効です。特に、レチノールやピーリング成分が含まれた製品が推奨されます。レチノールは表皮のターンオーバーを改善し、真皮のコラーゲンを増やすことがわかっています。ナイアシン、ビタミンC、ビタミンE、乳酸などが配合された製品は、皮膚の表面を滑らかにし、古い角質を除去することで細かいシワを目立たなくさせる効果があります。これらの成分は、角質層の再生を助け、健康的で若々しい肌へと導きます。

動作時のシワ

動作時のシワ

動作時のシワは、表情を動かすことによって生じるシワで、表情筋の使用に伴って肌に一時的または恒常的に形成されます。このタイプのシワには、美容医療が特に有効です。ボトックスやフィラー注射などの治療が一般的で、これらの治療は表情筋の動きを一時的に制限することでシワの形成を抑えます。また、レーザー治療や高周波治療も表情シワの改善に効果的です。これらの方法は、深いシワをターゲットとし、肌のコラーゲン生成を刺激して自然な若返り効果を促進します。

シワを改善する方法(保湿クリームや化粧水含む)

シワを改善する方法(保湿クリームや化粧水含む)

シワを改善するには、日常生活の改善から専門的な治療まで様々なアプローチが存在します。ここでは、それぞれの方法を詳しく解説し、効果的にシワを改善し将来の予防につなげる方法をご紹介します。

有効成分が含まれた医薬部外品、機能性化粧品(ドクターズコスメ)を使用する

シワ改善のためには、特定の有効成分が含まれたスキンケア製品を定期的に使用することが効果的です。レチノール、ビタミンC、アスタキサンチン、ヒアルロン酸、ペプチドなど、皮膚の表皮ターンオーバーを促進し、真皮のコラーゲン生成を促進し肌の再生を促進する成分や抗酸化作用のある有効成分がおすすめです。また、ゼオスキンと医薬品であるトレチノインを使用したセラピューティックを行ってもシワを改善することができます。

▶︎ゼオスキンハイドラファーム
▶︎高濃度アスタキサンチンクリームも目の下におすすめ

美容外科手術を行う

重度のシワやたるみが気になる場合は、フェイスリフトなどの美容外科手術が選択肢となることがあります。これは最も劇的な改善を見込める方法ですが、リスクやコストも高いため慎重な判断が求められます。

レーザー治療と超音波を使用する

レーザー、超音波、光療法などの非侵襲的な医療技術は、肌のメラニンに作用し、シワを薄くするだけではなく、真皮層まで熱の影響を及ぼしコラーゲンの生成を促します。これにより、シワの減少と肌の引き締めが期待できます。

レーザーには、トーニングと呼ばれる施術が有名です。フラッシュランプを使用した光治療と呼ばれる施術も有名です。どちらも効果はそこまで高いものではありませんが、シミがある場合は数回は治療を受けてみても良いでしょう。複数回受けることで白斑の副作用リスクがありえるので注意が必要です。

点滴療法を受ける

グルタチオン、ビタミンや抗酸化成分を含む点滴は、体内から肌を修復し若返らせる効果があります。肌の健康を全体的に向上させることで、シワの予防と改善に寄与します。

▶︎グルタチオン点滴・美容点滴(アンチエイジング・脂肪燃焼・美白・疲労回復)プラセンタ注射

栄養バランスの良い食事を摂る

タンパク質、ビタミンA、C、E、オメガ3脂肪酸など、肌の健康を支える栄養素を豊富に含む食事は、シワの予防と改善に欠かせません。フルーツ、野菜、全粒穀物、魚などを積極的に摂りましょう。

食事でタンパク質を摂取する: タンパク質は、肌の主要な構成要素であるコラーゲンやエラスチンの生成に不可欠です。魚、肉、豆類、卵などのタンパク質豊富な食品をバランス良く摂取することで、肌の健康をサポートします。

