脂肪溶解注射で後悔する理由と対策法

脂肪溶解注射で後悔する理由と対策法

脂肪溶解注射で後悔する理由と対策

脂肪溶解注射で後悔する理由は、脂肪を減らしてはいけない部位に注射をしてたるみやシワが目立つようになった、複数回の注射が必要で予想より料金がかかった、予想より脂肪溶解効果がないと感じる、医師の技術で効果の出方が変わることを知らなかった、脂肪が減ったのがそれを上回って太ったことが主な理由です。対策は、良いクリニックと医師を選び、料金が安い高濃度の脂肪溶解注射を、適切な部位と減らしたい脂肪に見合った必要量・回数施術を行い、正しいアフターケアを行うことです。

レナトゥスクリニックでは、デオキシコール酸1%濃度が安い!最安1cc¥4,400でキャンペーンで期間限定さらに50%オフ!お早めにどうぞ!

脂肪溶解注射は「製剤」と「医師の技術」と「続けやすい料金」が大切です。美容外科・美容皮膚科はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるならプチ整形が安い今がチャンス
ツルツルの美肌になれる肌管理
\今なら最大¥38,500引き/

脂肪を減らしてはいけない部位に注射をしてたるみやシワが目立つようになった

シワやちりめんジワが増えた

脂肪溶解注射を行う際には、注射を避けるべき部位に頬骨の下とゴルゴラインの上が主にあります。これらの部位に注射をすると、たるみやシワが目立つ原因となり、後悔することがあります。以下では、特に注意すべき部位とその理由について説明します。

頬骨の下

頬骨の下に脂肪溶解注射を行うと、頬がこける原因となります。頬がこけることで、顔全体のバランスが崩れ、老けた印象を与えることがあります。この部位に脂肪溶解注射を行うことは避けるべきです。

ゴルゴラインの上

ゴルゴラインの上の脂肪は、年齢とともに自然に脂肪が減少する部位です。この部位の脂肪をさらに減らすと、シワやたるみが目立ち、顔全体が老けて見えることがあります。脂肪溶解注射はこの部位に対して行うことは推奨されません。

脂肪溶解注射の効果が出やすい部位

脂肪溶解注射に適切な注入量が注射していない

脂肪溶解注射は、特定の部位に対して特に効果的です。特に口横の「ぽにょ」と呼ばれるマリオネットラインの原因となる部分の脂肪や顎下の脂肪にはおすすめです。これらの部位は、脂肪溶解注射で対応できる脂肪の量であり、ダウンタイムもほぼないので、以下の理由からおすすめです。

マリオネットラインの脂肪

マリオネットラインの改善は、切開リフトや糸リフト、バッカルファット除去といった手術をしても改善しにくい脂肪も原因の1つです。脂肪溶解注射を使用することで、以下のメリットがあります:

  • 切開や縫合が不要で、手術のリスクがありません。
  • ダウンタイムがほとんどなく、日常生活に支障をきたしません。
  • 効果が目に見えてわかりやすく、自然な仕上がりになります。

手術だと凹凸や傷跡などのリスクがありますが、脂肪溶解注射であれば問題ないことがほとんどです。

顎下の脂肪

顎下の脂肪は、脂肪吸引では最悪死亡事故のリスクがありますが、脂肪溶解注射を使用することでこれらのリスクを避けることができます:

  • 死亡するリスクやボコボコになるリスクがありますが、脂肪溶解注射ではそのリスクがほとんどありません。
  • ダウンタイムがほとんどないため、すぐに日常生活に戻ることができます。
  • 施術後のケアが簡単で、効果が徐々に現れるため自然な見た目になります。

これらの理由から、脂肪溶解注射は口横のマリオネットラインや顎下の脂肪に特に効果的で、安全性が高くおすすめです。適切な施術を受けるためには、信頼できる医師と相談し、自分に合ったプランを立てることが重要です。

複数回の注射が必要で予想より料金がかかった

脂肪溶解注射は一般的に部位毎に適切な量を3回以上の施術回数を重ねることで効果を出す治療方法です。このため、1ccあたりの料金が安いといっても、予想より料金がかかる可能性があり注意が必要です。

脂肪溶解注射の相場は、製剤によりますが、1ccあたり¥2,000~¥10,000あたりの値段設定が多いです。効果の出る製剤では平均は¥6,000程度ですので、10ccを3回注射すると約18万円費用が発生する可能性があります。もちろん、この値段より安く満足できる可能性もあるでしょう。

