アートメイク後の経過は?かさぶたは剥がしていいの?メイクはいつから?

アートメイク施術後は腫れ、赤みが出たり、かさぶたが出来ます。
これを自分なりに間違った対処をしてしまいますと、ダウンタイムを長引かせてしまったり、せっくのアートメイクが台無しになってしまうので、正しい対処法を知らなければなりません。

また、アートメイク施術後の過ごし方によっても、アートメイクの仕上がりは変わってきてしまいます。
そこで今回は、アートメイクで失敗しない施術後のすごし方とかさぶたの扱い方を詳しく解説します。
更に眉毛、リップ、アイラインそれぞれ部位ごとの経過のポイントや生活していく上での注意点も解説いたしますね。

この記事の監修者
      • 仙台アートメイク専門レナトゥスクリニック
        高橋 希先生
        レナトゥスクリニック仙台院院長。大手美容外科仙台院院長を経て、レナトゥスクリニックでアートメイクに情熱を注ぐ。Tiktokでアートメイク知識をわかりやすく解説することを日課とし、仙台の眉毛・アイライン・リップを化粧なしで美しくすることを目標にしている。東北地方の美容医療のレベルアップに注力をしている。岩手医科大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック仙台院を開業

    資格:日本麻酔科学会麻酔科標榜医日本医師会認定産業医

どの部位のアートメイクでも、施術後から1〜2週間はダウンタイムが出たり、生活上でも注意しなければいけないことがあります。

目次

眉毛アート メイク施術直後からの経過と過ごし方は?

施術当日

アートメイク直後

アートメイクの状態 施術直後はインクが入り、仕上がりよりも濃い状態です。
副作用の状態 腫れや赤みが出ます。
ヒリヒリとしたような痛みが出る場合もあります。
過ごし方 施術部位には傷がついている状態ですのでなるべく清潔にして過ごしていただく必要があります。
24時間は施術部位を濡らさないようにしましょう。
お風呂はワセリンを分厚目めに塗り、シャワーのみが安心です。
飲酒や運動など、血圧が上がるようなことは避けましょう。

施術翌日〜3日程

アートメイク翌日

アートメイクの状態 基本的に翌日は施術した部位が施術当日よりも濃くなります。
(長い方ですと1週間程濃いと感じる場合もございます)
副作用の状態 腫れ、赤みが持続する状態です。
痛みはあまりないことが多いでしょう。
過ごし方 腫れ、赤みが引き続き気になる場合はクーリングをお勧めいたします。
ワセリンを薄めに塗布して保護しましょう(長くて1週間ほどにしましょう)。
洗顔は泡立てて擦らず優しく洗いましょう。
また、部位ごとに多少の経過は異なりますが、施術部位にはなるべく触らず、清潔にして過ごしていただく必要があります。
そのため、施術部位に刺激になるような激しい運動やサウナ等発汗等を伴う行為も避けていただきます。
プールや海、日焼けも避けてください。

施術後3日〜5日程

アートメイクの状態 色味が少しずつ落ち着き、完成に近づきます。
(この期間濃いと感じる方もいらっしゃいます)
副作用の状態 腫れや赤みが落ち着き、かさぶたが出来始めます。
過ごし方 後に詳しくご説明いたしますが、かさぶたは絶対に無理に剥がさないでください。
ワセリンを薄めに塗布して保護しましょう(長くて1週間ほどにしましょう)。
また、部位ごとに多少の経過は異なりますが、施術部位にはなるべく触らず、清潔にして過ごしていただく必要があります。
そのため、施術部位に刺激になるような激しい運動やサウナ等発汗等を伴う行為も避けていただきます。プールや海、日焼けも避けてください。

施術後1週間〜2週間程

アートメイクの状態 1週間ほどでアートメイクの色味が半分ぐらいに落ち着き色素が定着してきます。
副作用の状態 かさぶたが自然と剥がれていきます。
過ごし方 この時期もなるべく施術部位にはなるべく触らず、清潔にして過ごしていただく必要があります。
激しい運動やサウナ、プール、海、日焼け等も避けてください。

施術後2週間後以降

アートメイクの状態 ほとんどアートメイクの色味が定着しています。
副作用の状態 なし
過ごし方 通常通りの生活

基本的に通常通りの生活に戻していただいて大丈夫です。
ただ、まだ色が定着してないなどご不安な時は一度クリニックにご相談くださいませ。

施術後1ヶ月後〜2ヶ月後

2回目施術のおすすめ時期です。

色むらが気になる場合は1ヶ月後ぐらい、逆に濃く感じる場合は3ヶ月程空けてる場合もございます。
期間が空きすぎると2回目の施術が定着しづらい場合もあるのでご注意ください。

リップアートメイク施術直後からの経過と過ごし方は?