これらの習慣は、単独で行うよりも、日々のスキンケアと組み合わせて行うことで、より効果的な肌の健康維持が期待できます。健やかな肌を保つために、これらの基本的な生活習慣の重要性を理解し、実践することが推奨されます。

十分な睡眠を取る

質の高い睡眠は、肌の自然な創傷治癒を促進します。夜のスキンケアルーチンに加え、7〜8時間の睡眠を心がけることで、肌の健康を維持し、シワの形成を防ぎます。

ストレスを管理する

ストレスは肌に酸化ストレスの悪影響を及ぼし、早期老化の原因となります。抗酸化作用のあるドクターズコスメを利用すると良いでしょう。

肌を擦らない

摩擦による肌へのダメージを避けるために、顔を洗う際やタオルで拭く際は、できるだけ優しく行うことが推奨されます。強く擦ることは、肌の敏感なバリアを傷つけ、炎症や刺激の原因となり得ます。シミの1つである肝斑の原因は、肌を慢性的に擦る習慣によりできると言われています。

顔面マッサージを受けない

デリケートな肌に対してマッサージを行うことは、一見すると血行を促進し、肌のリフレッシュに役立つように思えますが、その効果は一時的であり、リスクも伴います。

実際には、顔面の肌は非常に薄く敏感であるため、頻繁にマッサージを行うことで肌に過剰なストレスがかかり、小さな毛細血管や顔の靱帯が損傷することがあります。これが原因で、色素沈着や更なるたるみを引き起こすことがあり、見た目にも悪影響を与えることがあります。

特に色素沈着は、治療が困難で外見を損ねる可能性があるため、目の下のマッサージは推奨されません。目の下のケアは、特に穏やかで刺激の少ない方法を選び、強い圧力を避けることが重要です。

日焼け対策をする

紫外線は肌の老化の主要な原因です。UVAは肌の真皮層に作用し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する線維芽細胞を破壊します。日焼け止めの使用、帽子やサングラスでの保護、適切な日陰での活動など、紫外線対策を徹底することが、シワの予防に非常に効果的です。

シワに有効なおすすめ美容医療

美容医療でシワ改善をする場合は、初心者はピーリング(真皮まで作用するコラーゲンピールがおすすめ)から開始し、レーザー系治療やハイフ、次にボトックスやヒアルロン酸注射、糸リフトを利用すると良いでしょう。特にボトックスは早くに始めれば始めるほどシワの予防効果があるので、早期に開始するのがおすすめです。ホームケアでは化粧品よりも、ドクターズコスメや医薬部外品を利用すると良いでしょう。

▶︎機能性化粧品(ドクターズコスメ)・化粧品・医薬部外品・医薬品の違い

ピーリング

コラーゲンピーリング

ピーリングは、シワ改善の入門として最適です。特に、「コラーゲンピール」と呼ばれる治療は、真皮層まで作用し、肌の再生を促進することでシワを目立たなくします。コラーゲンピールは、表皮を剥離させることで自然な肌の再生を促し、若々しく滑らかな肌へと導きます。

レーザー系治療とハイフ

ハイフ

レーザー治療は、肌の深層にあるコラーゲンとエラスチンの生成を促進し、シワを自然に減少させます。レーザーには表面を削るタイプと、削らないタイプがあり、肌の状態やシワの深さによって選択されます。ハイフ(高強度焦点超音波)は、肌の深部に熱エネルギーを集中させ、引き締め効果とリフトアップを実現します。

ボトックス注射

目の下のボトックス治療

ボトックス治療は、シワに最もおすすすめの美容医療です。美容クリニックの医師や看護師の方までほとんどの方が施術を受けている治療で、その効果と安全性は間違いありません。ボトックスは顔のほとんどのシワに対応することができます。例えば、目の下の皺に効果的で、目の下の細かなしわやたるみに対してメスを使わずに治療することができます。ボトックスはボツリヌス菌から生成される神経毒素であり、筋肉の活動を一時的に弱めることでしわをなくします。