予想より脂肪溶解効果がないと感じる

脂肪溶解注射で減らすことのできる脂肪の量には限界があります。また、デオキシコール酸濃度の高い製剤を十分な量を医師の技術が高いクリニックで施術をしないと、予想より脂肪溶解効果がないと感じる可能性があり注意が必要です。

期待値とのギャップで効果がないと感じる

期待値とのギャップで効果がないと感じる

脂肪溶解注射は、物凄い脂肪減少効果の期待を抱いている場合、効果がないと感じることがあります。これは、他の処置方法、例えばベイザー脂肪吸引などと比較してしまうことが原因です。

脂肪溶解注射と他の処置方法の違い

脂肪溶解注射は、ベイザー脂肪吸引などの外科的な脂肪吸引と比べると、以下のような点で異なります:

  • 効果の程度:ベイザー脂肪吸引は大量の脂肪を一度に除去できるため、劇的な効果を期待できますが、脂肪溶解注射は徐々に脂肪を減少させるため、効果が緩やかです。
  • ダウンタイム:脂肪溶解注射はダウンタイムがほとんどなく、施術後すぐに日常生活に戻れる点がメリットです。
  • 侵襲性:脂肪溶解注射は非侵襲的な方法であり、手術のようなリスクが少ないです。

脂肪溶解注射が適している方

以下のような悩みを持つ方には、脂肪溶解注射が適しています:

  • 顔を一回りダウンタイムなしにスッキリとさせたい方
  • 口横の「ぽにょ」が気になる方
  • 鼻を小さくしたい方
  • 顎下の脂肪をなくしたい方

効果が感じにくい場合

脂肪溶解注射の効果が感じにくいと感じるのは、以下のような場合です:

  • もともとの脂肪の量が多い方:脂肪溶解注射は少量の脂肪をターゲットにするのに適しており、大量の脂肪を減少させるには適していません。
  • 期待が高すぎる場合:劇的な変化を期待している場合、効果が緩やかに感じられることがあります。

脂肪溶解注射は、顔や小さな部位の脂肪を減少させるのに適した方法であり、ダウンタイムがほとんどないため日常生活に支障をきたしません。しかし、大量の脂肪を減少させたい場合や、劇的な変化を期待している場合には、他の処置方法を検討する必要があるかもしれません。

デオキシコール酸濃度が1%のもの以外はそもそも効果を感じにくい

デオキシコール酸濃度が1%のもの以外はそもそも効果を感じにくい

脂肪溶解注射に使用されるデオキシコール酸の濃度は、効果に大きな影響を与えます。特に、デオキシコール酸濃度が1%(10mg/ml)以下の製品は、効果を感じにくいとされています。

以下では、その理由と対策について詳しく説明します。

デオキシコール酸の役割

デオキシコール酸は、脂肪細胞を破壊し、脂肪を溶解する役割を果たします。濃度が高いほど、その作用が強くなり、脂肪細胞に対する効果が高まります。1%濃度のデオキシコール酸は、脂肪溶解注射の標準的な濃度として広く使用されており、その効果が実証されています。

低濃度のデオキシコール酸の問題点

1%未満のデオキシコール酸を使用した場合、以下のような問題が生じることがあります:

  • 効果が不十分:脂肪細胞に対する破壊力が弱いため、期待する効果が得られにくい。
  • 施術回数が増える:効果が弱いため、同じ効果を得るために複数回の施術が必要になることが多い。
  • コストの増加:施術回数が増えることで、トータルのコストが高くなる。

高濃度のデオキシコール酸の問題点

高濃度のでオキシコール酸がおすすめですが、デメリットもあります。

  • デメリットは腫れや赤みが強く出る可能性がある。
  • 痛みが強い可能性がある。
  • 料金が高い可能性がある。

ただし、レナトゥスクリニックのBNLSファットバーンは、効果高いのに低濃度の脂肪溶解注射と同じように、痛みは多少ありますが、腫れや赤みは数時間後〜次の日には引いていました。

デオキシコール酸の濃度は脂肪溶解注射の効果に直接関係しています。1%濃度の製品を選ぶことで、より確実な効果を期待でき、施術後の満足度も高まります。

▶︎脂肪溶解注射BNLS Fat Burn(ビーエヌエルエスファットバーン)最安1cc¥4,400

脂肪溶解注射に適切な注入量が注射していない

脂肪溶解注射の効果が出やすい部位に注射していない

脂肪溶解注射の効果を最大限に引き出すためには、適切な注入量を守ることが重要です。1ccでかなり効果が出ると期待している方もいらっしゃると思いますが、効果は量に比例します親指と人差し指で丸を作った時にできる大きさでだいたい5cc程度が必要な目安となります。