施術当日

アートメイクの状態 施術直後はインクが入り、仕上がりよりも濃い状態です。
副作用の状態 腫れや赤みが出ます。
ヒリヒリとしたような痛みが出る場合もあります。
稀に内出血により赤黒くなり、かなり濃い発色になる場合がありますが時間の経過とともに落ち着いていきますのでご安心くださいませ。
過ごし方 施術部位には傷がついている状態ですのでなるべく清潔にして過ごしていただく必要があります。
24時間は施術部位を濡らさないようにしましょう。
お風呂はワセリンを分厚目めに塗り、シャワーのみが安心です。
飲酒や運動など、血圧が上がるようなことは避けましょう。

施術翌日〜3日程

アートメイクの状態 基本的に翌日は施術した部位が施術当日よりも濃くなります。
(長い方ですと1週間程濃いと感じる場合もございます)
副作用の状態 腫れ、赤みが持続する状態です。
痛みはあまりないことが多いでしょう。
唇はターンオーバーが早いため、この時期にかさぶたが出来始める方もいらっしゃいます。
また、稀にヘルペスが発症する場合がございます。ヘルペスが出た場合はすぐに治療してくださいませ。当院では予めヘルペスを予防するために抗ウイルス剤の処方も可能でございます。
過ごし方 腫れ、赤みが引き続き気になる場合はクーリングをお勧めいたします。
ワセリンを薄めに塗布して保護しましょう(長くて1週間ほどにしましょう)。
洗顔は泡立てて擦らず優しく洗いましょう。
また、部位ごとに多少の経過は異なりますが、施術部位にはなるべく触らず、清潔にして過ごしていただく必要があります。
そのため、施術部位に刺激になるような激しい運動やサウナ等発汗等を伴う行為も避けていただきます。
プールや海、日焼けも避けてください。

施術後3日〜5日程

アートメイクの状態 色味が少しずつ落ち着き、完成に近づきます。
(この期間濃いと感じる方もいらっしゃいます)
副作用の状態 腫れや赤みが落ち着き、かさぶたが出来始めます。
唇はターンオーバーが早いため、この時期に既に剥け始める方もいらっしゃいます。
過ごし方 後に詳しくご説明いたしますが、かさぶたは絶対に無理に剥がさないでください。

ワセリンを薄めに塗布して保護しましょう(長くて1週間ほどにしましょう)。
また、部位ごとに多少の経過は異なりますが、施術部位にはなるべく触らず、清潔にして過ごしていただく必要があります。
そのため、施術部位に刺激になるような激しい運動やサウナ等発汗等を伴う行為も避けていただきます。
プールや海、日焼けも避けてください。

施術後1週間〜2週間程

アートメイクの状態 1週間ほどでアートメイクの色味が半分ぐらいに落ち着き色素が定着してきます。
副作用の状態 かさぶたが自然と剥がれていきます。
過ごし方 この時期もなるべく施術部位にはなるべく触らず、清潔にして過ごしていただく必要があります。
激しい運動やサウナ、プール、海、日焼け等も避けてください。

施術後2週間後以降

アートメイクの状態 ほとんどアートメイクの色味が定着しています。
副作用の状態 なし
過ごし方 通常通りの生活

基本的に通常通りの生活に戻していただいて大丈夫です。
ただ、まだ色が定着してないなどご不安な時は一度クリニックにご相談くださいませ。

施術後1ヶ月後〜2ヶ月後

2回目施術のおすすめ時期です。

色むらが気になる場合は1ヶ月後ぐらい、逆に濃く感じる場合は3ヶ月程空けてる場合もございます。
期間が空きすぎると2回目の施術が定着しづらい場合もあるのでご注意ください。なお、リップのアートメイクはしっかり色味を残すためには3回ほど施術をしていただくのが一般的に必要となっております。

アイラインアートメイク施術直後からの経過と過ごし方は?

施術当日

アートメイクの状態 施術直後はインクが入り、仕上がりよりも濃い状態です。
副作用の状態 腫れや赤みが出ます。
アイラインは眉やリップに比べて腫れがでやすいと言われており、特に翌朝は腫れが出やすいので、当日の夜は心臓より頭を高くして眠ることをおすすめしております。
ヒリヒリとしたような痛みが出る場合もあります。
過ごし方 施術部位には傷がついている状態ですのでなるべく清潔にして過ごしていただく必要があります。
24時間は施術部位を濡らさないようにしましょう。
お風呂はワセリンを分厚目めに塗り、シャワーのみが安心です。(アイラインは塗りにくい部位ですので塗れる場合塗ってください)
飲酒や運動など、血圧が上がるようなことは避けましょう。

施術翌日〜3日程

アートメイクの状態 基本的に翌日は施術した部位が施術当日よりも濃くなります。
(長い方ですと1週間程濃いと感じる場合もございます)
副作用の状態 翌朝は腫れが出やすいです。腫れ、赤みが持続する状態です。
痛みはあまりないことが多いでしょう。
過ごし方 腫れ、赤みが引き続き気になる場合はクーリングをお勧めいたします。
ワセリンを薄めに塗布して保護しましょう(長くて1週間ほどにしましょう。アイラインは塗りにくい部位ですので塗れる場合のみ塗ってください)
洗顔は泡立てて擦らず優しく洗いましょう。
また、部位ごとに多少の経過は異なりますが、施術部位にはなるべく触らず、清潔にして過ごしていただく必要があります。
そのため、施術部位に刺激になるような激しい運動やサウナ等発汗等を伴う行為も避けていただきます。
プールや海、日焼けも避けてください。

