ED治療薬のご紹介です。

前回の記事で書ききれなかったので…

ED治療薬のご紹介

当院には3種類ご用意がございます。

最も有名なバイアグラ

EDと言ったらこれ!ぐらいに有名ですよね。
EDで悩んだことがない人ですら知っているかと思います。
1998年にアメリカのファイザー社で開発、発売。
現在世界110カ国以上で発売されており、
世界で証明された安全性のある優れたED治療薬を言えるでしょう。

主成分:シルデナフィル
用法・用量:1日1回1錠(25〜50mg)性行為の約1時間前に服用。24時間以内の連続服用不可。
作用する時間:1時間程度(空腹時)
効果の持続時間:4〜5時間
副作用:顔の火照り、目の充血、頭痛、視覚異常など

 

レビトラ

レビトラはバイアグラに続いてドイツのバイエル社から発売された薬。
レビトラの良さはなんと言っても効き目の早さとバイアグラに比べて、
持続時間が長いことでしょう。

主成分:バルデナフィル
用法・用量:1日1回1錠(5〜20mg)性行為の約1時間前に服用。24時間以内連続服用不可。
作用する時間:早ければ15分(空腹時)
効果の持続時間:5〜10時間程度
副作用:顔の火照り、頭痛、鼻閉、消化不良など。

 

シアリス

これはすごいですよ。日本のイーライリリー株式会社というところで製造し、
日本新薬株式会社が発売しているのですが、効果の持続時間がとにかくすごいです…。

主成分:タダラフィル
用法・用量:1日1回1錠(5〜20mg)24時間以内連続服用不可。
作用する時間:1時間程度
効果の持続時間:30〜36時間
副作用:頭痛、顔の火照り、消化不良、倦怠感など

 

シアリスに関しては効果の持続時間が長いことで、
内服する時間のことや途中で効果が切れたらどうしよう…などといったことに
気を揉まなくて済むので、自分がEDならこの薬を選びたいなあと思ってしまいますね。

ちなみに副作用に関しては上記のような症状が出ることがありますが、
顔の火照りや、目の充血といった症状は9割の方に現れるようです。
いずれも一時的であれば問題はないです。
また、飲酒により頭痛が起こりやすい方はED治療薬により頭痛になりやすいとのことです。

服用後、最高血中濃度に達する時間は、
バイアグラ30分〜1時間、レビトラ42分〜54分、シアリス30分〜4時間と、
人により差があるようですが、添付文書にはいずれも性行為の約1時間前に内服とありますね。

禁忌

・ニトログリセリンや硝酸イソソルビドなどの薬を内服中の方
・脳梗塞・脳出血、心筋梗塞の既往歴が6ヶ月以内にある
・重度の肝障害
・重度の腎障害
・コントロール不良な高血圧(170/100mmHg以上)&低血圧(90/50mmHg以下
・免疫不全症
・抗真菌薬使用中
・網膜色素変性症
・血液疾患(鎌状赤血球性貧血・多発性骨髄腫・白血病)
・出血性疾患あるいは消化性潰瘍

などに当てはまる方は内服していただけません。
簡単に書きましたが、詳しくはレナクリ にてお尋ねください。

注意事項

医師の処方がないと買えないものです。
ご家族やご友人には絶対に譲り渡さないでください!!
下手したら相手を死なせることになりかねませんよ。

治療薬との付き合い方

バイアグラ・レビトラ・シアリスは性的刺激があった場合のみ勃起を補助する効果があるのは同じですが、
それぞれ有効成分も異なりますし、効果や副作用には個人差があるため、一概にどれが優れてるということはありません。
初回服用時には体調や心理状態などにより十分に効果が出ない場合もありますが、
繰り返し服用することにより効果が現れる方もいらっしゃるので、諦めず続けることも大事です。

 

 

 

 

 

 

ご予約はこちら

 

ED治療薬の料金

 

 

 

 

関連記事

  1. EDは早期治療が肝心です。