この治療は特に、「カラスの足跡」と呼ばれる目尻のしわや、目の下の微細な表情じわの改善に効果的です。治療は数分で完了し、注射後のダウンタイムはほとんどありません。効果は治療後数日で現れ始め、一般的に3から4ヶ月持続します。

ボトックス治療は、手軽で効果的なアンチエイジング治療として、多くの方に選ばれています。特に日常生活に支障をきたさない速やかな回復が可能であるため、忙しい現代人には理想的な選択です。

▶︎目の下のボトックス¥2,200

ヒアルロン酸注射

第2位ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射は、ほうれい線を代表とする深いシワや窪みを改善、予防するために主に使用されます。最近では肌質改善ヒアルロン酸も登場しており、薄いシワにも対応ができるのが特徴です。ヒアルロン酸は、水分を保持する能力が高いため、注射することで肌にボリュームを与え、若々しいシワのない外観を取り戻すことができます。

しかし、全ての方に適しているわけではありません。特に、目の下は年齢を重ねて目の下の皮下脂肪が減少した方や、元々肌のハリが失われている方には、ヒアルロン酸注射は推奨されません。ヒアルロン酸のボコつきが出やすく、そのボコつきがまた悩みになってしまうケースが多々あります。また、目の下の細かいちりめん皺に対しては、ヒアルロン酸の効果は限定的であるため、この種のしわの改善には向いていません。

治療後は即座に日常生活に戻ることが可能で、副作用は一般的に軽微で限定的ですが、事前のカウンセリングでしっかりとリスクを理解することが重要です。

▶︎ヒアルロン酸注入¥11,000

スキンブースター注射を利用する

GOURI(ゴウリ)注射の特徴

スキンブースター注射は、主に真皮のコラーゲン量を増やし、表皮の厚みを増してくれます。これは、ヒアルロン酸やボトックス注射にはない作用ですので、ヒアルロン酸やボトックス注射と併用をすることをおすすめします。

スキンブースター注射には、リジュラン、リジュランアイ、ゴウリ、プロファイロ、スネコスなどがあります。

ヒアルロン酸やボトックスの注射は、特に深いシワや表情ジワに直接的な改善効果をもたらします。これらの治療は、医療機関でのみ行われ、即効性と持続性に優れています。

コラーゲンブースター注射の主な製品

糸リフト

第1位糸リフト

糸リフトは、吸収される糸を肌の中に埋め込み、肌を内側から引き上げる治療です。この方法は、顔全体のリフティング効果をもたらし、たるみや深いシワを根本から改善します。糸リフトは持続性があり、時間とともに自然な肌の引き締めが見込まれます。

これらの美容医療を組み合わせることで、より効果的にシワを改善し、長期的な肌の若返りを目指すことができます。自分の肌の状態や目指す効果に応じて、適切な治療法を選択することが重要です。

▶︎糸リフト(スレッドリフト)切らないたるみ治療

ヘパリン類似物質を含む保湿剤を使用する(乾燥肌の方向け。ワセリンよりおすすめ)

ヘパリン、ヒルドイド

ヘパリン類似物質を含む保湿剤は、特に乾燥肌の方に推奨されるシワに予防効果があります。皮膚が乾燥していると、肌の弾性が低下して、真皮の構造が破壊される可能性が高くなります。皮膚を乾燥ではなく、適度に保湿した状態に保つことが目の下の皺予防では大切です。

ヘパリン類似物質は、肌の水分バランスを整えることで、デリケートな肌を潤いで満たし、ふっくらとさせる効果があります。また、抗炎症作用も持ち合わせているため、肌の赤みや刺激を和らげる助けにもなります。

この保湿剤は、清潔な肌に適量を取り、目の下の領域に優しく塗布します。肌によく馴染ませた後は、他のスキンケア製品を上から重ねて使用することも可能です。特に乾燥が気になる日や季節には、日常的に使用することで、目の下の肌状態が改善されることを実感できます。