施術後3日〜5日程

アートメイクの状態 色味が少しずつ落ち着き、完成に近づきます。
(この期間濃いと感じる方もいらっしゃいます)
副作用の状態 腫れや赤みが落ち着き、かさぶたが出来始めます。
アイラインは眉やリップに比べてかさぶたが出来にくいですが、かさぶたができないからといって心配なさらないでくださいね。
過ごし方 後に詳しくご説明いたしますが、かさぶたは絶対に無理に剥がさないでください。
ワセリンを薄めに塗布して保護しましょう(長くて1週間ほどにしましょう)(アイラインは塗りにくい部位ですので塗れる場合塗ってください)。
また、部位ごとに多少の経過は異なりますが、施術部位にはなるべく触らず、清潔にして過ごしていただく必要があります。そのため、施術部位に刺激になるような激しい運動やサウナ等発汗等を伴う行為も避けていただきます。
プールや海、日焼けも避けてください。

施術後1週間〜2週間程

アートメイクの状態 1週間ほどでアートメイクの色味が半分ぐらいに落ち着き色素が定着してきます。
副作用の状態 かさぶたが自然と剥がれていきます。
過ごし方 この時期もなるべく施術部位にはなるべく触らず、清潔にして過ごしていただく必要があります。激しい運動やサウナ、プール、海、日焼け等も避けてください。

施術後2週間後以降

アートメイクの状態 ほとんどアートメイクの色味が定着しています。
副作用の状態 なし
過ごし方 通常通りの生活

基本的に通常通りの生活に戻していただいて大丈夫です。
ただ、まだ色が定着してないなどご不安な時は一度クリニックにご相談くださいませ。

施術後1ヶ月後〜2ヶ月後

2回目施術のおすすめ時期です。

色むらが気になる場合は1ヶ月後ぐらい、逆に濃く感じる場合は3ヶ月程空けてる場合もございます。
期間が空きすぎると2回目の施術が定着しづらい場合もあるのでご注意ください。

アートメイク後のかさぶた

ここからはアートメイクの施術後にできるかさぶたについて詳しくお話していきます。

アートメイク施術後は基本的にかさぶたができます。
かさぶたができた時に対応方法を間違えると、せっかく施術したアートメイクが台無しになってしまう可能性があるので注意が必要です。

アートメイク後のかさぶたで失敗しないためにはどうしたら良いのかを解説します。

かさぶたは皆できるの?

かさぶた

結論を言うと、個人差がありますのでかさぶたができる方もいらっしゃれば、できない方もいらっしゃいます。
ですが、かさぶたの有無でアートメイクの定着の度合いが異なるわけではないのでご安心ください。
また、かさぶたの有無でアーティストの技術の差が関係してくると書いてある記事を見ることがありますが、信憑性に欠けております。

もちろん、傷が深い方がかさぶたはできやすいので、技術力が劣っているアーティストだと解釈することもありえなくはないですが、血管の深さや走行には個人差があるので、アートメイクアーティストの技術以外の要素も大きく関わっています。

かさぶたができても、できなくてもアートメイクの結果には関係がない可能性が高いので安心してださい。

かさぶたは何日後からできて、いつはがれるの?

笑顔

かさぶたは部位によって異なる場合もございますが、基本的に施術後約3〜5日でできます

アートメイクは医療用の針でお肌にインクを注入していきますので施術後はお肌に細かい傷ができた状態となります。かさぶたは普段、擦り傷等を作ってしまって時にできるように、傷口を保護する役割があります。

アートメイクの傷口には、次の3つの役割があります。

①傷口を保護する
②雑菌などの異物の侵入を防ぐ
③インクが落ちるのを防ぐ

かさぶたが大事な働きをしているのがわかりますね。

施術直後から2日目までぐらいは、赤みや腫れが出る方もいらっしゃいますが、こちらが落ち着いてくるころにかさぶたができてきます。この時皮膚がつっぱる感じやかゆみを感じる方もいらっしゃいますが、決してこすったりしないようにしましょう。

また、ケガの後の赤黒い分厚いかさぶたとは異なります。

かさぶたと聞くとケガの後にできる赤黒い分厚いものを想像する方もいらっしゃいますが、アートメイク後のかさぶたは基本的にとても薄い膜のようなものですので、一見気づかないものです。また、インクの色が付着していると、黒色、茶色、赤色、ピンク色のかさぶたのことがあります。もしこのような場合でもアートメイクの仕上がりには影響がございませんのでご安心ください。

一方で、ケガの後にできる赤黒い分厚いかさぶたは基本的にはアートメイクでは起こりえません。
何かおかしいかな?と思った場合は施術したクリニックにご相談ください。

眉毛アートメイク後のかさぶた

基本的に眉アートメイク後のかさぶたは薄皮のようなものなので、元々の眉毛に隠れて見えない場合もございますし、自身でも気づかないことが大抵です。私も眉アートメイクを体験しましたが、かさぶたが出来たか定かではありません。その程度なのでおそらく気にならないかと思います。
また、眉アートメイク後にできたかさぶたは個人差もありますが1週間から10日程度で自然とむけていきます

リップアートメイク後のかさぶた

普段唇が乾燥したり荒れると、皮剥けしますよね。リップアートメイク後のかさぶたはそのようなイメージをしていただけるとわかりやすいかと思います。眉毛よりはご自身でもかさぶたが分かるでしょう。
また、リップアートメイク後のかさぶたは個人差もありますが1週間から10日程度で自然とむけていく場合もあれば、唇はターンオーバーが早い部位ですので翌日からむけ始める方もいらっしゃいます。

アイラインアートメイク後のかさぶた

アイラインアートメイク後のかさぶたも薄い皮状のものです。ご自身ではつっぱるような感じを覚える方もいらっしゃいますが、他人からはかなり気づかれにくいレベルです。
また、アイラインアートメイク後にできたかさぶたは、個人差もありますが1週間から10日程度で自然とむけていきます。一方で、アイライン後のかさぶたは、眉やリップに比べてできにくいとも言われております。

かさぶたは気になったらはがしてもいいの?

