ほうれい線はなぜ深くなる?

そもそもほうれい線とは?

鼻の横から、唇の横にかけてのびる線のことで鼻唇溝ともよばれます。
頬の脂肪と口元の段差であり笑った時には、深くなります。
このシワが深く刻まれるようになると、見た目年齢をあげてしまうことになります。

加齢により肌のハリがなくなり、ほうれい線がより目立つようになります。30代以降から気になり始め、加齢とともに深くなる特徴がありますが、若い頃からほうれい線に悩む方もいます。

ほうれい線は真顔の時でも目立つため、老けた印象にみられがちです。
放置すると、少しずつ溝が深くなり目立ってくるため早めのケアが必要です。

ほうれい線が深くなる理由

①表皮・真皮のダメージ

肌のハリは、肌の下にある真皮という部分のコラーゲンエラスチンによって保たれています。加齢によって減少すると言われており、真皮が弾力を失うことで肌を支えられなくなります。皮膚が下へ垂れ下がりほうれい線が目立つようになってしまいます。

さらに表皮・真皮は紫外線の影響を受けやすい部分です。紫外線(特にUV-A)が真皮のコラーゲンやエラスチンを壊す酵素を増加させ、皮膚がたるみやすくなってしまいます。

また、肌が乾燥してもほうれい線が目立ちやすくなります。

肌が乾燥した状態は、乾いた紙のようなもの。折り目をつけると跡が残るように、ほうれい線のラインは肌が乾燥しているほど深く刻まれてしまいます。

②脂肪の減少

皮膚の下にはクッションの役割をする脂肪があります。脂肪は柔らかさボリュームをもっており、肌がふっくらしハリを持たせるため若々しく保っています。

頬の脂肪は年々減少してきます。すると、頬の脂肪のボリュームが減ることで皮膚が余ります。
頬の皮膚が下に落ちてくるためほうれい線への負荷が高くなってしまいます。

また、加齢により口元の脂肪容量が減ってくると頬との段差がより大きくなりほうれい線が深く見えてしまいます。

③靱帯の緩み

筋肉や脂肪・皮膚を支えている靱帯は加齢によりゆるんできます。

頬の皮膚や脂肪はある程度くっついているので一緒に落ちてきてしまいます。

ほうれい線の上に、落ちてきた皮膚がたまって「ふくらみ」になってしまい濃くみえるようになります。

④骨の減少

ほうれい線が深くなるのは、骨格によるものもあります。

鼻横の骨も加齢によって萎縮し広がってきます。骨がなくなった分、皮膚や脂肪を引き込んでしまい鼻横のくぼみが深くなると、ほうれい線が深く見えるようになってしまいます。

ほうれい線はどうやって改善する?

保湿

肌の乾燥は、紫外線によるコラーゲンやエラスチンへのダメージを高めるため保湿ケアを徹底することが大切です。肌が乾燥している状態では、シワが深くなっていく一方です。化粧水、美容液、乳液、クリームで保湿ケアを行いましょう。おすすめはヘパリン類似物質で、肌奥まで浸透して保水してくれるため乾燥を抑えてくれます。

マッサージ

直後に効果がでるマッサージは、ほうれい線に効果的とされています。直接こすったりマッサージすることで、一時的に皮膚の水分が動き筋肉が収縮することでほうれい線が薄くなったように見えます。

しかしほうれい線を深くしないコツは触らないことです。手荒いスキンケアを続けると、お肌の慢性的な刺激になってしまい、その刺激が色素沈着というシミにつながります。スキンケアは〜が良いというものはなく、ただ触らないことを徹底してください。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は体内にある成分であり、1gで6Lも保水できるため肌のハリやみずみずしさを補ってくれます。

ヒアルロン酸を外から注入することで、加齢により萎縮した骨や脂肪を補い肌のハリを回復することができます。また、注入することで細かいシワを埋めたり、段差をなだらかにすることができるため、濃いほうれい線をうすく引きのばすことができます。

ヒアルロン酸注入は副作用やダウンタイムがほとんどなく、注入した瞬間に効果を実感できる施術です。施術時間も10分〜20分ですので気軽に受けていただくことができます。

やった感のないプチ整形のため、20〜50代まで幅広い年代の方に人気のある施術です。

糸リフト

糸のリフトアップのいいところはたるみの予防ができる点です。

たるみは重力が大きな原因なので、リフトアップが持続する間はアンチエイジング効果が期待できます。

実は、同じ糸でも糸によって原価が10倍以上違い、効果も全く違います。

糸はレナトゥスクリニックで使用している糸がおすすめです。

HIFU

HIFU(ハイフ)は肌表面に超音波を照射し、肌の内側に熱をあたえることで肌の再生力を促す治療で、しわやたるみを改善すると言われています。

真皮やSMAS筋膜(脂肪と筋肉の間の膜)に作用し、コラーゲンやエラスチンの生成を促進し肌のリフトアップ効果もあります。

ダウンタイムもほとんどありませんが持続期間が3〜6ヶ月と短く、施術を繰り返す必要があります。

 

結論何が一番いいの?

簡単かつ、ナチュラルな仕上がり、そして注入した瞬間に完成するヒアルロン酸注入が最も効果的です。アラガン社の製剤であれば持続期間は18か月と長い期間保つことができます。

レナトゥスクリニックでは熟練した注入技術を持つ医師が在籍しておりますのでぜひお試しください。

 

この記事の監修者
  • 岡田先生
  • レナトゥスクリニック東京田町院
    岡田 楽史
    コンプレックスで悩んでいた時間が、楽しい時間に変わるように。
    RENATUS CLINICにきてよかった、と喜んでいただけるように。
    誠意を持って関わらせていただきますので安心していらしてください。
    お待ちしております。
    経歴・資格
    某都内病院初期研修修了
    アラガン社公認 ボトックスビスタ注入認定医
    アラガン社公認 ジュビダームビスタ注入認定医

関連記事

  1. 目の下のたるみ・くぼみってどうしてできる?

  2. ジュビダーム

    ジュビダームビスタ(アラガン社ヒアルロン酸)とは?種類の違い…

  3. 涙袋ヒアルロン酸注射は痛い?無痛にする方法も解説

    涙袋ヒアルロン酸注射は痛い?無痛にする方法も解説

  4. 唇ヒアルロン酸レポート

    大阪での唇(リップ)ヒアルロン酸上手い名医による注入体験レポ…

  5. ヒアルロン酸溶解

    ヒアルロン酸溶解注射

  6. filler

    If you’re looking for hy…

最近の記事

  1. 大阪で脂肪溶解注射BNLS Fat Burnが安い¥2,200
  2. 脂肪溶解注射 BNLS アルティメット(小顔注射)
  3. 名古屋のメンズ医療全身脱毛ならレナトゥスクリニック
PAGE TOP