ヘパリン類似物質を含む保湿剤は、乾燥による肌のトラブルに対する効果的な解決策であり、継続的な使用によって肌質を向上させることが期待できます。

▶︎保湿剤ヒルドイド・ヘパリン類似物質大容量500gが自由診療で処方で安いクリニック

シワに効く有効成分5選

有効成分は、①植物性抗酸化剤、②ビタミン系抗酸化剤、③細胞調整因子、に主に分けられます。すべての成分に共通して保湿効果があります。機能性成分によるシワ改善は、脱水によるもので24~48時間で効果が出ます。

以下にシワに効く有名な有効成分をご紹介します。

レチノール

レチノールを含むアイクリーム

レチノールはビタミンA誘導体とも呼ばれ、皮膚のターンオーバーを促進させ、真皮のコラーゲン産生に関与し、シワを薄くします

美容クリニックで購入できるものは濃度が高く、より効果的なトレチノインを購入することができます。市販の製品では資生堂のエリクシールリンクルクリームが有名です。

シワの改善に効果があるとされる有効成分、レチノールについて、その機能と効果を深掘りします。レチノールはビタミンAの一種で、その抗老化および肌の再生効果は科学的にも支持されています。

ゼオスキンのデイリーPDは有効成分レチノールを含んだドクターズコスメでおすすめです。

▶︎【最大51%オフ】ゼオスキンヘルスZO SKIN HEALTH が安いネットショップ

レチノールの研究

レチノールはビタミンA誘導体として知られ、皮膚のヘルスケア分野で広く研究されています。特に、in vitro(試験管内の実験)での研究では、ヒト表皮角化細胞を用いて濃度依存的にヒアルロン酸の産生を促進する効果が示されています。

レチノールの作用メカニズム

レチノールの作用メカニズムには、HB-EGF(ヘパリン結合性EGF 様成長因子)への影響が含まれます。これは皮膚のターンオーバー、特にケラチノサイトの分裂増殖を促す因子として知られています。Yoshimuraらの研究によれば、レチノールはHB-EGF mRNAの発現を亢進させ、これによって皮膚の再生が促進されるとされています。

臨床試験による効果の実証

実際の臨床試験では、レチノールのシワに対する効果が確認されています。菊地らによる26週間の0.075%レチノール使用試験では、シワの顕著な改善が認められました。また、服部らの研究では、9週間の使用により、目視および機器による評価でシワの改善が統計的に有意であると報告されています。

ニールワン

ニールワン

2016年7月、日本で初めて承認された医薬部外品有効成分ニールワン(三フッ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニルピロリジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニルベンゾイルアミノ酢酸Na)は、好中球エラスターゼを阻害しシワ改善に有効です。

▶︎【医薬部外品】 ポーラ リンクルショット メディカル セラム N (美容液/シワケア) 20g

好中球エラスターゼが紫外線により集まることがわかっており、ニールワンでその働きを抑えます。日光対策にニールワンも有効と考えられます。

市販ではPOLAの「リンクルショット」として販売されています。

作用機序

この製品の効果は、好中球エラスターゼという酵素の活性を阻害することにより、真皮成分の分解と生成のバランスを整えることでシワを改善します。好中球エラスターゼは、皮膚のコラーゲンやエラスチンなどの構造タンパク質の分解を促進するため、抑制することでコラーゲンとエラスチンの分解を防ぎ、シワ改善をすることができます。

臨床試験による効果の実証

ニールワンの有効性は、ヘアレスマウスを用いた実験で確認されています。研究では、紫外線に晒した後のマウスの皮膚に、本成分を含む液剤を8週間塗布した結果、皮膚中のコラゲナーゼの活性化が抑制され、真皮コラーゲン線維の均一性が改善されたことが確認されました。