眉毛

私たちは普段からかさぶたができると、気になってむいてしまう方も多いかと思います。しかしアートメイクではNGです。無理に剥がすことで色むらの原因になったり、傷を深くしてしまう恐れもございますので必ず自然に剥がれるまで待ちましょう。

かさぶたがはがれる目安の期間を超えてもなかなか剥がれない場合は、お肌トラブル等が考えられますので、クリニックにご相談くださいませ。

無意識のうち、寝ているかさぶたを剥がしたけど大丈夫?

無意識だったり、寝ている時に触ってしまうのはなかなか防げないですよね。

もしそのような場合でも、特に違和感がなければそのままにしていただいて大丈夫です。
剥がしてしまったものは仕方がありませんので、それ以上悪化させないようにすることが大切です。

出血がとまらなくなった、大きな傷ができてる場合は施術したクリニックにご相談くださいませ。

アートメイク後のかゆみにはどのように対処すればいいの?

塗り薬

かさぶたをはがさないようにするためには、かゆみを抑えることが大切です!

アートメイクの施術後はかさぶたができ傷が治る過程でヒスタミンという物質が神経に作用してかゆみを伴う場合がございます。
かゆみがあると掻いてしまうのが人間の心理ですが、アートメイクの施術後は絶対掻かないようにしてくださいませ。

無意識のうちに掻いてしまう場合もあるため、なるべく早めに以下の対処をしましょう。

①ワセリンで保湿する

乾燥しているとどうしてもかゆみが強くなってしまいますので、しっかりと保湿を行いましょう。
保湿がしっかりされていると、痒みを最低限に抑えることができます。
ワセリンは最低でも3日間、最長でも1週間程度が目安です。ポイントとしては清潔な綿棒で撫でるように優しく薄めに塗ってあげます。(お風呂に入る際は少し分厚目に塗っていただいてもかまいません。)

②クーリングをする

冷やすことでかゆみが抑えられます
保冷剤を必ず清潔な布で巻いていただいてから優しくそっと当ててくださいませ。

二つの大事な共通点は「清潔な状態で行うことと」、「優しく丁寧にすること」です。アートメイク後は傷が付いている状態ですので細菌や雑菌などが入ってしまうと感染の危険性があります。また、強い力で触ってしまいますとせっかくのアートメイクがとれてしまったり、傷を深くしてしまいかねません。十分に注意して行ってくださいね。

③抗ヒスタミン薬を内服する

かゆみの程度が強い方や、アレルギー体質の方は、抗ヒスタミン薬を内服しても良いかもしれません。
市販の花粉症の薬などが、抗ヒスタミン薬です。内服をすることで、かゆみを抑えることができます。

かゆみが治まるまで1日1錠で開始すると良いでしょう。

④ステロイドを塗る

かゆみの程度が強い方は、施術後2日程度ステロイドを塗っても良いでしょう。
ステロイドが炎症を抑え、かゆみを抑えてくれる場合があります。
しかし、長期間塗ると逆に傷の治りを遅らせてしまう場合があるので、使用する場合は短期間の使用にとどめておきましょう。

メイクはかさぶたが剥がれてから?

メイク

メイクをすることで雑菌が入り、感染症を引きおこすことも考えられるため、基本的にかさぶたが剥がれてからの方が安心です。
以下はあくまで目安ですので、ダウンタイム中で腫れや、赤み、痛み、かゆみ等ある場合は行わないでください。

基本的に、全ての処置後1週間以上経過してからメイクをしてください

眉毛アート メイク後のメイク

施術後1週間以上経過してから行うようにしてください。

リップアートメイク後のメイク

施術後1週間以上経過してから行うようにしてください。

アイラインアートメイク後のメイク

施術後1週間以上経過してから行うようにしてください。

どうしてもアートメイクの周りの目元のメイクをした場合は施術後2日間以上経過してから行うようにしてください。ただ、化粧品がアイラインの施術箇所についてしまったり、メイクを洗う時にアイラインの場所に触れる可能性があり、雑菌が入ってしまうことがあるため1週間以上経過してから行うのがベストです。

関連したよくある質問

かさぶたを剥がしてしまったんですがどうしたらいいですか?