以下では、部位ごとの適切な注入量について説明します。部位ごとの注入量の目安

部位 適切な注入量
フェイスライン 5~20cc
顎下 5~40cc
小鼻 2~6cc
まぶた 片側1cc、合計2cc
10~20cc
頬骨上 10~20cc
二の腕 30~60cc
お腹 30~60cc

適切な注入量を守ることの重要性

適切な注入量を守ることで、脂肪溶解注射の効果を最大化し、施術後の満足度を高めることができます。逆に、注入量が不足すると、期待する効果が得られにくくなります。

注入量の決定方法

適切な注入量を決定するためには、以下の点に注意することが重要です:

  • 個々の体質と脂肪の厚さ:個人差があるため、医師と相談しながら適切な量を決定します。
  • 施術部位の特性:部位ごとの特性に応じた注入量を守ることが重要です。
  • 医師の経験とアドバイス:信頼できる医師の指導に従い、適切な量を注入することが推奨されます。

脂肪溶解注射の効果を最大限に引き出すためには、適切な注入量を守ることが不可欠です。施術前に医師と十分に相談し、部位ごとの適切な注入量を確認することで、より効果的な結果を得ることができます。

施術回数が足りていない

脂肪溶解注射の効果を十分に実感するためには、適切な施術回数が必要です。一般的に、3~5回以上の施術がおすすめです。

施術回数の重要性

一度の施術で劇的な効果を期待するのは難しいことが多いです。脂肪溶解注射は徐々に脂肪を溶解し、体外に排出するプロセスを経るため、複数回の施術を行うことで効果を最大化できます。以下の理由から、複数回の施術が推奨されます:

  • 段階的な効果:一度の施術で得られる効果は限られているため、段階的に脂肪を減少させることで、自然な結果を得ることができます。
  • 体への負担軽減:複数回に分けて施術を行うことで、体への負担を軽減し、安全に脂肪を減少させることができます。このため、一度の注入量には限界があります。
  • 持続的な効果:継続的に施術を行うことで、長期的な効果を維持しやすくなります。

おすすめの施術回数

脂肪溶解注射の効果を最大限に引き出すためには、以下の施術回数を目安にすることが推奨されます:

  • 最小回数:3回
  • 推奨回数:5回以上

施術間隔

施術間隔についても、効果を最大限にするために考慮する必要があります。一般的には、2~4週間の間隔を空けて施術を行うことが推奨されます。これにより、体が脂肪の分解と排出を行う時間を確保できます。

医師の技術で脂肪溶解効果の出方が変わることを知らなかった

脂肪溶解注射の効果は、医師の技術によって大きく変わります。適切な技術と経験を持つ医師による施術は、より副作用やリスクが少なく脂肪溶解結果をもたらします。以下では、脂肪溶解注射における医師の技術の重要性について説明します。

マイクロカニューレの使用

マイクロカニューレという特殊な針を使用することで、脂肪を均一に減らし、施術後の凹凸を減らすことができます。マイクロカニューレの利点は以下の通りです:

  • 均一な脂肪除去:細かい操作が可能で、同じ脂肪層を狙い均一に溶かすことができます。
  • 皮膚へのダメージが少ない:従来の針に比べて皮膚や血管へのダメージが少なく、施術後の腫れや内出血を抑えることができます。
  • 施術後の仕上がりが自然:均一な脂肪減少により、施術後の仕上がりが自然で美しいものとなります。

脂肪を溶かして良い部位とそうでない部位の見極め

脂肪を溶かすべき部位とそうでない部位を見極めることは、医師の経験と知識が求められます。誤った部位に脂肪溶解注射を行うと、以下のような問題が生じる可能性があります。

  • たるみやシワ:脂肪を減らすべきでない部位に注射すると、皮膚がたるみ、シワが目立つことがあります。
  • 不自然な仕上がり:脂肪の除去が不均一だと、顔や体のラインが不自然になることがあります。

信頼できる医師は、以下のようなポイントに注意して施術を行います。

  • 適切な部位の選定:脂肪を溶かすべき部位とそうでない部位を正確に見極める。
  • 均一な脂肪除去:マイクロカニューレなどの特殊な器具を使用し、脂肪を均一に減らす。
  • 患者の個別ニーズに対応:患者一人ひとりの顔や体の形状、脂肪の量を考慮し、最適な施術プランを提案する。