ヒトにおける試験でも、リンクルショットを12週及び24週間塗布した結果、プラセボと比較してシワのグレードに有意な改善が見られました。特に、24週後にはシワの最大深さの変化量においても、統計学的に有意な差が認められ、その効果が科学的にも裏付けられています。

ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)

コスメデコルテ

ニコチン酸アミド、またはナイアシンアミドは、表皮角化細胞数の増殖と分化を促進させターンオーバーを促進し、繊維芽細胞の細胞数、コラーゲン産生も増やすことで、表皮と真皮両方に作用しシワ改善ができます。

スキンケア業界で広く認識されている有効成分であり、コーセーのコスメデコルテラインで採用されています。

▶︎コスメデコルテ(COSME DECORTE) コスメデコルテ リポソーム アドバンスト リペアセラム 75m

ニコチン酸アミドの作用メカニズム

  1. 表皮への効果: ニコチン酸アミドはin vitro試験で、ヒト表皮角化細胞の増加を促し、表皮細胞の分化マーカーであるインボルクリンとフィラグリンの産生も増加させました。これにより、表皮のターンオーバーを促進し、健康な角質層の形成を助けます。
  2. 真皮への効果: 線維芽細胞を用いた別の試験では、ニコチン酸アミドが細胞数の増加、総蛋白産生量およびコラーゲン産生量の割合の増加を促すことが示されました。これにより、真皮のコラーゲン量が増加し、組織構造が改善されます。
  3. コラーゲンとその他の基質の合成の促進: 培養皮膚組織にニコチン酸アミドを塗布した研究では、コラーゲンタイプIやフィブリンなどの細胞外基質成分のmRNA量が増加しました。これは、真皮の強度と弾性を向上させる効果があることを示唆しています。

臨床試験における確認された効果

ヒトを対象とした臨床試験では、ニコチン酸アミドを含む製品の塗布が、コラーゲンの産生を促進し、真皮結合組織に関与するフィブリン、フィブロネクチン、TGF-Bなどの産生も促進することが確認されました。これにより、シワの改善が見られ、肌の若返り効果が期待できます。

カイネチン

カイネチン(キネチン)は抗酸化作用でシワを改善します。植物成長ホルモンの一つであり、その抗老化およびシワ取り効果が欧米で長年認められてきた成分です。化粧品業界では、この成分を機能性化粧品に利用することで、皮膚の若返りを促進する効果が期待できます。

カイネチンの抗酸化作用

カイネチンの主な作用機序としては、その抗酸化作用が挙げられます。抗酸化作用によって、皮膚の細胞が日常的に受ける環境ストレスや紫外線によるダメージから保護され、結果として肌の老化プロセスが遅らせられるとされています。

カイネチンの皮膚細胞への効果

in vitro(試験管内の実験)研究において、カイネチンを培養線維芽細胞に加えた結果、細胞の配列と生理機能が若返る現象が観察されました。これは、カイネチンが細胞の成長と修復プロセスに積極的に関与し、細胞の機能を改善することを示唆しています。

カイネチンを含むクリームの臨床試験結果

さらに、実際の臨床試験においてもカイネチンの効果が明確に示されています。試験では、軽度から中等度の光老化を示す160人の被験者の顔に対してカイネチン含有クリームを48週間外用し、その結果、皮膚科専門医によるアセスメントで全被験者に改善がみられました。この結果から、カイネチンが持続的な皮膚改善効果を有することが確認されています。

マトリキシル

マトリキシルは、エイジングケアにおいて注目されている成分であり、特にそのシワ改善効果が高く評価されています。マトリキシルの活性成分は「マイクロコラーゲン」と呼ばれ、リジン、スレオニン、セリンといったアミノ酸から構成されるペプチドです。これにパルミチン酸が結合していることで親油性が付与され、皮膚への吸収が改善されます。