出血が止まらない、大きな傷ができた等でなければそのまま様子を見てください。これ以上剥がさないように注意しましょうね。

かさぶたにならないんですが…

かさぶたができるかできないかは個人差によりますし、アートメイクを施術した部位によっても、かさぶたができにくいこともありますので心配なさらなくて大丈夫ですよ。

1週間後ぐらいにかさぶたが剥がれたんですが、アートメイクが消えた気がします…

アートメイク施術直後、翌日は完成形よりも濃くなっておりますのでそれに見慣れてしまうとかさぶたが剥がれたときに薄くなったと感じ、消えたように思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、基本的にこちらは通常の過程ですにでご心配なさらなくて大丈夫ですっよ。稀にお肌質によって色素が定着しない方もおりますので、心配な方はご連絡くださいませ。

アートメイクを初めてしたのですが消えてしまいました

アートメイクは基本的に2回施術が必要と言われております。1回目は身体的な反応として体内に異物が入ってきたと認識され、体外に異物を押し出す作用が働くために色素が定着しづらいと言われております。2回目以降は身体が色素成分を覚えていますので異物とは判断せずその場所に留まるようになるため定着しやすいと言われております。ですので、1回目は定着しづらい=1消えたように見えると思っていただければ良いのではないでしょうか。

洗顔をしてしまいました…

施術当日は施術箇所を濡らさないようにしていただきますが、翌日からの洗顔は泡立てて擦らず優しく洗っていただければ大丈夫です。

ワセリンはいつまで塗ればいいですか?

最長でも1週間にとどめるようにしておきましょう。

まとめ

アートメイク後のかさぶたについてご理解いただけましたか?

✔︎かさぶたはできる人とできない人がいる
✔︎かさぶたはアートメイクの結果に影響しない
✔︎かさぶたは無理にはがさない
✔︎かさぶたは痒みを抑えてはがさないようにする
✔︎処置後1週間してからメイクを開始する

ことがポイントです。
かさぶたができた時に対応方法を間違えるとせっかく施術したアートメイクが台無しになってしまいますので気をつけましょうね。

統括院長からのメッセージ

医師

アートメイクは医療行為です!

アートメイクは皮膚の表皮層から0.02~0.03mmの部分に針を用いて人体に安全な色素を注入する医療技術です。
日本では、アートメイクは医療機関で行わなければならない医療行為とされています。
つまり、医師や看護師といった国家資格をもった人が行う行為ですので、サロン等で行ってるアートメイクは違反行為なので注意が必要です。

アートメイクは、アートです!

描く人を選ぶことで失敗を避けられます。

一度アートメイクをすると修正は大変難しく、時間の経過と共に薄くなるのを待つか、レーザーで除去するしかありません。
お顔の大事なパーツの一つですから、きちんと仕上がりに満足できるように、施術を受ける際はしっかり調べてから行きましょうね。

レナトゥスクリニックは選ばれたアートメイク専門アーティストしかいません!

当院は国家資格をもち、かつ洗練された技術をもつアーティストのみが施術を行っております。
また医療機関でございますのでお肌トラブルが起きた時も安心です。
高品質の医療アートメイクをご希望の方は是非当院にお越しくださいませ。

アートメイクおすすめ記事

    関連記事

    1. 仙台アートメイク

      仙台宮城アートメイク専門クリニック(眉・アイライン・唇)

    2. リップアートメイク

      唇(リップ)の医療アートメイク

    3. 失敗しないアートメイク

      眉・アイライン・リップ(唇)アートメイクで人気クリニックがな…

    施術後1ヶ月〜2ヶ月程

    ・アートメイクの状態

    ・副作用の状態

    ・過ごし方

    リップアートメイク後の経過

    施術当日

    ・アートメイクの状態

    ・副作用の状態

    ・過ごし方

    施術翌日〜3日程

    ・アートメイクの状態

    ・副作用の状態

    ・過ごし方

    施術後3日〜5日程

    ・アートメイクの状態

    ・副作用の状態

    ・過ごし方

    施術後1週間〜2週間程

    ・アートメイクの状態

    ・副作用の状態

    ・過ごし方

    施術後1ヶ月〜2ヶ月程

    ・アートメイクの状態

    ・副作用の状態

    ・過ごし方

    アイラインアートメイク後の経過

    施術当日

    ・アートメイクの状態

    ・副作用の状態

    ・過ごし方

    施術翌日〜3日程

    ・アートメイクの状態

    ・副作用の状態

    ・過ごし方

    施術後3日〜5日程

    ・アートメイクの状態

    ・副作用の状態

    ・過ごし方

    施術後1週間〜2週間程

    ・アートメイクの状態

    ・副作用の状態

    ・過ごし方

    施術後1ヶ月〜2ヶ月程

    ・アートメイクの状態

    ・副作用の状態

    ・過ごし方

    施術当日

    施術部位には傷がついている状態ですので、なるべく清潔にして過ごしていただく必要がございます。
    24時間は施術部位を濡らさないようにしましょう。
    お風呂はワセリンを分厚目めに塗り、シャワーのみが安心です。
    飲酒や運動など、血圧が上がるようなことは避けましょう。

    施術翌日〜施術後1週間

    ワセリンを薄めに塗布して保護しましょう(長くて1週間ほどにしましょう)。
    また、部位ごとに多少の経過は異なりますが、施術部位にはなるべく触らず、清潔にして過ごしていただく必要があります。