脂肪溶解注射の効果は、医師の技術によって大きく変わります。マイクロカニューレを使用することで均一な脂肪減少を実現し、脂肪を溶かすべき部位とそうでない部位を正確に見極めることが重要です。信頼できる医師による施術を受けることで、より自然で美しい仕上がりを得ることができます。

脂肪が減ったがそれを上回って太った

脂肪溶解注射で一度減らした脂肪はなくなりますが、その他の脂肪が大きくなり元に戻った・効果がないと感じることがあります。これは、施術後の生活習慣や食生活に起因する場合が多いです。以下では、その理由と対策について詳しく説明します。

残った脂肪細胞の増大

脂肪溶解注射によって脂肪細胞が破壊されても、太ると他の残った脂肪細胞が今まで以上に大きくなる可能性があります。脂肪細胞の数が減っても、残った脂肪細胞は依然として脂肪を蓄積する能力があります。そのため、体重増加は新たな脂肪細胞の生成ではなく、既存の脂肪細胞の膨張によって起こります。

油断による食べ過ぎ

脂肪が減ったことで安心し、食べ過ぎてしまう人もいます。施術後に適切な食事管理を行わないと、再び脂肪が蓄積されるリスクがあります。以下の点に注意することが重要です。

脂肪溶解注射後の正しいアフターケア

運動する女性

脂肪溶解注射の効果を最大限に引き出すためには、正しいアフターケアが重要です。適切な運動や食事管理を行うことで、溶けた脂肪の排出を促進し、効果をより実感しやすくなります。

運動

適度な運動は、脂肪溶解注射後の脂肪排出を促進するために非常に効果的です。以下のポイントを参考にしてください:

  • 有酸素運動:ウォーキング、ランニング、サイクリングなどの有酸素運動を週に3~5回、30分から1時間程度行うことで、代謝が促進され、脂肪の分解産物が効率的に体外に排出されます。
  • 強度の調整:無理のない範囲で運動の強度を徐々に上げていくことが大切です。心拍数を上げることで脂肪燃焼効果が高まります。

食事

バランスの取れた食事も、脂肪溶解注射の効果をサポートするために重要です。以下のポイントに注意してください:

  • 高たんぱく質の食事:たんぱく質は筋肉の維持と代謝の向上に役立ちます。鶏肉、魚、大豆製品などを積極的に摂取しましょう。
  • 低脂肪・低糖質の食事:脂肪や糖分を控えめにし、野菜や果物、全粒穀物を多く含む食事を心がけることで、脂肪の再蓄積を防ぎます。
  • 食物繊維の摂取:食物繊維は消化を助け、脂肪の排出を促進します。野菜や果物、全粒穀物、豆類を積極的に摂りましょう。
  • 水分補給:十分な水分を摂取することで代謝が促進され、脂肪の分解産物が尿や汗として排出されやすくなります。1日に2リットル以上の水を飲むことを心がけましょう。

その他のアフターケア

  • マッサージ:施術部位を優しくマッサージすることで、リンパの流れが良くなり、溶けた脂肪の排出が促進されます。毎日5~10分程度行うと効果的です。
  • サウナや入浴:体を温めることで血行が良くなり、代謝が促進されます。週に2~3回、20分程度のサウナや入浴を行うと良いでしょう。

脂肪溶解注射の効果を最大限に引き出すためには、適切なアフターケアが欠かせません。運動やバランスの取れた食事、そしてその他のケアを継続的に行うことで、溶けた脂肪の排出を促進し、より良い結果を得ることができます。

まとめ

脂肪溶解注射で後悔する理由は、たるみやシワが目立つようになった、予想より料金がかかった、予想より効果がないと感じる、医師の技術で効果が変わるとしらなかった、脂肪が減った以上に太ったことが主な理由です。対策は、良いクリニックと医師を選び、料金が安い高濃度の脂肪溶解注射を、適切な部位と減らしたい脂肪に見合った必要量・回数施術を行い、正しいアフターケアを行うことです。