マトリキシルの作用機序

マトリキシルは、主にコラーゲンの生成を促進し、皮膚の再生を促進することで知られています。in vitro(試験管内の実験)での研究では、UVA光によってダメージを受けた皮膚にマトリキシルを適用すると、破壊されたコラーゲンがほぼ完全に再生されたと報告されています。これは、マトリキシルが損傷した皮膚組織の修復に非常に効果的であることを示しています。

マトリキシルとレチノールの比較

臨床試験において、16人の被検者に毎日1回、顔の片側にマトリキシル含有クリームを、もう片側にはレチノール含有クリームを塗布し、その効果を比較しました。レプリカ解析によると、シワの深さではマトリキシルが平均で25%の改善を示し、レチノールは35%の改善を示しました。シワの長さにおいては、マトリキシルが23%改善、レチノールが25%改善と非常に近い結果が得られました。また、シワの表面についてはマトリキシルが45%改善し、レチノールは42%の改善と、マトリキシルの方がやや優れていました。

副作用の比較

重要な点として、レチノールの使用では31%の被検者が発赤や刺激感を報告したのに対し、マトリキシルを使用した被検者にはそのような副作用は全く報告されませんでした。このことから、マトリキシルはレチノールと同等、あるいはそれ以上の効果を持ちながら、副作用が少ないという大きな利点があると言えます。

機能性化粧品(ドクターズコスメ)・化粧品・医薬部外品・医薬品の違い

化粧品は肌の保湿や清潔に保つ効果があり、医薬部外品は、化粧品に加えて上記のような美白やシワへの有効成分の作用が穏やかな成分が配合されています。医薬品はエビデンスが十分にある効果のある成分が配合されています。化粧品と医薬部外品の間に機能性化粧品があります。

美白やシワを改善したい時、化粧品、機能性化粧品、医薬部外品、医薬品の4つの選択肢があります。一般的に確実な効果を出したい方は医薬品、少し効果を出したい方は医薬部外品・機能性化粧品、効果よりも夢を買いたい方は化粧品を選ぶと良いでしょう。

海外からのシワ改善有効成分に注意

近年、海外から多くのシワ改善成分が日本市場に導入されています。これらの成分が持つ潜在的な効果と同時に、その安全性についての情報が不足している場合があるため、消費者は特に注意が必要です。有効成分には安全な濃度や品質管理が重要ですが、海外からの個人輸入品では、安全性が確立されているとは言えません

海外成分の評価と検証

海外で人気のある成分も、日本での使用前には厳密な評価と検証が求められます。日本の規制は、特定の化粧品成分に対して世界で最も厳しいものの一つとされています。そのため、国内で承認されている成分は、安全性と効果が確認されていると考えられますが、新しく市場に登場する海外成分については、その安全性が未だ完全には明らかになっていないこともあります。

注意すべき海外成分

以下に、海外で一般的に使用されるが日本での使用において注意が必要な代表的な成分を挙げます。

  1. ヒドロキノン – 適切な濃度管理が必要です。強力な美白成分でありながら、皮膚刺激や過敏症のリスクが伴うため、使用には医師指導が必要です。
  2. トレチノイン – 効果的な抗老化成分ですが、 肌荒れや皮膚トラブルが起きるので医師の指導下での使用が安全でしょう。また、紫外線への感受性を高める可能性があり、適切な日焼け止めとの併用が必要です。
  3. マトリキシル – シワ改善効果は認められていますが、全ての肌タイプに適合するわけではなく、敏感肌の人には刺激が強すぎることがあります。
  4. カイネチン – 天然由来成分で効果が認められていますが、長期使用による肌への影響はまだ完全には解明されていません。

安全な製品の選び方

  • 成分リストの確認:製品購入時は、成分リストを確認し、不明な成分が含まれていないか、またアレルギー反応を引き起こす可能性のある成分が含まれていないかをチェックすることが重要です。
  • パッチテストの実施:新しいスキンケア製品を使用する前には、小さな皮膚領域でパッチテストを行い、48時間以上観察してから全面的な使用を開始することが推奨されます。
  • 医師の指導の元選ぶ:不安な点がある場合は、皮膚科専門医に相談し、その指導のもとで製品を使用することが望ましいです。