    そのため、施術部位に刺激になるような激しい運動やサウナ等発汗等を伴う行為も避けていただきます。プールや海、日焼けも避けてください。

    施術後1〜2週間

    1週間ほどでアートメイクの色味が半分ぐらいに落ち着き色素が定着してきます。

    この時期もなるべく施術部位にはなるべく触らず、清潔にして過ごしていただく必要があります。激しい運動やサウナ、プール、海、日焼け等も避けてください。

    施術後2週間以降

    基本的に通常通りの生活に戻していただいて大丈夫です。ただ、まだ色が定着してないなどご不安な時は一度クリニックにご相談くださいませ。

    以上が眉、アイライン、リップで大体の共通事項となっております。部位によって多少異なる部分もありますのでそれぞれ詳しく見ていきましょう。

    眉アートメイクの経過

    施術当日

    腫れや赤みが出ます。ヒリヒリとしたような痛みが出る場合もございます。

    施術施術翌日〜3日程

    腫れ、赤みが引き続き気になる場合はクーリングをお勧めいたします。施術した部位が施術当日よりも濃くなることがあります。(長い方ですと1週間程濃いと感じる場合もございます)

    施術後3〜5日程

    腫れや赤みが落ち着き、かさぶたが出来始めます。後に詳しくご説明いたしますが、かさぶたは絶対に無理に剥がさないでください。

    施術後1〜2週間程

    かさぶたは自然に剥がれ、1週間ほどでアートメイクの色味が半分ぐらいに落ち着き色素が定着してきます。

    施術後1ヶ月〜2ヶ月後

    2回目施術のおすすめ時期です。

    色むらが気になる場合は1ヶ月後ぐらい、逆に濃く感じる場合は3ヶ月程空けてる場合もございます。
    期間が空きすぎると2回目の施術が定着しづらい場合もあるのでご注意ください。

    リップアートメイクの経過

    施術当日

    腫れや赤みが出ます。また、リップは施術直後が一番濃くなることがあります。稀に内出血により赤黒くなり、かなり濃い発色になる場合がありますが時間の経過とともに落ち着いていきますのでご安心くださいませ。

    施術施術翌日

    腫れ、赤みが引き続き気になる場合はクーリングをお勧めいたします。

    施術2〜3日後

    稀にヘルペスが発症する場合がございます。ヘルペスが出た場合はすぐに治療してくださいませ。当院では予めヘルペスを予防するために抗ウイルス剤の処方も可能でございます。

    施術後3〜5日程

    施術後3〜5日程 腫れや赤みが落ち着き、かさぶたが出来始めます。(早い方ですと翌日から出来この期間で剥ける方もいらっしゃいます)後に詳しくご説明いたしますが、かさぶたは絶対に無理に剥がさないでくださいませ。

    施術後1ヶ月〜2ヶ月後

    2回目施術のおすすめ時期です。

    色むらが気になる場合は1ヶ月後ぐらい、逆に濃く感じる場合は3ヶ月程空けてる場合もございます。期間が空きすぎると2回目の施術が定着しづらい場合もございますのでご注意ください。なお、リップのアートメイクはしっかり色味を残すためには3回ほど施術をしていただくのが一般的に必要となっております。

    アイラインアートメイクの経過

    施術当日

    腫れや赤みが出ます。また翌朝は腫れが出やすいので、当日の夜は心臓より頭を高くして眠ることをおすすめしております。アイラインは眉やリップに比べて腫れがでやすいと言われております。
    冷やす場合は清潔に行いましょう。また、ヒリヒリとしたような痛みが出る場合もございます。

    施術翌日

    翌朝は腫れが出やすいため、腫れた場合は清潔な状態ですぐ冷やすようにしてください。施術した部位が施術当日よりも濃くなることがあります。(長い方ですと1週間程濃いと感じる場合もございます)

    施術後3〜5日程

    腫れや赤みが落ち着き、かさぶたが出来始めます。後に詳しくご説明いたしますが、かさぶたは絶対に無理に剥がさないでくださいませ。

    施術後1〜2週間

    かさぶたは自然に剥がれ、1週間ほどでアートメイクの色味が半分ぐらいに落ち着き色素が定着してきます。

    施術後1ヶ月〜2ヶ月後

    2回目施術のおすすめ時期です。色むらが気になる場合は1ヶ月後ぐらい、逆に濃く感じる場合は3ヶ月程空けてる場合もございます。期間が空きすぎると2回目の施術が定着しづらい場合もございますのでご注意ください。

    アートメイク後のかさぶた

    ここからはアートメイクの施術後にできるかさぶたについて詳しくお話していきます。

    アートメイク施術後は基本的にかさぶたができます。
    かさぶたができた時に対応方法を間違えると、せっかく施術したアートメイクが台無しになってしまう可能性があるので注意が必要です。

    アートメイク後のかさぶたで失敗しないためにはどうしたら良いのかを解説します。

    かさぶたは皆できるの?

    かさぶた

    結論を言うと、個人差がありますのでかさぶたができる方もいらっしゃれば、できない方もいらっしゃいます。
    ですが、かさぶたの有無でアートメイクの定着の度合いが異なるわけではないのでご安心ください。
    また、かさぶたの有無でアーティストの技術の差が関係してくると書いてある記事を見ることがありますが、信憑性に欠けております。

    もちろん、傷が深い方がかさぶたはできやすいので、技術力が劣っているアーティストだと解釈することもありえなくはないですが、血管の深さや走行には個人差があるので、アートメイクアーティストの技術以外の要素も大きく関わっています。

    かさぶたができても、できなくてもアートメイクの結果には関係がない可能性が高いので安心してださい。

    かさぶたは何日後からできて、いつはがれるの?