脂肪溶解注射が安いおすすめクリニック

レナトゥスクリニック

レナトゥスクリニック大阪院

項目 内容
クリニック名 レナトゥスクリニック
場所 東京田町院
JR山手線「田町駅」西口より徒歩1分
新宿院
JR山手線「新宿駅」南口より徒歩5分
大阪院
JR大阪駅より徒歩9分
仙台院
JR仙台駅より徒歩1分
名古屋院
JR名古屋駅より徒歩3分
人気施術① ヒアルロン酸注入
バレずに即日綺麗
【¥11,000~】
人気施術② ボトックス注射
美肌シワ対策に必須
【¥2,200~】
人気施術③ 肌管理ピーリング
【¥4,400~】
全身脱毛5回 ¥149,800
全身+VIO脱毛5回 ¥219,800
全身+VIO+顔脱毛5回 ¥269,800
費用相場 ¥2,200~¥649,440
割引情報 公式LINEクーポン
バースデークーポン
学生割
ペア割
乗り換え割
紹介割引
カウンセリング料 無料
営業時間 11:00~20:00
店舗により異なる
公式サイト レナトゥスクリニック公式サイト
チェックポイント

初めての方にもおすすめ!
高コスパ美容施術!
安い価格で症例写真1000件以上の医師の施術を受けられます。

レナトゥスクリニックの特徴と向いている方

レナトゥスクリニックは、ヒアルロン酸注入、ボトックス注射、糸のリフトアップに特化しており、特にヒアルロン酸は質の高いアラガン社ジュビダーム正規品を取り扱いをしています。このヒアルロン酸は、安全性、持続、仕上がりが良く、一度の施術で高い効果を実感できます。

また、料金が比較的安く、症例写真件数1000件以上の医師多数在籍のため、コストパフォーマンスが非常に高いです。さらに、各種無料サービスも充実しており、顧客満足度が高いクリニックと言えるでしょう。

レナトゥスクリニックが向いている方

質の良い製品を使いたい方
上手い医師に施術をして欲しい方
一度の施術で高い効果を求める方

レナトゥスクリニック東京田町院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック新宿院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック大阪院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック仙台院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

レナトゥスクリニック名古屋院の評判・口コミ

口コミはgoogle mapsの口コミを参考にしましょう!

美容外科・美容皮膚科はどこを選べばわからない!という方は、まずはレナトゥスクリニックの無料カウンセリングを予約すると良いでしょう。

1つカウンセリングに行くと、比較する基準ができるので、クリニックがとても選びやすくなりますよ。

はじめるならプチ整形が安い今がチャンス
ツルツルの美肌になれる肌管理
\今なら最大¥38,500引き/

監修医師一覧(専門医情報)

この記事の監修者
    • 副田周
    • 医療脱毛専門レナトゥスクリニック
      レナトゥスクリニック統括院長。自身で糸のリフトアップ・美容注射・脱毛を全て受けて結果を出してから患者様に提供をすることをポリシーとしている。元剛毛アトピー、現美肌。大手美容外科院長を経て、医療脱毛の面白さに気付く。
自身が医療脱毛で検索し脱毛をしに行き、粗悪な脱毛機とその効果の低さで毛が抜けず悲しむ。ネット検索では良い脱毛に辿り着けない現状を変えるため、脱毛を徹底的に勉強した。自分で一流の脱毛器とAIベンチャーと共同して脱毛方法編み出し、それをリーズナブルに提供することで社会貢献をすること誓い現在に至る。富山大学医学部医学科卒業後、大手美容外科院長を経てレナトゥスクリニック東京田町院を開業。レーザー脱毛士
      SNS:X(旧twitter)InstagramTiktokYoutubeFacebookPinterestLinkedin

関連記事

  1. 脂肪溶解注射で太ももの部分痩せ

    脂肪溶解注射で太ももの部分痩せ

  2. 新宿で安い上手いおすすめ口コミで人気の名医で脂肪溶解注射を受…

  3. 後悔しないVIO脱毛の選び方:おすすめ医療脱毛クリニック15…

  4. BNLS neo

    脂肪溶解注射BNLSneo¥4,378

  5. 大阪で脂肪溶解注射BNLS Fat Burnが安い¥2,200

    大阪で脂肪溶解注射BNLS Fat Burnが安いランキング…

  6. 脂肪溶解注射BNLS Fat Burn(ビーエヌエルエスファ…

最近の記事

  1. 大阪梅田茶屋町リジュランiアイ注射(高濃度サーモン注射)が安い¥22,000
  2. 大阪のほうれい線ヒアルロン酸が上手い先生・名医と安いおすすめのクリニック
  3. 大阪でワキ(脇)ボトックス注射が上手い先生で安い¥11000おすすめ美容クリニック7選!
  4. 仙台でワキ(脇)ボトックス注射が上手い先生で安い¥11000おすすめ美容クリニック6選!
  5. 東京でワキ(脇)ボトックス注射が安い上手い¥11000おすすめ美容クリニック10選!
PAGE TOP