消費者は、海外成分含有の製品を選択する際にはこれらのポイントを念頭に置き、安全で効果的なスキンケアを実践することが大切です。

まとめ

シミを改善する方法は市販の化粧水やクリームに有効成分が含まれるものを使用し、食べ物や睡眠の生活習慣を土台とし美容医療を上手く活用すると良いでしょう。おすすめの有効成分はレチノール、ニールワン、美容医療はボトックスヒアルロン酸注射は特にシワを改善するでしょう。

シワ治療ピックアップクリニック

レナトゥスクリニック

レナトゥスクリニック大阪院

項目 内容
クリニック名 レナトゥスクリニック
場所 東京田町院
JR山手線「田町駅」西口より徒歩1分
新宿院
JR山手線「新宿駅」南口より徒歩5分
大阪院
JR大阪駅より徒歩9分
仙台院
JR仙台駅より徒歩1分
名古屋院
JR名古屋駅より徒歩3分
人気施術① ヒアルロン酸注入
バレずに即日綺麗
【¥11,000~】
人気施術② ボトックス注射
美肌シワ対策に必須
【¥2,200~】
人気施術③ 肌管理ピーリング
【¥4,400~】
全身脱毛5回 ¥149,800
全身+VIO脱毛5回 ¥219,800
全身+VIO+顔脱毛5回 ¥269,800
費用相場 ¥2,200~¥649,440
割引情報 公式LINEクーポン
バースデークーポン
学生割
ペア割
乗り換え割
紹介割引
カウンセリング料 無料
営業時間 11:00~20:00
店舗により異なる
公式サイト レナトゥスクリニック公式サイト
チェックポイント

初めての方にもおすすめ!
高コスパ美容施術!
安い価格で症例写真1000件以上の医師の施術を受けられます。

レナトゥスクリニックの特徴と向いている方

レナトゥスクリニックは、ヒアルロン酸注入、ボトックス注射、糸のリフトアップに特化しており、特にヒアルロン酸は質の高いアラガン社ジュビダーム正規品を取り扱いをしています。このヒアルロン酸は、安全性、持続、仕上がりが良く、一度の施術で高い効果を実感できます。

また、料金が比較的安く、症例写真件数1000件以上の医師多数在籍のため、コストパフォーマンスが非常に高いです。さらに、各種無料サービスも充実しており、顧客満足度が高いクリニックと言えるでしょう。

レナトゥスクリニックが向いている方

質の良い製品を使いたい方
上手い医師に施術をして欲しい方
一度の施術で高い効果を求める方

レナトゥスクリニック東京田町院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック新宿院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック大阪院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック仙台院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

美容外科・美容皮膚科はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるならプチ整形が安い今がチャンス
ツルツルの美肌になれる肌管理
\今なら最大¥38,500引き/

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。自身で糸のリフトアップ・美容注射・脱毛を全て受けて結果を出してから患者様に提供をすることをポリシーとしている。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. サンスクリーンプラスプライマー

    サンスクリーンプラスプライマー

  2. バランサートナー

    バランサートナー|ゼオスキンオンライン遠隔診療最大20%オフ…

  3. シーセラム

    シーセラム

  4. WiQo(ワイコ)が安い¥7,700(期間限定通販あり)

    WiQo(ワイコ)公式品が安い¥7,700(期間限定通販あり…

  5. ボディエマルジョン

    ボディエマルジョン

  6. セルニュープラス

    セルニュープラス・DR

最近の記事

  1. 仙台アートメイク
  2. 脂肪溶解注射は効果ない?その理由と対策
  3. 名古屋の皮膚科の医療脱毛ならレナトゥスクリニック
  4. 名古屋VIOのみが安いおすすめ医療脱毛クリニック(都度払い含む)
PAGE TOP