    笑顔

    かさぶたは部位によって異なる場合もございますが、基本的に施術後約3〜5日でできます

    アートメイクは医療用の針でお肌にインクを注入していきますので施術後はお肌に細かい傷ができた状態となります。かさぶたは普段、擦り傷等を作ってしまって時にできるように、傷口を保護する役割があります。

    アートメイクの傷口には、次の3つの役割があります。

    ①傷口を保護する
    ②雑菌などの異物の侵入を防ぐ
    ③インクが落ちるのを防ぐ

    かさぶたが大事な働きをしているのがわかりますね。

    施術直後から2日目までぐらいは、赤みや腫れが出る方もいらっしゃいますが、こちらが落ち着いてくるころにかさぶたができてきます。この時皮膚がつっぱる感じやかゆみを感じる方もいらっしゃいますが、決してこすったりしないようにしましょう。

    また、ケガの後の赤黒い分厚いかさぶたとは異なります。

    かさぶたと聞くとケガの後にできる赤黒い分厚いものを想像する方もいらっしゃいますが、アートメイク後のかさぶたは基本的にとても薄い膜のようなものですので、一見気づかないものです。また、インクの色が付着していると、黒色、茶色、赤色、ピンク色のかさぶたのことがあります。もしこのような場合でもアートメイクの仕上がりには影響がございませんのでご安心ください。

    一方で、ケガの後にできる赤黒い分厚いかさぶたは基本的にはアートメイクでは起こりえません。
    何かおかしいかな?と思った場合は施術したクリニックにご相談ください。

    眉アートメイク後のかさぶた

    基本的に眉アートメイク後のかさぶたは薄皮のようなものなので、元々の眉毛に隠れて見えない場合もございますし、自身でも気づかないことが大抵です。私も眉アートメイクを体験しましたが、かさぶたが出来たか定かではありません。その程度なのでおそらく気にならないかと思います。
    また、眉アートメイク後にできたかさぶたは個人差もありますが1週間から10日程度で自然とむけていきます

    リップアートメイク後のかさぶた

    普段唇が乾燥したり荒れると、皮剥けしますよね。リップアートメイク後のかさぶたはそのようなイメージをしていただけるとわかりやすいかと思います。眉毛よりはご自身でもかさぶたが分かるでしょう。
    また、リップアートメイク後のかさぶたは個人差もありますが1週間から10日程度で自然とむけていく場合もあれば、唇はターンオーバーが早い部位ですので翌日からむけ始める方もいらっしゃいます。

    アイラインアートメイク後のかさぶた

    アイラインアートメイク後のかさぶたも薄い皮状のものです。ご自身ではつっぱるような感じを覚える方もいらっしゃいますが、他人からはかなり気づかれにくいレベルです。
    また、アイラインアートメイク後にできたかさぶたは、個人差もありますが1週間から10日程度で自然とむけていきます

    かさぶたは気になったらはがしてもいいの?

    眉毛

    私たちは普段からかさぶたができると、気になってむいてしまう方も多いかと思います。しかしアートメイクではNGです。無理に剥がすことで色むらの原因になったり、傷を深くしてしまう恐れもございますので必ず自然に剥がれるまで待ちましょう。

    かさぶたがはがれる目安の期間を超えてもなかなか剥がれない場合は、お肌トラブル等が考えられますので、クリニックにご相談くださいませ。

    無意識のうち、寝ているかさぶたを剥がしたけど大丈夫?

    無意識だったり、寝ている時に触ってしまうのはなかなか防げないですよね。

    もしそのような場合でも、特に違和感がなければそのままにしていただいて大丈夫です。
    剥がしてしまったものは仕方がありませんので、それ以上悪化させないようにすることが大切です。

    出血がとまらなくなった、大きな傷ができてる場合は施術したクリニックにご相談くださいませ。

    アートメイク後のかゆみにはどのように対処すればいいの?

    塗り薬

    かさぶたをはがさないようにするためには、かゆみを抑えることが大切です!

    アートメイクの施術後はかさぶたができ傷が治る過程でヒスタミンという物質が神経に作用してかゆみを伴う場合がございます。
    かゆみがあると掻いてしまうのが人間の心理ですが、アートメイクの施術後は絶対掻かないようにしてくださいませ。

    無意識のうちに掻いてしまう場合もあるため、なるべく早めに以下の対処をしましょう。

    ①ワセリンで保湿する

    乾燥しているとどうしてもかゆみが強くなってしまいますので、しっかりと保湿を行いましょう。
    保湿がしっかりされていると、痒みを最低限に抑えることができます。
    ワセリンは最低でも3日間、最長でも1週間程度が目安です。ポイントとしては清潔な綿棒で撫でるように優しく薄めに塗ってあげます。(お風呂に入る際は少し分厚目に塗っていただいてもかまいません。)

    ②クーリングをする

    冷やすことでかゆみが抑えられます
    保冷剤を必ず清潔な布で巻いていただいてから優しくそっと当ててくださいませ。

    二つの大事な共通点は「清潔な状態で行うことと」、「優しく丁寧にすること」です。アートメイク後は傷が付いている状態ですので細菌や雑菌などが入ってしまうと感染の危険性があります。また、強い力で触ってしまいますとせっかくのアートメイクがとれてしまったり、傷を深くしてしまいかねません。十分に注意して行ってくださいね。

    ③抗ヒスタミン薬を内服する

    かゆみの程度が強い方や、アレルギー体質の方は、抗ヒスタミン薬を内服しても良いかもしれません。
    市販の花粉症の薬などが、抗ヒスタミン薬です。内服をすることで、かゆみを抑えることができます。

    かゆみが治まるまで1日1錠で開始すると良いでしょう。

    ④ステロイドを塗る

    かゆみの程度が強い方は、施術後2日程度ステロイドを塗っても良いでしょう。
    ステロイドが炎症を抑え、かゆみを抑えてくれる場合があります。
    しかし、長期間塗ると逆に傷の治りを遅らせてしまう場合があるので、使用する場合は短期間の使用にとどめておきましょう。

    メイクはかさぶたが剥がれてから?

    メイク

    メイクをすることで雑菌が入り、感染症を引きおこすことも考えられるため、基本的にかさぶたが剥がれてからの方が安心です。
    以下はあくまで目安ですので、ダウンタイム中で腫れや、赤み、痛み、かゆみ等ある場合は行わないでください。

    基本的に、全ての処置後1週間以上経過してからメイクをしてください

    眉アートメイク後のメイク

    施術後1週間以上経過してから行うようにしてください。

    リップアートメイク後のメイク

    施術後1週間以上経過してから行うようにしてください。

    アイラインアートメイク後のメイク

    施術後1週間以上経過してから行うようにしてください。

    どうしてもアートメイクの周りの目元のメイクをした場合は施術後2日間以上経過してから行うようにしてください。ただ、化粧品がアイラインの施術箇所についてしまったり、メイクを洗う時にアイラインの場所に触れる可能性があり、雑菌が入ってしまうことがあるため1週間以上経過してから行うのがベストです。

    まとめ

    アートメイク後のかさぶたについてご理解いただけましたか?

    ✔︎かさぶたはできる人とできない人がいる
    ✔︎かさぶたはアートメイクの結果に影響しない
    ✔︎かさぶたは無理にはがさない
    ✔︎かさぶたは痒みを抑えてはがさないようにする
    ✔︎処置後1週間してからメイクを開始する

    ことがポイントです。
    かさぶたができた時に対応方法を間違えるとせっかく施術したアートメイクが台無しになってしまいますので気をつけましょうね。

    統括院長からのメッセージ

    医師

    アートメイクは医療行為です!

    アートメイクは皮膚の表皮層から0.02~0.03mmの部分に針を用いて人体に安全な色素を注入する医療技術です。
    日本では、アートメイクは医療機関で行わなければならない医療行為とされています。
    つまり、医師や看護師といった国家資格をもった人が行う行為ですので、サロン等で行ってるアートメイクは違反行為なので注意が必要です。

    アートメイクは、アートです!

    描く人を選ぶことで失敗を避けられます。

    一度アートメイクをすると修正は大変難しく、時間の経過と共に薄くなるのを待つか、レーザーで除去するしかありません。
    お顔の大事なパーツの一つですから、きちんと仕上がりに満足できるように、施術を受ける際はしっかり調べてから行きましょうね。

    レナトゥスクリニックは選ばれたアートメイク専門アーティストしかいません!

    当院は国家資格をもち、かつ洗練された技術をもつアーティストのみが施術を行っております。
    また医療機関でございますのでお肌トラブルが起きた時も安心です。
    高品質の医療アートメイクをご希望の方は是非当院にお越しくださいませ。

    アートメイクおすすめ記事

    ▶︎アートメイクコラム一覧

    記事監修アーティスト一覧

    アートメイクアーティスト
      • アーティストアリン
      • アートメイク専門看護師
        アリン先生
        青森県出身。都内大手のアートメイククリニックに勤務。
        実現困難といわれたハイトーンカラーを使用したアートメイクをいち早く広めた先駆者です。
    アートメイクアーティスト
      • アートメイク専門看護師
        さつき先生
        東京都内で活躍中。デザイン力、技術力に優れており都内でも予約が連日埋まってるアーティストさんです。
    アートメイクアーティスト
      • 長岡
      • アートメイク専門看護師
        長岡先生
        東京のアートメイク専門クリニックで技術を磨く。2022年4月より仙台に移住し、仙台で東京レベルのアートメイクを提供する。
    アートメイクアーティスト
      • アートメイク専門看護師
        Mei先生
        看護師として大手美容クリニック銀座院・渋谷院・品川院にて8年勤務し、主任を務めた後、アートメイク最大手クリニックで技術を習得する。さらに自己の技術力向上のためアートメイクの起源である中国に渡りcertificateを取得する。

    今よりも更に美しくなれる
    技術が高いのに安いアートメイク
    \今ならモニター募集中/

    まずは無料カウンセリングに行ってみる

    関連記事

    1. アーティストアリン

      アリン|仙台アートメイクアーティスト

    2. 失敗しないアートメイク

      眉・アイライン・リップ(唇)アートメイクで人気クリニックがな…

    3. リップアートメイク

      唇(リップ)の医療アートメイク

    4. アートメイクと妊娠

      アートメイクは妊娠中にできる?母体や胎児への影響、リスクをご…

    5. さつきアートメイク

      さつき|仙台アートメイクアーティスト

    6. 仙台アートメイク

      仙台宮城アートメイク専門クリニック(眉・アイライン・唇)

    PAGE TOP